お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2011年11月30日水曜日

早稲田大学で開城工団関連のシンポジウムがあります。


2011年11月27日日曜日

RFAの北朝鮮緊急事態に関する記事あつめ

緊急事態を研究しているので、ここに記事の目録をアップしておきます。

 

서먼 “북한 정권붕괴 대비해야”

"북한 차세대 세계관 전환 유도해야"

“북 붕괴 대비 차 상위 군 간부들 포섭해야”

“미국내 동포들도 북 급변사태 대비해야”

“북한 내부 권력투쟁 가능성 활용해야”

“중, 북 붕괴시 한국주도 통일 수용 가능성”

"북 붕괴시 군 인력 38만명 투입돼야"

“북 붕괴 대비 주변국 긴밀히 협의해야”

한국, 대규모 탈북난민 수용계획 마련

한-미 “북 급변사태 유형 세분화”

対中国石炭輸出急増 聯合

(ソウル=聯合ニュース)張チョルウン記者=今年に入って,9月まで北朝鮮の対中国石炭輸出額が昨年輸出額の倍,一昨年の4倍を越えた。
5日韓国貿易協会の北中交易統計によれば今年1~9月北朝鮮の対中国石炭輸出額は8億3千万ドルで昨年の石炭輸出額の3億9千万ドルの2倍を越えたし,2009年輸出額2億ドルの4倍を突破した。
同じ期間両国間交易額は昨年同期間より77%増えた約42億ドルに達した。
北朝鮮の対中国輸入額は23億7千万ドル,輸出額は18億2千万ドルであり,輸出額の中で石炭が45.6%で全体の半分近くを占めた。
このために北朝鮮内エネルギー難が深刻化し,北朝鮮当局は先月末自国貿易商らに石炭輸出を全面中断するように指示したと知らされた。
jcw@yna.co.kr

中朝国境で北朝鮮将校を捕まえろ 国境事情レポート

http://www.nksis.com/bbs/board.php?bo_table=b02&wr_id=38

国境地帯の情勢を伝える記事を訳してみました。

2011年11月23日水曜日

2011年11月22日火曜日

ホワイトハウスから見た朝鮮半島②

太陽政策とブッシュ政権内部の葛藤が描かれている。

ライス長官は、金大中大統領を"ソフトなマナーを持った老政治家"と表現しながら、いわゆる"太陽政策"で北朝鮮を変更することができると思った"理想主義者(idealist)"と評した。 "理想主義者"という言葉を政治家にしている場合は、賛辞というよりは"現実を知らない潔白な人"という意味になることもある。

2011年11月20日日曜日

ホワイトハウスから見た朝鮮半島①

月刊朝鮮に掲載された、同誌の元編集長・趙甲済氏の記事。長いので分割して掲載する。

当時の米政府が、太陽政策を維持した金大中と盧武鉉に厳しい視線を向けていたことが確認できる。

2011年11月17日木曜日

北朝鮮をめぐる新刊 アメリカ

 

米国では結構北朝鮮に関する新刊書が出ているようだ。

http://www.piie.com/blogs/nk/?p=3600

ピーターズ国際経済研究所のブログによると最近出たのはこの三冊。

最初のThe Cleanest Raceは、北朝鮮のプロパガンダを通してみた北朝鮮人が自分たちをみるイメージだそうだ。筆者は釜山の大学の先生でドイツ人のようである。

金正恩についての本はない。情報がなさすぎるということだろう。

The last two years have seen several thoughtful efforts to grapple with the nature of the North Korean political system, a topic we are also starting to work on. On our short-list (with Amazon links if you want to build your library):

Ken Gausse, one of the more thoughtful and close analysts of the leadership structure, has now weighed in with a major volume drawing on a wide array of sources, North Korea under Kim Chong-il.

The book is structured historically and runs up through the Party Conference of September 2010: the purges at the time of the first father-son transition (ch. 1); the limited experiments with reform (ch. 2); the continuing role of familism (ch. 3); and what we have called “reform in reverse” (ch. 4) occupy the first half of the book.   A theme is the continual churning of personnel designed to assure maximum discretion of the leader.

