お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2013年2月28日木曜日

China should abandon North Korea

 

By Deng Yuwen

The best way is to take the initiative to facilitate unification with South Korea, says Deng Yuwen

North Korea’s third nuclear test is a good moment for China to re-evaluate its longstanding alliance with the Kim dynasty. For several reasons, Beijing should give up on Pyongyang and press for the reunification of the Korean peninsula.

ホームページへのコピーを禁じているので、リードだけにしました。

2013年2月25日月曜日

昨年四月と八月にオバマ政権関係者が秘密訪朝 ロサンゼルスタイムス 一人はデトラニ氏

Secret U.S.-North Korea diplomatic trips reported

An Obama administration official visited North Korea twice in 2012 in an unsuccessful effort to improve relations after Kim Jong Un assumed power, ex-officials say.

  • Kim Jong Un

    North Korean leader Kim Jong Un, center, appears to enjoy watching a flight exercise in an undated photo released by North Korea's official Korean Central News Agency. (Korean Central News Agency / AFP/Getty Images / February 23, 2013)

     

    By Ken Dilanian and Barbara Demick, Los Angeles Times

    February 23, 2013, 4:32 p.m.

    WASHINGTON — A White House official made two secret visits to North Korea last year in an unsuccessful effort to improve relations after new ruler Kim Jong Un assumed power, according to former U.S. officials familiar with the trips.

    The brief visits in April and August were aimed at encouraging the new leadership to moderate its foreign policy after the death of Kim's father, longtime autocrat Kim Jong Il, in December 2011.

    The ruling elite apparently spurned the outreach effort, however. This month, after a surge of fierce anti-U.S. rhetoric, the government in Pyongyang defied international warnings and conducted its third and most powerful underground nuclear test.

    The former U.S. officials, who spoke on condition of anonymity because the back-channel trips have not been formally disclosed, said the first visit was an unsuccessful attempt to persuade Pyongyang not to launch a long-range rocket.

    North Korea carried out the launch April 12. The missile flew only a few minutes before it exploded and crashed into the sea. A subsequent test of another long-range rocket in December was successful.

    The April trip was led by Joseph DeTrani, a North Korea expert who then headed the National Counter Proliferation Center in the Office of the Director of National Intelligence, which coordinates U.S. intelligence agencies, the former U.S. officials said. It was unclear who led the August trip.

    They said Sydney Seiler, who is in charge of Korea policy at the National Security Council, went on both trips. Seiler, a veteran CIA analyst, speaks fluent Korean. He could not be reached for comment.

    The White House, State Department and CIA have refused to confirm or deny the 2012 trips, which occurred during the U.S. presidential election season.

    "I'm not going to comment on this," Tommy Vietor, spokesman for the National Security Council, said in an email.

    U.S. officials have visited North Korea on and off for years. They include Secretary of StateMadeleine Albright, who led an official state visit in 2000. The last official U.S. visit was in 2009 when U.S. special envoy Stephen Bosworth sought to restart stalled six-party negotiations on North Korea's nuclear program. The talks have not resumed.

    DeTrani left the government last year and now heads the Intelligence and National Security Alliance, an industry group.

    "There are certain things I just won't talk about, and this is one subject I really feel it's not appropriate for me to comment on," DeTrani said in a telephone interview.

    Without confirming the 2012 trips, DeTrani said it "makes eminent sense" for the United States to conduct talks with North Korean officials after Kim Jong Il's death. DeTrani said he and other U.S. experts initially saw signs that Kim Jong Un might behave less rigidly than his father, including putting moderate figures in key government positions.

    Those hopes were quickly dashed, however.

    In addition to the rocket launches and nuclear test, the new leader appointed a defense minister, Gen. Kim Kyok-Sik, who reportedly was responsible for the 2010 shelling of a South Korean island that killed four people, and the sinking of a South Korean naval ship that killed 46 sailors.

    "I was initially guardedly optimistic that [Kim Jong Un] was moving in the right direction," DeTrani said. "With the launches and the test, he's reversed that."

    News of the secret trips first leaked out in the South Korean press, which said the flights from Guam to the Sunan airport in Pyongyang, North Korea's capital, passed through South Korean airspace.

    "The South Korean air force was tracking the plane. They knew there was a special flight going to Pyongyang, but the purpose of the mission was a secret," said Moon Chung-in, a former South Korean government advisor on North Korea and a professor at Yonsei University in Seoul.

    Some North Korea specialists applauded the Obama administration for breaking a long-standing taboo against one-on-one talks with Pyongyang.

    "The trips were a good idea and I think the fact that they did them secretly was a good idea," said John Delury, a North Korea expert at Yonsei University. He visited Pyongyang in January on a private trip with Google's chairman, Eric Schmidt.

    "I don't know why at this point the administration just doesn't set the record straight on this," said a former U.S. official. "All it shows is that we were trying to walk the last mile with North Korea."

    Another analyst said disclosing the trips would subject them to scrutiny from Japan and South Korea, as well as Congress. The congressional intelligence and foreign affairs committees have not been briefed on the visits, officials said, although they would not necessarily be notified.

    Chuck Downs, a former Pentagon official and Korea expert, characterized the visits as a worthy gambit.

    "The history of this past year of seemingly unsuccessful efforts to seek common ground on which to deal with Kim Jong Un will, I suspect, be a very important study in foreign relations for years to come," he said in an email.

    Japan's Asahi Shimbun newspaper, which also reported details of the trips, said U.S. militaryofficials conducted an unannounced visit to Pyongyang in November 2011. It said officials of the U.S. Pacific Command discussed efforts to recover the remains of U.S. soldiers killed in the Korean War, which ended in 1953. The Times could not confirm that visit.

