お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2010年8月31日火曜日

米国政府が対北朝鮮政策で迷い ニューヨークタイムズ

圧力だけでは動かないということは、6カ国協議にも応じるという流れなのかもしれない。

中国は国連を通じた制裁以外には応じない姿勢だが、米国の金融制裁は狙いが定まっており、豊かな内部情報に基づいていると思われ、効果はあるだろう。

 ニューヨークタイムズ(電子版)は27日、クリントン米国務長官が招集した対朝鮮政策評価会議に出席した国務省幹部や外交専門家たちの言葉を引用しながら、米国が今後、断固とした態度をとりつつ朝鮮に関与(engagement)または介入、包容する「新しい試み」にも重きをおき始めたと伝えた。

 特に、米国が金正日国防委員長とどのような形式であれ接触を再開しなくてはならないという点について強硬派たちが同意を示したと報じた。一方、クリントン長官は、「天安」艦事件をめぐる厳格な経済制裁と米「韓」合同軍事演習等の現在の対朝鮮強硬政策について「圧力だけでは朝鮮を動かすのに十分ではない」という結論を下したと伝えた。

 同紙によると、会議ではスティーブン・ボスワース対朝鮮政策特別代表が新しい試みを主張したほか、クリントン政権時代に国務省朝鮮担当官を歴任したジョエル・ウィット氏が「問題は我々が今、何をすべきかである。その答えは関係を再開することであり、(米国の)道具箱にはそれ以外の道具はない」と述べた。しかし現政府の国家安全保障会議(NSC)アジア担当補佐官ジェフリー・ベーダー氏は「我々は既存の方式を変えたくはない、過去の経験を繰り返さないことを望む」等と慎重な姿勢を崩さなかったという。

 同紙によると、米政府関係者の中には米国は圧力戦術を放棄しないであろうし、それを強化する可能性もあるという意見があるが、タカ派の専門家までもが、オバマ政権の対朝鮮政策を批判し、対話がなければ戦争の危険性が高まることを憂慮しながら、米国の制裁で朝鮮が核プログラムと対南敵対行為を放棄したことは殆どないと主張したという。また、当局者の中には、金正日委員長の健康悪化説と後継問題等がある状況で、朝鮮での政治的変化が起こるまで米国が待てると主張する者がいる反面、朝鮮との対立が深刻化すれば、接触の機会が少なくなると主張する者もいるという。

 さらに同紙は、オバマ政権が朝鮮に対する新しいアプローチを探る上で6者会談が有益であるという意見があるが、問題は会談の早期再開に反対する南朝鮮と日本を説得することであり、朝鮮が核武器の解体に同意するまで交渉しないというオバマ政府の非妥協的な態度であると指摘した。

11月の中間選挙まで焦りを見せながらも圧力一辺倒の対朝鮮政策を取らざるを得ないオバマ政権が、右往左往する政府内の意見をまとめあげ、選挙後に「対話路線」へと舵を切れるのか、今後の動向が注目される。(了)

2010年8月28日土曜日

中国ネチズンは、金正日総書記の訪中を冷笑 聯合

市民がこのくらい冷静に見ているのなら、政府関係者も心の中ではいろいろ考えているでしょう。

【北朝鮮】金正日訪中、中国ネチズン分析・冷笑交錯

 金正日(キム・ジョンイル)北朝鮮国防委員長の電撃的な中国訪問の便りは、中
国政府の沈黙にもかかわらず、現地ネチズンらの冷笑を買っている。

 中国政府は27日午前現在、金委員長の訪中事実に対して一切言及していない状
況。しかし、一部ネチズンは韓国マスコミを引用した自国媒体のインターネット
報道で、金委員長が5月に続き3カ月後に再訪した事実に接し、先を争って意見を
アップした。

 特に金委員長が吉林市を訪問したためか、中国のインターネットポータル「百
度」(www.baidu.com)の吉林市コミュニティには金委員長に対する書き込みが相
次いだ。

 ID「xiaotao4144」のネチズンが、「金正日が何のためにきたのだろうか」と
いう話題を投げ、あるネチズンは「韓米軍事訓練にどのように対応するのかを私
たち(中国)と議論するため」というコメントをアップした。

 他のネチズンは金委員長が前日、父親の金日成(キム・イルソン)主席の母校で
ある吉林市毓文中学校を訪問した事実を伝え聞くと、「金日成の毓文中学校記念
館を見て、金を借り、私たちが洪水にどのように対処するかを見にきたのだろう」
と書いた。

 また別のネチズンは、北朝鮮媒体が金委員長訪中前日の25日、「中国が北朝鮮
に緊急水害救護物資を支援するようにした」と報道した事実を紹介し、中国の対
北支援問題と連結させた。

 このように分析的な反応もあったが、中国若者たちの冷笑的な対北朝鮮認識を
のぞかせる“皮肉”も少なくなかった。

 あるネチズンは「金正日が、パパが昔使ったトイレを見にきたのだろう」と茶
化すと、他のネチズンは「米国と韓国が北朝鮮を攻撃しようとしているから、そ
れを避けて、ここへ来て数日休むためかも」と皮肉った。

 これに加えて「核原料を作るため」「朝鮮族冷麺を食べようと」「不老不死が
金を求めにきた」という茶めっけの混ざった反応も上がってきた。

 これに先立って、25日、毓文中学校学生200人が加入している「百度」でも、
インターネットカフェには「金委員長の訪問のおかげで、1日休校になった」と
いう書き込みも載っていた。<連合>

2010年8月27日金曜日

毓文中学校と金日成

 

