お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年1月28日月曜日

金正恩氏の重大決心 全文

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf;jsessionid=23F697FF7DA4C06881FBE4B8C883A941#this

訳してみました
(平壌(1月26日発朝鮮中央通信)
最近わが国周辺にに作られた厳しい情勢と関連した国家安全および対外部門担当者の協議会が進行された。
朝鮮労働党第1秘書で、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会第1委員長で、朝鮮人民軍最高司令官である敬愛するキム・ジョンウン同志は作られた情勢に対処するための国家安全および対外部門担当者協議会を招集して指導された。

協議会には朝鮮人民軍総政治局長崔リョンヘ総政治局長、朝鮮人民軍総参謀長ヒョン・ヨンチョル同志、国家安全保衛部長金ウォンホン同志、党中央委員会秘書らのパクチュンドン、金ヨンイル同志、党中央委員会副部長ホン・スンム同志、外務省第一副長官キム・キェグァン同志らが参加した。

北朝鮮の軍人の動向
北朝鮮の新側近 中央日報より

 

北朝鮮官営朝鮮中央通信が26日に出した写真

 

 2013-01-27-01-01

金正恩第1書記が労働党や内閣・軍部の側近ら7人と「国家安全および対外部門幹部協議会」を行っている。金正恩は自分の左側にいる金桂寛(キム・ケグァン)外務次官と金英逸(キム・ヨンイル)書記(国際担当)側を見ながら話をしている。金英逸より相対的に職級が低い金桂寛外務次官が金正恩の隣に座っているのは、北核と対米交渉が核心議題であるためとみられる。金外務次官は長い間、6カ国協議首席代表を務め、昨年2月の朝米高官級会談にも出席した。

右側には核・ミサイル開発の責任者、朴道春(パク・ドチュン)書記(軍需担当)がいる。朴道春は昨年12月、長距離ミサイル開発のため北朝鮮のロケット発射当時、金正恩を単独で随行した。政府当局者は「労働党で核とミサイル関連業務を遂行しながら、金正恩の信頼を得ていると把握される」と述べた。

その隣にはホン・スンム党副部長が座っている。ホン副部長は金正恩が後継者に推戴された2010年9月の労働党第3回代表者会当時、党中央委候補委員(105人)に含まれ、初めて名前が知られた。2011年12月の金正日(キム・ジョンイル)葬儀では葬儀委員に含まれた。次官級(党副部長)だが、書記室(秘書室)など金正恩の最側近席で勤務している。ホン副部長の顔はベールに包まれている。今回も後ろ姿だけが公開された。北朝鮮専門家は、ホン副部長が安保・外交問題を補佐している推定している。

崔竜海(チェ・ヨンヘ)総政治局長、玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)軍総参謀長、金元弘(キム・ウォンホン)国家安全保衛部長は軍服姿で金正恩の向かい側に並んで座っている。

金正恩の叔母の夫で権力定着の後見人の役割をしてきた張成沢(チャン・ソンテク)国防委副委員長は抜けた。今回の会議は核・ミサイルなどの懸案と直接関係がある人物だけが出席の対象とみられる。金格植(キム・ギョクシク)人民武力部長の姿も見えない。韓国の場合、武力部長に該当する国防部長官は安保関係長官会議のメンバーだ。当局者は「北朝鮮の場合、韓国の合同参謀本部議長に該当する玄永哲総参謀長が出席するので、武力部長が出席していないとみられる」と述べた。



キム・ジョンウン同志は最近朝鮮半島とその周辺に新しく作られた情勢と情況に対する報告を聴取された。
主権国家の合法的権利であり、米国の専門機関らも認めた人工地球衛星《光明星-3》号2号機の成功的な発射をかけて横暴で挑発的な国連安全保障理事会《制裁決議》を操作やり遂げた敵対勢力の前例がない反共和国圧殺策動によって、朝鮮半島とその周辺には峻厳な情勢が作られている。

昨年4月から、私たちは国際的な慣例以上の透明性も保障して情勢が比較的温和な時を選んで、発射時期を選ぶなど衛星発射の平和的性格をと見られるためにすべての努力を発揮した。
しかし初めから私たちの衛星発射をまた一つの反共和国圧殺の契機に作ろうと決意した敵対勢力は、頑として私たちの衛星発射権利を否定してきた。

