お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2014年12月27日土曜日

良いお年を

なんだか今年も、海外メディアの翻訳がメインになってしまいましたが、けっこう参考にされた方もいたのではと勝手に推察しています。

来年も頻繁に更新し、基礎データの提供に努めたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

2014年12月22日月曜日

北朝鮮巡り中国で論争

NYTimes: Chinese Annoyance With North Korea Bubbles to the Surface http://nyti.ms/1AHzY5w

 

ニューヨークタイムズ(NYT)は21日(現地時間) '北朝鮮に対する中国のかんしゃくが水の上に浮び上がる'という題名の記事で最近中国の環球時報で行われた北朝鮮関連'公開舌戦'と北朝鮮が金正日前国防委員長3周期追悼行事に中国指導者を招請できない点を上げて,中国と北朝鮮の関係が悪化していると伝えた。

'公開舌戦'は、中国の名門・浙江大学韓国研究所リ教授とワンフングァン人民解放軍予備役中将の間に行われた。
先月27日リ教授が'中国のパートナーの北朝鮮をあきらめてはいけない'という文を寄稿したのが発端だった。

リ教授は一部中国学者らが'北朝鮮放棄'を建議しているけれど,中国が北朝鮮をあきらめれば北朝鮮が外部圧迫によって,崩壊したり韓半島で戦争が発生して,米国が戦略的利益を得るために北朝鮮をあきらめてはいけないと主張した。

ワンフングァン予備役中将は4日後同じ新聞にリ教授の主張に一つ一つ反論する寄稿文を載せた。

北朝鮮の核保有で中国辺境地域の核汚染の危険が生まれた。金日成主体思想を唯一の指導思想として取り入れた北朝鮮を社会主義体制で見られないと主張した。

北朝鮮を"崩壊に向かっていく扱いにくい同盟"としながら"支援する価値がない"と話した。

ニューヨークタイムズは"政府所有の新聞で公開討論が行われたし,人民解放軍ウェブサイトにも掲載された。このことは北朝鮮と中国の関係がどれくらい悪くなったかを見せる"と意味付与をした。

ワン中将の観点が軍隊内にどれくらい広範囲かは確認しにくいが"過去いつの時よりも普遍化している"という公務員たちの話も付け加えた。

北朝鮮が金正日3周期追悼式に中国指導者を招請できないのも北・中関係悪化の例で取り上げ論じた。
中国は去る17日北京駐在北朝鮮大使館で開かれた追悼式に共産党序列5位のリュウィンサン政治局常務委員が参加して,平壌駐在大使館で北朝鮮労働党に追慕花束も送った。
だが,高位要人が平壌を訪問することはなかった。
ニューヨークタイムズは李源朝国家副主席兼共産党政治局員が昨年7月平壌を訪問したのが、最後の中国指導者の北朝鮮訪問だったとしながら、当時李副主席が、北朝鮮との関係改善と核兵器開発プログラムを遅らせてくれと要求したが失敗したと伝えた。

引き続き昨年12月中国が信頼した張成沢国防委員会副委員長が処刑された。今年7月には中国の習近平国家主席が平壌の代わりにソウルを訪問したのも北朝鮮-中国関係悪化の事例となると、同紙は伝えている。

original article

 

BEIJING — When a retired Chinese general with impeccable Communist Party credentials recently wrote a scathing account of North Korea as a recalcitrant ally headed for collapse and unworthy of support, he exposed a roiling debate in China about how to deal with the country’s young leader, Kim Jong-un.

For decades China has stood by North Korea, and though at times the relationship has soured, it has rarely reached such a low point, Chinese analysts say. The fact that the commentary by Lt. Gen. Wang Hongguang, a former deputy commander of an important military region, was published in a state-run newspaper this month and then posted on an official People’s Liberation Army website attested to how much the relationship had deteriorated, the analysts say.

Continue reading the main story
RELATED COVERAGE

Workers removing a banner for “The Interview” from a billboard in Hollywood after Sony canceled the movie’s release.U.S. Asks China to Help Rein In Korean HackersDEC. 20, 2014
A billboard showing Mao Zedong, right, and North Korea’s founding father, Kim Il-sung, near the China-North Korea border.Some Chinese Are Souring on Being North Korea’s Best FriendFEB. 16, 2013
In an image taken from North Korean television, Jang Song-thaek was taken from a meeting of the ruling party in Pyongyang by guards. Video of his arrest was shown to the public on Monday.Public Ouster in North Korea Unsettles ChinaDEC. 9, 2013
President Xi Jinping of China and President Obama took a walk Saturday on the grounds of the Sunnylands estate in California.U.S. and China Pledge New Model of CooperationJUNE 8, 2013
A delegation from China's Communist Party, led by Li Jianguo, a member of the Politburo, visited the Friendship Tower in the North Korean capital, Pyongyang, in November.Kim Jong-un Tests Relations With ChinaAPRIL 13, 2013
“China has cleaned up the D.P.R.K.'s mess too many times,” General Wang wrote in The Global Times, using the initials of North Korea’s formal name, the Democratic People’s Republic of Korea. “But it doesn’t have to do that in the future.”

Of the government in North Korea, he said: “If an administration isn’t supported by the people, ‘collapse’ is just a matter of time.” Moreover, North Korea had violated the spirit of the mutual defense treaty with China, he said, by failing to consult China on its nuclear weapons program, which has created instability in Northeast Asia.

The significance of General Wang’s article was given greater weight because he wrote it in reply to another Global Times article by a Chinese expert on North Korea, Prof. Li Dunqiu, who took a more traditional approach, arguing that North Korea was a strategic asset that China should not abandon. Mr. Li is a former director of the Office of Korean Affairs at China’s State Council.

In a debate that unfolded among other commentators in the pages of Global Times, a state-run newspaper, after the duel between General Wang and Mr. Li, the general’s point of view — that North Korea represented a strategic liability — got considerable support. General Wang is known as a princeling general: His father, Wang Jianqing, led Mao Zedong’s troops in the fight against the Japanese in Nanjing at the end of World War II.

Efforts to reach General Wang through an intermediary were unsuccessful. The general’s secretary told the intermediary that the views in his article were his own and did not reflect those of the military.

Continue reading the main story
RELATED IN OPINION

Op-Ed Contributor: Why Does China Coddle North Korea?JAN. 12, 2014
How widespread his views have become within the military establishment is difficult to gauge, but a Chinese official who is closely involved in China’s diplomacy with North Korea said that General Wang’s disparaging attitude was more prevalent in the Chinese military today than in any previous period.

“General Wang’s views really reflect the views of many Chinese — and within the military views are varied,” said the official, who declined to be named because of the sensitivity of the matter. Relations between the North Korean and Chinese militaries have never been close even though they fought together during the Korean War, the official said. The two militaries do not conduct joint exercises and remain wary of each other, experts say.

Continue reading the main story
China has said little about the Obama administration’s charge that North Korea was responsible for the hacking of a film produced by Sony Pictures, “The Interview.” Nevertheless, United States officials said they had reached out to China to help block North Korea’s ability to initiate cyberattacks. China has not yet responded to the request, the officials said.

Despite the disdain for North Korea in official Chinese circles there was probably some secret admiration for what the North Koreans appeared to have done, Zhang Baohui, director of the center for Asian Pacific studies at Lingnan University in Hong Kong, said.

Even in the current cold relationship between China and North Korea there were definite limits to how far China would side with the United States on North Korea, he said. The “mistrust and rivalry” between Washington and Beijing meant China, in the event of a collapse of North Korea, could not tolerate a unified Korean Peninsula allied with Washington.

An editorial Saturday in The Global Times criticized Hollywood for “cultural arrogance,” saying that despite what Americans thought of Kim Jong-un, he remained the country’s leader.

Still, the parlous state of the relationship between North Korea and China was on display again Wednesday when Pyongyang commemorated the third anniversary of the death of Kim Jong-il, the father of the current leader, Kim Jong-un, and failed to invite a senior Chinese official.

The last time a Chinese leader visited North Korea was in July 2013 when Vice President Li Yuanchao tried to patch up relations, and pressed North Korea, after its third nuclear test in February 2013, to slow down its nuclear weapons program.

Mr. Li failed in that quest. The North Korean nuclear program “is continuing full speed ahead,” said Siegfried S. Hecker, a professor at Stanford University and former head of Los Alamos National Laboratory. North Korea had produced enough highly enriched uranium for six nuclear devices, and it may have enough for an additional four devices a year from now, an assessment the Chinese concurred with, Dr. Hecker said.

After the vice president’s visit, relations plummeted further, entering the icebox last December when China’s main conduit within the North Korean government, Jang Song-thaek, a senior official and the uncle of Kim Jong-un, was executed in a purge. In July, President Xi Jinping snubbed North Korea, visiting South Korea instead. Mr. Xi has yet to visit North Korea, and is said to have been infuriated by a third nuclear test by North Korea in February 2013, soon after Kim Jong-un came to power.

Though they have not met as presidents, Mr. Xi was vice president of China and met Mr. Kim when he accompanied his father to China, several Chinese analysts said.

What happened in that exchange is not known, but Mr. Xi, an experienced and prominent member of the Chinese political hierarchy, was unlikely to have been impressed with the young Mr. Kim, who at that stage was not long out of a Swiss boarding school, the analysts said.

Continue reading the main storyContinue reading the main story
“It’s very obvious that there is a very significant change in attitudes,” said Deng Yuwen, a former deputy editor of Study Times, the Central Party School journal, who was dismissed in early 2013 for writing a negative piece about North Korea.

In a sign of more public questioning about North Korea, Mr. Deng, who went to Britain after losing his job, is back in China and said he had no problem in organizing a debate two months ago about the problems with North Korea on Phoenix television, a satellite station based in Hong Kong that is shown on the mainland.

“North Korea will ultimately fail no matter how much you throw money at it, and it is in the process of collapse,” Mr. Deng said.

The heightened debate in China is spurred in part by fears that North Korea could collapse even though economic conditions in the agriculture sector seemed ready to improve, several Chinese analysts said. Indeed, one of the tricky balancing acts for China is how much to curtail fuel supplies and other financial support without provoking a collapse that could send refugees into China’s northeastern provinces, and result in a unified Korean Peninsula loyal to the United States.

“The general state of relations between North Korea and China is hard,” said Zheng Jiyong, director of the Center for Korean Studies at Fudan University, who just returned to China after four months in Pyongyang.

“If China presses D.P.R.K. too hard it could collapse,” he said. “But if it doesn’t press hard enough it will become uncontrolled and do more things like nuclear tests.”

For his part, General Wang, who is now a member of the Chinese People’s Political Consultative Conference, seems unfazed by a possible collapse.

“China isn’t a savior, so it cannot save the D.P.R.K. if it is really going to collapse,” he wrote in the article. “All that China can do is to make precautions accordingly. Even if the D.P.R.K.'s collapse affects northeast China to some extent, that will in no way disrupt China’s journey of modernization.”

Correction: December 21, 2014
An earlier version of this article misstated the name of a North Korean senior official and uncle to Kim Jong-un who was executed by the state. He was Jang Song-thaek, not Jang Son Taek.

2014年12月21日日曜日

拷問なしで、証明できる。サイバー攻撃と無関係主張 北朝鮮

北朝鮮の外務省が、ソニーピクチャースへのサイバー攻撃で声明。なかなか余裕綽々の反論ぶりである。

北朝務省スポークスマン<犯罪疑惑かぶせようとするなら証拠から明確に出すべきだろう>

朝鮮中央通信は<朝鮮外務省スポークスマンソニー映画製作社に対するサイバー攻撃について共和国を仕かけてきた米国を断罪>を20日掲載した。
スポークスマンは<私たちと全く関係がない以前のサイバー攻撃を取り上げ論じながら,われわれと類似したとか,反復性をあると抽象的で推理的な主張だけならべて持っては誰も納得させられない>と伝えた。

引き続き<米国執権者らは今回のサイバー攻撃によって,反共和国映画のクリスマス日上映計画が取り消しになって,国内で物議が起きて非難の矢が行政府にまわるとあたふたと私たちに矛先を転じようと、飛びかかっている>と伝えた。

引続き<米国は私たちの共同調査提案まで拒否してやっと私たちを仕かけてきながら,その何の対応措置を云々する場合実に厳重な後日の禍がもたらされるだろうとのことを肝に銘じなければならない>と警告した。

全文は以下の通り。

朝鮮外務省スポークスマンはソニー映画製作社に対するサイバー攻撃に関し共和国に仕かけてきた米国を断罪
朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは米国がソニー映画製作、普及社に対するサイバー攻撃を関し私たちに仕かけてきたのと関連して,20日朝鮮中央通信社記者が提起した質問に次の通り答えた。

19日オバマとケリーなど米高位当局者らは米国の《ソニーピクチャーズ》映画製作、普及社に対するサイバー攻撃を調べた結果、私たちがそれを背後で操縦したとのことが証明されたといいながら,その何の対応措置を取ると喚き出した。

その一方で具体的な証拠は出すことができなくて《鋭敏な情報資料》であるから公開することができないと強弁している。

主権国家にあえて犯罪疑惑をかぶせようとするなら、証拠から明確に出さなければならない。

私たちと全く関係がない以前のサイバー攻撃らを取り上げ論じながら,彼らと《類似性》したとか,《反復性を帯びる。》とか抽象的で推理的な主張だけならべて持っては誰も納得させられない。

米国がこのように幼稚な水準の《調査結果》を持って、あえて私たちに犯罪疑惑をかぶせようとするのは私たちに対する敵対感が体質化された自らの内心をそのまま表わすとみられたことでなる。

今回サイバー攻撃を通して,暴露されたように米国務省《人権特使》という人間が、ソニー映画製作社などに北朝鮮政府を困らせなければならないといいながら,私たちの最高尊厳冒とく場面らをそのままみな生かせと喚いたのがそれを見せている。

米国執権者らは今回のサイバー攻撃によって,反共和国映画のクリスマスの日上映計画が取り消しになって,国内で物議が起きて非難の矢が行政府にまわすとあたふたと私たちに矛先を転じようと飛びかかってきた。

私たちは私たちの最高尊厳を冒とくしようとする不純分子らを絶対にそのまま置かないことだが,報復する場合にも映画館の罪のない見物者を目標にしたテロ攻撃でなく、反共和国敵対行為に責任がある者らとその本拠地に対する正正堂々である報復攻撃を加えるようになるだろう。

わが軍隊はそのような意志も能力もすべて持っている。
米国務長官が表現の自由に対してだけ叫びながら,ある主権国家の最高尊厳を冒とくした映画製作を正当化しようとしているのに国際法実践では名誉き損に対する処罰もあるということを分かるべきだ。

米国がとんでもない世論を言いふらしながら,私たちを誹謗しているので対処して,私たちは米国側と今回の事件に対する共同調査を進行することを主張する。

私たちは米中央情報局のように拷問方法を使わなくても、今回の事件が私たちと類似性がないということを立証する方法がある。

米国は私たちの共同調査提案まで拒否してやっと私たちを仕かけてきながら,その何らかの対応措置を云々する場合、実に厳重な後日の禍がもたらされるだろうということを肝に銘じなければならない。

(平壌(ピョンヤン)12月20日発朝鮮中央通信)

 

 

 


외무성대변인 <범죄혐의 씌우려면 증거부터 명백히 내놓아야>

조선중앙통신은 <조선외무성 대변인 자국영화제작보급사에 대한 사이버공격을 놓고 공화국을 걸고든 미국을 단죄>를 20일 게재했다.