Gause pays particular attention to the heavy investment in institutional as well as personnel changes during the second half of the 2000s as well. But he concludes on a highly pessimistic note that seems shared among North Korea watchers at the moment. The succession and poor economic performance has refocused the regime on survival, which means strengthening the very political forces—the military and the security apparatus—which are responsible for the country’s problems. Moreover, these internal political imperatives make both engagement with the rest of the world and meaningful economic reform beyond the reach of a weakened leadership.

A major effort.

2011年11月14日月曜日

朝総連,若い血を輸血…30代青年20% 増加

この記事も別のサイトで翻訳されている。

最近日本語になっていない北朝鮮系記事を探すのが難しい。


"昨年在日同胞2千3百余人が北朝鮮訪問"
2011-11-11 07:55ノーカットニュース アン・ユンソク論説委員

昨年朝総連が斡旋した祖国訪問を通して,在日同胞2千3百余人が北朝鮮を訪問して組織への青年たちの参加を大きく伸ばしたことが明らかになった。
朝総連中央常任委員会が2010年12月28日ソ・マンスル議長名義で発表した第22期6次会議決定書で"青壮年層幹部の朝総連組織招聘も主要成果として言及した"と自由アジア放送が伝えた。20110304095719625

朝総連は"活動力ある30,40代が日本全域の16ケ朝総連本部と学校所在地本部など拠点支部委員長で登用されて,支部事業がさらに活気を帯びるようになった"と指摘した。

朝総連は傘下青年組織人在日本朝鮮青年商工会,すなわち青商会を'新しい世代の働き手育成'’という目標で30代青年たちの参加を以前に比べて,20%増やしたと評価した。
朝総連はまた"去る一年朝総連系民族学校学生数の減少を防ぐために全組織が力を注いだ"と明らかにした。
一方,朝総連は"昨年煕川発電所建設現場労働者支援事業と新義州市大水被害復旧支援,そして平壌駅の前'駅前総連食堂'開業と運営など北朝鮮が繰り広げた社会主義強い大国建設に特色あるように尽くした"と評価した。

 

写真は総連食堂

http://media.daum.net/politics/north/view.html?cateid=1019&newsid=20110303233706027&p=yonhap

2011年11月9日水曜日

対北朝鮮媒体'金正日死亡説'風説の可能性提起

いつかは来ることだが。


|記事入力2011-11-09 10:20

[マネートゥデイ チョン・ジウン インターン記者]

8日証券街を中心に広がった金正日北朝鮮国防委員長の死亡説が事実無根である可能性が高いという観測が出てきた。

北朝鮮専門媒体'デイリーNK'はこの日情報当局関係者の話を引用して"証券街で広がった根拠ないデマである可能性が大きい"と報道した。
情報当局関係者は"根拠ないうわさが証券街に広がったようだ"として"対北朝鮮情報関連分野では全く把握されない内容"と媒体に明らかにした。

媒体によれば金委員長死亡説は高齢の年齢と健康悪化などにより最近急増している。
昨年11月北朝鮮による延坪島砲撃挑発直後にも死亡説が回ったが事実無根で一段落した。

媒体に対しては"金委員死亡に備えた国家機関の非常マニュアルも作動していない"として"ただし死亡説拡散震源地の把握に主力を注いている"として、風説である可能性を提起した。
北朝鮮朝鮮中央通信は前日金委員長が後継者の金正恩労働党中央軍事委員会副委員長と共に朝鮮人民軍空軍第813部隊を視察したと報道している。


一方金委員長の死亡説はこの日午後2時頃から証券街で広がった。
この日コスピ指数は前日より15.96ポイント(0.83%)下落した1903.14で終了した

Technorati タグ:

2011年11月8日火曜日

早ければ2ヶ月後に六カ国協議再開 スティーブン・ボスワース前対朝鮮政策担当特別代表

外交評議会からの転載です。

http://www.cfr.org/north-korea/bosworth-us-must-continue-engaging-north-korea/p26436