    The U.S. military's recovery missions to North Korea stopped in 2005.

    ken.dilanian@latimes.com

    barbara.demick@latimes.com

    Dilanian reported from Washington and Demick from Beijing.

    Copyright © 2013, Los Angeles Times

    関連

    http://www.j-cast.com/2013/02/15165655.html?p=all

    2013年2月20日水曜日

    核開発とミサイルにいくらかかったか

    中央日報などからの引用です。

     

      北朝鮮の3度目の核実験の兆候が表れている中、北朝鮮が核開発に計7兆4000億ウォン(約5300億円)を使ったと分析された。

      匿名を求めた核専門家は2日、「北朝鮮は1980年代から核兵器の開発を本格的に進めてきた」とし「3度にわたる再処理で約40キロのプルトニウムを保有中で、高濃縮ウラン(HEU)生産のための遠心分離機も保有している」と述べた。

      長期にわたり北朝鮮の核活動を追跡してきたこの専門家は「核実験のための坑道や探知・計測装備など2度の核実験に2億ドルを使った」とし「寧辺(ニョンビョン)核団地や濃縮施設など核施設の建設に20億1000万ドル、核技術の研究開発に3億1000万ドル、原子炉と核燃料工場の再処理施設など核施設の稼働に27億2000万ドルがかかったと推定される」と説明した。

      これは中国産トウモロコシ1940万トンを購買できる金額で、

    北朝鮮住民に8年間も配給

    できる量。核兵器運搬手段の長距離ミサイル開発費用2兆2500億ウォン(約20億ドル)を含めると、ほぼ10兆ウォン近い費用を核開発に投資したことになる。また北朝鮮は寧辺核団地、平城(ピョンソン)の科学院などに約3000人の核専門家を投入したと把握されている。

      この専門家は「北朝鮮は年間80トンほどの使用済み核燃料再処理能力を持つ施設を独自で設計・建設し、89年から稼働中」とし「少なくとも3回(03、05、09年)以上の再処理で、約40キロのプルトニウムを保有しているはず」と述べた。これは6、7個分のプルトニウム核兵器を製造できる量。

      北朝鮮は2010年11月、米国の核専門家ハッカー博士に寧辺ウラン濃縮施設と1000台以上の遠心分離機を公開し、HEU核兵器開発能力を誇示している。北朝鮮は2000台の遠心分離機を設置して稼働中と主張しているため、年間40キロのHEU生産が可能だ。HEU15-20キロで核兵器一つを作れるという点を考えれば、北朝鮮は少なくとも10基(プルトニウム弾6、7基、HEU弾3、4基)の核兵器を作れる核物質を保有したと推定される。

     

    韓国政府は、ノドン・ミサイルやムスダン・ミサイルなど中短距離ミサイルの開発に4億ドル、1998年に発射したテポドン1号系列のミサイル開発に1億4000万ドル、平壌市山陰洞の兵器研究所建設に1億5000万ドル、ムスダン・ミサイル基地に2億ドル、今回打ち上げた銀河3号ロケットなどテポドン2号系列のミサイル開発に3億ドル、人工衛星開発に1億5000万ドル、東倉里ミサイル基地建設に4億ドルなど、北朝鮮が計17億4000万ドルを注ぎ込んだとしている。韓国政府はこれはトウモロコシを購入すれば580万トン、

    北朝鮮住民の19カ月分の食糧

    を確保できる金額と批判している。

    北朝鮮の食料事情まとめ

    http://matome.naver.jp/odai/2131598050712765301

     

    一部補足して、転載します。

    1962年秋の最高人民会議第3期第1次会議で‥金日成氏は「1963年の目標が達成されれば、北朝鮮のあらゆる勤労人民は瓦屋根の家で米飯と肉を食べ、よい服を着て豊かな生活が送れるだろう」と述べた。

    その後

    金日成主席は1992年、新年の辞で「今年最も重要なことは、衣食住問題の解決に向け、農業や軽工業を発展させることだ。(人民に)白いご飯と肉のスープを食べさせ、絹の衣服を着せて、瓦屋根の家に住まわせるという念願を叶えなければならない」と述べた。

     金正日総書記も 「首領様(金日成)は、人民が白い米のご飯に肉のスープを食べて、絹の服を着て瓦の家で暮らせるようにしなければならないとお話になったが、私たちはこの遺訓を貫徹することができていない」 と言った。

    ▼北朝鮮の食糧事情
    【食糧最少必要量】

    535万トン


    出典
    wowkorea.jp
    2010年11月から2011年10月までに必要とされる穀物収穫量は、535万トン。
    (国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)によるデータから)
    【国内での食糧生産量】448万トン
    出典
    wowkorea.jp
    北朝鮮国内での穀物収穫量は、448万トン。
    【不足量(必要量)】

    86万7000トン

    出典

    大紀元
    1年間に必要とされる535万トンより86万7000トン少ない。
    +【海外からの輸入】32万5000トン
    出典
    大紀元
    主に中国からトウモロコシなど安価な穀物を輸入している。
    北朝鮮住民の