대변인은 <우리와 전혀 무관한 지난시기의 사이버공격들을 거론하며 그와 <유사>하다느니, <반복성을 띈다.>느니 하는 추상적이고 추리적인 주장만 늘어놓아 가지고서는 누구도 납득시킬 수 없다>고 전했다.

이어 <미국집권자들은 이번 사이버공격에 의해 반공화국영화의 크리스마스날 상영계획이 취소되어 국내에서 물의가 일어나고 비난의 화살이 행정부에 돌려지자 부랴부랴 우리에게 화살을 돌려놓으려고 덤벼치고있다>고 전했다.

계속해서 <미국은 우리의 공동조사제안마저 거부하고 끝끝내 우리를 걸고 들면서 그 무슨 대응조치를 운운하는 경우 실로 엄중한 후과가 초래되리라는 것을 명심하여야 한다>고 경고했다.

다음은 전문이다.

조선외무성 대변인 자국영화제작보급사에 대한 싸이버공격을 놓고 공화국을 걸고든 미국을 단죄

조선민주주의인민공화국 외무성 대변인은 미국이 자국영화제작보급사에 대한 싸이버공격을 놓고 우리를 걸고든것과 관련하여 20일 조선중앙통신사 기자가 제기한 질문에 다음과 같이 대답하였다. 

19일 오바마와 케리 등 미고위당국자들은 미국의 《쏘니 픽쳐스》영화제작보급사에 대한 싸이버공격을 조사한 결과 우리가 그것을 배후에서 조종하였다는것이 증명되였다고 하면서 그 무슨 대응조치를 취하겠다고 떠들어댔다. 

그러면서도 구체적인 증거는 내놓지 못하고 《예민한 정보자료》이니 공개할수 없다고 강변하고있다. 

누구든 한 주권국가에 감히 범죄혐의를 씌우려면 증거부터 명백히 내놓아야 한다. 

우리와 전혀 무관한 지난시기의 싸이버공격들을 거론하며 그와 《류사》하다느니, 《반복성을 띤다.》느니 하는 추상적이고 추리적인 주장만 늘어놓아 가지고서는 누구도 납득시킬수 없다. 

미국이 이렇듯 유치한 수준의 《조사결과》를 가지고 감히 우리에게 범죄혐의를 씌우려 드는것은 우리에 대한 적대감이 체질화된 자기의 속내를 그대로 드러내보인것으로 된다. 

이번에 싸이버공격을 통해 폭로된것처럼 미국무성 《인권특사》라는자가 영화제작자들에게 북조선정부를 괴롭혀야 한다고 하면서 우리의 최고존엄모독장면들을 그대로 다 살리라고 떠벌인것이 그것을 보여주고있다. 

미국집권자들은 이번 싸이버공격에 의해 반공화국영화의 크리스마스날상영계획이 취소되여 국내에서 물의가 일어나고 비난의 화살이 행정부에 돌려지자 부랴부랴 우리에게 화살을 돌려놓으려고 덤벼치고있다. 

우리는 우리의 최고존엄을 모독하려는 불순분자들을 절대로 그냥두지 않을것이지만 보복하는 경우에도 영화관의 무고한 구경군들을 목표로 한 테로공격이 아니라 반공화국적대행위에 책임이 있는자들과 그 본거지에 대한 정정당당한 보복공격을 가하게 될것이다. 

우리 군대는 그럴 의지도 능력도 다 가지고있다. 

미국무장관이 표현의 자유에 대해서만 부르짖으면서 한 주권국가의 최고존엄을 모독한 영화제작을 정당화하려하고 있는데 국제법실천에서는 명예훼손에 대한 처벌도 있다는것을 알아야 할것이다. 

미국이 터무니없는 여론을 내돌리며 우리를 비방하고있는데 대처하여 우리는 미국측과 이번 사건에 대한 공동조사를 진행할것을 주장한다. 

우리는 미중앙정보국처럼 고문방법을 쓰지 않고도 이번 사건이 우리와 련관이 없다는것을 립증할 방도가 있다. 

미국은 우리의 공동조사제안마저 거부하고 끝끝내 우리를 걸고들면서 그 무슨 대응조치를 운운하는 경우 실로 엄중한 후과가 초래되리라는것을 명심하여야 한다. 

(평양 12월 20일발 조선중앙통신)

2014年12月20日土曜日

ソニーピクチャーズへの攻撃は誰の仕業か 聯合ニュース

(ワシントン=聯合ニュース)金セジン記者
入力時間:2014/12/20 04:10:51数丁時間:2014.12.20 21:29:50

日本語になっていないので、簡単に機械翻訳してみた。完璧に北朝鮮の仕業とは言えないとの指摘もあるようだ。

http://daily.hankooki.com/lpage/world/201412/dh20141220041051138430.htm

 

米国連邦捜査局(FBI)は19日(現地時間)ソニー映画社に対するハッキング攻撃が'北朝鮮の責任'と規定しながら、大きく2種類根拠を提示した。
ハッキングに使われた悪性コードの類似性、特に昨年3月韓国での'3・20電算大乱とは'時使われた悪性コードとの類似性が最初の根拠だ。
今回のソニー映画社ハッキングに使われた悪性プログラムと、北朝鮮連係インターネット住所の間に交信がなされたという点が二番目の根拠だ。
FBIは"今回のハッキングで資料削除に使われた悪性コードと以前に北朝鮮で開発した悪性コードの間に特定の命令語文章、暗号化技法、削除方法などで類似性があった"と19日(現地時間)発表した。
引き続き"ソニー映画社攻撃に使われたツールと昨年3月北朝鮮が韓国の都市銀行と報道機関を相手にしたサイバー攻撃の時使ったツールの間に類似性がある"と指摘した。

電算保安専門家たちによれば命令語文章や削除方法などの悪性コード作成方式が似ているという点はたとえ人の指紋ぐらいの証拠能力はなくても'強く推定できる'水準の根拠で充分だ。

一部専門家は個人や少数人員が作るプログラム、特にハッキング用悪性コードで同じ機能を遂行するためにどんな命令語を使うのか、どんな順序で命令語らを配列するかを土台に製作者または集団が分かるという主張も出している。

ソニー映画社ハッキングに使われた悪性コードに保存されたインターネットプロトコル(IP)住所と北朝鮮関連IP住所らの間に交信がなされた点やはり今回の事件に北朝鮮がかかわったことを見せる根拠らで提示されたこと中最も強い範疇に入る。

ハッキングに使われるプログラムらは被害コンピュータ・ネットワークで情報を送ったり攻撃者から指令を受けるために必ず攻撃者と通信をしなければならないためだ。

昨年韓国民官軍合同対応チームが'3・20大乱とは'調査結果を発表した時も"北朝鮮ハッカーだけ固有に使う感染信号ソースプログラム中過去と同一に使った悪性コードが18種だった"とか、"今まで把握された攻撃経由インターネット住所49ケ中22ケが2009年以後北朝鮮で使ったのと一致した"という点を北朝鮮の過去ハッキング手法と一致する証拠で提示した。

ソニー映画社ハッキング事件に対する責任が北朝鮮にあるというFBIのこの日発表にも、一部専門家たちは今回のことを北朝鮮あるいは北朝鮮の指図を受けた人々の仕業で決めつけるために解けなければならない疑問が相変らず存在するという意見を見せた。

彼らは代表的な疑問として、ハッキング事件初期に発送された脅迫Eメールに映画'インタビュー'と関連した内容がなかった代わりにソニー映画社内部経営に対する批判内容があったとし、ハッカーらが言論の注目をあびるために北朝鮮を引き込んだ可能性を相変らず排除しにくいという立場を見せている。

攻撃に使われたIP住所や通信経路を変造することが全く不可能でなくて、命令語文章や暗号化技法が製作者により違うならば特定の製作者に責任を転嫁しようとわざわざ特定の命令語文章を書く可能性があるという点も一部専門家たちが相変らず提起する疑問だ。

2014年12月12日金曜日

2015年の北朝鮮はどうなるか

お金 忠臣 友人いないキム・ジョンウン… 2015年大きい試練ぶつかる可能性
byチュ・ソンハ記者2014-12-12 3:00 am

大きな変化があるのか。

http://blog.donga.com/nambukstory/archives/94205

“キム・ジョンウン北朝鮮労働党第1秘書のリーダーシップは来年に大きい試練を体験する可能性が高い。”

北朝鮮の対内外状況を観察してきた政府当局者が11日このように展望した。

権力世襲3年目のキム・ジョンウンが処した対内外環境がそれだけ良くないという話だ。

他の当局者は“キム・ジョンウンが対外交易-内部権力問題-外交三分野で四面楚歌に直面すること”と分析した。

こういう観測は北朝鮮情勢が尋常でないという傍証だ。

お金もなくて友人もないばかりか信じるほどの内部組織まで乱れたら誤った選択をする可能性だけ高まるという憂慮からだ。

○ “統治資金不足直面の可能性”
キム・ジョンウンは2011年12月お父さん金正日国防委員長の死亡以後莫大なお金をばら撒いた。
お金は権力安定化のための一人立ちと体制取り締まりのため‘魔術のツエ’であった。
莫大なお金を注ぎ込む間収入はますます減ったことで政府は評価している。

キム・ジョンウンが3年間平壌の一部特権層や海外観光客を対象にした展示性建設事業および北朝鮮権力層を相手にした贈り物政治に使おうと輸入したぜいたく品規模は22億2000万ドル(約2兆4420億ウォン)を越えることと推定される。

早期完工を促す‘速度戦’を前面に出したアパート工事など大規模建設事業も続いた。
こういう‘贅沢’はキム・ジョンウン執権3年間北朝鮮経済を相対的に安定的に見られるようにさせた。

だが情報当局は“北朝鮮が地下資源など鉱物輸出に依存していて経済安定の持続の可能性が落ちる”と判断する。

国策研究所関係者は“最近国際原資材価格下落は鉱物輸出で暮らす北朝鮮に打撃になる。

2010年石炭1tの国際市場価格が120ドルだったが今は60ドル水準”と話した。

彼は“中国は下落した国際単価で輸入しようとして北朝鮮は過去の価格で輸出しようとすれば北朝鮮-中国に価格葛藤が起きる”と伝えた。

賃加工および労働力輸出,観光収入三分野で‘新しい外貨稼ぎ’の突破口を探そうと試みるが中国経済成長率鈍化という障害物が登場した。
情報当局消息筋は“北朝鮮の武器輸出と海外投資誘致,対北朝鮮支援も全般的に減った。

国連など国際社会の対北朝鮮制裁を回避するための追加費用も発生している”と話した。
昨年12月張成沢処刑以後対外収益事業を労働党39号室で奪い取ってきたが資金不足は深刻化されている。

朴ヒョンジュン統一研究院選任研究委員は“キム・ジョンウンの統治資金がすっかりなくなれば制限された資源で‘問題をどうにか解決しなさい’と頑として押し通したキム・ジョンウン式リーダーシップも限界に至ること”と話した。

彼は“権力機関らが各自市場で金を儲けるほかはなくて市場活性化政策を使うこと”と展望した。
キム・ジョンウンの統治資金不足が北朝鮮内部の市場化を加速化する要因になり得るということだ。

○ “組織指導部,第2の張成沢なるか”

キム・ジョンウンがくるぶし手術で9,10月40日間潜伏した以後北朝鮮パワーエリートの権力構図にも亀裂ができた。

今年4月ファン・ビョンソが崔リョンヘを押し出して軍総政治局長席に昇る時だけでも組織指導部は絶対的な権力を振り回した。

だがキム・ジョンウンがまた登場して,キム・ジョンウンの妹の白頭血統 金与正と崔リョン海などパルチザン2世が全面に首を差し出している。

政府関係者は“今年中盤から張成沢の影を消す2次粛清が続いたのに唯一労働党組織指導部,地方党に集中した”と話した。

彼は引き続き“張成沢粛清を主導した組織指導部の力があまり大きくなるとキム・ジョンウンが権力に威嚇になると見たし,それで逆に牽制に出たこと”と話した。

○ “キム・ジョンウン,強硬か妥協か選択”

人権問題を輪にした国際社会の強力な対北朝鮮圧迫と北朝鮮-中国関係梗塞の兆しが見られる外交的孤立も深刻化された。

今月中国連総会で北朝鮮の人権決議案が通過されて北朝鮮人権問題が国連安全保障理事会で議論されれば北朝鮮体制にも威嚇になることができる。

対北朝鮮消息筋は“今年中盤のようにもう一度強硬に行くことか妥協に出てくることかを決めなければならない時点がキム・ジョンウンに近寄ってきた”と話した。

北朝鮮が外交的孤立を脱皮しようと精魂を込める北‐露経済協力も極東開発に死活をかけたロシアが韓国の参加を引き込むための誘引策にすぎないという見解が多い。

政府関係者は“行く所がないキム・ジョンウンが来年に南北対話で出てくる可能性がある”と展望した。

ユン・ワンジュン記者zeitung@donga.com

2014年12月1日月曜日

日韓関係の現状と今後 某所で話した内容です。

日韓関係の現在、過去、未来

(11月30日)五味洋治

clip_image002clip_image003clip_image004clip_image006■対韓感情の変遷

図1 親しみを感じない人の割合が一番高かったのは1996年60・0% 2011年以降に急速悪化

図2 韓国に対する印象を「良い」と回答する日本人は2割、日本に対する印象を「良い」とする韓国人は2割弱。韓国に対する印象を「良くない」と感じている日本人は約5.5割、日本に対する印象を「良くない」と感じている韓国人は7割超。一般国民より相手国への渡航経験や直接交流を持つ割合が大幅に高い人の場合、相手国に「良い」印象を持つ割合が日本は41.7%、韓国は51.7%と一般国民に比べ比較的良い傾向にある。

■日韓間の数多い懸案

竹島[1] 慰安婦問題 朝鮮半島出身の「旧民間人徴用工」をめぐる裁判[2] 日本海呼称問題

仏像盗難事件[3] 東北8県の水産物禁輸[4]

clip_image008

■嫌韓本の登場

「悪韓論」2103年 室谷克実 タイトルに感情的な漢字を使う。

呆韓論/室谷克実/27万部 悪韓論/室谷克実/11万部 嘘だらけの日韓近現代史/倉山満/7万4千部 嘘だらけの日中近現代史/倉山満/7万8千部 侮日論/呉善花/3万部 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか/竹田恒泰/46万部 日本人はいつ日本が好きになったのか/竹田恒泰/14万部[5]

■なぜ売れるのか

アマゾンの書評に現れる認識[6] 呆韓論の書評よりピックアップ

clip_image009

clip_image010

clip_image011

■ヘイトスピーチへの発展

背景になにがあるか 

現政権との関係[7] 日本人の特質論[8] 韓国が原因を作った[9] 高学歴者が多い[10]

ヘイトスピーチ規制に対する日本国民の意識[11]

表現の自由とヘイトスピーチは対立する概念か?