 金正日総書記が来たというので一躍有名になったこの学校のことは、金日成回顧録に詳しく出ている。

昔読んで付箋が張ってあったのだが、すっかり忘れてしまっていた。

簡単に書いておこう。日本語版第1巻の161ページから記述は始まっている。

市内の新興層によって建てられた傾向のよい学校ということで選んだという。

当時の校長は、李光漢といい、天津南海大学で、周恩来首相の同級生だった人物だということが後になって分かる。

当時日本の軍警ににらまれていた朝鮮独立運動家は吉林に逃げ込んでいた。

ここで金日成は「マルクス・レーニンをさらに深く研究した」という。

また、吉林毓文中学校在学中の1927年8月27日、打倒帝国主義同盟(トゥドゥ)を、より大衆的な組織である反帝青年同盟に改編し、8月28日には朝鮮共産主義青年同盟を結成したという。

自伝には、こういう活動とあわせ、金日成が読書にいそしんだことが記述されている。

その後、日本と中国の反動軍閥が学生活動家を拘束、金日成も投獄される。そこで祖国の将来を思い、30年5月に釈放されたという。

金正日総書記は、吉林市の北山公園も訪ねている。ここでは週末に金日成がよく読書発表会が開いていたという。

どこまでが脚色かは不明だが、ここも中朝関係では欠かせない場所ということなのだろう。

 

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:54fK-Lbp1MoJ:www.kcckp.net/ja/event/2010-08-15/article.php%3F1+%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%81%AE%E9%80%B2%E8%B7%AF&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

 

祖国解放の偉業を成し遂げた不滅の業績

抗日大戦を勝利に導いて

1945年8月15日は、朝鮮人民が日帝の軍事占領を終わらせ、奪われた祖国を取り戻した民族再生の日である。

今日も朝鮮人民は、解放の万歳の声が全国を震撼させた歓喜のあの日を胸熱く振り返り、祖国解放の歴史的偉業を実現した民族の英雄金キム日イル成ソン主席に限りない感謝を贈っている。

意義深い朝鮮の解放65周年に際し、本編集部は金日成主席の抗日革命闘争史の概要を紹介する。

1.朝鮮革命の進路

祖国をよく知らねばならないという父の意を体し、11歳の幼い身で100里の道を歩いて祖国に帰った主席は、母の実家のある七谷の彰徳学校に編入してから2年後のある日、父がまた日本の警察に逮捕されたという知らせを受けた。

その日で万景台の生家に寄って一晩泊まり、身支度を整えて100里の旅に出た主席は、1925年2月3日、朝鮮が独立しなければ二度と帰るまいと固く誓いながら鴨緑江を渡った。

1926年6月、朝鮮の反日民族解放運動の卓越した指導者であり民族主義運動から無産革命への方向転換の先駆者であった父の金亨稷先生は、朝鮮国民会の事件で日本の警察に逮捕されたときの拷問と、その後また逮捕されて脱出するときにやられたひどい凍傷の後遺症、革命活動の過労によって32歳を一期に死去した。

主席は、父から「志遠」の思想と3大覚悟、同志獲得の思想、2挺の拳銃を遺産として譲り受けた。

その後、撫松第1優級小学校を卒業した主席は、父の知友たちの斡旋で1926年6月中旬、民族主義者が独立軍の幹部養成を目的に樺甸県に設立した軍事・政治学校である華成義塾に入学した。

義塾に入りはしたが、すぐそこの教育が気に入らなくなった。義塾での教育が民族主義思想と旧式の軍事教練だけであったからである。

主席は、革命の真理を探求しながら朝鮮革命の正しい道を模索した。

一方、民族主義運動に幻滅を抱いて真の革命の道を渇望する華成義塾の先進的な青年学生に革命的影響を与えるとともに、革命の道で生死をともにできる同志を一人二人と結束していった。

こうして1926年10月17日には樺甸で打倒帝国主義同盟(略称「トゥ・ドゥ」)を結成した。これは朝鮮革命の新たな出発を告げる歴史的な宣言であった。

主席は、1927年1月から吉林毓文中学校に籍を置いて革命活動を繰り広げた。

主席は、『共産党宣言』や『資本論』など数多くの革命的な図書を耽読しながら先進思想を深く研究する一方、秘密読書グループをつくり、討論会、講演会、雄弁大会などを催して青年学生のあいだに先進思想を普及した。

これとともに、彼らを革命組織にしっかり結束する活動も精力的に推し進めた。

まず、合法的団体として朝鮮人吉林少年会をつくり、朝鮮人旅吉学友会を朝鮮人留吉学友会に改編し、打倒帝国主義同盟をより大衆的な組織である反帝青年同盟に改編して広範な青年を結束した。そして、これらの組織を統一的に指導する前衛組織である朝鮮共産主義青年同盟を結成した。

主席は、吉林市内と周辺の農村地域はもちろんのこと、広い地域に組織網を急速に拡大していった。

主席は、吉林毓文中学校内の反動的な教員に反対し、民主的秩序を固守するための同盟休校、1928年秋の吉会線鉄道敷設反対闘争と日本商品排斥闘争を組織し勝利に導いて隊伍を実践闘争のなかで鍛えた。

1929年秋、主席は中国の反動警察に逮捕され、吉林監獄で鉄窓生活を送った。

主席は身はたとえ獄中にあっても、一方では囚人はもちろん看守まで教育し、外部の革命組織に対する指導を続け、もう一方では朝鮮革命の進路を模索した。

1930年5月初めに出獄した主席は、分派・事大主義者の起こした極左冒険主義的な5・30暴動の後遺症によって破壊された革命組織を立て直し、6月30日には卡倫で共青および反帝青年同盟の幹部会議を招集し、『朝鮮革命の進路』という歴史的な報告を行った。

主席は報告で、朝鮮人民の反日民族解放運動が失敗を繰り返している主な原因は、民族主義者や初期共産主義者が、上層部の幾人かが集まって空論に明け暮れ、実際の革命闘争に人民大衆を奮い立たせず、自国人民の力を信じず外部勢力に期待をかけていることにあると辛辣に分析、総括し、朝鮮の革命家は人民大衆を革命の主人と見なす確固たる立場と態度をもつべきであると指摘した。