    37%

    が外部からの食糧援助に依存している状態。

    (輸入した穀物全体に占める割合)
    ・トウモロコシ38.2%
    ・小麦粉37.5%
    ・コメ16.9%
    ・豆7.2%
    ▼食料危機の原因や背景
    外貨不足で食料調達ができなくなった
    出典
    時事韓国語
    商品は質が悪くて売れず、工場の稼働率も悪い。
    また、水産物も、ガソリンがないので遠洋漁業ができない。
    輸出、輸入ともに激減し、外貨不足のため食料調達が困難になっている。
    台風や洪水の影響による被害
    出典
    FNNニュース
    2011年7月の大雨により4.8万ヘクタールの田畑が冠水。
    8月の台風9号など影響で、約2.6万ヘクタールの田畑に被害が発生。
    水や肥料不足による深刻な凶作
    出典
    時事韓国語
    肥料の生産に必要な設備の燃料不足や老朽化、原料の不足により十分な生育が行えず凶作が増える。
    ▼食料危機によって発生している問題
    国外への脱出(脱北)
    出典
    J-CASTテレビウォッチ
    食糧問題と人権問題を原因として、多数の国民が北朝鮮から脱出(脱北)している。
    飢餓による死亡
    出典
    北朝鮮の食糧危機への対応
    餓死者がによる死亡者が増加している。
    子供や女性たちの栄養失調
    出典
    J-CASTテレビウォッチ
    子どもや女性への支援が行き届かない状況で栄養失調になる人々が増えている。
    ▼北朝鮮政府による対策
    安価な穀物輸入を増やす
    出典
    中央日報
    国際的な穀物価格の高騰による影響で、コメ・小麦・トウモロコシ・豆のうち最も安いトウモロコシの輸入比率を高めている。
    ロシア側との農業協力
    出典
    日本経済新聞
    ロシアから農地を賃借し、で穀物や野菜を栽培し、国内の食糧不足解消につなげる狙い。
    各国へ食糧支援の要請
    出典
    中央日報
    米国や国交を結んでいる欧州・東南アジア国家、国際機構などに食糧支援を要求。
    EUは1千万ユーロ(約11億7千万円)相当の緊急食糧支援を実施している。
    ▼関連リンク

    2013年2月19日火曜日

    李大統領、「統一後の米軍は南側に留まるというシグナルを中国に」 東亜日報

    記録のため転載しておきます。

    記事を聞く

    FEBRUARY 15, 2013 03:00

    李明博(イ・ミョンバク)大統領は14日、北朝鮮の3度目の核実験後の韓半島周辺の情勢変化と関連して、「(北朝鮮の急変事態で)統一になっても、現在の北朝鮮地域に米軍は駐留せず、(軍事境界線の)南側にいるという信号を非政府組織(NGO)などを通じて中国に送るのがいい」と述べた。

    李大統領は同日、大統領府本館で行われた東亜(トンア)日報との単独インタビューで、「米国と中国の利害が相反する時、韓国が北東アジアの平和維持の役割ができるということを伝える必要がある」としてこのように述べた。

    李大統領はインタビューで、「今は国際社会と協力して北朝鮮に制裁を加えると共に、韓半島と国境が接している中国が(北東アジアの情勢変化による北朝鮮の急変事態後)『韓半島が統一すれば米国の役割はどうなるのか』について心配することを理解することが重要だ」と強調した。

    また、李大統領は、「(核実験を機に)中国の北朝鮮に対する認識に変化が起きている。胡錦濤主席の任期半ば以降、中国は『北朝鮮側だと見ないでほしい』というメッセージを送っている」とし、「韓米同盟は韓中関係に影響を与えず、むしろ役に立つという点も、韓中首脳間で話してきた」と明らかにした。

    これは、長距離ミサイルの発射に続き核実験を強行した北朝鮮内部で急変事態が発生する場合、対応の方向性について韓中、韓米間で議論がすでになされたか、なされる可能性があることを示唆しており、注目される。

    中国政府は現在、「不介入(non-intervention)」原則を掲げ、急変事態の際、他国軍隊の北朝鮮への進駐を反対している。韓国と米国一部では逆に、北朝鮮の急変事態時に中国人民解放軍が北朝鮮に進駐することを憂慮する見方もある。

    李大統領は、北朝鮮の核実験が成功したかどうかについては、「成否を述べるより、核兵器を発展させる過程でみるべきだ」としながらも、「北朝鮮という国家の未来を考えるなら、核実験は無謀なことであり、(核実験が成功したとしても)政権レベルでは失敗したと見る」と述べた。

    北朝鮮の核実験と関連して一部で「核武装論」が提起されていることについては、「愛国的な考えという点で高く評価する。そのような発言は、北朝鮮と中国に対する警告にもなるため、間違っているとは考えない。韓国社会にそのように考える人もいなければならない」と述べた。その一方で、「国際協力による北朝鮮の核放棄が最終目標であるため、政府が核保有を語ることは時期尚早であり、正しくない」と付け加えた。

    朴槿恵(パク・クンヘ)政府の北朝鮮政策については、「(北朝鮮の核の)状況において、私たち(新旧政権)は完璧に協力し合っている。朴次期大統領は北朝鮮問題に対して確固たる信念がある」と評価した。

    李大統領は、朴次期大統領が推進しようとする経済民主化については、「今は無限競争時代を越えて協力競争時代にならなければならない。大企業が時代の変化に合わせて行くようにしなければならない」としながらも、「企業家精神が傷つかないようにすることも考慮する必要がある」と付け加えた。

    核実験の規模 報道からまとめてみました

     

    核実験の規模

    2013年2月17日日曜日

    核実験の最大被害者は中国 中国学者

    http://www.21ccom.net/articles/qqsw/zlwj/article_2013021676986.html

    そう言わないと、巻き込まれるという危惧があるようだ。

    朱锋:朝鲜核试验 中国生了多大的气?