海外での取締の事例[12] 国連人権規約委員会の勧告の重み[13]

■日韓で関係改善が進まない理由 過去とどこが違うか

1.経済面で深まる中国重視 日本との結びつきが見えず[14]

2.日本人と歴史問題の見えない出口 謝罪疲れ

3.指導者の歴史重視

4.積極的に仲介する人がいない

■日韓関係にメディアはどう影響しているか?

日本人は91.2%、韓国人は94.0%、「自国のニュースメディア」で相手を知る。

「テレビ」を挙げたのが日本人で82.1%、韓国人で74.6%と圧倒的。ただ、韓国では「インターネット」を挙げる人は20.0%あり、特に30歳未満では40%程度に高まっている。[15]

■日韓メデイアの現状 

・反日報道だけでない韓国メディア(産経前支局長の起訴問題)

産経記事が事実確認もきちんとしなかった不十分なセンセーショナルな報道であったのは明らかだが(中略)、刑事処罰の対象になる根拠はない。それにも関わらず検察は大統領の冒とく云々の発言がなされるやすぐに捜査に着手し、起訴まで押し切った。

 今回のことが政治的起訴だという批判がされるのはこのような事情からだ。その結果が現在の国際的な恥辱である。名誉毀損は被害者が望まない限り処罰されない罪だ。朴大統領は国家の恥になるばかりの今回の件はそろそろ収拾すべきだろう。[16]

加藤氏の記事は明らかに独身である女性大統領を卑下した。度を越える嫌韓、反韓がトレードマークの産経の体質の延長線上にある記事だ。(中略)にもかかわらずなぜ起訴が敗着なのか。実益がない。大統領と外信の対立が捜査にまで広がることは、数十年に1度あるかどうかだ。今回のことは、起訴の事実だけが残り、教訓はないだろう。[17]

■歴史問題とメディア

・朝日新聞への執拗な批判 国賊や売国奴を使う。戦前との共通点[18]

・加害者としての視点 日本のメディアは社会的弱者を取り上げることで社会の矛盾を告発してきたが、その視点は、うさんくさいと受け止められるようになった。[19]

■ メディアの責任

・東京の韓国特派員と、日本のソウル特派員の特質についての研究[20]

1.過度なエリート・ジャーナリズムの志向。取材源として政府官僚、新聞報道の偏重

2.匿名取材源の乱発、国際会議などで国家主義に陥る危険

3.特派員には所属国のメディアが派遣地に対する誤ったニュースを訂正する努力

・3・11東北大震災での韓国での報道

交通渋滞であったにも関わらず、誰一人としてクラクションを鳴らしていなかったということ。日本は普段からあまりクラクションが鳴り響かないところではあるが、道が混雑した状態であるにも関わらず、クラクションが鳴らなかったことにカルチャーショックを受けた。まるで異世界にいるような感覚すら覚えた。途中で渋谷も通った。そこで列車は運休しており、数十万人の人が数時間かけて徒歩で帰宅していた。みんな、その状況を受け入れ、特に騒ぐ様子もなかった。[21]

・第4回日中韓報道陣セミナーでの論議(10月28日)[22]

メディアが関係を暖める役割はたすべき

文化、芸術の交流促進

ユネスコ世界無形文化遺産への共同登録

部数減で知恵を出し合う

・TeSOROの試み[23]

■政府間で何ができるか

・中国:課題を先送りし、いったん首脳が会う 長期的に改善[24]

・北朝鮮:長期の目標を立て、最も対立する問題で協議を重ねる 


[1] 2012年8月10日、李明博前大統領が竹島に上陸。日本政府は強い遺憾の意と厳重な抗議。李明博大統領の天皇や日本に対する発言。

[2]2011年8月末、韓国憲法裁判所は、元慰安婦や原爆被害者らの個人の請求権問題に関する違憲審査の申立てにつき、韓国政府が日本と外交交渉を行わないのは「被害者の基本的人権を侵害し、憲法違反にある」との決定。同年12月、「韓国挺身隊問題対策協議会」(韓国のNGO)が在韓国日本大使館前に「碑」を建設。2013年8月、韓国外交部は、日本政府に対して請求権協定に基づく協議を再度求める旨のスポークスマン声明を発出。

[3] 2012年に日本の長崎県対馬市の三つの神社・寺院から、韓国人窃盗団によって重要文化財の仏像などが連続盗難された事件

[4] 2013年9月より。対象は福島、宮城、岩手、青森、群馬、栃木、茨城、千葉

[5] http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/blog-entry-1162.html

[6] http://www.amazon.co.jp/product-reviews/481911235X/ref=cm_cr_pr_hist_1?ie=UTF8&filterBy=addOneStar&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending

[7] 「現政権や保守派の改憲への動き、言動は排外主義グループに栄養を『供給』している」(安田浩一)「現政権のターゲットが、ヘイトスピーチのターゲットになっている」(辛淑玉)

[8]日本人が持つ差別意識、集団行動に流れされる国民性、民族としての優越性意識

[9]日本大使館前の慰安婦少女像、慰安婦の強制性をめぐる論議、朴大統領の日本への言及

[10]大卒の学歴(在学・中退者を含む)が、24人。京都大や東工大出身​​のエンジニアもいた。雇用形態面では正社員が30名(非正規職2名、その他2名)。ホワイトカラー(事務職)も22人で、ブルーカラー(6人)に比べて圧倒的に多かった。主に「高学歴の正規会社員」という、このような結果は、政治・社会的に主流ではなくて経済的な基盤が弱い人々が主に排外主義運動に参加するという従来の見解とは異なるものである。 (朝日新聞 13.10.5)

[11] clip_image013

[12]1968年、偏見に基づく犯罪を取り締まるために「連邦保護活動法(KKK法)」導入、1990年「ヘイトクライム統計法」、1994年「ヘイトクライム判決強化法」が成立(米国)。公共秩序法 (Public Order Act 1986) によって、人種的嫌悪を煽動したものは最高7年の懲役に処される(英国)肌の色や人種、宗教、民族的出自、性的嗜好によって区別される集団に対する嫌悪を煽動した者は最低でも2年、最高で14年の懲役刑(カナダ)

[13]日本政府に対し、ヘイトスピーチ(憎悪表現)など、人種や国籍差別を助長する街宣活動を禁じ、犯罪者を処罰するよう勧告した。また、旧日本軍の従軍慰安婦問題についても、「国家責任」を認めるよう明記した。規約委は勧告となる「最終見解」の中で、ヘイトスピーチや「Japanese only」の表示など、外国人への差別をあおる行為が広がっているとして問題視。差別される側が「刑法、民法で十分に保護されていない」と懸念を示した。

[14]2013年韓中貿易額は2221億ドル、03年に米国に代わる中国が最大輸出国に。07年には日本に代わって中国が最大の輸出相手国に。今年上半期の日韓貿易総額は、429億7300万ドルと、前年同期比で9.8%減少。リーマンショックの影響で世界的に貿易が停滞した2009年以来の低水準(韓国各紙)

[15](言論NPO 1回日韓共同世論調査 日韓世論比較分析結果13.05.6

[16] ハンギョレ(2014.10.12)

[17] 東亜日報(2014.10.15)

[18] http://urx.nu/e1z9 毎日新聞

[19]佐々木俊尚著「当事者の時代」

[20] http://pweb.cc.sophia.ac.jp/s-yuga/file/HongEunhee08.pdf

[21]http://urx.nu/e2ak 韓国ネットの反応

[22] 新聞協会報 2014年11月18日号

[23] テソロ(Tesoro)は、韓国の全国紙「ソウル新聞」が日本で発行する月刊タブロイド紙。 「韓国のニュースをより正確に、豊かに、深く伝達する」をモットーに、201311月に創刊。韓国に関する情報が氾濫する中、弊紙が本当の韓国の姿を日本に伝えることで、日本社会の韓国に対する理解を深める一助となることを願います。時事、社会現象から文化、芸術、トレンドまで、多岐に渡る韓国事情など、ソウル新聞の記者をはじめとする日韓の執筆陣が、深く、分かりやすく解説します。
105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-7 TG115ビル8階 電話:03-5251-3120 FAX03-5251-3122

[24] 日中関係の改善に向けた話合い 外務省 平成26117

日中関係の改善に向け,これまで両国政府間で静かな話し合いを続けてきたが,今般,以下の諸点につき意見の一致をみた。

3 双方は,尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し,対話と協議を通じて,情勢の悪化を防ぐとともに,危機管理メカニズムを構築し,不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。4 双方は,様々な多国間・二国間のチャンネルを活用して,政治・外交・安保対話を徐々に再開し,政治的相互信頼関係の構築に努めることにつき意見の一致をみた。

 

http://urx2.nu/eIqA

シベリア産石炭,北朝鮮鉄道・船便経て,初めての搬入 kbs

http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2975551

同じような計画が日本にもある。

<アンカーコメント>
ロシア,シベリア産(山)石炭が初めて北朝鮮鉄道と船便を経て,国内に入ってきました。
石炭試験運送が順調に進行されながら,韓国,北朝鮮とロシアが推進中のいわゆる羅津(ナジン)-下山プロジェクトがはずみをつけるものと見られます。
初めてのお知らせ,イ・ソクチェ記者です。
<リポート>
シベリア産石炭4万余トンが浦項近海に到着しました。
既存のロシア,ウラジオストック港でない北朝鮮,羅津港から出発した物量です。
ロシア下山から羅津港まで54キロメートルは鉄道で,浦項までは海上に移されました。
一昨日夜羅津港を出発して,32時間半ぶり今日明け方浦項に到着しながら,既存航路に比べて,物流費用が最大15%程度節減されたと評価されます。
今回入ってきた石炭はあさってから荷役作業を経た後,浦項製鉄所のとけた鉄を溶かす原料で使われる予定です。
試験運送過程を見守った実態調査団帰国と共に経済性評価も始まりました。
<インタビュー>チ・ヨンテ('試験運送'北朝鮮訪問点検団長):"経済性は帰って調べるべきだが,羅津港設備とか,鉄道運営設備は思ったより良くてこのように見られます。"
'羅津-ハサンプロジェクト'は北朝鮮とロシアの合作会社に韓国企業三ケ所が参加しており,政府はこれを5.24対北朝鮮制裁の例外と認定して,支援しています。

今回の事業が席を占める場合羅津港を中心に中国とロシアが飛び込んだ東北アジア物流競争に我が国も主導的に参加できるのみならず政府のユーラシア イニシアチブ構想もはずみをつける展望です。

2014年11月28日金曜日

530談話とはなにか

北朝鮮の最高指導者、金正恩第一書記がまとめたとされる新たな経済政策が注目を集めている。「530労作」もしくは「530談話」と呼ばれ、工場や企業、商店に「自律経営権」を与える内容で、「事実上市場経済を受け入れる内容」との見方もある。


 最近訪朝した複数の研究者によれば、「530談話」は、公式メディアには出ていないものの、工場などの現場には徹底されており、実行に向けた細則もできているという。

 その名前から五月三十日に発せられた可能性がある。
 金第一書記は昨年三月に、経済建設と核開発の並進路線を基本方針として決定しているが、経済に軸足を置いており、企業の自主性拡大、少人数による農業を試験的に導入している。

 「530談話」は、これらの策を集大成した内容とみられる。北朝鮮では一二年に「経済管理改革」として「6・28措置」を発表した。企業や農場では七割の利益を国家に収め、残りは手元に残し独自に使えるとする。

 日朝外交筋は「5・30談話は、6・28措置とほぼ同じ内容とみられるが、金第一書記が主導しているという印象を強めるため、新たな名前をつけたとみられる。失敗した場合に備え、公表しないでいるようだ」と分析した。

 

 9月3日に掲載された労働新聞社説が、この談話を解説しているという見方もある。

2014年09月03日

「労働新聞」社会主義自立経済の優越性と威力を誇示することを強調

【平壌9月3日発朝鮮中央通信】3日付の「労働新聞」は社説で、われわれは朝鮮式に経済管理問題を解決して主体的な社会主義自立経済の優越性と威力を力強く誇示し、強盛国家建設の最後の勝利を収めなければならないと指摘した。

 同紙は、朝鮮式経済管理方法を確立する事業は本質上、金日成主席と金正日総書記が明らかにした経済管理の原理と方法をこんにちの現実的要求に即して具現し、継承、発展させていく事業であるとし、次のように強調した。
 経済管理を改善するうえで社会主義原則を確固と堅持しなければならない。
 経済に対する指導と管理を客観的経済法則と科学的な理に合わせて行って最大限の経済的実利を保障しなければならない。
 経済管理を改善するには、経済指導機関と幹部の責任感と役割を強めるのが重要である。
 経済の発展は、科学的な経済発展戦略を立てて国の資源とすべての潜在力を最大限に引き出し、生産の絶え間ない成長と経済の全般的バランスを保障する過程を通じてのみ成功裏に成し遂げられる。
 内閣は、国の経済司令部である。
 内閣責任制、内閣中心制を強化してすべての経済部門と全般的経済活動を内閣に集中させ、内閣が主管して対策を立てるようにしなければならない。
 同紙は、発展する現実の要求と朝鮮労働党の意図に合わせて経済管理を改善して朝鮮式社会主義の優越性をより高く発揚させ、強盛国家の建設に新たな転換をもたらさなければならないと指摘した。

 

 

関連レポート

 

http://www.jcer.or.jp/report/researcher/

 http://plaza.rakuten.co.jp/tsuruwonya/diary/201410040001/

http://www.sankei.com/world/news/140922/wor1409220034-n1.html

2014年11月27日木曜日

北朝鮮の現状と今後の日朝関係

某所で語った内容です。2014/11/25
         
●人権問題追及で混乱
・11月19日 人権侵害の是正と責任追及を求める決議が国連総会第3委員会で採択
・国際刑事裁判所(ICC) への付託検討を促すなど、例年より厳しい内容。
・加盟国か、安保理の賛成があれば特別法廷 設置の可能性も。

・国連調査委員会が4月に特別報告  追及加速の背景に
・北朝鮮は核実験と報復示唆  中国、ロシアの協力取り付け奔走

●北朝鮮国内は?
・金正恩の体調 40日ぶり、つえを突いての登場
・父親の生活ぶりと比較 肉好き 病気再発の可能性も
・海外から投資呼び込み、住民生活の質的向上の必要性 携帯の普及 200万台突破

●冷却化がとまらない中朝関係
・宋日昊の発言 「労働新聞に天皇批判が出たらどう思うか?」 中国メディア に不快感?
・油のミステリー 原油の対北向けが統計上ゼロ 双方の行事も簡素化
・特使が訪ロ 金正恩に会う用意ある(プーチン)  金正恩訪ロの可能性 

●拉致再調査の今後 
・日朝双方が「食い逃げ」警戒 調査の進展は予想より遅く 
・拉致で押す日本 北朝鮮はなぜか我慢 
・コメ、万景峰入港に期待 総連会館立ち退き問題 マルナカへの所有権移転 後の動き
・北朝鮮は安倍首相に期待感  消えない安倍訪朝説

 

参考

ICCは調査・捜査部門を持ち、個人を裁く。逮捕状の執行も行う。ただし2003年前で終わった犯罪は裁けず。国内に人権問題抱える中ロの拒否権ネック。

国連安全保障理事会が第三国に設立し、外国人判事が審理する「ユーゴスラビア・ルワンダ型」や、当事国内に設けられ、その国と国連がそれぞれ指名した判事を組み合わせる「シエラレオネ型」などがある。状況次第で設立の可能性有