国際法的に公認された主権国家の自主的な宇宙開発権利を蹂躙した米国とその追従勢力の敵対行為は私たちの人民が選択した思想と制度に対する体質的な拒否感により、私たちと最後まで対決してみようとする米国の対朝鮮敵対視戦略がふたたび絶頂に達しているということを見せている。
偉大な金正日同志が一生を捧げて用意してやられた自衛的な戦争抑制力に土台にして、今は人民らがこれ以上腰のベルトを引き締めないように経済建設に集中しようとしていた私たちの努力には厳重な難関が作られた。

問題の公正な解決と事態の激化を防ぐために努力を傾けたが、彼らの能力にも限界があるということが明白になった以上私たちの自主権は自力で守らなければならないという哲理が今一度確証された。
世界の非核化が実現される前には朝鮮半島非核化が有りえないということも明白だった。

キム・ジョンウン同志は協議会ですでに国防委員会と外務省声明らを通して、民族の尊厳と国の自主権を守護するための強力な物理的対応措置らを行う立場を明らかにした通り、作られた情勢に対処して、実際的であり強度が高い国家的重大措置を取る断固たる決心を表明して、該当部門担当者らに具体的な課題を提示された。(終わり)


kita


    (평양 1월 26일발 조선중앙통신)
    최근 우리 나라에 조성된 엄중한 정세와 관련한 국가안전 및 대외부문 일군협의회가 진행되였다.
    조선로동당 제1비서이시며 조선민주주의인민공화국 국방위원회 제1위원장이시며 조선인민군 최고사령관이신 경애하는 김정은동지께서는 조성된 정세에 대처하기 위한 국가안전 및 대외부문 일군협의회를 소집하고 지도하시였다.
    협의회에는 조선인민군 총정치국장 최룡해동지,조선인민군 총참모장 현영철동지,국가안전보위부장 김원홍동지,당중앙위원회 비서들인 박도춘동지,김영일동지,당중앙위원회 부부장 홍승무동지,외무성 제1부상 김계관동지들이 참가하였다.
김정은동지께서는 최근 조선반도와 그 주변에 새롭게 조성된 정세와 정황들에 대한 보고를 청취하시였다.
    주권국가의 합법적권리이며 미국의 내노라 하는 전문기관들도 인정하였던 인공지구위성 《광명성-3》호 2호기의 성공적인 발사를 걸고 횡포하고 도발적인 유엔안전보장리사회 《제재결의》를 조작해낸 적대세력의 전례없는 반공화국압살책동으로 말미암아 조선반도와 그 주변에는 준엄한 정세가 조성되고있다.
    지난해 4월부터 시작하여 우리는 국제적인 관례이상의 투명성도 보장하고 우정 정세가 비교적 온화한 때를 골라 발사시기를 택하는 등 위성발사의 평화적성격을 립증해보이기 위하여 모든 노력을 다 기울이였다.
    그러나 애초에 우리의 위성발사를 또 하나의 반공화국압살의 계기로 만들려고 작정한 적대세력은 막무가내로 우리의 위성발사권리를 부정해나섰다.
    국제법적으로 공인된 주권국가의 자주적인 우주개발권리를 란폭하게 유린한 미국과 그 추종세력의 포악무도한 적대행위는 우리 인민이 선택한 사상과 제도에 대한 체질적인 거부감과 적의를 끝내 버리지 못하고 우리와 끝까지 대결해보려는 미국의 대조선적대시전략이 최절정에 달하고있다는것을 보여주고있다.
    이로 하여 위대한 김정일동지께서 한생을 바쳐 마련해주신 자위적인 전쟁억제력에 토대하여 이제는 인민들이 더는 허리띠를 조이지 않도록 경제건설에 집중하려던 우리의 노력에는 엄중한 난관이 조성되였다.
    여러 유관측들이 문제의 공정한 해결과 사태의 격화를 막기 위해 노력을 기울였으나 스스로 인정하다싶이 그들의 능력에도 한계가 있다는것이 명백해진 이상 우리의 자주권은 오직제힘으로 지켜내야 한다는 철리가 다시금 확증되였다.
    세계의 비핵화가 실현되기 전에는 조선반도비핵화가 있을수 없다는것도 명백해졌다.
김정은

김정은동지께서는 협의회에서 이미 국방위원회와 외무성 성명들을 통하여 민족의 존엄과 나라의 자주권을 수호하기 위한 강력한 물리적대응조치들이 뒤따르게 될것이라는 립장을 밝힌바와 같이 조성된 정세에 대처하여 실제적이며 강도높은 국가적중대조치를 취하실 단호한 결심을 표명하시고 해당 부문 일군들에게 구체적인 과업을 제시하시였다.(끝)