    发布时间:2013-02-16 08:58 作者:朱锋 字号: 点击: 5711次

      2月12日朝鲜的核试验让世界哗然。朝鲜不顾国际社会的一致反对,依然不管不顾地进行核挑衅,不仅公然违背了国际核不扩散条约的责任和义务,也野蛮地践踏了2005年朝鲜自己签署的《六方会谈共同声明》。在《共同声明》中朝鲜曾自己承诺要放弃核武器。目前有关此次核试验效果的国际评估还在进行中。究竟是成功还是不成功、朝鲜核武器到底小型化、还是非小型化,还有待于进一步的测试和检验。但有一点可以肯定的,这次核试验将会带来朝核局势的新变化。

    没有军事解决方案

      不管平壤如何叫嚷美国对朝鲜的威胁和敌意,事实上美国从2003年六方会谈开始,只要朝鲜不对韩国发动直接的军事挑衅,就没有真正考虑过使用军事打击的方式,来摧毁朝鲜的核设施与核计划。美国之所以没有可行的朝核军事解决方案,一是朝鲜这么多年的“核经营”,许多设施藏在深山的坑道了,而且隐蔽做得也很好。在极度缺乏朝鲜内部可靠情报的现实面前,任何对朝鲜核设施采取“外科手术”式的打击,都面临着极大的攻击准确性的风险。

      其次,伊拉克和阿富汗战争以后,美国对海外军事介入已经尽显“疲态”。面对从伊拉克和阿富汗撤军和国内军费预算削减的双重压力,奥巴马政府上台之后,推行对朝鲜的“战略耐心”(strategic patience)策论,其潜台词就是想把解决朝鲜核问题“外包”给中国,让中国来阻止朝鲜核计划的发展,和逐步实现朝鲜半岛的无核化。

      第三、即便美国下定决心对朝鲜的核设施采取军事打击,韩国的反应并非是确定的。首尔担心美国对朝鲜的军事打击,会导致朝鲜孤注一掷式地对韩国举行自杀性的攻击,这将重创韩国经济。1994年克林顿政府曾一度非常接近于对朝鲜的核设施举行军事动手。最后时刻,韩国当时的金泳三政府紧急喊停,从一开始的支持美国对朝鲜动手,转变为坚决反对实施空中攻击。美国即使想要对朝鲜核设施实施军事攻击,没有韩国全力支持将无法成行。否则,美国将面临着美韩关系的严重对立。

      朝核局势最近的事态发展,确实提升了美国、日本和韩国眼中的朝鲜核威胁。一旦朝鲜成功地将核武器小型化,加上2012年12月13日朝鲜试验成功的长程导弹,这就意味着在理论上,朝鲜拥有了攻击美国本土的核导弹能力。这也是为什么美国新任国防部长哈格尔公开表示,朝鲜已经对美国本土构成了“核威胁”。即便如此,未来美国对朝鲜核设施采取军事打击行动的可能性依然不大,但这将带来美韩日联合应对朝鲜危机的军事方案迅速升级。

      2008年2月李明博政府上台之后,美韩涉朝军事预案就从传统应对朝鲜进攻的“2095计划”,升级到了必要时主动对朝鲜国内局势进行军事干预的“2097计划”。2012年12月朝鲜“光明星3号”卫星发射成功之后,美韩又开始着手制定直接针对朝鲜大规模杀伤性武器威胁的“2099号计划”。美韩主动准备应对朝鲜危机的军事预案,无论从实施的预先情景、军事打击的范围和准备攻击的对象,都在发生实质性的变化。

      未来如果再度发生2010年的“天安号事件”和“延坪岛炮击”,不排除这样的有限军事摩擦有可能迅速升级为战区冲突,随后再度升级为朝鲜半岛全面战争的可能性。朝鲜的第三次核试验,已经使得半岛局势更加脆弱。

    朝核问题的“范式改变”(Paradigm change)

      朝鲜只要中规中矩地回到无核化的谈判轨道,今天的朝鲜政府不管多么不招人待见,国际社会并没有想要通过武力实现朝鲜“政权更替”的想法;相反,通过朝鲜弃核来实现朝鲜与国际社会的“和解”与“交易”,一直是六方会谈所有国家的共同想法。然而,第三次核试验之后,恐怕在相当长时间内,没有国家愿意和朝鲜对话了。

      和朝鲜谈判来实现弃核,最重要的原则是“交易”,即朝鲜放弃核武器,国际社会满足朝鲜的经济、外交和安全需求。然而,朝鲜已经一而再、再而三地浪费了“交易机会”。未来即便重回对话,朝鲜可能将不得不付出难以忍受的“交易成本”。

      布什政府第二任期时的美国六方会谈代表、前美国东亚事务助理国务卿希尔曾一度是多么热衷于和朝鲜交易,梦想只要朝鲜逐步弃核,美国和其他国家就愿意解冻2006年朝鲜被冻结的银行资金、提供给朝鲜能源和粮食援助、以及外交上正式承认朝鲜。这一进程美国的定义叫“CVID”,即可核查的、不可逆的、全面地放弃核武器。2007年六方会谈也曾设立朝鲜半岛和平机制工作小组,探讨在朝鲜弃核进程延续的基础上签署和平条约,全面结束半岛从冷战结束延续至今的停战状态。为此,中美还共同创造了一个新词“去功能化”(disablement),作为六方会谈进程中介于朝鲜“弃核”与朝鲜“不弃核”之间的过渡性弃核阶段。然而,2008年12月因为核审报问题上朝鲜不愿意接受全面核查,六方会谈陷入停滞。

      2009年5月的第二次朝鲜核试验、11月朝鲜给美国专家公布秘密浓缩铀计划,已经让美国和世界都急了眼。希尔公开强调,朝鲜一直是在“撒谎、欺骗和耍弄”六方会谈中的其他各方。即便如此,2012年2月29日,在中国的竭力撮合下,朝鲜和美国在北京达成了“229协议”,朝鲜同意冻结导弹与浓缩铀计划,换取美国给朝鲜提供粮食援助。这本来是朝核问题重回“交易”轨道的重要开始。但3月15日,朝鲜突然宣布发射卫星,明显违背了联合国禁止朝鲜卫星和导弹试验的1718和1874号决议。“229协议”成为废纸。

      今天,美国和韩国的国内政治,都不会再轻易允许各自政府和朝鲜恢复双边对话。美国国会通过的2012年朝鲜人权法案,已经明确禁止美国政府向朝鲜提供援助。除非朝鲜政府出现戏剧性的重大转变,即便奥巴马政府想要和朝鲜谈判、交易,美国的国内法已经剥夺了奥巴马政府的“交易杠杆”。

      第三次核试验带来的最大冲击,是朝核问题的“范式改变”。几乎没有国家相信朝鲜还会真心进行弃核谈判,也不会相信朝鲜愿意在核问题上进行诚心诚意的交易。面对朝鲜“拥核自重”、“拥核耍泼”的局面,国际社会只有狠狠地对朝鲜“扇一大巴掌”,才能让朝鲜“安静”下来。联合国安理会即将启动的新的对朝制裁谈判,恐怕真的是要通过制裁在政治和经济上“痛殴”朝鲜了。

     中国能怎么办?