朝鮮で何十年にもわたり「国家最高指令部の政策に基づき」人道に対する罪が犯され続けてきたと結論。具体的には「処刑、殺人、奴隷労働、拷問、投獄、強かん、強制堕胎、その他の性暴力、政治・宗教・人種・性別に基づく迫害、人の強制移動、強制失踪、長期的な飢餓を意図的に引き起こすという非人道的行為」などが行われてきたと認定した。報告書はとくに「政治体制や指導部の脅威と見なされた、あらゆるグループへの組織的かつ広範な攻撃」が行われたと指摘した。

北朝鮮の国防委員会は、自国の人権侵害を非難する国連総会第3委員会での決議採択に対して、「アメリカとその追従勢力が、国連の舞台を悪用してでっち上げた人権決議を全面拒否する」という声明を発表。「未曽有の超強硬対応戦に突入する」。決議に賛成した日本については、「今のように進む日本は近くて遠い国ではなく、我々の面前で永遠に消える存在になることを覚えておかなければならない。日本は丸ごと焦土化され、水葬されなければならない。決して逃れられない」。

  14年4月8日、中国共産党機関紙の人民日報傘下の大衆紙.環球時報が、「北朝鮮が3月中旬平壌で、金正恩第一書記の暗殺の試みに備えた訓練を電撃実施した」と報道し、訓練状況を詳細に伝えた。

  2013年2月12日 北朝鮮が核実験 中国 – 楊潔篪外相、核実験に「断固として」反対する
2013年7月23-25日 中国の李源朝・中国国家副主席が訪朝 以降、断絶
2014年7月3日 習近平国家主席が韓国訪問 中国の最高指導者が北朝鮮より韓国を先に訪問は初
同年7月13日 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞が、中国の徐才厚前党中央軍事委員会副主席らが「不正、腐敗行為」で党を除名され、法的処罰を受けたと異例の報道
同年7月23日 中国人民解放軍87周年 北朝鮮大使館員全員欠席
同年7月27日 朝鮮戦争停戦61周年で、朝鮮が行った「停戦日」にかかわる中央報告大会では、「中国」という言葉は一言も触れられなかった。朝鮮戦争当時、中国は平均して毎年60万から70万人の規模の義勇軍を朝鮮の戦場に派遣、中国の公式統計によれば、全部で18万人の中国軍人が朝鮮で戦死した。したがって、朝鮮は毎年「停戦記念日」関連の中央報告大会において、中国に対する感謝の気持ちを表明してきたし、朝鮮メディアも「中朝友好」を強調する関連文章を掲載してきた。
同年7月11日 中朝友好相互援助条約53年 記念活動なし
同年10月1日 中国建国記念日への北朝鮮からの祝電が大幅に簡素化
同年10月6日 中朝国交正常化65周年 北朝鮮で祝電や記念の催しについての報道なし
同年10月11日 北朝鮮の朝鮮中央放送、10日の朝鮮労働党創建69周年にカンボジア人民党が祝電を送ってきたことを報じるニュースの末尾に付け加える形で、中国共産党が花かごを寄せたことを短く伝えた。これまでは単独記事として扱う。
同年10月12日 北朝鮮とロシアの外交関係樹立66周年、9日に祝宴が開かれたと報道。12日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞「(朝ロ関係は)ますます密接になっている」

「首脳会談の可能性あるが決まったことはない」http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/11/19/0300000000AJP20141119001800882.HTML

  マルナカHDは「取得は投資目的」とし、所有権が移れば、総連に立ち退きを求める考え。応じない場合は、マルナカHDが東京地裁に「引渡命令」を申し立て、裁判所の強制執行が行われる可能性。 総連本部は東京都千代田区の一等地にあり、2387平方メートルの敷地に地上10階、地下2階の建物がある。

2014年11月19日水曜日

北朝鮮の人権侵害とは何か-まとめ

北朝鮮の人権問題とはなにか。国連で北朝鮮の人権を非難する決議が採決された。これに対して北朝鮮は大混乱に陥っている模様だ。

国連の動きは断片的にしか報道されないので、個人的に経過をまとめて見た。

政治犯収容所の存在が衛星写真で確認された。銃殺を公開し、人民を恐怖で支配しているーなど。

2004年以降、国連の人権委員会で人権状況を懸念する決議採択 毎年賛成国増える。

●人権理事会
 2006年3月の国連総会で採択された決議に基づき,国連における人権問題への対処能力強化のため,国連総会の下部機関としてジュネーブに設置。理事国数は47か国から構成される(アジア13,アフリカ13,ラテンアメリカ8,東欧6,西欧7)。我が国は,本年1月から理事国。

2006年9月15日に、朝鮮民主主義人民共和国(以下,「北朝鮮」という。)の人権状況に関する特別報告者のヴィティット・ムンタボン氏が,北朝鮮の人権状況について国連総会で報告した。

同氏は,拘置所及び刑務所における劣悪な収容環境,拷問,非人道的で屈辱的な処遇といった国内刑法の規定に反する状況が広くみられることを指摘し,懸念を表明した。
http://hrn.or.jp/world/cat55/20060915-a61349/

国際的に関心呼ぶ。

●日本でも人権侵害に対処するための法律が成立
拉致を始めとする人権侵害問題の解決について政府及び地方公共団体の責務を明記した

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%89%E8%87%B4%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%BD%93%E5%B1%80%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E4%BE%B5%E5%AE%B3%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%87%A6%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

法律原文
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO096.html

ICNK:北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合 設立 ― 2011/09/26 16:17 政府や国連に働き賭け
http://hrw.asablo.jp/blog/2011/09/24/6109212

COIの設置 日本とEUが提案し、同意される。
●COIは調査委員会(Commission of Inquiry:COI)のこと

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO096.html

今年2月に報告書 360ページの内容
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000035873.pdf
ポイントは人権侵害に関する組織的国家犯罪がある。責任者の責任追及をすべき。
調査委員会を国連に立ち上げなさい。

●調査委員会とは何か
人権侵害の事実認定(原因、状況、責任)を行う。重大な事案に限られる。

誰が作れるか
国連総会、安保理、国連の人権理事会、事務総長が自分の権限で設置
事実上現地に行くが、許可を受けられない場合は関係者や文書などから事実認定し、報告書をまとめる。

●調査委員会の内容と権限
http://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/4596/

日本でも聞き取り調査実施
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press24_000001.html

拉致問題についても記述され、「拉致被害者は約100人」と認定

政権への深刻な打撃になりそうだ
デイリー-NK(韓国語)
http://www.dailynk.com/korean/read.php?cataId=nk02604&num=104922

特別報告者のダルスマン氏が韓国訪問
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/11/07/0300000000AJP20141107002500882.HTML

決議案採択

ICC付託に言及

ニューヨーク時事:日本人拉致など北朝鮮による人権侵害について国際刑事裁判所(ICC)への付託を検討するよう国連安全保障理事会に促す決議案が18日、国連総会(193カ国)の第3委員会(人権)で採決された。
 日本と欧州連合(EU)主導で提案され、北朝鮮の人権侵害を国家最高レベルの決定で行われた「人道に対する罪」と位置付けている。投票国の過半数の支持を得て採択される方向だ。北朝鮮人権問題をめぐり、国連総会の決議案で人道への罪やICC付託に言及されるのは初めて。
 委員会を通過すれば、12月に本会議で採択され正式な総会決議となる見通し。
拘束力はなく勧告にとどまるが、指導部が人道犯罪の責任を指摘され、北朝鮮は威信を大きく損ねそうだ。(2014/11/18-17:14)

過去の決議より強い内容 北朝鮮の人権状況を非難する決議案は昨年まで9年連続採択されているが、今回はICCへの付託に言及するなど内容的に最も厳しい。12月の本会議での採択を経て正式な総会決議となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000070-mai-kr

http://www.hrw.org/news/2014/11/18/north-korea-un-condemns-crimes-against-humanity

国際「人権圧迫」に非常事態の北朝鮮
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000011-cnippou-kr&pos=1

自ら自画自賛の人権報告書作成
http://thepage.jp/detail/20140926-00000004-wordleaf?pattern=1&utm_expid=72375470-20.CAoXJQDFRbetlH8-COkAhw.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

ニューヨークタイムズの報道 決議回避に北朝鮮が奔走

http://www.nytimes.com/2014/11/18/world/asia/north-korea-acts-to-stop-un-resolution-on-rights.html?_r=0

●国際刑事裁判所
国際刑事裁判所(こくさいけいじさいばんしょ、英: The International Criminal Court、仏: La Cour pénale internationale)は、個人の国際犯罪を裁く常設の国際裁判所である。正式な略称はICC-CPI、通称ICCとそれぞれ表記される。フランス語での略称は、CPI。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%88%91%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80

安保理決議によってICCに付託された場合、2003年前の犯罪は対象にならない。ロシア、中国の拒否権がネック。

http://www.asahi-net.or.jp/~fe6h-ktu/news8702.pdf

●特別法廷設置も有力
特別法廷 国連総会での決議で設置ができる。国連総会は拒否権が認められていないため、中国、あるいはロシアが反対したとしても多数決による議決によって特別法廷の設置ができる。ポポルポト政権の虐殺を裁いた「カンボジア特別法廷」の例がある。
安全保障理事会が ICC への付託に反対でも特別法廷であれば容認するという形もあり得る。それは過去に旧ユーゴ法廷、ルワンダ法廷などの前例がある。

2014年11月8日土曜日

李雪主の名前使うな

http://blog.donga.com/nambukstory/archives/92606
愛情表現と理解すべきでしょうかね。

北朝鮮キム・ジョンウン国防委員会第1委員長兼労働党第1秘書兼人民軍最高司令官の夫人の李雪主と名前が同じ北朝鮮住民が居住地で追放にあうなど各種苦難に会っているという説が提起された。

平壌の一消息筋は7日北朝鮮専門媒体自由北朝鮮放送とインタビューで"李雪主との名前を使ったことために平壌市だけで6人,地方の住民たちも被害をこうむっている"と伝えた。

消息筋によれば金正恩は2012年7月北朝鮮の各級党組織に李雪主とは名前を持った人々に他の名前を使用するようにしろとの指示を与えた。

それでも同姓同名らはとは名前をそのまま使ったしこの過程で一部では李雪主淫乱動画関連うわさが広まった。

これに北朝鮮当局は名前を直さなかった人々を'問題の端緒を提供した者'で,李雪主をばかにした人々を'党の権威を傷つけた者'と規定して,平壌で追放したとのことが消息筋の説明だ。

消息筋は"こういう現象は平壌市にだけ限定されたことでなく全国的に調査範囲が拡大している局面"と説明したと自由北朝鮮放送は伝えた。
【ソウル=ニュシス】

2014年11月2日日曜日

日朝実務者協議備忘録2-2

■特別委の権限は

北朝鮮は一貫して、今回の特別調査委員会はすべての機関に調査する権限、すべての必要な人を呼んでして調査する権限を持っていると言っているし、実際に今回もたびたび、特殊機関についてもしっかり調査をするということを言っている。(外務省)
■特殊機関

 特殊機関に対して、彼らは自分たちは特別な権限あると。必要なものは調べられると言っていた。これ以上詳細は言えない(外務省) 詳細はわからないが、最高権力者といわれたすべての権力者を調査する権限を与えられている。(官房長官の会見)

■調査不十分

02年04年調査について、彼ら自身不十分なところあったことを認めるニュアンスだった。時間的制約、特殊機関から出てきたものも一面的だったと。それらの反省を踏まえてはっきりしたもの出したいという感じだった。だからこそ科学的物証、証人等々の再調査をするという趣旨の説明があった(外務省)

■ゼロベースで見直す

ゼロベースで見直すと理解している(官房長官の会見)

■次回は

現時点では決まっていない。当初の原理原則に基づいて行うべきだ。政府としては、どんな調査、現状。申し入れている。そういう中でいろいろな説明もあって、政府としてさまざまな今回得られた情報を分析して対応していくということ。調査の具体的なこともあった。明らかになったことは速やかに報告するように今回求めたということだ。(官房長官の会見)

■拉致の報告が遅れている理由は。

日本政府からの具体的な説明なし。(管理人が調べた限り)
北朝鮮側からは調査を深める段階で、途中段階で憶測を招くような説明は避けると。現時点で客観的な資料を発見できていないと。
当然、日本側は拉致をした日本人に対しては北朝鮮が管理していると思っている。そうしたことをきちっと主張したと。詳細は控える。
ている。(官房長官の会見)
先方からは種々説明はあったが、これは先方が言っていることで、日本政府としてそれを認めている、了解しているということではない(外務省)

■引き延ばしか?

日本とすれば、対話と圧力、行動対行動の基本原則の下に解決するという考え方。長らく交渉さえできなかった。そういう中で、安倍首相は何としても自らの政権の中で、取り戻すという中で、交渉が始まったということであるので、すぐにこうした結果が出るという簡単なものではないというのは理解いただけるが、一年を目途に。そこはしっかり政府として北朝鮮に対応していきたい。(官房長官の会見)

■遅れている理由

日本政府の立場は、調査を迅速に進めて、速やかに結果を通報するということを求めてきたし、今後ともそういうことを求めていきたい。
彼らの説明は、まだ準備段階にあること。そして、その準備段階を経てこれから深化させていく段階だという説明だった。だがそれは彼らがそう説明しているという。日本政府の立場は調査はできるだけ迅速に進めて、結果を速やかに通報するということだということを先方に強く申し入れている。(外務省)

■日本人遺骨や配偶者の情報は。

遺骨分科会は墓地の調査とともに、新たな埋葬地の発見に努めていると説明。日本人配偶者分科会は資料分析、現地調査により、確認に努めるという説明があった。(官房長官の会見)

■特定失踪者

約800人は今後の対応に支障を来すので答えは控えたい。交渉過程、出てくることは交渉段階なので、この場で発表することはない。政府間交渉では発見されたら随時通報するというのを求めたい。(官房長官の会見)

■遺骨

遺骨について北は「(遺体が)一体いくらということは一切考えていない」と説明。「日本の一部報道はそんなことを言っているが」ということだったわかっている墓地、わかっていないけれども新たな墓地を探して調査して、ただ墓地の場所が北朝鮮の開発計画に引っかかっていて、開発計画が遅延することが起きているという説明もあった。(家族会への政府の説明)

■今後の交渉ルート

日本の立場がいわゆる権力の中枢にある人間に伝わった。そこから先の交渉の仕方はいろいろある。対話と圧力、行動対行動、原理原則として交渉して行くということ。調査目途は一年。ここは政府間で目途と。今回も明快にしている。

■今後の対応


今後の対応は政府全体で検討し決めていくべきことだ。その際には今回の協議で得られたいろんな情報を分析したり、きょうの午後も拉致被害者の家族と会うが、そういった関係者の意見を聞く必要もある。そういったことを踏まえて、政府全体としてどういう風に対応していくか検討していくことになる。(官房長官の会見)
今回のやり取り、これからいろんな角度から分析をして、いろんな方の意見を伺わないといけないし、そういうことを受けて政府全体で検討していくということだと思うが、いずれにしても、日本政府の一貫した立場は実質的な内容を含む調査の結果、これが一刻も早く日本政府にもたらされるように引き続き北朝鮮に働きかけていくということだと思う。(官房長官の会見)