2013年1月5日土曜日

金正恩第一書記新年辞 全文

分析はとりあえず横において、全文を引用しておきます。重要と思われるところに赤や太字加工を施してあります。

分析記事はいずれもハングルです。

連合ニュース 専門家の分析

中国メディアは北朝鮮の大変化を予告と報道 韓国日報

朴新大統領 新年の辞はいちおう肯定的と受け止め 朝鮮日報

映像

 【平壌1月1日発朝鮮中央通信】敬愛する金正恩同志は2013年を迎えて1日、新年の辞を述べた。
その全文は、次のとおり。

 


 親愛なる同志のみなさん!
 勇敢な人民軍将兵と愛する全国の人民のみなさん!
 懐かしい同胞兄弟のみなさん!
 われわれは祖国の歴史に特筆すべき出来事で飾られた2012年を送り、遠大な抱負と最後の勝利への信念に満ちて2013年の新春を迎えています。


 わたしはまず、すべての人民軍将兵と人民の一致した敬慕の念をこめて、民族の師父でありチュチェの永遠なる太陽である偉大な金日成同志と金正日同志に最も崇高な敬意と新年の挨拶を送ります。

 わたしは、党のまわりに固く結集し、祖国の富強・繁栄のために献身的にたたかっている人民軍将兵と人民に新年の温かい挨拶を送り、全国のすべての家庭に親和とより大きな幸福があるよう心から祈ります。

 わたしはまた、祖国の統一と民族繁栄への希望と期待を持って新年を迎えている南朝鮮と海外の同胞、そして正義と平和を愛する世界の進歩的人民と外国の友人に新年の挨拶を送ります。

 昨年は、偉大な大元帥たちを朝鮮革命の永遠なる領袖として高く戴き、党の指導のもとにチュチェの革命偉業を立派に継承し達成することのできる確固たる保障をもたらした歴史的な年でした。

 金日成同志と金正日同志は朝鮮人民が数千年の歴史においてはじめて迎え高く戴いた偉大な領袖であり、白頭山大国の永遠なる影像であり、すべての勝利と栄光の旗じるしです。

われわれは昨年、金日成同志の生誕100周年を民族最大の祝日として盛大に祝い、チュチェ朝鮮の100年史を誇らかに総括し、金正日同志をわが党と人民の永遠なる領袖として高く戴き、領袖永生の大業を実現することにより、金日成-金正日主義の旗のもと、新たなチュチェ100年代をチュチェの革命偉業を達成するための勝利と栄光の年代として輝かしていくことができるようになりました。
 

わが軍隊と人民は、天のごとく信じ慕っていた金正日同志をあまりにも思いがけなく失い、血の涙のうちに2012年を迎えましたが、偉大な金正日同志は永遠にわれわれとともにおられるという鉄石の信念を深く胸に刻み付け、党に従って毅然と立ち上がり、一心同体となって党の指導に従いました。

 

人民軍将兵と人民は白玉のような忠誠心と崇高な徳義心、真心を尽くして錦繍山太陽宮殿をチュチェの最高聖地として最も神々しく整備し、万寿台の丘と各単位に大元帥たちの銅像を丁寧に建立しました。


 人民軍将兵と人民は、わが党を限りなく信頼し慕い、党と同じ血筋を引いて脈拍を合わせ、常に生死、苦楽をともにしました。全国の深い関心の中で行われた重要な政治的行事や、昨年われわれが送り迎えた月日は、党と軍隊と人民の不抜の一心団結が断ち切ろうにも断ち切れない血縁的つながりで固められた感動深い日々でした。


 昨年、わが軍隊と人民は金正日同志の構想と遺訓を実現するための総攻撃戦を繰り広げ、祖国の歴史に燦然と輝く歴史的勝利を達成しました。

 われわれの頼もしい科学者、技術者は、人工衛星「光明星―3」号2号機の打ち上げを成功させて金正日同志の遺訓を立派に実現し、チュチェ朝鮮の宇宙科学技術と総合的国力を力強く誇示しました。100%われわれの力と技術、知恵によって科学技術衛星の製作と打ち上げに成功したのは、太陽民族の尊厳と栄誉を最高の境地に至らしめた大慶事であり、千万軍民に必勝の信念と勇気を与え、朝鮮は決心すれば必ず実行するということをはっきりと示した特筆大書すべき出来事でした。