    朝鲜第三次核试验最大的受害者,不是平壤、而是中国。中国人有句话说:“死猪不怕开水烫”。平壤既然想要核试验,对国际社会提高制裁力度的反应应该已有心理准备。在朝核危机再度升级的阴影下,中国不仅脸面尽失、似乎依然不知所措。

      几乎没有一个问题可以和朝鲜问题相比,引起中国人在看待中国外交时有如此大的争议。原因是多方面的,但至少朝鲜问题涉及中国人对这块1950年至1953年朝鲜战争中,浸透了中国人鲜血的土地上,依然难以消除的爱恨情仇;也涉及中国人究竟如何看待周边的“大佬国家”,例如美国和日本。事到今日,北京对朝鲜已经“仁至义尽”。再继续给金正恩“遮风挡雨”,要么是中国涉朝事务的官员“脑子有病”;要么是中国新领导人太过“菩萨心肠”。

      一个拥有核武器的朝鲜绝对是中国的重大威胁。原因一是朝鲜就是一个永远养不大的“白羊狼”。但凡朝鲜把中国真正放在眼里,朝鲜也不至于如此“坑害”中国,让中国既要护着朝鲜、又要替朝鲜背黑锅,还要挨国际社会的“白眼”。用中国网络用语来说,在朝鲜的核淫威面前,中国成为了“苦逼屌丝”。问题是,中国是个大国,是个堂堂的崛起中的大国。看看中国在钓鱼岛、在南中国海上的“脾气”,中国不应该这样啊?朝鲜敢于用核武器和美国叫板,总有一天会用核武器勒索中国。

      其次,朝鲜有核武器,美国就有了各种理由在东亚增加军事存在,包括部署朝鲜今天的国内经济困难和国际孤立处境,说到底是朝鲜自己的体制和政策造成。可惜的是,朝鲜这么多年“自食其果”,但依然不知悔改,想要通过核挑衅和核冒险要挟国际社会。这只可能让朝鲜走向自我灭亡之路。

      中国不愿意看到美国部署导弹防御系统,就需要在朝鲜问题上“有所作为”。否则,光哭啊喊啊美国“遏制”中国是没有用的。

      第三,朝鲜有核武器,中国不作为,日本、韩国会怎么看中国?结果是日韩和美国不仅越走越近,而且对中国打心眼里越来越不尊重。这难道是中国想要的吗?马凯硕(Kishore Mahbubani)曾撰文指责中国是否还有“外交韬略”。一个在朝核问题上继续“捣糨糊”的中国,真的需要让人怀疑是否还有外交韬略。更重要的是,如果中国管不住朝鲜有核武器,又怎么管住日、韩今后的“核企图”?

    中国应该大声告诉世界,我们不仅对朝鲜核试验坚决反对,而且我们很生气;我们需要大声告诉朝鲜,让中国很生气,就一定让你很倒霉。

      作者是北京大学国际关系学院教授

    ニューヨークタイムス社説 核実験関連

    EDITORIAL

    North Korea’s Defiance

    Published: February 12, 2013

    North Korea’s third nuclear weapons test has dashed any hope that its new dictator, Kim Jong-un, would be any more sensible than his father or grandfather before him. It has reaffirmed the international community’s utter failure to devise a policy that might reverse, or at least slow, the North’s nuclear program.

    Related

     

    Connect With Us on Twitter

     

    The next step for the United States and its partners is to urgently review strategies, including additional sanctions, that might yet keep North Korea from becoming a full-fledged nuclear power. That, of course, is going to require a more robust response from China than North Korea’s main supporter has been willing to make.

    It may be some days before we know the details of the test, conducted after weeks of forewarning by North Korea that it was coming and a host of nations that it should not. On Tuesday, the director of national intelligence, James Clapper Jr., said in a statement that the explosive yield was “approximately several kilotons,” compared to less than one kiloton in the 2006 test and two to six kilotons registered in 2009. This suggests North Korea is beginning to produce devices with substantial power.

    North Korea’s official news agency also claimed this test was of a “miniaturized and lighter nuclear device” which, if true, would be a step closer to the ability to place a warhead on a ballistic missile.

    The other unknown is whether the test used plutonium fuel, as previous tests did, or highly enriched uranium, as experts consider likely. The North voluntarily stopped making plutonium in 2008, but, in 2010, after years of denials, revealed to visiting American experts an enrichment facility that could be producing several bombs’ worth of uranium a year. If the North Koreans tested a uranium-based nuclear device, it suggests they are expanding their arsenal and might be more likely to sell deadly wares when they’ve been developed.

    By defying the United Nations Security Council, which repeatedly has imposed sanctions for North Korea’s nuclear and missile programs, Mr. Kim was undoubtedly trying to enhance his status with his people. But his actions ensure that the country remains isolated and that he is unable to feed its people or revive the economy as he promised. China, the North’s main provider of food and fuel, publicly warned that North Korea would pay a heavy price if it went ahead with the test. Although it has supported past sanctions on North Korea, China has never used its leverage fully because it fears instability on the Korean Peninsula more than a nuclear North Korea. The reality is that instability is growing anyway as the North becomes more nuclear-capable.