■今後の対応

先方の今後の対応について憶測することは差し控えるが、日本としての対応については、先ほど申したように、総合的に政府として検討していくということで、いまの時点で今後の対応について特に具体的に決まっていることはない。

■制裁

これについては、日本の明確なスタンス、拉致問題の解決に向けて「対話と圧力」というものを常に日本はその姿勢でやっているということを伝えたということだ。当然、その中にはそういった趣旨のことも入っているということだ。(官房長官の会見)

■今後の対応

これから、今後が大事だ。10時間半、さまざまな質問をし、答えがあり、これから検証していかなければならない。そして、分析をして、すべての被害者のご帰国という結果を出すために、総合的にどういう風に判断をして行動していくかということが大事だと思っている。安倍内閣のうちに完全解決するんだという強い総理の決意だ。「行動対行動」そして「対話と圧力」のもとに完全解決を目指して前に進んでいきたいと思う。(官房長官の会見)

今後の先方からの説明。さらに通報が今回のような全体をまとめた形でなされるのか随時報告されるのか現時点では決まっていない。迅速な調査を行って結果を速やかに通報するよう求めた。北朝鮮側は拉致問題については8人死亡4人未入国だったが、信頼性を確保するために客観的な科学的な調査をすると。参考にするがこだわらずに調査を深めていく。従来のことにこだわることなくゼロベースで調査を進めていくと理解している。(官房長官の会見)

■今後の通報

具体的なやり方はまだ調整されていない。(官房長官の会見)

■拉致の疑い

拉致の疑いがある行方不明者について「特別調査委員会が拉致の可能性があると判断した場合、拉致分科会に送り、さらに調査」と北朝鮮側が説明(外務省)

■日本政府の方針

調査に透明性、迅速性を求めるとともに、日本として徹底的な検証を行うと。あくまで日本としては彼らが調査し、出てきたものを日本が検証するという姿勢は崩していないと。迅速性というのは、一刻も早く通報をしてほしいと言ったということだった。それに対して北朝鮮の回答を聞いたら、「客観的、科学的調査をする。だから物証や証人を探すことに一定の時間がかかると。北が『結果が大切だ』と言った」と。そこで(日本側が)「あなたたちの言うこともわかるが迅速性も大事だ」と言ったら「日本側が迅速性が大切だということはよくわかった」と。しかし、時期については明示しなかったということだった。(家族会への説明)

■スケジュール

北朝鮮は「今は準備段階だ」「準備段階を終えてこれから調査を深化させる」「そうなったら通報できる」。「その後、まとめの段階になる」と。最後にまとめの段階になるが、それがいつになるとは言わなかった。(家族会への説明)

■回答期限

常識的にはそう(年内)でしょう。(官房長官の会見) あくまで自分の目安とのニュアンスだった。

■回答期限

具体的な調査結果をできるだけ早く通報するようにと。それからストックホルム合意にあるように、随時通報するようにということは言ったが、具体的な通報時期について明確な合意、共通認識はない。(外務省)

■実質的報告はいつ

北朝鮮が実質的な調査報告を出さないのにあってもしょうがない。まずは出すのを待つ(外務省)

■長引いたら

あまりに長引いたらどうなるか聞きに行くことは否定していなかった。(家族会への説明)

■日本側からは何を言ったか

それから、拉致について進展がなければ絶対ダメだと。他のもので進展があってもまったく進展とはみなさないということはしっかり強く伝えた。(外務省)

■与党の反応は

国民の怒りを伝えたのかとか、特定失踪者の情報を伝えたのか、あるいは、北の報道はどうだったのかとか等々について質問があり、それについては答えて。北の報道もあったそうだ、北の国内での報道もあったそうだ。国民の怒りはくどいほど伝えたと。特定失踪者情報については、これはもうHPで公開しているから。皆さん、拉致は指摘して分かっているはずだという意見もあった。(自民党外交部会のブリーフ)

■家族の反応

まずご苦労様。もう言ってもしょうがないみたいな感じだった。目の前に何も出てこないわけだから。出てこなくて、いつ出てくるかの見通しもない。ただ政府が拉致が最重要ということを北に伝えたと言っていたので、伝えないよりは伝えた方が良かったのではないかという点では、行ってけしからんとか声を荒げることはなくて、お疲れ様でした、ご苦労様でしたということだった。(家族会の反応)

平壌での実務者協議 備忘録2-1


今回の協議について、新聞報道と政府の発表をベースに発言をまとめてみた。 文中官房長官会見とあるのは、平日の午前と午後に行われている会見、外務省とあるのは、さまざまな場で行われた外務省からの説明を意味している。

■今回の目的

調査の現状がどうなっているかということをできるだけ詳細に確認するために行った。そういう中で、北朝鮮は調査の現状がこうなっているという説明はあった。彼らは客観的、科学的な調査をすると言っていて、それは、物証とか、具体的な証人や物証による裏付け、これを重視しているということなので、そういった作業のための準備をしてきたし、それをさらに深化させていくという説明はあった。(外務省)

■どこでどのくらい協議したのか

北朝鮮の調査結果についての聞き取りが目的だった。政府担当者が28、29の2日間に徐大河ら10時間半面談し協議した。全体会議はすべて徐大河が出てきた。徐大河がすべて説明をした。分科会は担当の人が来た(外務省)

■相手の階級は

徐大河が少将。金明哲も少将。姜ソンナムと朴永植は大佐。国家保衛部の部長は大将、4つ星です。すると副部長は3つ星、上将が担当するべき。局長は中将、2つ星。少将は局長以下。

■成果があったと言えるか

委員長ら調査委の責任者と直接会って、拉致問題が最重要課題でると。こうしたことをはじめ日本政府の立場を明確に伝えた。調査現状を把握できたのは意味があった。日本の強い決意を。今後の迅速な調査、一刻も早い結果の通報につながる。(官房長官の会見)

■最高指導部に伝わった

私どもからは数回にわたって日本政府の基本的な立場を伝えて、徐大河自身が国家安全委員会のメンバーでもあり、国家安全保衛部の副部長でもあるわけだから、徐大河氏を通じて、北朝鮮の最高指導部に対して、しっかりと日本の立場は伝わったと考えている。(官房長官の会見)

■どんな説明があったのか

私どもからは、できるだけ個別具体的に調査の現状がどのようになっているのか、ということを北朝鮮側に問い質してきたが、北朝鮮側は基本的には調査はまだ初期の段階、準備段階にあって、いまの時点で不必要な憶測とか、誤解を避けるためには、調査の内容については詳細を答えることはできないという対応だった。(官房長官の会見)

■協議の中身

協議の中の具体的な詳細については差し控える。(外務省)

■特別調査委員会の各作業部屋は見たか

ちらっとみたが、中に入り込んでつぶさに見たわけではない。(外務省)

■制裁論議

していない。北朝鮮側からもない(外務省)

■何をどう調査しているのか

02年の調査にとらわれない、客観的科学的、物証、証人等々をしっかり検証したい。かつて、(朝鮮労働)党の機関も対象となったので、そういった特殊機関も調査対象になると。それから、政府認定(拉致被害者)については、個別調査して新たな物証も追跡をすると。どんな調査かについては具体的には言及はなかった。特定失踪者について、まず行方不明者分科会で拉致ということが判明した時点で拉致の委員会に移行する。(外務省)

■北朝鮮の反応

北朝鮮からは「よく分かった」というような反応があったということだ。(山谷拉致担当相)

拉致問題が最重要だということは、最初の全体会合でも、最後の総括の会合でも、拉致や行方不明者の分科会でも、繰り返し強調している。したがって、先方もそのことをよく承知したと、あらためてよく承知したと思う。(官房長官の会見)

■新たな資料提示

883人の行方不明者など北朝鮮側から資料提供をしたとか、それについては今後、支障を来すので答えることは控えたい。(官房長官の会見)

■調査の進め方

今のところ、拉致被害者12人について客観的に明白と言える資料は発見できていない。入境の有無から始める、事前の準備として招待所の場所に行ってみる。(拉致被害者家族会への政府の説明)

2014年10月21日火曜日

北,ロシアに労働者派遣急増

最近北朝鮮はロシアと密接なようだ。

 

中国-金ジュンノxallsl@rfa.org

http://www.rfa.org/korean/in_focus/food_international_org/russialabor-04182014094621.html
2014-04-18

アンカー:今まで北朝鮮の外貨稼ぎ海外労働者派遣は主に中国に集中しました。
ところで最近になってロシアで派遣される外貨稼ぎ労働者らが急増しているという便りです。

中国で金ジュンノ特派員が報道します。
北朝鮮当局が最近ロシアに派遣する労働者をいつも募集していて外貨稼ぎ労働者派遣対象国を多様化していると見られます。

最近中国を訪問した咸鏡北道のある住民は“この頃中国に派遣する労働者よりロシアに派遣する労働者をさらに多く募集している”と自由アジア放送(RFA)に伝えました。

彼はまた“過去ロシアに派遣する労働者らは主に伐木労務者だったが,最近では従事業種も非常に多様化した”と付け加えました。
伐木労務者の他に建築労働者,女性縫製工業,沿海州地方の農作業などで過去に比べて,業種が非常に多様化したということです。
彼らのロシア派遣期間は普通3年なのに労賃が中国に行って仕事をすることよりさらに多いという話が広がり,ロシアに派遣されたい人々が増加している”と消息筋は明らかにしました。

だが北朝鮮当局がロシア派遣労働者を選抜する時,非常に厳格な審査を経ると分かってロシア派遣労働者で選抜されるのが非常に容易ではないと見られます。

結婚していない人や、結婚をしていても子供がない人はロシア派遣労働者となれない。
韓国をはじめとして,中国や日本などの地に親戚があったり,家族はもちろん近い親戚中に北脱出者と失踪者がいる人々も除外されると分かりました。

これと関連して平安北道のある住民は“ロシア派遣縫製工業に支援したある女性が面接でロシアに行こうとする理由に対して質問を受けて何の考えなしで外国に一度出てみたくて支援したと答えたせいで落ちてしまった”としながら“これは党と国家に対する忠誠心が不足したと見られたため”と主張しました。

それと共に彼は“また他の女性は1ヶ月に50ドルの労賃を受けることができるという話を聞いて当局者に1年分労賃に該当する500ドルを溜めてロシア派遣縫製工業で選ばれた”としながら“海外派遣労働者選抜過程で幹部らの不正がとても深刻だ”と強調しました。

ロシア派遣労働者ら中で最も高い賃金を受ける職種は建築技術者だと伝えられています。

私どもの自由アジア放送消息筋によれば、ロシアに派遣される北朝鮮の建築技術者らは月700~800ドル水準で契約を結んでいるけれどその中で、技術者個人に支給される持分は100ドル程度に留まることで把握されています。

2014年10月17日金曜日

金正恩、ぜいたく品購入に6億ドル…北朝鮮住民4年分の食糧費

とりあえずメモ 詳しく調べてここにアップしてみたい。
2014年03月11日14時08分
[ⓒ 中央日報日本語版]

  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が2012年に豪華・ぜいたく品目を購入するのに6億4580万ドルを使ったという主張が出てきた。
  米タフツ大学外交専門大学院フレッチャースクールのイ・ソンユン教授と米国連邦下院外交委員会諮問官を務めたジョシュア・スタントン弁護士は、インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ(INYT)への寄稿で、先月発表された国連北朝鮮人権調査委員会(COI)の報告書を引用し、このように主張した。
  報告書はぜいたく品購入費は北朝鮮が核・ミサイル開発のために使った13億ドルのおよそ半分で、世界食糧計画(WFP)が2013年、北朝鮮の人権を改善し、食糧問題を解決するために必要だと推算した財源1億5000万ドルの4倍以上だと指摘した。

金第1書記の手術部位は「左ひざの軟骨とくるぶし」、政府筋が明かす

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014101738188

もう訳が出ていたので、転載します。

OCTOBER 17, 2014 03:25   
음성듣기
40日間、行方をくらました末、14日、北朝鮮のメディアに再び登場した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党第1書記が、左ひざの軟骨やくるぶしの2ヵ所の手術を受けたと、16日政府消息筋が伝えた。

金第1書記は潜行期間中、手術を受けたあと、回復の過程に差し掛かったが、全快ではない状態で、杖を突いて再び現れたという。

政府は、金正恩が急激に体重が増えた肥満の状態で、体を動かし、怪我をした可能性があると見ている。自分の好きなバスケットボールなどのスポーツをしたり、軍事訓練で手本を示そうとして怪我をした可能性もある。頻繁な現地指導などの公開活動を行ったため、体に無理をきたしたはずだという見方もある。

後略

2014年10月14日火曜日

総連を指導してきた姜周一氏が死去か

 複数の友人が、管理人に連絡してきた。

 対連絡部隊時代から総連を指導している姜周一氏が、先月なくなったという。

 これまで総連の指導機関は内閣225号室だった。姜氏は室長を務めていた。

 225号室は、朝鮮労働党統一戦線部に編入され、特別扱いされなくなった。


 朝日新聞によると、


 225号室長の姜周一氏と統一戦線部長の金養建氏は、同部長職を争った「犬猿の仲」と言われる。金氏や金氏と関係が深い張成沢国防副委員長は、225号室が主導したとされる5月の飯島勲内閣官房参与の訪朝時に姿を見せなかった。

という。

 数年前から、末期がんにかかっていたという見方もでていた。

2014年10月13日月曜日

北朝鮮急変事態はすでに始まった

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=219125


最も過激な予測はこれ。

1.
張成沢粛清は三代世襲を支えてきた安全弁消滅を意味する。

TV朝鮮の報道によれば,北朝鮮内閣副総理ノ・トチョル・リ・ムヨンが中国から脱出したと知らされた。
北朝鮮副総理は9人でノ・トチョルは副総理兼党政治局候補委員だ。
リ・ムヨンは副総理兼化学工業相だ。
彼らは過去黄長燁亡命と同じように,相当な高級情報を持っているだろう。

核兵器・生化学武器など大量殺傷武器情報や韓国内スパイ名簿のいわゆるブラックノートを認知している可能性もある。

2.
北朝鮮高位層亡命ドミノにつながる可能性もある。
殺伐な粛清の結果だ。


金正恩は去る2年間党・政・軍最高幹部218人中44%を追い出した。
これは開始だ。

3万人に達するといういわゆる張成沢ライン(line)も死んだり収容所に送られたり追放されるだろう。
北朝鮮は言葉どうりグツグツ沸くヤカンだ。
内部的緊張と葛藤は限界に駆け上がるだろう。

3.
米国内北朝鮮専門家ラルプ コサ(Ralph Cossa)戦略国際問題研究所(CSIS) pacific forum代表は最近リバティーヘラルド インタビューで“結局北朝鮮政権は没落する”と断言した。


ランド研究所(The Rand Corporation) ルーズ ペネット(Bruce Bennett)博士やはりリバティーヘラルド インタビューで“北朝鮮は金正恩暗殺などで崩壊の可能性が高い”と話した。


ランド研究所は昨年340pに達する北朝鮮関連報告書を通して‘2012年金正恩暗殺試みがあった’と明らかにした。http://www.rand.org/content/dam/rand/pubs/testimonies/CT400/CT404/RAND_CT404.pdf

同じ報告書でウォルターシャープ駐韓米軍前司令官は“北朝鮮政権崩壊は時間の問題”と指摘した。

4.
ロシアの‘世界経済・国際関係研究所(IMEMO)’は“2020年代になれば北朝鮮はなくなる運命あり,韓国主導韓半島統一がロシア国益に符合する”という結論を下した報告書を発刊した。


すでに2011年9月発刊された資料の‘2030年戦略的世界展望’は‘2012年以後北朝鮮内部権力委譲が北朝鮮自らの崩壊を促進すること’という要旨でこのように分析した。

①金正日(キム・ジョンイル)退陣以後海外に政治・経済的手づるがある‘官僚集団’と、そうでない‘軍・保安部署人々’間に主導権争いが起きる。


②北朝鮮内旧体制支持者100万余人は中国やロシアに脱出する。


③2020年代になれば北朝鮮が韓国の統制に入れるように国際社会監視下に北朝鮮臨時政府が立てられる。

④以後北朝鮮軍の武装解除と経済現代化作業が本格化するだろう。

5.
共通した指摘はこうだ.
1920万人が食糧不足,760万人が栄養失調の北朝鮮で(UN食糧計画2013年‘世界食糧不安状況報告書’)起きる権力葛藤は急変事態につながるだろうという分析だ。

6.
金正恩は過去の恋人や、津まである李雪柱が所属した銀河水管弦楽団メンバーらを火炎放射器と機関銃乱射で処刑した。


金正恩官邸・別荘30余ケ所には装甲車100余台が警護を立っている。


去年中国公安が使うヘルメット,防弾チョッキ,催涙弾のようなデモ鎮圧装備らも大挙輸入した。

恐怖政治と警護強化で権力維持に汲々とした姿だ。

7.