また、朝鮮革命の性格と基本任務、動力と対象を独創的に規定し、それに基づいて抗日武装闘争路線と反日民族統一戦線路線、党創立方針を提示した。

このときから朝鮮革命は、金日成主席の示した主体的な革命路線と科学的な戦略・戦術に基づいて進められる新たな発展の段階に入ることになった。

主席は、遅滞なく卡倫会議の方針を貫徹するための実践闘争に移った。

7月3日、卡倫で最初の党組織である建設同志社を結成し、青年前衛を各地に派遣して基層党組織を設けるようにした。

7月6日には伊通県孤楡樹で初の革命的武装組織である朝鮮革命軍を結成し、武装グループを朝鮮国内と満州の各地に派遣して、活動拠点をつくり、大衆を革命化し、武装闘争の経験を積み、武装隊伍を結成するための準備を整えるようにした。

この頃から革命同志と人民は、主席を金日成同志と呼ぶようになった。

初めは、朝鮮人民を暗闇から解放の夜明け道に導く明星になってほしいという意味で「一星同志」または「ハンビョル同志」と呼び、後には朝鮮の明るい太陽になってほしいという念願から「金日成同志」と呼ぶようになった。

2010年8月24日火曜日

水害、中朝で大きな差

abnok_huge_flood_305

現在中朝国境の丹東では、鴨緑江が氾濫して大きな被害が出ている。ところが、北朝鮮の方が被害が大きいという。どうしてか。自由ラジオ放送が伝えている・

'鴨緑江氾濫'新義州-丹東被害大きい差
中国-金ジュンノ xallsl@rfa.org
2010-08-23

今回の鴨緑江氾濫でこの水害防止壁上段2mの下まで水が満ちて上がったが丹東市内での川の水流入を遮断することができた。


MC:去る21日明け方鴨緑江近隣地域におりた暴雨によって鴨緑江が氾濫したために川を間に置いた北朝鮮と中国の接境都市新義州と中国丹東が皆大きい被害をこうむりました。
しかし川一つを間に置いた二つの接境都市の被害状況は大きい違いが生じているといいます。
どんな理由に現地中国の金ジュンノ特派員がお伝えします。

鴨緑江河口に位置した北朝鮮と中国の二つの接境都市新義州と丹東が去る21日(土曜日)明け方鴨緑江の氾濫で途方もない被害を体験しています。


1995年鴨緑江の氾濫で二つの都市が水に浸って以来15年ぶり(一説には20年ぶり)にまた大規模浸水被害にあったのです。
北朝鮮の朝鮮中央通信

は去る21日“大水で新義州市の道は完全に水に浸って,1階建の建物らは屋根まで水につかった”と伝えました。

 朝鮮中央通信はまた“中国の秒当たり5,300立方Mの水が鴨緑江に押し寄せて,川の水が堤防を越えて,新義州市内にが押し寄せて,道路運行が麻痺して多くの対象らが被害をこうむった”と言及することによって新義州市内ほとんど大部分が水に浸ったことを示唆しました。


中国丹東に居住する北朝鮮出身華僑チャン某氏は“新義州駅と新義州税関をはじめとする新義州市内平屋大部分が水に浸ったという便りを新義州に住んでいる弟と電話通話しながら伝え聞いた”と自由アジア放送(RFA)に明らかにしました。


しかし新義州の向い側中国丹東は鴨緑江川辺の道路と川辺に位置した開発区と呼ばれる一部地域だけ浸水被害にあって,新義州と対照を見せています。


中国丹東時がこのように鴨緑江が氾濫したのに浸水地域が最小限で終わったことは鴨緑江氾濫に備えて,川辺について市街地を保護するように設置されている‘水害防止壁’おかげです。

実際に今回の鴨緑江氾濫でこの水害防止壁上段2mの下まで水が満ちて上がったが丹東市内での川の水流入を遮断できました。


今回の洪水から丹東市街地を守った一等功労者の水害防止壁は日帝強制支配期の時初めて設置されたものであり,新義州にも設置されていたと高齢の丹東市民らが証言します。

古くなったこの水害防止壁を中国丹東時は都市開発過程でより一層補完してメンテナンスするのに比べ北朝鮮,新義州市側はこれを撤去してしまったせいで鴨緑江が氾濫する場合対応無策になるほかはないと複数の中国消息筋が強調しました。


一方丹東時は鴨緑江が氾濫する直前の20日深夜12時前後を期して,水害防止壁外側川辺に位置したアパート住民とホテル宿泊客らを水害防止壁内側の市内で全員待避させて今日(23日,月)午前から車両と人々の通行許容を部分的に再開しました。

 

中企業が自由貿易区開発、8億ドル投資

北朝鮮はこのほど、中国との国境を流れる鴨緑江の中州で、中国・遼寧省丹東と接している威化島および黄金坪を自由貿易地区として開発するため、中国企業2社に50年ずつ貸し出す方式で開発権を与えたもようだ。

中国企業2社の投資規模は、威化島が3億米ドル、黄金坪が5億米ドル。具体的な企業名は明らかになっていないが、近々投資誘致説明会が開かれる予定だ。

北朝鮮が威化島と黄金坪を自由貿易地区として開発する背景には、昨年に実施した核実験による国際社会からの孤立や、デノミネーション(通貨単位切り下げ)の失敗により、混乱を極めている経済を建て直したいとの思惑がある。特に、威化島と黄金坪は対中国貿易の70%を占める丹東と近接していることから、経済を再び活性化させるには開放が必須だったとみられている。