10月24日~25日にジュネーブで行われた第二回朝米高位級会談を最後に米国の対朝鮮政策特別代表を退いたスティーブン・ボスワース氏は11月7日、米外交評議会(CFR)のバジョリア記者とのインタビューで「米国は北朝鮮に対して関与し続けなければならない」と主張した。また、「私の楽観的見解であるが、比較的近い将来のある時点で2カ国間のみならず多国間会談の次元で、実質的な諸問題について北朝鮮と公式対話が再開されると期待している」と述べた。

 

具体的な時期については「わからない」としながらも「早ければ2ヵ月後、遅くとも来年後半のある時点」と予想した。彼はまた「北朝鮮に対しては、非核化ではなく封じ込めを目標にしなければならないとする主張も一部にあるが、米国は非核化の目標を放棄すべきではない」と断言した。そのうえで「北朝鮮との対話は、すぐには非核化へ至らないかもしれないが、核物質の生産を制限し、核拡散を防ぐ上では非常に効果がある」と述べた。朝鮮における「権力継承」が今後の行方に与える影響について聞かれたボスワース氏は「多くの人々は、金正日氏が生きている間は権力継承が起きないと考えており、権力継承後も北朝鮮の政策が大きく変わることはないであろう」とし、「権力継承が国内問題に影響を与えることがあっても、新しい政権や新しい指導部が現在の政権がやらないと言ったことを突如やる準備が出来ていると言うとは思えない」と述べた。

後任のグリーン・デイビス氏に伝えたい助言があるかとの質問には「忍耐強くなければならない」としながら、「北朝鮮にも国益に対する彼らなりの認識があるという事実を理解すべきであり、われわれはそれを無視することが出来ないという点を助言したい」と述べた。(了)

北朝鮮がイランの核開発に協力か wp報道

IAEA says foreign expertise has brought Iran to threshold of nuclear capability

View Photo Gallery —  Intelligence shows that Iran received foreign assistance to overcome key hurdles in acquiring a nuclear weapon, according to the International Atomic Energy Agency.

By Joby Warrick, Published: November 7

Intelligence provided to U.N. nuclear officials shows that Iran’s government has mastered the critical steps needed to build a nuclear weapon, receiving assistance from foreign scientists to overcome key technical hurdles, according to Western diplomats and nuclear experts briefed on the findings.

Documents and other records provide new details on the role played by a former Soviet weapons scientist who allegedly tutored Iranians over several years on building high-precision detonators of the kind used to trigger a nuclear chain reaction, the officials and experts said. Crucial technology linked to experts in Pakistan and North Korea also helped propel Iran to the threshold of nuclear capability, they added.

2669

Comments

inShare

Video

Iran's President Mahmoud Ahmadinejad said in September that Iran is talking to Russia about building additional nuclear power reactors. (Sept. 23, 2011)

Iran's President Mahmoud Ahmadinejad said in September that Iran is talking to Russia about building additional nuclear power reactors. (Sept. 23, 2011)

More On This Story

View all Items in this Story

The officials, citing secret intelligence provided over several years to the International Atomic Energy Agency, said the records reinforce concerns that Iran continued to conduct weapons-related research after 2003 — when, U.S. intelligence agencies believe, Iranian leaders halted such experiments in response to international and domestic pressures.

The U.N. nuclear watchdog is due to release a report this week laying out its findings on Iran’s efforts to obtain sensitive nuclear technology. Fears that Iran could quickly build an atomic bomb if it chooses to hasfueled anti-Iran rhetoric and new threats of military strikes. Some U.S. arms-control groups have cautioned against what they fear could be an overreaction to the report, saying there is still time to persuade Iran to change its behavior.

Iranian officials expressed indifference about the report.

“Let them publish and see what happens,” said Iran’s foreign minister and former nuclear top official, Ali Akbar Salehi, the semiofficial Mehr News Agency reported Saturday.

Salehi said that the controversy over Iran’s nuclear program is “100 percent political” and that the IAEA is “under pressure from foreign powers.”

‘Never really stopped’

Although the IAEA has chided Iran for years to come clean about a number of apparently weapons-related scientific projects, the new disclosures fill out the contours of an apparent secret research program that was more ambitious, more organized and more successful than commonly suspected. Beginning early in the last decade and apparently resuming — though at a more measured pace — after a pause in 2003, Iranian scientists worked concurrently across multiple disciplines to obtain key skills needed to make and test a nuclear weapon that could fit inside the country’s long-range missiles, said David Albright, a former U.N. weapons inspector who has reviewed the intelligence files.