金正恩は粘れるところまで粘る,韓国に矢を飛ばすようになる。
大きくなる内部の緊張・葛藤をそのまま放っておくことはできないから外部に回す。


第4次核実験を断行して核兵器・ミサイルを動員した恐喝・脅迫も強まるだろう。
これは事実だだ。

最近NLL近隣攻撃用ヘリコプターが60余台や追加配置された。

西海岸のような地域で潜水艇・半潜水艇を動員した対南侵入訓練も例年の2~3倍に増やした。

砲兵部隊陣も要塞化作業を終わらせた。

‘第2の天安号爆沈’を狙っているという諜報も軍関係者伝言を通して出た。

金正恩と強硬派は中で大々的粛清を繰り広げながら,外には挑発を準備してきたわけだ。

去年9月‘戦時事業細則’すなわち戦争を備えたマニュアルも変えた。

8年ぶりだ


“南朝鮮愛国力量が支援を要請したり国内外的統一に有利な局面が作られる時”戦争をするという内容も入れた。
要するに従北勢力が要請したり韓国内部混乱が大きくなれば挑発を繰り広げるだろうという伏線だ。
事業細則やはり休戦ライン北側の被風の中で改正されたのだ。

8.
以上のマニュアルとおりならば,北朝鮮は権力葛藤が大きくなるほど韓国を相手にした挑発の頻度・程度・強度を高める一方5万余スパイらに工作をさせるだろう。


北朝鮮の挑発と工作に対応する機関の国家情報院と軍の無力化,保守政権退陣運動も強まる。
90年代中後半300万大量餓死と黄長燁亡命も急変事態であった。
単に韓国が統一の好機で活用しなかっただけだ。


2013年12月,北朝鮮急変事態が再び始まった。
スパイ・従北勢力は滅びる北朝鮮政権を守るためにじたばたするだろう。


波状的な反逆の攻勢の前で国家情報院を強化して,スパイ・従北をどれくらいさらに検挙して出すか,軍精神戦力をどれくらいさらに強化させるか,あき缶進歩らをどれくらい抑止やり遂げるかにより7千万民族共同体全体の運命が分かれるだろう。

2014年10月11日土曜日

キム・ジョンウン,腎不全症:治療に当たったドイツ医師証言

まあ、いろいろ出てきます。かなり信頼できる情報だという評価を受けているようです。


2014-10-11 6:41 pm
[単独]治療ドイツ意志(医師)“キム・ジョンウン,腎不全症病んで”チャンネルAニュース
http://news.ichannela.com/3/all/20141011/67088747/1
今日で38日目潜伏中であるキム・ジョンウンは当初痛風や股関節以上などで足が不便だと知らされましたが。
ところでチャンネルA取材結果脚以上以外にも腎不全症を抱えていると確認されました。
金チョルジュン記者の単独報道です。
[リポート]


40日近く潜伏中であるキム・ジョンウンが腎臓機能が落ちる腎不全症を抱えていると確認されました。

情報当局関係者は“キム・ジョンウンが脚痛み以外にも腎不全症症状を見せることで確認した”と話しました。


このような内容は最近極秘裏北朝鮮を訪問して,キム・ジョンウンを診察して戻ったドイツ医師を通して,追加で明らかになった。


キム・ジョンウンが潜伏直前足を引きずったので足首手術または痛風などが主に原因で提起されました。
脚以上でない長期疾患の具体的な病名が確認されたことは今回が初めてです。

腎不全症は体内老廃物をろ過する腎臓の機能が落ちる病気です。

冠状動脈疾患と痛風などにつながったりもしながら激しい場合血液透析を受けなければなりません。

キム・ジョンウンの場合家族歴とも関連があるという分析です。


お父さん金正日が2009年慢性腎不全症が悪化して,一週間に2~3回透析を受け始めたし,以後各種合併症に苦しめられたと知らされました。

ム・ジョンウンが完治が難しくて長期間治療を要する疾患を抱えていると確認されながら,彼の健康に対する憂慮が大きくなる展望です。
チャンネルAニュース金チョルジュンです。

2014年10月9日木曜日

北,労働収容所の存在初めての容認…EUに人権対話も提案(0)

国連での人権論議が北朝鮮にかなりダメージを与えているという見方があるが、私も同感だ。

北朝鮮は7日労働収容所を運営していることを初めて認めた。

北朝鮮外務省国連担当副局長はこの日国連本部で記者らに北朝鮮には強制労働収容所のような監獄は絶対無いとしながら,

単に"労働を通した教化収容所はあると言及した。

彼は"実質的に労働収容所を通して,教化を成し遂げる。
それは収容所ではない。

人々が自身の思考を改善して自身の誤りを振り返ってみる再教育の場だ"と話した。


一方この日同席したリ・ドンイル北朝鮮国連チァソク代表は北朝鮮労働党事務総長がヨーロッパ連合(EU)を訪問して,来年中人権問題と関連した対話を持とうという意思を表明したと発表した。


ブリュッセルのあるEU管理もこれを確認したが現在EUは北朝鮮とのすべての対話を人権問題に限定していると話した。

【国連本部=AP/ニュシス】

2014年10月7日火曜日

北朝鮮で何が起きているのか 韓国ニュースサイト ニュースバロ


北最高位層の仁川アジア競技大会訪問…突然の変化ではない
邓聿文解説委員 http://www.newsbaro.com/news/articleView.html?idxno=1021

この解説は中国共産党の学習紙で、北朝鮮放棄論を唱えた人 直訳なので読みにくいですが原文を生かしています。

14.10.06 16:03:48
もし全体主義国家で首領が大衆の前に約1月以上現れないならばどんな想像ができるだろうか?多くの人々が彼が病気にかかったりクーデタあるいは異常兆候があることと考えるだろう。

最近北朝鮮金正恩と関連して、中国のインターネット サイトでは色々な憶測を作り出している。

先週土曜日(10月4日)北朝鮮でクーデタが発生して、金正恩が自宅軟禁状態といううわさがCNNを通して報道された。

北朝鮮政変関連の便りは金正恩が痛風を抱えているという報道以来持続してきたし、チョ・ミョンロクがクーデタを起こしたといううわさが先にあったし、朝鮮国防委員会副委員長であり、人民軍総政治局長の黄炳瑞がクーデタを企てたといううわさをこのサイトが広めた。

この政変うわさに中心にある人は黄炳瑞であり、去る土曜日彼と前北朝鮮権力序列2人者の崔竜海、そして金養健が突然仁川アジア競技大会閉幕式に参加した。

しかし土曜日午後このクーデタうわさがニュースに出て行ったが、夕方にはCNNが彼ら3人の動静を比重あるように扱った。
中国は今回北朝鮮でクーデタが発生するという西方側のニュースを大部分関心があるように見守っている。

中国の世論らは反復的に北朝鮮での政変の便りを伝播しており、これは探求するだけのことはある。

問題の根源は当然独裁体制国家の不確実性で起因するのだ。

独裁政権という主に独裁者個人の運命に左右されることで、もし独裁者が身体的に痛かったり他の事故が発生したら独裁政権を維持していくのがかなり難しくなる。
北朝鮮は極端的に閉鎖的な国家であり、世界は単に幼い独裁者金正恩の活動を通すだけで北朝鮮の制限された諜報だけを獲得することができる。

人民らは突然この幼い無愛想な人が大衆の前に現れないで、実際に北朝鮮最高人民会議にも参加しないのを確認するようになりながら、彼を助けて、彼の叔父張成沢を除去した2人者崔竜海を国防委員会副委員長から職務解任させて、体育活動責任者で補足任命したこと、そして黄炳瑞を北朝鮮の権力序列2人者で崔竜海と切る変更をするようにしたこと等を知るようになった。

韓国の消息筋によれば金正恩が病気治療中であり、これは北朝鮮放送でも言及があったし実際に金正恩の病気治療証拠をTV放映を通して、確認中だった。

そして北朝鮮TV放送で彼がびっこをひく姿を放映して、これを後押ししたりもした。
金正恩は実際に痛風で苦労しており、彼がスイスで勉強をする時甘いチーズをとてもたくさん服用する関係によって発病したと分析されている。

独裁者としての金正恩の指向は把握するのが相当な困難があって、たとえ彼がスイスで教育を受けたので、彼のお父さんよりは西欧的観念、ビジョン、思考の受け入れがさらに強力なことが一つ、彼の統治3年を通してみる時、各種政治的な事件らは世界が大きく驚くほどの事件らで、とりわけ彼が露骨に全世界の反対を押し切って実施した3次核実験は全世界を驚かせた事件だった。

北朝鮮でのクーデタの発生は全く驚くことでない。

一方では人民らが独裁滞在の維持に不満を抱いており、他の一方ではこの独裁体制のもとでは議論の道が完全に遮断されている関係でいかなる変化も可能になることだ。

政権がどうしなければならないという要求をしたり、あるいは崩壊になることを希望しながら、自身の観点に埋没している人が分析した内容であるほどその結論がとても滑稽になれる。

このような考え方はあまりにも軽くて分析をひとりの名声を損傷させられながら、彼らの経歴の蓄積に損害をおよぼすこともできる。

性急な分析を通しては事実を客観化するのが大変でしたがって誤った結論に率いて行けるのだ。

CNNを引用して発表された最初中国インターネットサイトの北朝鮮クーデタ関連の便りは私が見るには実現の可能性が低い。

それでも北朝鮮でクーデタが発生しなかったということは全く確認できなかった。

もう少し明確な検証のために、筆者は二つで分かれた朝鮮半島の統一追求に専念していて、非常に膨大な資料を保有した韓国人の友人に確認をお願いした。

もし彼が知りえた関連諜報があるならば彼が私に直ちに答弁をすることでもCNNがたった今報道した内容を知らずにいた。

私はこれを偽造されたうわさだと見るか、今でもこれと関連して、同サイトは北朝鮮政変と関連して、うわさを量産して、伝播している。

そして北朝鮮はUN舞台で北朝鮮人権状況と関連して、会議を開催して、人権問題と関連した現地調査のために関係者を招請したし、その時黄炳瑞などが政変をおこしたかを確認できるだろう。

かつて韓国の関連学者らは'金正恩が肉体的に痛いとはいえ北朝鮮を偏見なしで正常運営しており、外部世界では過度な解釈を出している'と見る。
このような解釈の根拠はとても単純だ。

もし黄炳瑞と崔竜海が連帯して、金正恩に反旗を翻したとすれば、政治的なこのように危険な時にどのように彼ら二人とも韓国を同時に訪問できたのだろうか。反対に常識的に黄炳瑞と崔竜海が競争関係にありながら、どのようにチームを組んで、クーデタを決行することができるようだったのか?

黄炳瑞は最近開催された北朝鮮最高人民会議で第2人者と知らされた崔竜海を押し出していた。

彼らの関係は狭い路地で出会った関係だ。

もし崔竜海が自身の位置で安全を保障しながら、クーデタを企てられるならば(実際に安全でもないが)黄炳瑞は彼ら自身の主君(金正恩)に対抗する危機管理ができただろうか?

また彼ら2人はすでに北朝鮮政権で既得権を享受しているのに、絶体絶命に自らを抜かす危険を自ら招来するほど歴史的教訓を度外視しないものと見られる。
一歩進んで、一般的に独裁政権は内部的には徹底した内規があって、これらが政権の生存を保護して特別に独裁者の安全を保障するようになる。

金正恩登場以後に出てきた色々なものの実例は、事実上このような内規を抜け出した人はいない。

彼の痛い場面が放映された北朝鮮のTV画面で彼は彼の身体的調子が北朝鮮の政局に全く影響を与えないというように行動したし、指導者の健康状態が人民らに見られることに対しても考慮しないようだ。

どんな分析家らは北朝鮮の広報形態が金正恩の“激務による病気”をドキュメンタリーで放映をしながら、北朝鮮人民らをして彼のイメージをより一層格上げさせる方法で活用、北朝鮮の体制が強固さを誇示して自信に充ちた姿を見せるためだと分析したりもした。

それで、黄炳瑞などの突然の仁川アジア競技大会閉幕式出席は北朝鮮の外交的孤立状況を脱皮するためにその間のことは外交的態度をより一層洗練されるように修正した決断だと見ることができる。

事実上このような態度は突然な外交的変化ではなくて、昨年下半期から試みてきたし、明確ではなかったが、今年度下半期からより一層明確だった。

今年9月初め政治局委員であり、国際事務局書記の姜錫柱外相が代表団を率いてヨーロッパ4ケ国を歴訪したし、最初でドイツを訪問して、南北関係の改善のための信号を送ったし、15年目米国を訪問しなかった北朝鮮外相が色々なものを考慮してUN総会出席を名分で米国を訪問したりもした。

もう筆者が下ろした結論は金正恩がたとえ痛いとはいえ、深刻に体が痛いこともあるが(最近のニュースで北朝鮮は彼の病気治療を否認したが)、病気治療中に生命に対する威嚇はないようだ。

金正恩は外交的変化のカーテン後から各種デマを量産しており、北朝鮮の国際社会での孤立を脱皮するために努力していて、国際的な制裁以後北朝鮮が当てられている深刻な内部的経済状況を脱皮するためにもがきながら、国際社会で突発的な政策---今回の突発的な政策は金正恩の主導の下に出てきたもの---でもう一度国際社会を驚かせることを排除できない中で第2人者黄炳瑞の留守中にも金正恩が北朝鮮を確かに統制しているということを誇示している。