■中国にもメリット

威化島と黄金坪の開放は、中国側にもメリットが大きい。昨年の温家宝首相の訪朝時に提起された、中国・丹東~北朝鮮・新義州~平壌と続く経済ベルト造成プロジェクトが一歩前進したことになるためだ。中国は吉林省・図們市~北朝鮮・清津間の鉄道補修など、北朝鮮との数々の建設案件に合意している。同国はこれを日本海側進出への足場としたい考え。また、北朝鮮の豊富な地下資源をいち早く確保できるなどのメリットも見出しているようだ。【聯合=23日】

 

平壌ー新義州高速道路 失敗か

http://www.cbs.co.kr/nocut/Show.asp?IDX=1523132

量-新義州高速道路投資誘致失敗...建設失敗に終わるようだ
"北1次的に新義州-安住間180km建設計画"
2010-07-10 09:21 アン・ユンソク論説委員

北朝鮮当局が昨年末から推進してきた平壌(ピョンヤン)-新義州間高速道路建設事業が投資誘致失敗で廃棄される危機に置かれていると分かった。


北朝鮮,新義州の一消息筋は8日,自由アジア放送で"去る5月初めに請負機関長会議で平壌-新義州高速道路建設のための突撃隊を募集すると知らせたが,道人民委員会建物に組織された平壌-新義州高速道路建設大臣が解任されて責任者でいた道路建設事業所支配人も本業に帰った"と伝えた。
貿易事業のため中国丹東に出ている平安北道貿易管理国のある幹部も自由アジア放送で"新義州-平壌高速道路は‘6.18突撃隊’と現地建設突撃隊を動員して,今年6月に着工して,2012年4月まで完工する計画だった"として"張成沢国防委員会副委員長が直接工事を責任を負ったことと理解している"と伝えた。


彼は"金正日国防委員長の中国訪問で平壌-新義州高速道路建設と羅津-清津間高速道路など北朝鮮の道路を高速道路に変えるのに必要な援助を得ようとしたが,中国側が羅津,先鋒市を100年期限で賃貸してくれることを要求しながら,両側の会談が決裂されたと理解している"”と伝えた。

2010年8月19日木曜日

朝鮮半島有事に中国が軍事対応の可能性、米国防総省

今回は翻訳なし。聯合通信の日本語版からの抜粋です。米国は朝鮮有事の際、一貫して中国が軍事行動を取る可能性があるとの見方をしている。実際はもうすこし慎重に行動するだろうし、この報告書も明確に書いているわけではないが、ぎりぎりの場面に来れば分からない。

8月18日9時27分配信 聯合ニュース(抜粋)

【ワシントン17日聯合ニュース】米国防総省は16日に議会に提出した中国軍事動向に関する年次報告書で、中国の地域的懸念のひとつに「朝鮮半島の混乱」を挙げ、北朝鮮の急変時や南北の軍事衝突など朝鮮半島有事には、中国が軍事的対応を取る可能性があると指摘した。


 報告書は、北朝鮮、南沙諸島、尖閣諸島(中国名:釣魚島)などの問題に触れ、中国の戦略を「域内安定最優先」と分析。その上で、海外資源へのアプローチが可視的に脅かされたり、朝鮮半島の混乱で域内安保力学が変化することがあれば、軍事的展開や配置状況の変更を実行することもあり得ると述べている。これは、混乱の水準により人民解放軍を中朝国境近くに移動させる、北朝鮮地域に進駐させるといった状況も包括する表現とみることができる。


 こうした分析は、「朝鮮半島の混乱」状況のひとつ、北朝鮮の急変時に、中国が人道的支援、治安維持、核兵器統制を名分に軍事的に介入することがあり得るという専門家の見方そのままに、米国政府も中国の軍事対応の可能性を考慮していることを証明するものと受け止められる。

 米国は、中国の軍事的介入の可能性も念頭に置いたうえで北朝鮮急変時の対応計画を非公開で策定していると伝えられるが、政府の正式な報告書が朝鮮半島有事の中国の軍隊移動に言及したのはこれが初めてだ。


 ワシントンの外交筋は17日、聯合ニュースの電話取材に対し「米国政府が軍事的展開や配置という表現を用いながら、中国の朝鮮半島混乱対応シナリオを予想したのは初めてだ」と伝えた。朝鮮半島の混乱とは、中国が臨まない北朝鮮の急変事態を念頭に置いたものだとした。

 国防総省は、中国は2020年まで経済発展に友好的な環境を維持するため、外部の緊張状況を管理することに焦点を当てているが、中国指導者らの統制範囲を外れ「中国を平和的路線から離脱させる出来事が起こる可能性がある」と診断している。

 これに先立ち米国の保守系シンクタンク、ヘリテージ財団は4月に公表した北朝鮮の権力移譲に関する報告書で、米国高官は、北朝鮮に急変事態が発生した場合、核兵器を統制するため北朝鮮に進駐する中国軍と米国の衝突、または中国軍と韓国軍の衝突が生じるという最悪のシナリオを想定していると主張した。自国の軍事介入に対する北朝鮮の否定的な感情を理解している中国は慎重な姿勢を取るだろうとしながらも、北朝鮮が統制不能な状況に陥ったと判断すれば、軍隊を進め、北朝鮮の崩壊を防ぎ、現状を維持する戦略を選択するだろうと強調した。

2010年8月16日月曜日

趙紫陽極秘回想録より

今年かなり話題になった本に「趙紫陽極秘回想録」がある。

大弾圧の舞台裏と銘打ってあるが、それほどの衝撃はない。趙紫陽は、以前にも回想録を出版したことがある。その本と今回の内容はオーバーラップしているところが少なくない気がした。

51zEPbq wlL._SS500_

 

私の関心事である中朝関係でいえば、胡耀邦国家主席が、北朝鮮に甘かったという部分である。

268ページに記述がある。

外交政策で胡は金日成に親切すぎ、北朝鮮の要求を気軽に受け入れすぎた。たとえば中国のジェット機を提供し、中国の空軍基地で北朝鮮のパイロットを訓練し、緊急時には中国軍を展開してもらいたいという要求である。