 われわれの革命武力は、金日成同志の生誕100周年慶祝閲兵式を通じて、思想と信念が徹底しており、いかなる強敵をも打ち負かすことのできる朝鮮式の近代的武力装備を備えた白頭山革命強兵の強大な威力を示威し、敵の絶え間ない戦争挑発策動と反共和国謀略騒動をことごとく粉砕し、祖国の安全を確固と守り抜きました。

 

人民軍と人民内務軍の将兵は、「一気に」の気概で強盛国家建設の主要部門で進撃の突破口を開き、人民の幸せのためのよいことを多くして、党と人民の信頼と期待に立派に応えました。

昨年わが軍隊と人民は、複雑かつ厳しい情勢と相次ぐひどい天災の中でも、堅忍不抜の意志と百折不撓の闘争によって社会主義強盛国家の建設と人民生活の向上に大きな前進をもたらしました。


 われわれは熙川発電所と端川港の建設を完工したことをはじめ、主体化、近代化が実現した数多くの工場、企業を建設し、基幹工業部門の重要生産基地を近代科学技術に基づいて立派に改造し、わが国の経済の物質的・技術的土台を強固にしました。


 人民軍将兵と人民の高揚した愛国的熱意によって、平壌市に倉田通りと綾羅人民遊園地をはじめ記念碑的建造物が立てられ、全国各地に人民の福祉増進のための文化施設が数多く整えられて祖国の面貌が一新されました。


 昨年、全般的12年制義務教育の実施に関する法令によって、すぐれた社会主義教育制度がいっそう強化され、 われわれのスポーツマンは国際競技ですばらしい成果を収めて祖国の栄誉を轟かし、革命的芸術家は斬新かつ進取的な芸術活動を展開して、社会に躍動する気概を示し、人民のたたかいを大いに鼓舞激励しました。

 昨年、革命闘争と建設事業ですばらしい勝利を収めることができたのは、金正日同志が富強祖国建設の明確な設計図を示し、強固な土台を築いてくれたからです。

昨年の誇るべき成果は、金正日同志の遠大な構想と遺訓を現実化して金日成・金正日朝鮮を世界に轟かそうとするわが党の確固たる決心と正しい指導、党に限りなく忠実な人民軍将兵と人民の高潔な忠誠心と愛国的献身のたまものです。

わたしは、党の戦闘的呼びかけに応えて新たなチュチェ100年代の初年を偉大な勝利によって輝かしたすべての人民軍将兵と人民に熱い感謝を送ります。

同志のみなさん!

 新年2013年は、金日成・金正日朝鮮の新たな100年代の進軍路で社会主義強盛国家建設の画期的な局面を開く壮大な創造と変革の年です。


 すべての人民と人民軍将兵は、勝利者としての高い誇りと明るい未来に対する信念を持って、強盛国家建設のための壮大な進軍に力強く奮い立たなければなりません。


 わが党と人民が進むべき不変の進路はひたすらチュチェの道であり、朝鮮革命の百戦百勝の旗は偉大な金日成-金正日主義です。われわれは金日成-金正日主義の旗を高く掲げ、自主の道、先軍の道、社会主義の道に沿ってあくまでまっすぐに進まなければなりません。わが党は世界で一番立派な朝鮮人民に依拠して朝鮮式、金正日同志式でこの地に社会主義強盛国家、天下第一の強国を誇らしく打ち立てるでありましょう。


 今年われわれは、栄えある祖国―朝鮮民主主義人民共和国創建65周年と偉大な祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利60周年を迎えます。

 
 5000年のわが民族史上はじめて真の人民の国家を打ち立て、自主、自立、自衛の社会主義強国にした大元帥たちの不滅の建国業績があり、卓越した戦略戦術と賢明な指導で祖国解放戦争の輝かしい勝利をもたらした金日成同志の偉大な戦勝の業績があるがゆえに、朝鮮人民の尊厳ある栄光に満ちた今日があり、限りなく繁栄するわが祖国の輝かしい未来があるのです。

 