2014年10月4日土曜日

アングル:「体調不良」の金正恩氏、特別医療施設で治療の憶測も

 

ロイター

2日前

[ソウル 2日 ロイター] - 北朝鮮の国営メディアが先月初めて、金正恩第1書記が健康上の問題に悩まされていると認めたことで、どんな問題に見舞われているのかをめぐってさまざまな憶測が広がっている。金正恩氏は9月3日、夫人とともにコンサートを観覧したと伝えられたのを最後に国営メディアに登場しなくなった。

7月に政府高官らと出席したイベントの記録映画では、足を引きずって歩く姿が見られた。

北朝鮮指導部分析の専門家であるマイケル・マッデン氏は「もしも金正恩氏が医療上の必要から公的な場への出席をやめるよう進言されているとすれば、恐らくは烽火診療所(Ponghwa Clinic)のスタッフの治療を受けているのだろう」と語った。

アングル:「体調不良」の金正恩氏、特別医療施設で治療の憶測も: 10月2日、北朝鮮の国営メディアが先月初めて、金正恩第1書記(写真中央)が健康上の問題に悩まされていると認めたことで、どんな問題に見舞われているのかをめぐってさまざまな憶測が広がっている。KCNAが5月提供(2014年 ロイター)© ロイター 10月2日、北朝鮮の国営メディアが先月初めて、金正恩第1書記(写真中央)が健康上の問題に悩まされていると認めたことで、どんな問題に見舞われているのかをめぐってさまざまな憶測が広がっている。KCNAが5月提供(2014年 ロイター)

烽火診療所は首都平壌中心部にあり、指導部とその家族向けにほぼ限定された高度医療施設。周囲を軍の部隊が固めており、化学兵器開発の拠点にもなっているのとの疑いもある。

一方でジョンズ・ホプキンス大学SAIS(スクール・オブ・アドバンスト・インターナショナル・スタディーズ)の研究者であるカーティス・メルビン氏は、金正恩氏が私邸で療養している可能性があるとの見方を示した。

メルビン氏は「北朝鮮メディアが公表した画像をみると、金正恩氏は平壌近郊の江東郡や南部の都市・元山にある個人別荘で多くの時間を費やしている。どちらの施設も適切な医療施設を備え、同氏を支えられる態勢だろう」と述べた。

<体重増加>

マッデン氏によると、金正恩氏は2011年に死去した父の金正日と同じく、侍医団を引き連れて国内の定期的な視察を行っている。

この視察旅行は国営メディアが丹念に伝えてきたが、ここ1カ月は金正恩氏の動静に関する報道は鳴りを潜めている。

金正恩氏が公的な場から姿を消したのは初めてではない。全権を掌握してから半年が過ぎた2012年6月には、国営メディアで23日間写真が流れず、翌月になって再登場した。

昨年に叔父の張成沢元国防副委員長を粛清して以降で最も新しい写真では、金正恩氏は体重が増加したように見受けられる。

複数の専門家は、この体重増や家族環境が健康状態に影響を及ぼし、最近の映像で見られたおぼつかない足取りに関係しているとみている。

1993年と2008年に北朝鮮に赴いて金正日を診察し、08年には金正恩氏と会ったことがあるフランスの神経外科医、フランソワ・ザビエル・ルー氏は「身体的な観点からいうと、当時の金正恩氏は現在のような姿ではなかった。彼は若く、やせた人物だった」と話した。

(James Pearson記者)

2014年10月2日木曜日

事前の合意なかった。第一次報告めぐり宋日昊大使反論 朝鮮新報

かなり宋氏も言葉を控えている。メディアが批判したわけではない。安倍首相が批判したのだが、そこは指摘しないで気を使っているようだ。

 

宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使,《通知時期の事前設定なかった》

朝日会談(9月29日中国沈陽)に参加した朝鮮代表団が1日帰国した。

宋日昊大使が平壌飛行場で《朝鮮新報》記者の取材に応じて,特別調査委員会の《第一次報告》の時期と関連して,朝日両国が合意したことはなかったと明らかにした。

 

大使は《初めから時期を設定したのではない。日本国内の<情緒的感情〉を考慮して,9月中旬頃に一次的に調査の形式について知らせれば良いという意見が日本側で提起された。

私たちも調査を誠実に,はやくしようと思う立場を伝えて,コミュニケーションをしたのに、これが誤って伝わって世論化された。》と話した。

9月に報告が形成されないことをおいて《北朝鮮が不誠実だ。》と喚き出したキャンペーンは根拠がない誹謗中傷だ。

 

大使は記者に《特別調査委員会が組織された以後現在まで調査活動を誠実に,進行している。》と強調したという。

朝鮮側は今回の会談で特別調査委員会の活動形態に対し、日本当局者が平壌にきて,直接担当者に会って説明を聞くことを提案した。

 

その時期に対し大使は《外交ルートを通じて(日本側から)連絡がくればいつでも受け入れる。》と話した。

一方《ストックホルム合意履行を有り難がらない日本国内一部勢力が事実と合わない情報を言いふらして人為的な難関を作った。》という指摘もあった。

 

大使は《私たちが調査と関連した初めての通知を遅延させているとか,国家的に資料をすでにみな握っていながら,それを少しずつ出して制裁解除を引き出そうとしているという声が聞こえた》と不快感を表わした。

 

最近日本言論の解説報道は完全にでたらめという批判だ。

송일호대사, 《통보시기의 사전설정 없었다》
 조일회담(9월29일 중국 심양)에 참가한 조선대표단이 1일 귀국하였다. 송일호대사가 평양비행장에서 《조선신보》기자의 취재에 응하여 특별조사위원회의 《제1차 보고》의 시기와 관련하여 조일이 합의한것은 없었다고 밝혔다.
대사는 《처음부터 시기를 설정한것은 아니다. 일본국내의 〈정서적감정〉을 고려하여 9월 중순경에 1차적으로 조사정형에 대해서 알려주면 좋겠다는 의견이 일본측에서 제기되였다. 우리도 조사를 성실히, 빨리 하고자 하는 립장을 전하여 의사소통을 하였는데 이것이 와전되고 여론화되였다.》라고 말하였다.
9월에 보고가 이루어지지 않는것을 두고 《북조선이 불성실하다.》고 떠들어댄 깜빠니아는 근거없는 비방중상이였다.
대사는 기자에게 《특별조사위원회가 조직된 이후 현재까지 조사활동을 성실히 진행하고있다.》고 강조하였다고 한다.
조선측은 이번 회담에서 특별조사위원회의 활동정형에 대하여 일본당국자가 평양에 와서 직접 담당자를 만나 설명을 들을것을 제안하였는다. 그 시기에 대하여 대사는 《외교통로를 통하여 (일본측에서) 련락이 오면 아무때나 받아들이겠다.》고 말하였다.
한편 《스톡홀름합의리행을 달가와 하지 않는 일본국내 일부 세력이 사실과 맞지 않는 정보를 내돌리고 인위적인 난관을 조성하였다.》는 지적도 있었다. 대사는 《우리가 조사와 관련한 첫 통보를 지연시키고 있다든가, 국가적으로 자료를 이미 다 쥐고있으면서 그것을 조금씩 내놓고 제재해제를 이끌어내려고 하고있다는 소리가 나왔다.》며 불쾌감을 표시하였다고 한다.
최근 일본언론의 해설보도는 완전히 엉터리라는 비판이다.

2014年9月30日火曜日

金正恩氏、両足首にひびで今月中旬に手術 朝鮮日報

朝鮮日報から

平壌市内の病院に入院中との情報

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記が、両足首の骨にひびが入り、9月中旬に北朝鮮の特権階層向け病院「ポンファ診療所」で手術を受けて現在も入院中であることが29日までに分かった。

 最近北朝鮮を訪れた有力な北朝鮮消息筋は同日「金正恩氏は今年6月に現地指導に出向いた際、右足首にけがを負い、これを放置していたら両足首の骨にひびが入ったと聞いている。9月中旬にポンファ診療所で手術を受け、現在は特別室病棟でリハビリ治療を受けているようだ」と伝えた。

 この消息筋によると、金正恩氏が入院しているとされるポンファ診療所の特別室病棟周辺には護衛司令部の軍人たちが集中的に配置され、出入りする車両や人を厳重に規制しているという。また、特別室病棟を訪れる最高幹部クラスが目に見えて増えたとのことだ。韓国の情報当局の関係者は「最近、金正恩氏専用の『1号車両』が平壌地域から出ていないことが確認された。金正恩氏は平壌にとどまっている可能性が高い」と話した。

 この関係者は「金正恩氏は肥満のせいで過体重になっているにもかかわらず、背が高く見えるシークレットシューズを履いて軍部隊や産業の現場の視察を続けた結果、足首に無理な負荷がかかったようだ。正恩氏の体重は正確には分からないが、170センチの身長に対してあまりに重すぎる状態」と話した。金正恩氏は父から権力を継承して以降、体重が急増したという。

 金正恩氏が先天的な肥満と度重なる飲酒によって痛風の症状が急激に悪化したとの見方も一部にある。労働新聞は先日「空も地面も蒸されるような酷暑」「三伏(夏の最も暑い時期)の中でも一番暑い日に…」などの表現を用い、金正恩氏が猛暑の時期に強行スケジュールをこなしていたことを強調した。

 金正恩氏が25日に開催された最高人民会議(国会に相当)第13期の第2回会議に出席できなかったのも、手術を受けて正常な活動が困難だったためとの分析だ。

 韓国政府当局者は「若い金正恩氏が痛風のせいで最高人民会議にすら出席できなかったとは考え難い。しばらく動けないほど体の状態が悪化していた可能性が高い」との見方を示した。この当局者はさらに「足を引きずる状態よりさらに悪化し、松葉杖や車いすを使わなければ動けない状態になっていた可能性もある」とも話した。

 北朝鮮の朝鮮中央テレビは25日「不自由な体にもかかわらず人民のための指導者の道を炎のように進み続けておられる」と報じ、金正恩氏の健康に問題があることを公式に認めた。欧州の医療陣が最近になって北朝鮮入りした事実も韓国の情報機関が把握している。

 一部では金正恩氏が足首の手術などによって健康が悪化し、活動が制限されることで、体制の安定性にも問題が生じる可能性があるとの憶測も流れている。

キム・ミョンソン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版\\\\\\\

北・金正恩,健康悪化に続き身辺異常説まで

信憑性不明。コメントしないでおきます。


byチュ・ソンハ記者2014-09-29 4:55 pm
http://ift.tt/ZkQjk9

News1
北朝鮮金正恩労働党第1秘書の健康悪化に続き身辺異常説まで回るなど確認されない金第1秘書関連うわさが29日広がっている。
今回のうわさは特に韓国だけでなく中国でも同時多発的に回っていてその背景に関心が集まっている。


この日インターネットを通して流布した噂によれば金第1秘書が'脳に汚れた血を抱え,これによって挙動が不可能な状況’というものだ。


またこれによって北朝鮮内派閥争いが広がっており金第1秘書は中国およびロシア,日本などの医療スタッフの治療にも車道を見せられずにいるという内容も含まれている。


 

特に金第1秘書の実兄で北朝鮮高位級子弟らの集いの'烽火組'を率いるとされている金正哲が烽火組を稼動して,平壌地域に対する一種の'措置'を取ったという話も含まれている。

 

こういう内容は最近金第1秘書健康悪化を北朝鮮当局が認めるなど金第1秘書の健康関連報道が続いているのに従ったと見られる。


しかし該当うわさはその出処が明確でないまま'信じられる便り'というタイトルをつけてインターネットを通して広がっている。


中国ではもう一歩踏み出して,国防委員会第1部委員長を過ごしたチョ・ミョンロクが主導したクーデターが起きたし,チョ・ミョンロクが"今回のクーデターは金氏一家の封建制度終息のためのものだ’と話したと伝えている。


私たちは核兵器をあきらめること"としながら"韓半島を統一して,民主主義大統領選挙を行うようにして憲法を通して,北朝鮮のすべての権利を朝鮮人民らに与えること"と言及したとのことが主な内容だ。


しかしチョ・ミョンロクは金正日国防委員長時期軍部元老中1人で去る2010年心臓病で82才を一期で死亡したのが北朝鮮官営媒体の朝鮮中央通信によって報道されたことがある。


情報当局は金第1秘書関連動態を鋭意注視しながらも,このようなうわさの根拠は希薄だと見ると伝えられた。

ある政府当局者は"事実でないと見るのが合う"として"北朝鮮当局が金第1秘書の健康問題を公開認めたことは逆に金第1秘書の身辺に大きい異常がないという意味でないか"と話した。


中国の官営媒体の環球時報やはりこの日'北朝鮮のクーデターというにせニュースをねつ造するのがおもしろいか'という題名の社説を通して"中国オンライン上から出る北朝鮮関連うわさらの真偽有無は判断しにくい"

として

 

"北朝鮮および北朝鮮指導部を囲んだ否定的うわさは北朝鮮内の中国評価に影響を与えて,北中関係にまた他の複雑な要素として作用することができる"と批判することもした。


一部では今回のうわさの震源地が証券街など企業を通して流布したで、不明確な情報による誤ったうわさだとか株価操作および世論形成など特定意図が内包されたという観測も出てきている。

 

韩国反朝集会上的金正恩画

  “最新消息,朝鲜首都平壤发生军事政变,朝鲜最高统帅金正恩的亲卫部队突然袭击了统帅官邸,逮捕了金正恩……目前事态正在发展中……”一条一百多字的“新闻”在微博与微信群被疯狂转发,一部分人在问“是真的吗”,另外一部分人叹息“终于发生了”,还有一部分人立马发现这早就不是“新闻”,类似的传闻先前在网上流传过多次了,只不过每次叛乱的将军不同,逮捕的方式有异而已。

  打击网络谣言显然并不包括对朝鲜类似军事政变或革命的“造谣”,原因很简单----即便这些内容编得再离谱、离奇,在所有稍微有点理智的人看来,还是符合逻辑的:迟早有一天,这些“谣言”都将被证实为“真实的谎言”!

  一个国家混到这个地步,实在是个悲哀。这类国家在地球上并没绝种,只不过比以前少多了。如果从“稳定”与没有异议人士两方面来判断,地球上200多个国家和地区恐怕没有一个比朝鲜保持更长的“和谐”记录了:从来没有听说过有人抗议、示威,更不用说真正发生过政变。“人民”见了20多岁的痴肥的党和国家领导人金孙子,都会激动得泪流成河。

  看看西方国家,游行示威成为常态;再看看亚洲新兴民主政体,“混乱”也习以为常,唯独朝鲜,保持了长期不变的“和谐”与“稳定”。

  可是,充斥了游行示威的文明国家,几乎没有人相信国家会被民众“颠覆”,政府也很少紧张自己会被“推翻”;极度不稳定的亚洲民主政体,道路再曲折,也一定会走下去,唯独保持绝对“稳定”与“和谐”的朝鲜,大家都心照不宣地认定某年某月的某一天,这个国家一定会“出大事”,这种政权一定会因为这样或者那样的原因而被推翻……

  朝鲜并不是孤立的例子,在它之前有亚洲的那些独裁国家,还有中东国家例如埃及、利比亚的例子----即便埃及和利比亚在威权领袖的统治下保持了几十年的稳定与“发展”,却仍然逃脱不了被推翻与颠覆的命运。如果我们眼光再放远点,还有苏联东欧那个庞大得占据了地球半壁江山的阵营,几乎也是在一夜之间轰然倒塌。由此看来,小小的朝鲜被政变被革命被推翻被颠覆,难道不是迟早的事?