胡が北朝鮮から帰国したとき、鄧はすぐさまそれらの要求を退けた。

と書かれている。

今でも北朝鮮は中国に無理難題を要求するというが、これは20年前から同じだったようだ。

2010年8月14日土曜日

[時事診断朝鮮半島]人民日報のインターネット、"北朝鮮は、金氏王朝"

ソウル - バクソンオparks@rfa.org

2010-08-13

中国共産党の機関紙に、北朝鮮を揶揄するような記事が掲載された。それはインターネット版だけだったという。どんな狙いなのか気になるところだ。以下はRFAの記事です。

 

MC: 皆さん、こんにちは。 [時事診断韓半島』の時間です。 私は、進行を務めるバクソンオです。 中国の人民日報がインターネット版の記事で、北朝鮮の指導部を"金氏王朝"と呼んでいます。 今日も国家安全保障戦略研究所のゴヨウンファン主任研究員と一緒にしています。

people_newspaper_305

最高人民会議常任委員会の金永南委員長(右)が平壌万寿台議事堂で、中国の人民日報ジャンヨンノン社長と歓談している。 写真 - 聯合ニュース提供

バクソンオ:人民日報は中国共産党の機関なりますよね。 この新聞が、北朝鮮を"金氏王朝"と呼ぶ記事を10日、インターネットに掲載しています。 まず、その意味を少し解説してください。
ゴヨウンファン:先程おっしゃったように、"金氏王朝の家族"と表現しました。 過去10日の人民日報のインターネット版に出て来たんです。 かなり異例です。 文字通り見れば、北朝鮮は、すでに100年、200年前に失われた封建王朝国のように3代世襲という意味を込めたんです。 このような表現は、かなり珍しいでしょう。 一般的に資本主義国でも、北朝鮮を『独裁国家』や『金さんの国』とは表現するが、『金氏王朝の家族'と表現することは検出できないんですよ。 ところが、そこにこのような表現が出てきたというのは、中国指導部が北朝鮮の指導部に下るの評価が以前と明らかに異なり、また中朝関係が他の人が考えると良いことではないの評価を行うことができるようです。
バクソンオ:電子版に10日掲載された記事のタイトルが"世界の10大の禁止区域"でした。 この記事は、英国王室の空軍基地と日本の厳島神社などとともに、北朝鮮労働党39号室に部外者のアクセスを完全に禁止された区域のうち1つに挙げています。 これはどのように解釈すればよいでしょう?
ゴヨウンファン:この記事は、39室を秘密の場所に入れ、この39号室は金正日の統治資金を管理しているところだと述べています。 北朝鮮の人々は、ほとんどすべて知っているはずです。 39号室は、北朝鮮労働党の組織指導部で、最も重要な部門の1つです。 以前は、(金正日総書記に)忠実な資金を管理しているところ、今では革命の資金を管理しているところで、北朝鮮の人々が知っています。 金正日総書記とその家族が書かれている外貨を管理している場所が39号室です。 この39室の記事が特に強調したのは、ここを統治資金を管理しているところもあるが、スイスと中国の10〜20個の秘密の外貨口座をここで管理しており、さらにはこの39号室が麻薬取引をはじめとする違法な取引をほしいままにしているところだと書いている。 このように見ると、中国指導部が(北朝鮮の指導者)を少し軽蔑しているような印象をかもし出しています。 北朝鮮の指導部に対して'このようにしてはならない』は、一種の警告を送ったのではないかという評価も可能なようです。


バクソンオ:ところで、人民日報がインターネットでその記事を載せるにはしたんですが、肝心の新聞には、その記事を載せるていないんですよ。 これはどう思いますか?

ゴヨウンファン:新華通信社も、この記事を掲載してから削除しました。 人民日報の新聞は、北朝鮮に入っているが、北朝鮮の幹部たちが人民日報のインターネットは、よく見ることがないんですよ。

だから、中国が北朝鮮の幹部たちの様子をちょっと見たようで。 また、人民日報は中国共産党の影響下にある新聞だから、その記事を載せていないようです。

バクソンオ:今週は中朝関係と関連して目立つの記事がもう1つありました。 中国の王家瑞対外連絡部長が、"韓中関係が中朝関係よりも重要であることの認識は事実ではない"と11日述べています。 どのような背景で出た発言ですか?
ゴヨウンファン:王対外連絡部長と贾庆林全国人民政治協商会議の議長が中国を訪問した韓国の国会議員代表団に会って1つの言葉です。 韓中関係、つまり韓国と中国との関係は、北朝鮮と中国との関係よりも'あまり重要ではない'、'あまり重要'は、式の表現は正しくないということです。 だから同じように見るという意味で言ったはずです。

 

贾庆林は権力序列は4位ですが。 この人は『韓国と中国は、過去の期間に経済的に多くの発展してきたし、戦略的パートナー関係だ』とも述べています。

ここで、『戦略』というのは非常に重要な意味です。 今後継続して発展させるという意味がありますよね。 最近、中国から出てくるいくつかのニュースとのこのような発言を見れば、中国指導部が哨戒艦事件と関連して、国連安保理の議長声明が出て来たとき、(韓国に)申し訳ない気持ちを遠まわしに表現したのではないかと考えています。

'実際に私たちの心はそのようなことではなかったのに、北朝鮮との関係もありますので、そのような表現されたが、私達が韓国との関係を絶対に無視するわけではない、韓国との関係を非常に重視し、今後発展させていくという言葉を遠まわしに表現したのではないかと考えています。

バクソンオ:こんなニュースもありました。 金正日委員長が先月、平壌市内の病院で2週間程度の通院治療を受けたですよね。 これは日本の『東京新聞』が報道した内容です。 金総書記の健康のための国際社会の関心が絶えないいます。 今回の報道の内容についても、いくつかの察してくださるでしょう。
ゴヨウンファン:東京新聞が12日、ソウル発の記事で報じたですよね。 私たちが今年5月『時事診断韓半島』の時間でも、金正日委員長が足の不自由な姿を、日本のある放送が撮ったという話を聞いた通したんです。