われわれは意義深い今年に、偉大な大元帥たちの不滅の業績をさらに輝かせ、社会主義強盛国家の建設と祖国統一偉業の達成へとねばり強く受け継いでいかなければなりません。


 今日、経済強国の建設は社会主義強盛国家建設偉業の達成において第一義的に提起される最も重要な課題です。

 
 われわれは経済建設においてこれまで収めた成果をさらに強固にし、発展させてわが国を新世紀経済強国の地位に堂々と引き上げ、朝鮮人民に何うらやむことのない豊かな生活を営ませるため一生涯を捧げた金正日同志の念願を実現しなければなりません。


 主体的な実用衛星を製作し打ち上げて先軍朝鮮の尊厳と威容を轟かしたその勢いで全党、全国、全人民が総動員して、今年、経済強国の建設と人民の生活向上に画期的な転換をもたらすべきです。


 「宇宙を征服したその精神、その気迫で経済強国建設の転換的な局面を切り開いていこう!」これが今年、わが党と人民が掲げていくべき闘争スローガンです。

 
 人民経済のすべての部門、すべての単位で党の戦闘的スローガンを高く掲げ、生産的高揚をもたらすための総突撃戦を力強く展開すべきです。
 今年のすべての経済活動は、これまで築かれた自立的民族経済の土台をさらに強固にし、十分に活用して生産を大いに増やし、人民生活の安定と向上のためのたたかいとならなければなりません。


 人民経済の先行部門と基礎工業部門を盛り立てるための決定的な対策を講じて、石炭・電力・金属・鉄道運輸部門を確固と優先させ、経済強国建設の跳躍台を強固にすべきです。特に石炭・金属工業部門で革新を起こして国の経済全般を活性化しなければなりません。

 
 経済建設の成果は人民の生活に現れなければなりません。人民の生活と直結している部門と単位を盛り立て、生産を増やすことに大きな力を入れ、人民の生活により多くの恩恵が行き届くようにすべきです。

 農業と軽工業は依然として今年、経済建設の主要攻略部門です。農業に国家的な力を集中し、農業生産の科学化、集約化の水準を高めて今年度の穀物生産目標を必ず達成し、軽工業工場への原材料、資材供給対策を綿密に立てて良質の一般消費財をより多く生産すべきです。

 
 畜産と水産、果樹部門を決定的に盛り立てて人民の食生活を改善し、より豊かにすべきです。党の呼びかけに応えて洗浦台地の開墾現場に果敢に駆けつけた人民軍軍人と突撃隊員は、今年の戦闘で新たな奇跡と英雄的偉勲を立てて党の大自然改造構想を早期に実現する明るい展望を開かなければなりません。


 金正日同志が超強度強行軍の道を歩みながら人民の生活向上のために苦心して築いた近代的な工場と生産基地で増産運動を強力に繰り広げ、金正日同志の崇高な情愛がそのまま人民に行き届くようにすべきです。


 人民経済のすべての部門、すべての単位で社会主義的増産競争を力強く展開して、生産を活性化し、今年度の人民経済計画を必ず遂行しなければなりません。

 
 新世紀の産業革命の炎を力強く燃え上がらせ、科学技術の力によって経済強国建設の転機を開かなければなりません。

 

新世紀の産業革命は本質において科学技術革命であり、先端突破に経済強国建設の近道があります。宇宙を征服した衛星科学者のように最先端突破戦を強力に展開して、国の全般的な科学技術を一日も早く世界的水準に引き上げなければなりません。

人民経済のすべての部門で科学技術発展に第一義的な力を注ぎ、科学技術と生産を密着させ、われわれの資源と技術で生産を増やし、ひいては設備と生産工程のCNC化、リモコン化を実現しなければなりません。


 発展する現実の要求に即して、経済指導と管理を改善すべきです。
 人民経済の各部門であらゆる潜在力と可能性を最大限に引き出し、生産的高揚を起こすための経済作戦と指導を綿密にし、現行計画と長期的な段階別の発展戦略を科学的に立て、その通り頑強に実行していかなければなりません。


われわれは朝鮮式の社会主義経済制度を固守し、勤労人民大衆が生産活動において主人としての責任と役割を果たすようにする原則で経済管理方法を絶えず改善し完成し、各単位の立派な経験を広く普及しなければなりません。

 われわれの政治的・軍事的威力を全面的に強化することに引き続き大きな力を入れなければなりません。


 党のまわりに固く結集した千万軍民の一心団結はわれわれの最強の武器であり、社会主義強盛国家建設の強力な推進力です。


 われわれは、党は人民を信頼し、人民は党を絶対的に信頼して従う渾然一体の威力によって革命の赤旗に勝利のみを記してきた一心団結の誇るべき伝統をあくまで変わることなく引き継いでいかなければなりません。