    North Korea’s latest defiance humiliated China and is a test for its own new leader, Xi Jinping. China should not only take the lead in pushing for tighter Security Council sanctions but make clear it will more rigorously enforce existing sanctions with a focus on penalties that harm the regime’s leaders.

    There is no silver bullet, but more creative thinking is needed. China and the United States should be working to covertly disrupt the North’s nuclear program, as was done with Iran. The United States should invest more in Radio Free Asia so that more outside information could reach North Korea’s people. Still, it should keep seeking dialogue. No good comes from ignoring North Korea.

    (北朝鮮の人々が外部の情報に接することができるよう、自由アジア放送への出資を増やすべきだ。対話を求めるべきだ。北朝鮮を無視してもなにも良いことはない)

    2013年2月16日土曜日

    北朝鮮をめぐる討論会

    日本語になっていませんが、直します。

    だいたい大意はつかめると思います。

    2013年2月13日水曜日

    尖閣問題でインタビュー記事を書きました。

    人間的にもさっぱりした方です。中国大使館で人気があったというのも分かります。

    20130213_133253_227

    2013年2月11日月曜日

    北朝鮮核開発の歴史 韓国メディアより

    3次核実験...
    北朝鮮核開発歴史は?
    ソ連支援で開始...
    その間二度実験
    北朝鮮が対外宣伝用週刊紙 <統一新報>を通して、北朝鮮の核実験に対する憂慮が、米国の'推察'に過ぎないと明らかにした中で、核実験敢行意志をこれまで、何回も明らかにした北朝鮮の態度変化に背景が何か、関心が集まっている。

    北朝鮮のウェブサイト'私たちの民族どうし'は今月9日、週刊紙<統一新報>を引用"米国と敵対勢力は共和国が第3次核実験をすると早合点しながら、それが現実化される場合、先制打撃までしなければならないと明らかにした"と伝えた

    '私たちの民族どうし'はまた"(米国の対応により)超強硬措置を取ること"としながらも"今回取るようになる'国家的重大'措置も、米国の侵略威嚇に対応して、民族の利益を守ろうということであって誰かを威嚇しようというのではない"と主張した。

    ところでこういう主張は先月24日発表した北朝鮮国防委員会の声明と相当な距離がある。

    この声明で北朝鮮は"(これから)進行する高い水準の核実験は米国を狙うようになること"と明言したためだ。

    突然の北朝鮮による融和的ジェスチャーは、北朝鮮核実験時期に対して神経を尖らせている、韓国政府と米国に混乱を与えたり国際社会の反応を推しはかるためという分析が優勢だ。

    ただし国際社会が3次核実験が北朝鮮に元に戻せない状況を作ることだと継続して警告しているだけに、こういう努力が、少なくとも核実験時期を遅らせるなど北朝鮮の態度変化の可能性は十分に
    あるという分析だ。

    北朝鮮の3次核実験を囲んで国際社会が緊迫するよう動いている中で、過去北朝鮮の核開発歴史に対して調べてみた。

    ●ソ連の支援で始まった北朝鮮核開発
    北朝鮮の核開発は去る1950年代に遡る。

    1955年4月科学院2次総会で原子および核物理学研究所を設置することに決めた。北朝鮮は翌年6月ソ連で開催された'原子力の平和的利用に関する学術会議'に科学院科学者6人を派遣しながら、核技術開発に取り組んだ。

    1962年平安北道寧辺に原子力研究所を建設したのに続き、北朝鮮の最高学府である金日成総合大学と金策工業大学に核物理学院を設立して、核科学者と技術者を養成した。

    1963年6月には寧辺に、ソ連の助けで2MW規模のIRT-2000研究用軽水炉を建設した。
    以後北朝鮮は独自に核能力を発展させて、試験用原子炉の規模を7MWまで拡張するのに成功した。

    1985年12月にはソ連と北朝鮮間に'原子力発電所建設に関する経済・技術協力協定'が締結された。

    440MW軽水炉型原子力発電所4期を北朝鮮に建設する事を主要な骨子にしたこの協定を通して、ソ連は発電所建設条件で北朝鮮の核拡散禁止条約(NPT)加入を要求し、北朝鮮はこれを受け入れた。

    1982年米国の偵察衛星によって、北朝鮮の秘密核兵器開発施設が初めて捉えられた。

    寧辺で原子炉と推定される構造物の建設現場と故爆薬実験痕跡などが発見されたのだ。
    北朝鮮はこのような施設らが純粋な電力生産用だと主張した。

    1990年代に入りソ連の解体と一緒に北朝鮮の核開発は一大転機をむかえるようになる。

    北朝鮮はソ連との合作で推進した軽水炉事業をロシアで成立したエリツィン政権との摩擦であきらめ、ロシアは協定履行中断を宣言して自国核技術者らを北朝鮮で皆撤収させた。

    ●北朝鮮の核問題勃発と北米、ジュネーブ合意

    1992年5月IAEAは北朝鮮の核査察を始めて、北朝鮮は米国を始めとした国際社会から集中攻撃を受けるようになった。

    北朝鮮は、しかし1993年IAEAの寧辺特別査察要求を拒否し、NPT脱退を宣言した。
    これによって米国との緊張が高まって1994年10月ジュネーブ、北米核会談を通して、妥協案が導き出された。