金総書記の健康が良くないというのは全世界のアナリストがすべて認めていて。今回の報道は、このような分析が力を得ている証拠の1つだとします。

2010年8月13日金曜日

「中国は北朝鮮への計らい自問すべき」米専門家 聯合

 

抜粋です。

【ソウル13日聯合ニュース】米国のシンクタンク・米戦略国際問題研究所(CSIS)パシフィックフォーラムのコッサ所長は、「北朝鮮は中国が計らってくれるからと思うままに行動している」と指摘し、そうした状況で北東アジアの安定を実現することが可能なのか、中国は自問すべきだとの考えを示した。

 峨山政策研究院の主催で13日に開かれた、韓国哨戒艦「天安」沈没事件後の北東アジア安保と未来をテーマとする国際シンポジウムに出席したコッサ所長は、韓国と米国は北朝鮮問題において、中国は解決策ではなく問題点だと見るようになっているとしながら、このように述べた。中国は北東アジアの安定を最優先に考えていると主張してきたが、核不拡散はなおざりになっているとした。

 また、東海(日本名:日本海)と黄海で実施した韓米合同軍事演習は、中国を狙ったものではなく、北朝鮮にこれ以上の挑発を許さないというメッセージを送ることが目的だったと強く述べた。

 このほかコッサ所長は、中国は、北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)朝鮮労働党中央委員会行政部長が中国式の改革方向を目指し、次期指導者となる金正日(キム・ジョンイル)総書記の三男ジョンウン氏を誘導するものとみていると述べた。中国の対北朝鮮政策は、金総書記の死後、北朝鮮が次期指導者体制となったときに最上の状況を期待するものだと主張した。

 「天安」沈没事件に関しては、昨年の大青海戦(黄海上での南北銃撃戦)に対する報復、権力継承問題と関係があるようだとの見方を示した。北朝鮮の次期指導者が軍部から支持を得られるようにすることが目的だったのではないかと説明した。

2010年8月11日水曜日

日本に過去清算要求 北朝鮮

なんとなく日朝交渉が始まる予感がする。

このブログでも、北朝鮮の発表を丁寧に追いかけてみる。

手始めにこれ。

8月10日の平壌放送は、亡国的な『韓日合併条約』をでっちり上げ と題する論説を伝えた。

 これによると朝鮮女性20万人を連行したとある。

出典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6

この数は

日本軍慰安婦 [編集]
日本における諸説
日本政府調査(1991年 - 1993年)では、慰安婦の総数を示した資料も、それを推認するに足りる資料もなかったので、総数を確定することは困難であるが、長期かつ広汎に慰安所が設置された数多くの慰安婦が存在したものと認められるとしている[91]。
日本大学教授秦郁彦は総数2万人程度と推定している。
中央大学教授吉見義明は、総数を8万人から20万人と推定している。
民主党公式ホームページでは8万人 - 20万人としている[83]。
韓国における諸説
韓国政府認定の元日本軍慰安婦は207人である[36]。
2009年現在、韓国で元日本軍慰安婦であると名乗り出ているものはすでに亡くなったものを含めて234人である[92]。
李榮薫ソウル大学教授によると、1937年に日本軍首脳は兵士150人につき1名の慰安婦を充当せよという指令を出したとしている[9]。
中央日報では、名前は明らかにしないが歴史学者たちによると20万人以上としている[93]。
アメリカ合衆国における諸説
ニューヨークタイムズは名前は明らかにしないが日本人歴史学者達によると日本軍慰安婦は最大20万人であったとしている[89]。
アメリカ合衆国の歴史教科書『Tradition & Encounters:A Global Perspective on the Past』では、最大で30万人もの14-20歳の女性たちを強制的に徴集して性行為を強要したとしている[94]。さらに、「日本軍は慰安婦たちを天皇の贈り物と言いながら兵士などに提供した。慰安婦たちは韓国と台湾、満洲、フィリピンなど東南アジア各国から連れてこられ、80%が韓国出身であった。逃げようとしたり性病にかかると日本兵などによって殺され、戦争が終わるころには兵士などが隠蔽するために慰安婦たちを大挙虐殺した。」などとしている[94]。この歴史教科書は2003年より数千校で100万人以上の学生に使用されている[94]。

どうやら、現在推定されている慰安婦の上限の数字のようだ。


 いまから100年前である1 9 1 0年8月29日は、日帝侵略者・らが不法・非法の強盗さながらのいわゆる「韓日合併条約」をつくり上げて公布することにより、わが国に刻する植民地統治を完全に合法化した恥辱の日である。

 周知の通り、1905年に侵略的な「乙已五条約」(1905年の日韓条約)をつくり上げ、続いて「丁未七条約」(日本が旧「大韓帝国」の内政権を支配下に置いた第3次日韓協約)まで強圧的につくり上げ、朝鮮の外交と内政を丸ごと奪った日本は、1 9 1 0年8月22日には、親日売国逆賊と共に朝
鮮を日本に合併させるという犯罪的文書までつくり上げた。
 日帝はこの強盗さながらの条約で、朝鮮の統治権を完全かつ永久に日本天皇に渡し、朝鮮を日本に併合することを規定した。
 そもそも、軍事的な威嚇と恐喝の下に強圧的につくり上げられた「韓日合併条約」、不法であり、無効なものである。


 しかし、日帝はこの条約をつくり上げた後、朝鮮で野蛮な植民地統治をさらに続けた。

 日帝の悪辣かつ非道な弾圧と殺戮蛮行により、朝鮮各地で人民の血が流れない日がなかった。

 それだけでない。朝鮮占領時期、日帝は数多くの朝鮮の青壮年を強制的に連行し牛馬のように酷使し、残忍にも虐殺し、20万人の朝鮮女性を連れ去り、日本軍の性の奴隷に仕立て上げた。
 かつて、日帝によって余りにも大きな苦痛と災難、不幸を受けたわが人民は、日本がはたらいた過去の犯罪行為について絶対に忘れないであろう。