 すべての幹部と党員と勤労者は、先軍革命の道で党と思想と志を同じくし、生死苦楽をともにし、祖国と人民のために献身する真の同志となり、一心同体とならなければなりません。すべての活動を、一心団結を擁護、固守し、さらに強固なものにすることに志向させ、民心をよく知り、広範な大衆を党のまわりにしっかり結集させて朝鮮革命の政治・思想陣地を磐石のごとく固めなければなりません。

 
 軍事力はすなわち国力であり、軍事力を全面的に強化する道に強盛国家もあり、人民の安泰と幸せもあります。

われわれは偉大な先軍の旗を高く掲げ、軍事力の強化に引き続き大きな力を入れて祖国の安全と国の自主権をしっかり守り 、地域の安定と世界の平和を守ることに寄与しなければなりません。


 偉大な金日成大元帥が「一当百」のスローガンを提示して50周年に当たる今年、われわれの革命武力の強化発展と戦闘準備の完成において一大転換をもたらさなければなりません。

 
 人民軍では革命的軍指揮体系と軍律をしっかり打ち立て、鉄のような軍紀を確立し、最精鋭革命強兵の正規化された面貌をさらに徹底的に整えるべきです。

白頭山の訓練熱風を力強く巻き起こして、すべての軍人を実戦能力を備えた一当百のつわものに育てあげ、高度の臨戦態勢を維持して、侵略者があえて神聖なわが祖国に手出しをするならば容赦なく撃滅し、祖国統一大戦の勝利を達成しなければなりません。

 朝鮮人民内務軍の将兵と労農赤衛軍の隊員は、戦闘・政治訓練をさらに強化し、党と領袖、祖国と人民を防衛し、自分の郷土を死守する万全の戦闘動員態勢を整えなければなりません。

 
 国防工業部門では、党の軍事戦略思想を実現しうる朝鮮式の先端武力装備をより多く製作し、白頭山革命強兵の兵器廠としての使命を果さなければなりません。
 社会主義文明国建設にさらに拍車をかけて、21世紀の新たな文明開花期を大きく開かなければなりません。


 われわれが建設する社会主義強盛国家は、全人民が高い文化知識と壮健な体力、気高い道徳品性を身につけ、最も文化的な条件と環境のもとで社会主義的文化生活を思う存分享受し、全社会に美しく健全な生活気風がみなぎる社会主義の文明国です。

 
 文化建設のすべての部門で金正日同志が示した思想と路線、方針を立派に貫徹して、教育、保健医療、文学・芸術、スポーツ、道徳をはじめすべての文化分野を先進的な文明強国のレベルに引き上げなければなりません。

 
 平壌市をチュチェ朝鮮の首都、先軍文化の中心地らしくさらに壮大で美しい都市にし、すべての道・市・郡で街や村、祖国の山河を社会主義の理想郷に整え、人民のための近代的な文化・厚生施設や公園、遊園地を増設して、人民が新時代の文化的な生活を思う存分享受できるようにしなければなりません。


 今年、社会主義強盛国家の建設に画期的な転換をもたらすためには、幹部の思想観点と活動気風、活動態度を抜本的に改善しなければなりません。

 
 金日成同志式、金正日同志式の人民観を身につけて人民のために靴底がすりきれるほど走り続け、古い思考方式と枠から脱してすべての活動を絶えず革新し、大衆を奮い立たせて隊伍の進路を開いていく人がまさに、 今日わが党が求める真の幹部なのです。

幹部は「すべてを人民のために、すべてを人民大衆に依拠して!」というスローガンを高く掲げて献身的にたたかわなければなりません。幹部は自分の仕事に対する強い責任感と熱心な活動意欲、進取的な活動姿勢を持って最大の能力を発揮し、党と人民から自分の忠実性と実践力に対する評価を受けなければなりません。

 
 党組織の戦闘的機能と役割をいっそう高めるべきです。

 
 すべての党組織は当該単位の政治的参謀部として党政策の実行において政策的要求を明確にし、組織・政治活動を綿密に行って、今年、自己の部門、自己の単位の活動で革新的高揚を起こすべきです。党組織は母親の気持ちですべての人を懐に抱いて温かく見守り導き、彼らがあくまで党と運命をともにし、自分の持ち場で与えられた任務を責任を持って遂行するようにすべきです。