    この会談で北朝鮮は核査察を受け入れる代価で多くの利益を受け取った。

    北朝鮮は1989年から建設が始まった金倉里地下施設を調べる条件で食糧60万t提供と経済制裁の部分的緩和、北米外交関係正常化などを勝ち取った。

    北朝鮮はまた核活動凍結宣言を通して、1995年韓半島エネルギー開発機構(KEDO)から軽水炉を供給を受けることにしたが以後北朝鮮は軽水炉地縁建設がジュネーブ合意破棄と警告して米国は北朝鮮が核兵器を保有したと対抗しながら、2002年11月KEDOの対北朝鮮重油支援が中断された。

    北朝鮮は2002年再度NPTを脱退して寧辺核施設を再稼働したしその年10月国際的な注目の中に核開発を認めることによって朝鮮半島の非核化実現のための6者会談胎動のきっかけを提供した。
    2003年4月始まった北朝鮮-中国-米3者会談は以後韓国、日本、ロシアが参加する6者会談で拡大して、北朝鮮の核開発放棄を代価として、体制保障と経済的支援などを提供する内容の共同声明を採択するに至るが2005年11月5段階会談以後、空転状態が続いてい。

    北朝鮮の核兵器開発は、自主的国家安保のために始まった。しかし、脱冷戦以後順次米国との交渉を通した経済的利益と政権維持の保証を得ようとする側面に転換されている。

    核兵器開発を外交手段として活用しているのだ。

    2005年2月核保有宣言後1年8ケ月ぶりに咸鏡北道花台郡ムスダン里の地下で実施されたと推定される今回の実験は北朝鮮が公式発表した、最初の核実験だ。

    しかし北朝鮮が本当に核実験をしたのか、また実験を通して期待した結果を得たのかは、まだ確認できていない。

    連合ニュースなど韓国の報道を総合した

    2013年2月9日土曜日

    東京新聞に記事を書きました

     

    20130209_135509_109

    北朝鮮で農業は崩壊していると言われるが、実は戦前北朝鮮に入植し、成功していた日本人が居た。この農場の話は、専門家が本にしている。

    もっともっと知られてよい話である。

     

    books

    埼玉県の淑徳与野高校で講演しました。そのレジュメです。

    反日感情ってなんだろう
     隣の国と仲良くするには
    2013/02/08東京新聞編集委員 五味洋治
    動くレジュメ 
    http://prezi.com/gwui0k8x47wk/presentation/?kw=view-gwui0k8x47wk&rc=ref-23576385

    これはアドベエアーというソフトで動くプレゼンテーションのためのサイトです。
    動きが大きく、画面の回転や、動画なども取り込めます。

    自己紹介 新聞社に勤務30年 最初は事件事故の取材 短くわかりやすい記事のこつを学ぶ 2年前まで「デスク」として社内で新聞作り 
     
    1997年から4年間 37歳で韓国に留学、写真にあるように下宿ではみんな一緒にご飯 質問攻めにしてくる。車の値段 韓国人は日本人ををどう見ているか知る。
    2006年からは中国でも仕事

    大気汚染 当時もすごかった。前が見えないことはしょっちゅう 道にもごみがたくさん落ちている。つばをはく あまりいいことじゃないが、私は気楽だった。
    夏になると、みんな夕涼みのため外に出てくる。交流もできた。

    編集委員って、どんな仕事? 専門を持って記事を書く人 部下も上司もいない ニュースを追いかけない 自分の視点を持つ。

    北朝鮮 韓国 中国を主な取材対象とする
    これまでこんな本を書いた。
    金正男 中国と北朝鮮がテーマ  最近では領土問題も書いている。

    ・中国人とは

    中国人は怖いという印象を持っている日本人が多い。彼らは確かに、似ているようだが、違う文化を持っている。 早く帰宅する。家庭を重視 両親にいつも電話 記念日は覚えていて花を買ってきてくれ。

    漢字をよく知っている。4000以上。
    漢詩 李白、王維、完全暗記している。

    本を読むのが好き 小さい時から大きな声で本を読まされている。
    自分の国への愛着が強い。 毎週月曜日に学校では国旗を揚げる。


    ・韓国。中国での反日の経験

    韓国での体験 食堂で「ソニーは没落した。ドイツのように反省しろ」と言われる。

    歴史教育の違い 韓国の人たちは近現代の歴史を自分たちの見方で学んでいる。最近は知らないが、

    では日本の歴史教育はどうか。

    私の時は広島の原爆の写真のところで、先生が「自習しろ」 教育現場でも意見が食い違う。

    韓国の35年間の植民地統治の影響  民族性を強調 例えば3月1日はサミルウンドン 独立を叫んでデモを行った日。外に出るな、殴られる。現実には暴力をふるう人はいない。

    中国は少し違う。
    みんな内に籠もって口にしない。
    文化大革命の影響でしょう。公職にいた人たちがつるし上げを食う。紅衛兵という若者たちが家に押し寄せる。

    鄧小平の息子は、二階から突き落とされて、一生車いす生活になっている。発言に、特に外国人に対しては気をつけている。

    私の経験 エレベーターが閉まると、中国共産党の批判。エレベーターがあくと口をつぐむ。
    その文化は今も続いている。

    ネット空間では過激なことばが行き交う。
    デモになって爆発する。
    昨年もデモがあった。
    植民地支配の記憶 若い人たちは過去のことを忘れるか
    いや日本人に会ったことがない 歴史だけを学ぶ 具体的イメージがわかない。
    中国では反日ドラマ大流行 ひげを生やして、ずるい