The program never really stopped,” said Albright, president of the Washington-based Institute for Science and International Security. The institute performs widely respected independent analyses of nuclear programs in countries around the world, often drawing from IAEA data.

“After 2003, money was made available for research in areas that sure look like nuclear weapons work but were hidden within civilian institutions,” Albright said.

U.S. intelligence officials maintain that Iran’s leaders have not decided whether to build nuclear weapons but are intent on gathering all the components and skills so they can quickly assemble a bomb if they choose to. Iran has consistently maintained that its nuclear activities are peaceful and intended only to generate electricity.

The IAEA has declined to comment on the intelligence it has received from member states, including the United States, pending the release of its report.

But some of the highlights were described in a presentation by Albright at a private conference of intelligence professionals last week. PowerPoint slides from the presentation were obtained by The Washington Post, and details of Albright’s summary were confirmed by two European diplomats privy to the IAEA’s internal reports. The two officials spoke on the condition of anonymity, in keeping with diplomatic protocol.

Albright said IAEA officials, based on the totality of the evidence given to them, have concluded that Iran “has sufficient information to design and produce a workable implosion nuclear device” using highly enriched uranium as its fissile core. In the presentation, he described intelligence that points to a formalized and rigorous process for gaining all the necessary skills for weapons-building, using native talent as well as a generous helping of foreign expertise.

“The [intelligence] points to a comprehensive project structure and hierarchy with clear responsibilities, timelines and deliverables,” Albright said, according to the notes from the presentation.

Key outside assistance

According to Albright, one key breakthrough that has not been publicly described was Iran’s success in obtaining design information for a device known as an R265 generator. The device is a hemispherical aluminum shell with an intricate array of high explosives that detonate with split-second precision. These charges compress a small sphere of enriched uranium or plutonium to trigger a nuclear chain reaction.

Creating such a device is a formidable technical challenge, and Iran needed outside assistance in designing the generator and testing its performance, Albright said.

According to the intelligence provided to the IAEA, key assistance in both areas was provided by Vyacheslav Danilenko, a former Soviet nuclear scientist who was contracted in the mid-1990s by Iran’s Physics Research Center, a facility linked to the country’s nuclear program. Documents provided to the U.N. officials showed that Danilenko offered assistance to the Iranians over at least five years, giving lectures and sharing research papers on developing and testing an explosives package that the Iranians apparently incorporated into their warhead design, according to two officials with access to the IAEA’s confidential files.

Danilenko’s role was judged to be so critical that IAEA investigators devoted considerable effort to obtaining his cooperation, the two officials said. The scientist acknowledged his role but said he thought his work was limited to assisting civilian engineering projects, the sources said.

There is no evidence that Russian government officials knew of Danilenko’s activities in Iran. ­E-mails requesting comment from Russian officials in Washington and Moscow were not returned. Efforts to reach Danilenko through his former company were not successful.

Iran relied on foreign experts to supply mathematical formulas and codes for theoretical design work — some of which appear to have originated in

North Korea, diplomats and weapons experts say. Additional help appears to have come from the father of Pakistan’s nuclear program, Abdul Qadeer Khan, whose design for a device known as a neutron initiator was found in Iran, the sources said. Khan is known to have provided nuclear blueprints to Libya that included a neutron initiator, a device that shoots a stream of atomic particles into a nuclear weapon’s fissile core at the start of the nuclear chain reaction.

One Iranian document provided to the IAEA portrayed Iranian scientists as discussing plans to conduct a four-year study of neutron initiators beginning in 2007, four years after Iran was said to have halted such research.

“It is unknown if it commenced or progressed as planned,” Albright said.

The disclosures come against a backdrop of new threats of military strikes on Iran. Israeli newspapers reported last week that there is high-level government support in Israel for a military attack on Iran’s nuclear installations.