 日本は、このことをはっきりと理解し、一日も早く犯罪の過去について謝罪、賠償しなけれぱならない。

総書記お気に入りの中国人女性 

29日、平壌空港に到着した中国共産党対外連絡部の王家瑞部長(右から3人目)一行(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

昔の写真を見ていたら、懐かしい顔があった。左から二番目の女性である。中国共産党対外連絡部の朝鮮語通訳で、金正日総書記が訪中すると必ず同行する。

黄さんだと記憶する。

私は、ずいぶん前に北京飯店で彼女と出くわした。

金正日総書記とは何回会いましたか、と私はぶしつけに話しかけた。

彼女は、答えず、険しい表情で「私の事はどこにも書かないで」と言う。言い方がきついので、長年のファンとしてガッカリさせられた。

金正日総書記は、彼女がふっくらとして自分の母親に似ているといってひいきにしているそうだが、実はばりばりの党員(当たり前か)非常に手強い人なのかもしれない。

こういう細かいところまで中国は、北朝鮮を研究し、弱みをつかんでいるんではないか。

2010年8月10日火曜日

中国の懸念

6月21日の日経に慶応大学準教授の寄稿が掲載されていた。中朝関係に関する寄稿は珍しいので要約を掲載しておきます。

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=329372&log=20100621

ここからの採録ですが、一部手直ししています。

 

21日朝刊21面【経済教室】神保謙 慶応義塾大学准教授
 韓国海軍の哨戒艦沈没事件は、北東アジア/の安全保障の均衡を揺るがしかねない危険性を持っている。

国連安全保障理事会では「天安」を沈没させた北朝鮮の軍事攻撃に対する共同行動の成否が問われだがが、中国・ロシアの慎重論により厳しい制裁決議は回避され、事件の責任所在さえ合意できない状況で、結局非難の対象を特定しない議長声明に終わった。

そもそも米韓同盟の存在にもかかわらず、なぜ北朝鮮の韓国に対する攻撃は抑止されず、なぜ国連安保理は毅然と北朝鮮に対する制裁決議に踏み込めないのか。こうした状況は、今日の北東アジアの安全保障において、同盟と多国間枠組みに「二重の脆弱性」が生じていることを意味している。

韓国では今回の事件を「朝鮮戦争休戦以来の最も深刻な軍事的攻撃」、「韓国にとっての9.11であり、断固とした対応に値する」と位置づけている。


核やミサイルという北朝鮮が対米交渉のため繰返してきた過去の実験と異なり、韓米同盟によって封じ込めてきたはずの通常兵器による実際の攻撃が実行された点において、韓国の国防に深刻な脆弱性があることが判明したからだと言うことです。

そして何よりも、中国が「北朝鮮を追いつめて暴発・崩壊させてはならない」という不安定化リスクを嫌がっているため、効果的な制裁が行えないという脆弱性に北朝鮮がつけ込んでいるのです。

神保氏によれば、中国の「避けるべきシナリオ」とは以下の4点です。
1.北朝鮮の暴発的行動によって日米韓との軍事衝突に発展すること
2.多数の難民が中朝国境を越えて押し寄せること
3.北朝鮮の崩壊プロセスにおいて米軍・韓国軍が北緯38度線を越えて駐留し、中朝国境で中国軍と対峙する可能性があること
4.6者協議を中心とする多国間協議メカニズムが破綻し、朝鮮半島への外交的影響力が著しく低下すること

中国が懸念するこれら4点を取り除くには、コラムでは次のような3つの提案をしています。


(1)日米中韓4カ国の国防当局による北朝鮮不安定化時の共同計画
(2)日中韓3カ国による難民発生の際の国境管理に関する計画
(3)米中韓3カ国による北朝鮮の体制不安定化の際の治安維持、核兵器の管理、統治メカニズムに関するスキーム作りを並行して実施する

中国は、他国と北朝鮮管理で歩調を合わせることはないというのが私の見方なので、すこし神保さんとは違いますが、こうできれば一番です。

3男世襲を黙認か

中国が北朝鮮の世襲を認めるかどうかについては、ほとんどの専門家が黙認するだろうという見方だ。

一つには、たとえ同じ社会主義国であっても内政干渉はしないと宣言している。

<<平和五原則(1954)>>
・周恩来(中国)とネルー(インド)で確認された国際関係規制の原則
・両国の「チベット・インド間の通商および交通に関する協定」の中に盛り込まれ、後に全世界に向かって平和の 5 原則としてうたわれる
(1) 領土・主権の尊重
(2) 対外不侵略(相互不可侵)
(3) 内政不干渉
(4) 平等互恵
(5) 平和共存

http://homepage2.nifty.com/murasaki-miyako/terms/b3heiwa5.html

間接的に世襲は好ましくないと伝えれば、北朝鮮がどう出てくるか予想がつかない。

この二つのマイナスを勘案すれば、むしろ平穏に世襲が続けばいいと考えるのは当然だろう。

以下はRFAの報道です。

中国、北朝鮮3台権力世襲黙認”
ワシントン-yangs@rfa.org
2010-08-09

MC:9月上旬に予定された北朝鮮労働党代表者会で金正日国防委員長の3男のキム・ジョンウンが党中央委員に選出されると展望される中で、中国が北朝鮮の3台権力世襲を認めたという主張が出てきて注目されます。