    中国、韓国との関係はこれまで最低に
    中国に親しみ感じない80% 日韓関係良好でない78.8%
    日本人観光客が激減している。

    高校生のアンケート調査の中身を紹介する

    中韓へのイメージ
    整形
    親が誕生日の贈り物で整形のお金を出す。
    弁髪 外見気にする メンツ
    中国人は世界一複雑。


    領土問題 竹島・韓国が不法占拠 尖閣・日本が実効支配

    レーダーの照射事件 極めて危険な行為。

    ・中国 2005年のデモ、目の前で日本人を批判 なぜ反日デモは起きたか 社会的矛盾 経済の減速 腐敗

    ・韓国 大統領が竹島訪問 日韓の歴史に対する姿勢に不満 

    日本での常識は、世界に通じるか
    しぐさ 仕事 生活 お酒の飲み方 自分たちの考え方をアピールする。アメリカの大学にいた頃、韓国の留学生が日本を徹底的に批判する。ドイツやカナダの留学生が真に受ける。

    自分をアピールすることの大切さ。
    日本人がどう見られているか。国内だけで満足していていいのか。

    内向きの日本の若者たち

    米国の中国人留学生の数が前年度比23.1%増の約19万4千人 世界1
    日本人留学生7年連続で減り、初めて2万人

    海外に出る人が減る。日本国内で評価されない。 大きな会社に就職できないなどのハンデ

    たとえば、海外に出ることに挑戦する。福建省の人たち、不法渡航 大きな船に一ヶ月近く乗る。みんな日本に行く、スリッパと着替えの入ったビニール袋一つだけだ。たくましい

    何か一緒にやってみよう
    怖がる必要はない 心を開き、可能性を感じてほしい。

    中国のスモッグ→環境問題で日本の出番 空気清浄機 省エネ技術 電気カー
    韓国→老人福祉のノウハウ 居酒屋(目の前で焼く。食べておいしいおつまみ。お酒へのこだわり)

    自分の本棚を見たらこんな本があった。

    もし機会があったら見たり読んだりしてみてください。

    韓国 「チソン、愛してるよ。」(交通事故で顔が変わってしまう。周囲が暖かく援助する様子。韓国の人たちはキリスト教が中心、助け合う気持ちが強い)

    「金大中獄中書簡」(刑務所での読書や、思索。命をかけて政治にとりくむ)

    中国 「菜根譚」(本当にいい文章とは、見たものにできるだけ近く書くことだ) 「論語」(楽しむことが第一)子、日わく、

    これを知る者はこれを好むものに如かず。
    これを好む者はこれを楽しむものに如かず。(巻第三 雍也第六 二〇)
    (訳)
    先生が言われた。
    「学ぶにおいて、知っているというのは、好むには及ばない。
     学問を好む者は、学問を楽しむ者には及ばない。」  今受験勉強している皆さんも、苦しいだろうがこの言葉を贈りたい。

     映画「至福のとき」原題「幸福時光」(大連が舞台、中国の人たちの庶民生活)
    盲目の若い女性がマッサージの仕事をする。お客さんがいないので、知り合いの人たちがお客さんになる。だたお金がない。偽札を渡す。
    だんだん不自然な点が分かってくる。
    みんな複雑な家庭があり、お金がない。それでも幸せを探そうとする。国も社会制度も違うが、共感できる部分が多かった。

    ご清聴、ありがとうございます

    2013年2月6日水曜日

    2月4日 TBSラジオ dig

    時事問題を扱うラジオ番組に出演しました。

    以下は番組内での質問と話したこと。せっかくなのでまとめておきます。
    Q 昨年末のミサイル発射で国連安保理の制裁決議を受けたのになぜ北朝鮮は核実験を行うと言い出したのか。
    A 3つ理由が考えられる。まずすでに国民には北朝鮮は軍事大国になったと説明している、外国からの圧迫ははねのける必要がある。2つ目は、アメリカや韓国もミサイルを発射しているし、核を開発している国がある。北朝鮮だけやるなというのは筋があわない。3つ目は、朝鮮半島は未だに朝鮮戦争の休戦状態にあり、北朝鮮は自国を守る必要がある。
    Q 金正恩の立場は
    A 父親が死去して1年がたつが。目に見えた改革や実績を挙げていない。とすると父親の先軍路線を行くしかない。
    Q 過去の核実験との違いは
    A かなり監視が厳しくなっているが、技術は上がっている。韓国では同時に二つの種類の核実験をするとの見方もある。
    Q 北朝鮮がアメリカを狙うと明言した理由は
    A 北朝鮮はアメリカに最も危険を感じており、最終的には国交正常化したいと望んでいる。アメリカを狙うと言うことで、アメリカを自分たちの交渉のテーブルにつける狙いだろう。
    Q 米韓の海上演習は、北朝鮮の核実験を止められるか
    A 核実験は北朝鮮内部の事情であり、外部から圧迫したところで変わらない。むしろ北朝鮮は、演習で危険にさらされていると、核実験の言い訳にするかもしれない。
    Q 核実験にあわせてミサイル発射の可能性は
    A 韓国や米国は強く警戒している。自分たちの兵器の技術レベルをすべて見せ、相手に威圧感を与えるねらいだろう。
    Q 朴槿恵大統領の対応は。そもそも李明博大統領は、2010年の哨戒艦沈没や延坪島砲撃後、謝罪と核放棄がなければ対話も援助も打ち切るとし、北朝鮮との交流をやめている。朴槿恵氏は、やや融和的で、人道援助や対話は無条件で行うとしていた。ただ、最近の発言では「核は絶対に容認できない」としており、やや厳しい姿勢になっている。
    A 日本の拉致問題は
    Q 昨年4年ぶりに外務省間の協議が実現した。日本としてはこの対話を続けたいところで、まだ「核実験があれば、話し合いに応じない」などとは言っていない。核実験の内容や反響を見つつ、別途取り組む考えではないか。
    A 核実験の日程 
    Q いつあってもおかしくない。前2回は月曜日だったので、今度も月曜かもしれない。来週は韓国や中国は旧正月に当たるので、それを避けるかもしれない。2月16日は父の誕生日なので、節目を大切にする北朝鮮では、この日までに実行するとの見方もある。