 党活動を1970年代のように火線式にかえ、金正日的愛国主義を実践活動に具現させることに党活動の力を集中すべきです。

 
 金正日的愛国主義は金日成民族の永遠なる精神であり息吹であり、富強祖国建設の原動力でもあります。

党組織は、すべての幹部と党員、勤労者が金正日的愛国主義を血潮たぎる胸に秘め、社会主義祖国の隆盛・ 繁栄をめざす今日の聖なるたたかいで愛国的熱意と献身性を高く発揮するようにすべきです。


 勤労者団体組織はその組織の特性に即して同盟員に対する教育を着実に行い、すべての同盟員を今年の総突撃戦へと力強く立ち上がらせなければなりません。青年同盟組織は、すべての青年が常に党に従ってまっすぐに力強く前進し、創造と偉勲によって大高揚時代を輝かす青年英雄になるようにすべきです。

 祖国統一はこれ以上延ばすことのできない民族至上の切実な課題であり、偉大な大元帥たちの畢生の念願であり遺訓です。


 民族の慈父であり、祖国統一の救いの星である偉大な金日成同志と金正日同志は、民族分裂の苦痛に誰よりも心を痛め、わが同胞に統一された祖国を譲り渡すために一生涯労苦と心血を注ぎ、国の自主的統一と平和・繁栄のための強固な土台を築きました。

 われわれは、偉大な大元帥たちが祖国統一の聖業に築き上げた不滅の業績を固守し輝かし、不世出の偉人たちの崇高な志を体して民族最大の悲願である祖国統一の歴史的偉業を必ず成し遂げなければなりません。


 今年、全民族が団結し、民族あげての統一愛国闘争によって祖国統一の新たな局面を開かなければなりません。

 国の分裂に終止符を打ち、統一を実現するうえで提起される重要な問題は、北と南の対決状態を解消することです。

 
 これまでの北南関係が示しているように、同族の対決によって招かれるのは戦争だけです。南朝鮮の反統一勢力は民族対決政策を放棄し、民族の和解と団結、統一の道に進むべきです。

 北南共同宣言を尊重し履行するのは、北南関係を進展させ、統一を早めるための根本的前提です。
 北と南、海外の全同胞は、新世紀の民族共同の統一大綱であり、平和・繁栄の里程標である6・15共同宣言と10・4宣言をあくまで履行するために積極的にたたかわなければなりません。

 祖国統一問題はわが民族同士で力を合わせて自主的に解決しなければなりません。

 祖国統一の主体は全朝鮮民族であり、全民族が力を合わせればこの世に不可能なことはありません。北と南、海外のすべての朝鮮民族は民族優先、民族重視、民族団結の立場に立って、全民族的偉業である祖国統一の大義にすべてを服従させ志向させなければなりません。

すべての朝鮮民族は外部勢力の支配と干渉、侵略と戦争策動を断固排撃し、祖国統一を妨げるいかなる行為も容認してはなりません。


 われわれは祖国統一の前途にいかなる試練と難関が横たわろうとも、全民族の団結した力で三千里の国土に統一され繁栄する強盛国家を必ず打ち立てるでありましょう。

 今日、国際舞台では主権国家に対する帝国主義者の干渉と軍事的侵略策動のため、人類の平和と安全に重大な危険がつくりだされており、特に朝鮮半島を含むアジア・太平洋地域は恒常的な緊張が漂う世界最大の発火地域となっています。

 
 あらゆる支配と従属に反対し、自主的に生きようとする人類の志向と念願はさらに強くなっており、自主と正義の道へ進む歴史の流れはなんぴとも押し止めることができません。
 今日の国際情勢は、わが共和国がこれまでと同様、先軍の旗を高く掲げて自主の道を進むことを求めています。

 
 われわれは今後とも、自主、平和、親善の理念のもとにわが国の自主権を尊重し、われわれに友好的な世界各国との友好・協力関係を拡大、発展させ、地域の平和と安定を守り、世界の自主化を実現するために大いに努力するでしょう。

 
 新年にわれわれの前途にはより明るく広々とした展望が開かれており、朝鮮人民の進む道には常に勝利と栄光があるのみです。


 こぞって金日成-金正日主義の旗を高く掲げて党のまわりに固く団結し、わが国、わが祖国の富強・繁栄のために力強くたたかいましょう。―――

以上


朝鮮中央通信社

<北 김정은 신년사 전문>