詳しい便りをヤン・ソンウォン記者が伝えます。
韓国統一部傘下研究機関の統一研究所の全ヒョンジュン博士は中国が北朝鮮の3台権力世襲を認めたしこのために北朝鮮当局はキム・ジョンウンの後継継承作業を急いで、進行していると主張しました。
チョン博士は月刊誌‘統一時代’ 8月号に寄稿した文を通して、金正日国防委員長の後継者で内定した3男キム・ジョンウンが中国との関係を重視していて、中国から後継者の地位を認められたことと把握していると明らかにしました。
チョン博士は金委員長の健康悪化にともなう不安感のために北朝鮮当局は後継作業日程を圧縮的に進行しているとしながら中国が北朝鮮の3台権力世襲を認めたのも迅速な後継作業の背景中一つと説明しました。
韓国の民間研究機関の世宗研究所のぺク・ハクスン韓国、北朝鮮関係研究室長も最近言論インタビューで中国が地域安定と平和を維持するためにキム・ジョンウンの権力継承を承認(endorse)ということ他には他の代案がないことだと主張しました。

ペク博士は他の国の内政を干渉することで見られるのを敬遠する中国が公開的にキム・ジョンウンの権力継承に対する議論でもこれを承認するという言及はしないことと予想しました。

だが彼は1994年金正日委員長が故金日成主席から権力を譲り受ける時、中国がこれを望むかもしれなく思わないながらも、結局承認した点を指摘しながら、今回も北朝鮮の3台権力世襲を黙認すると見通しました。

ペク博士は中国が金委員長の健康を大きく憂慮しており万一北朝鮮の権力継承過程が円滑でない場合発生する可能性のある北朝鮮の権力空白と、それによって引き起こされる混乱を願わないと説明しました。

一方、米国平和研究所(USIP)の中国専門家のジョン、朴(John Park)専任研究員は9日、自由アジア放送(RFA)にまだ中国政府や共産党がキム・ジョンウンに対して公式に言及したことがないとしながら、中国がキム・ジョンウンの権力継承を認めたという主張は推定に過ぎない可能性もあると話しました。

Park:I haven't seen anything officially coming out of Chinese side、so it sounds more speculative.

中国側人々としばしば接触する朴研究員は中国当局がキム・ジョンウンよりむしろ金委員長の妹婿の張成沢国防委員会副委員長を綿密に注目しているとしながら、特に去る5月張副委員長の中国訪問以後中国は次期北朝鮮政権で彼がどんな役割をするのか注目していると説明しました。

日本の共同通信は去る6日復讐の北朝鮮関係者の話を引用して、キム・ジョンウンが9月初め朝鮮労働党中央委員兼政治局常務委員に選出される展望だと報道しました。

共同通信は金委員長の妹婿の張成沢副委員長もキム・ジョンウンと共に政治局常務委員に選出されると見られると言いながら現在労働党政治局常務委員は金正日委員長一人だけだと付け加えました。

2010年8月5日木曜日

アリランに中朝友好をアピールする内容

久しぶりのアリランネタ。
だいたい北朝鮮お歴史を賞賛するアリランにどうして中国が入ってきたのか。今年は特に両国の節目の年でもないのに。支援をほしいというアピールだろうか。
以下は東亜日報よりの転載です(一部割愛)

北朝鮮の芸術公演「アリラン」にパンダ登場、中朝友好アピール

AUGUST 05, 2010 08:28
北朝鮮の芸術公演「アリラン」に、今年は中国との友情を強調する内容が初めて含まれ、その背景をめぐって様々な憶測が流れている。また、金正日(キム・ジョンイル)総書記の後継者とされる三男のジョンウン氏を間接的に宣伝する内容も含まれ、注目される。
中国共産党の機関紙・人民日報は2日、平壌(ピョンヤン)の「5・1競技場」で行われた今年の芸術公演は、「友誼アリラン」というタイトルで中朝友好を強調する公演が加えられたと報じた。約3万人の観客が見守る中、「朝中友誼と鴨緑江(アプロクカン)の流れ永遠だ」、「朝中友誼の歴史は長く、これからも続く」などのマスゲームが行われた。また、公演者らが、中国の代表的な象徴であるパンドに扮装したり、中国の伝統民俗衣装を着て太鼓を演奏したと、上海市の党機関紙・解放日報の姉妹紙である新聞晨報が紹介した。

人民日報は、「北朝鮮は毎年、状況の変化を反映して公演内容の一部を修正する。今年は韓国戦争60年と中国の抗米支援軍の派遣60年を迎え、このような要素を加味したとみえる」と説明した。新聞晨報は、「天安(チョンアン)艦事件の調査結果に中国が同意しなかったことへの感謝の意味もあるという日本メディアの分析もある」と伝えた。AP通信は、「米国の金融制裁に対応して、公演内容が全体的に北朝鮮の内部結束を誇示する意味がある」と伝えた。

北朝鮮は08年後半から、市内の看板や切手などでCNC工業を強調してきたが、アリラン公演にCNCのスローガンが登場したのは初めて。北朝鮮当局は、CNCの科学技術を重視するジョンウン氏の政治的功績だと宣伝している。

総10万人が参加するアリランで、CNCのスローガンが登場したのは、ジョンウン氏の後継構図を暗示しているという観測も流れている。李種珠(イ・ジョンジュ)統一部副報道官は、「北朝鮮が今年に入って、CNCが主体科学と主体技術の新たな成果だと強調している。CNCが北朝鮮の後継構図と関連があるという分析や見方がある」と話した。

アリラン公演は週4回、10月中旬まで続く。アリラン公演の入場料は、特等席が300ユーロ(約46万5000ウォン)、一般席は80~150ユーロ。北朝鮮は、アリラン公演の観光客を誘致するために、6日から10月5日まで週2回、平壌・上海間の高麗航空便を一時的に運行する。東方早報は4日、中朝国境付近の遼寧省丹東市の中国国際旅行社の関係者の話として、最近、中国人観光客には北朝鮮側の要請によって、アリラン公演の観覧がコースに入っているという。