“One of the problems with such open threats of military action is that it furthers the drift towards a military conflict and makes it more difficult to dial down tensions,” said Peter Crail, a nonproliferation analyst with the Arms Control Association, a Washington advocacy group. “It also risks creating an assumption that we can always end Iran’s nuclear program with a few airstrikes if nothing else works. That’s simply not the case.”

Special correspondent Thomas Erdbrink in Tehran contributed to this report.

2011年11月7日月曜日

平壌にめぐみとおもわれる人物住んでいた" 週刊朝鮮

まだ週刊朝鮮の原文がアップされていないので、朝鮮日報から。

整理すると夫と娘の名前が一致し、生年月日も一致する女性が日本人が多く住む地区にいた。娘の生年月日は一致しない。名前は朝鮮式だが、可能性が高いということになる。

先日も韓国の議員が2005年ごろまでは生きていたとの話を伝えているので、二つの情報はある程度重なる。


アン・ジュンホ記者

入力:2011.11.07 03:05
週刊朝鮮報道…生年月日・娘の名前金ウンギョンも同じで
1977年に日本で北へ拉致された横田めぐみ.
写真でメグミが立っている所は北朝鮮だが正確な位置は分かっていない。
/AP
日本の新潟県で1977年北朝鮮工作員に北へ拉致された日本人横田めぐみ(47)と推定される人物が2005年まで平壌に居住していたと'週刊朝鮮'が報道した。
北へ拉致当時13才であったメグミは1987年大韓航空858機爆破犯金賢姫(49)氏が北朝鮮で工作員教育を受ける時"めぐみから日本語教育を受けた"と証言しながら,北へ拉致事実が確認された。
北朝鮮は2002年北朝鮮・日本実務会談で"めぐみは1993年3月死亡した"と日本政府に通知した。

7日発売される週刊朝鮮によれば北朝鮮当局が作成した平壌市民210万人の身上資料を分析した結果,めぐみと推定される女性が2005年'ハン・ソンエ'という名前で日本人集中居住地域の平壌市大成区域ミサン3棟10班に娘金ウンギョン(24)と住んでいたことが明らかになった。

週刊朝鮮はハン・ソンエという名前のこの女性がめぐみと生年月日(1964年10月5日)と同じで,娘の名前(金ウンギョン),夫の名前(金英南)等めぐみ関連情報と一致すると報道した。

週刊朝鮮が入手した平壌市民身上資料によれば1987年生まれの中で金日成総合大学に通う金ウンギョンは2人おり、1人は金英南が話した金ウンギョンの生年月日と一致し、他の1人は10月25日生で1ケ月程度の差がある。

週刊朝鮮は二人の中で生年月日が1ケ月余の違いが生じる金ウンギョンがハン・ソンエの娘と推定されると報道した。

住民登録証に該当する北朝鮮の市民証を与えられた地域が'万景台'で同じだったし,居住地も'大成区域ミサン3棟10班'で同一だと確認されたためだ。

2011年11月5日土曜日

スカラピーノ、彼の人生、そのままが‘韓国の現代史’

ワシントン|ユシンボ特派員 simon@kyunghyang.com 京郷新聞
・アジア・韓半島問題碩学 スカラピーノ教授死亡

 

あらためて記事を読むと、韓国に大変な影響を与えた人だった。

2011年11月3日木曜日

北崩壊時26万~40万兵力必要"

聯合通信の日本語ページにも訳がある。学者の名前や細かな部分が省略されているので補足して原文から訳した。

(ワシントン=聯合ニュース)ファン・ジェフン特派員=北朝鮮が崩壊する場合北朝鮮転任に対する安定化作戦と大量殺傷武器(WMD)確保,国境管理など各種作戦遂行に最小限26万~40万人の兵力が必要だという研究結果が提示された。

2011年11月1日火曜日

労働新聞ホームページ開設、韓国では接続遮断

古い記事になりますが、日本では自由に読める。紙の購読者もいるはずだが、狙いはどこにあるのだろう。気になる。

長吉図開発要項全文

北朝鮮と関係のある開発区の開発要項全文 記録のため取って置きます。

卡扎菲访问朝鲜的老照片,他和金日成的关系咋那么铁(图)

カダフィが北朝鮮を訪問した時の記事。記録のためコピペしておきます。