  没有解决权力来源的合法性问题,且不愿意把权力关进制度的笼子里的政权,随时随地担心的是被“颠覆”、被“推翻”----而世界过去百年的历史毫无例外的证明:凡是整天担心被推翻被颠覆的政权,几乎都一定会被颠覆与推翻。对过去百年新的极权与专制政权的研究,也让我推出了前人早就得出的那个结论:当今世界上不民主政权几乎都难逃脱七十年必亡的命运。(请阅读《未来不是用来推测,而是用来创造的》)

  朝鲜就是一个鲜活的例子,看上去子承父业、代代相传,打破了我提出的“七十年大限”理论,可时至今日,还有谁看好那个政权?那个国家发生革命和政变几乎就像“另外一只迟早要落下的鞋子”一样。而“朝鲜出大事”的“谣言”还会一而再、再而三地出现在网络上,直到有一天那金氏政权真地在“谣言”声的伴奏下崩盘……

2014年9月26日金曜日

金正恩が足の手術か 自由北韓放送

http://www.fnkradio.com/

原文

 

訳文はこちら。

 

金第1書記 最高人民会議欠席理由は足の手術のため? 
WoW!Korea 9月26日(金)10時31分配信

金第1書記 最高人民会議欠席理由は足の手術のため? 
金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(提供:news1)
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が最近、両足首の関節の手術を受けたという主張が26日、提起された。北朝鮮専門メディア「自由北朝鮮放送」はこの日、金第1書記が25日に行われた第13期最高人民会議(国会に相当)第2回会議を欠席した理由がまさにその手術のためだと伝えた。

 自由北朝鮮放送は平壌の消息筋を引用して「一部の医療陣がこのような知らせを伝えた」とし「労働党の創建記念日(10月10日)には全快した金第一書記の姿を見ることになるだろう」と付け加えた。

 ただし、自由北朝鮮放送は金第1書記の具体的な手術理由については伝えていない。

 一部では金第1書記の治療や手術のためにドイツなど医療陣が最近北朝鮮を訪問したと思われるという推測が出ている。

 

(朝鮮日報日本語版) 20日以上姿見せない金正恩氏、最高人民会議も欠席
朝鮮日報日本語版 9月26日(金)10時14分配信

 

(朝鮮日報日本語版) 20日以上姿見せない金正恩氏、最高人民会議も欠席
(写真:朝鮮日報日本語版)
 北朝鮮の平壌で25日、最高人民会議(国会に相当)第13期の第2回会議が開催されたが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記は姿を見せなかった。金正恩氏は2012年4月の第12期第5回会議以降、最高人民会議には全て出席していた。

 金正恩氏は2カ月前から足を引きずって歩く様子が放映されていたが、今月3日に牡丹峰楽団の新作音楽会を観覧した後は、22日間にわたり公の場に姿を現していない。そのような中、今回の最高人民会議も欠席したことで、金正恩氏の健康状態にあらためて注目が集まりそうだ。ただし故・金正日(キム・ジョンイル)総書記もかつて最高人民会議を何度か欠席したことがあるため、たとえ健康に問題が生じたとしても、さほど深刻な状況ではないとの見方もある。

 この日の最高人民会議では黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏が北朝鮮の最高権力機関である国防委員会の副委員長に指名された。黄炳瑞氏は今年5月に崔竜海(チェ・リョンヘ)氏から朝鮮人民軍総政治局長のポストを引き継いだばかりだが、今回国防委員会副委員長にも就任したことで、金正恩体制における実力者としての地位を固める形になった。黄炳瑞氏は2010年9月に朝鮮人民軍中将(韓国軍の少将に相当)、11年3月には上将(同中将)へと一気に出世し、さらに今年4月には大将となり、このことが確認されてからわずか11日後には次帥(元帥と大将の間の階級)の称号を受けた。朝鮮労働党組織指導部で朝鮮人民軍を主に管理する第1部長職にありながら、昨年12月には金正恩氏の叔父に当たる張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長の処刑に中心的な役割を果たしたことで急浮上したものとみられる。

 また朝鮮中央放送はこの日「崔竜海代議員を朝鮮民主主義人民共和国国防委員会副委員長から解任する」と発表した。崔竜海氏は朝鮮労働党勤労団体書記への異動を経て、張成沢氏が担当していた国家体育指導委員長に今回任命された。今年4月の最高人民会議第13期の第1回会議で国防委員会副委員長に就任し、朝鮮人民軍のトップとなった崔竜海氏だが、わずか6カ月で軍部から完全に退いたことになる。軍のトップにあった時は一時序列4位にまで出世したが、現在は8位にまで後退し権力に陰りが見え始めている。

 今回の最高人民会議では玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長と李炳哲(リ・ビョンチョル)航空および反航空軍司令官が新たに国防委員に任命された。先日人民武力部長(韓国の国防相に相当)から軍団長に降格となったばかりの張正男(チャン・ジョンナム)氏が国防委員から解任されたことも分かった。金正恩氏にバスケットボールを指導したことで知られる崔富一(チェ・ブイル)人民保安部長は最高人民会議に姿を現さなかったが、これは今年5月に平壌で数百人が死亡するマンション崩壊事故が発生した責任を取り、現在謹慎処分を受けているためとの見方がある。

2014年9月21日日曜日

北朝鮮提示、日本側は拒否 拉致報告、被害者12人「調査中」(09/21 08:20)

いずれも共同配信

多分そうだと思うけれど、日本政府は確認してくれないので真実は不明だ。


 北朝鮮が9月中旬、日本人拉致被害者らの再調査に関し、拉致の疑いが拭えない特定失踪者と、残留日本人、日本人配偶者の安否情報に限って初回報告に盛り込む考えを日本側に示していたことが分かった。日本政府認定の拉致被害者12人については「調査中」として具体的な情報は提示しなかった。日朝関係筋が20日、明らかにした。日本側は、12人に関する新たな情報が含まれない限り、報告を受け入れることはできないとして拒否した。

 日本政府は、北朝鮮が経済的な見返りを得るため、情報を小出しにする駆け引きの姿勢を強めたと分析。「形だけでなく中身の伴う報告書」(菅義偉官房長官)を求めて、拉致被害者12人の調査を最重視する構えだ。

 菅氏は19日、北朝鮮が北京の大使館ルートで18日に、拉致再調査について「初期段階」と伝えてきたと説明。両政府が「夏の終わりから秋の初め」で合意した初回報告のずれ込みは不可避になっている。

 関係筋によると、外務省の伊原純一アジア大洋州局長が8月下旬と9月上旬に続き、13、14両日に北朝鮮当局と中国で極秘接触し、初回報告の時期や盛り込む内容をめぐり協議した。<どうしん電子版に全文掲載>

 

北朝鮮、生存者面会へ訪朝打診 日本は拒否か、「幕引き」警戒

(09/15 02:16)

 北朝鮮が、拉致問題をめぐる日本との水面下の協議で「生存者に会わせることができる」として、政府当局者の訪朝を打診していたことが分かった。日朝関係筋が14日、明らかにした。日本側は、拉致再調査などに関する初回報告を平壌で行いたい意向と受け止めたが、面会対象の日本人に拉致被害者が含まれていない可能性があるとして拒否したもようだ。拉致問題の「幕引き」に利用されかねないとの警戒感もあったようだ。

 関係筋によると、北朝鮮側が訪朝を打診したのは、拉致再調査などのための特別調査委員会設置と、日本による独自経済制裁の一部解除で合意した7月の日朝政府間協議以降。

2014年9月18日木曜日

◎「故金丸信生誕100周年に際し訪朝/金丸信吾氏に聞く」「朝鮮新報」9月12日付

 


「ちゃぶ台をひっくり返すのはやめるべき」「日朝は粘り強く交渉継続を」


故金丸信元副首相(自民党元副総裁)の生誕100周年に際して、金丸信元副首相の親族や支援者ら56人が、9月6日から11日にかけて訪朝した。一行は滞在期間、平壌や開城市内を参観。最高人民会議常任委員会・金永南委員長を表敬訪問したほか、 朝鮮外務省の宋日昊大使との面談を行った。金丸元副首相の子息で、秘書も務めた金丸信吾氏に、今回の訪朝について聞いた。
―訪朝の経緯について。

金日成主席生誕100周年を迎えた2012年に訪朝した際、ふと主席と金丸は2歳違いだったと思い出し、2年後の金丸生誕100周年にあたって何かできないかと考えたのがきっかけだった。
金丸が生前政治家として取り組んだ最後の大仕事であり、また、やり残した仕事である日朝国交正常化の実現が今以て成されていない中、金丸に縁のある人たちで朝鮮を訪れることが、生誕100周年記念に最もふさわしいと思い至り、訪朝の運びとなった。
(中略)

 

―訪朝の意義をどのように考えているか。

このたびの訪朝の目的は、参加者らが朝鮮を直接自分の目で見て感じ、朝鮮の実像を理解してもらうことにあった。訪朝前は、日本のマスコミ等による知識しかない中で、多くの参加者らが「北朝鮮=恐ろしい国」という偏見を抱いていた。残念ながら、多くの日本人にとって、これが朝鮮に対する現在の評価である。しかし参加者らは、想像とまったく違う朝鮮の姿に驚き、機会があればまた訪れたいと口々に話していた。そういった意味で、このたびの訪朝の目的は達成されたと思っている。とても有意義な訪問となった。
(中略)

 

―朝・日関係改善に対する朝鮮側の意気込みは感じられたか。

最高人民会議常任委員会の金永南委員長が1時間以上も時間を割いて面談してくれ、また、訪朝団全員と握手し、記念撮影もしていただいた。民間の団体に対するこのような待遇に、参加者らは大変驚いており、参加者らにとって最も印象に残る思い出になったと思う。


朝鮮側の日朝関係改善に対する熱気が、十分に感じられた。5月に日朝政府間合意が発表され、両国の関係に明るい兆しが見えてきた今、いかなる場合も、粘り強く交渉を継続していくことが重要だ。日本も含めて、互いにちゃぶ台をひっくり返すようなことはもうやめにしなければいけない。そのことは日朝交渉の朝鮮側代表の宋日昊大使にも伝えた。

日朝間には拉致問題以外にも強制連行・強制労働、日本軍「慰安婦」問題をはじめとした日本の戦後補償の問題など、様々な問題が横たわっているが、日本では拉致問題が真っ先に取り上げられ、それが日朝交渉を阻害している最たる原因となっている。安倍首相は、「拉致問題の解決なくして日朝国交正常化はない」と主張するが、日朝国交正常化の実現こそが日朝間の諸問題を解決する一番の近道である。
(中略)

 

メモ
金丸信元副首相は1990年9月、自由民主党と日本社会党の合同訪朝団の自民党代表として初訪朝し、朝鮮労働党との間で3党共同宣言を発表。信吾氏は金丸元副首相の秘書として同行した。以来、国交正常化交渉のため訪朝を重ね、金日成主席と91~92年に計7度も単独で会見。金正日総書記とも会話を交わした経験がある。(了)

2014年9月17日水曜日

北,今年農作業展望暗い

今年、北朝鮮の農業は不振のようだ。

農業の小規模化が効果を上げているという観測もあったが、やはり天候に大きく左右されているようである。

http://www.rfa.org/korean/in_focus/ne-ms-09162014101558.html

 


ソウル-ムン・ソンフィxallsl@rfa.org
2014-09-16

アンカー:北朝鮮の今年農作業作物状況が例年水準にはるかに至らないものと見られると現地消息筋らが主張しました。
今年作物状況が予想のとおりならば,新年新年辞で農業問題を特別に強調した金正恩労働党第1秘書の体面を台なしにするようになったと消息筋らは伝えました。

北朝鮮内部の便りムン・ソンフィ記者がお伝えします。
金正恩労働党第1秘書は新年‘新年辞’で今年北朝鮮の週打撃方向を農業だと規定しました。

金正恩新年辞:今年の経済建設と人民生活向上のための闘争で農業を週打撃方向で確かに握り締めて農作業にすべての力を総集中しなければなりません…

金正恩第1秘書のこういう方針により北朝鮮は今年仕事がない工場企業所労働者らを皆協同農場に派遣して,農作業を助けるようにしました。

ひいては住民たちの生計を左右する市場まで午後4時から夕方9時まで制限しながら,人民班扶養家族らも毎日‘農村支援’に追い出しました。
このような努力にもかかわらず,今年北朝鮮の農作業作物状況は“地域ごとにとてもでこぼこで、予測が難しい状態”と現地消息筋らは強調しました。

14日,咸鏡北道のある農業部門関係者は“北部地方は農作業が大丈夫だが中部地方は農作業を亡ぼしたし南部地方も昨年に比べて,農作業がうまくできなかった”として“全般的に昨年より農作業作物状況がとても良くない状態”と今年北朝鮮の農作業状態を説明しました。

種別ではイネとジャガイモがうまくいったしトウモロコシと味噌玉麹豆は良くならなかったとし,北朝鮮の一年総食糧生産量でトウモロコシが占める比率が37%程度なのにトウモロコシ農作業を亡ぼして,来年にも食糧難が近づくこともできると警告しました。

これと関連して15日,慈江道の一消息筋は“今年慈江道農作業は昨年より良くならなかった”として“特に内陸地帯農作業がほろびたという噂が飛びながら差しせまってくる食糧難に備えて金がある家らはすでに市場で米を大量で取り入れている”と話しました。

反面両江道の消息筋は“今年1万町歩は町歩当たりジャガイモ50トンと予想している”として“恵山市にある大学生らと高等学校学生たちが全部1万町歩協同農場に‘農村支援’を出て行った”と15日自由アジア放送に伝えました。

ジャガイモ農業に噂になった両江道DaeHongDan群は町歩当たりジャガイモ‘予想収穫高’が30トン以下に出てきたし他の協同農場らも町歩当たりジャガイモ25トン程度に出てきたがこの程度ならば今年農作業が豊作という程うまくいったものと彼は強調しました。

消息筋はしかし“両江道の農作業だけうまくいっただけ他の地方らは農作業がよくならなかったと理解している”として“新年新年辞から農業をそのように強調したのにこれと言った成果がなかった”と話して,今年農作業作物状況と関連して,金正恩労働党第1秘書が体面を台なしにすることもできることを迂回的に表現しました。

 

http://news.searchina.net/id/1536800

北朝鮮に「無慈悲な旱魃」・・・事態深刻、国営メディアも珍しく「悲鳴」
2014-07-04 11:15LINEで送る
 北朝鮮の国営通信社、朝鮮中央通信は3日付で、同国の一部で旱魃(かんばつ)が深刻化していると報じた。穀倉地帯にも大きな被害が出ていると紹介。耕作地に水を引き入れているが「すぐに乾く」、「被害は相変わらず解消されないとみられている」などの、“悲観的”な論調が目立つ。同国報道は日ごろ、敵対する相手に対して「無慈悲な報復攻撃」などの激越な論調を用いるので知られる。「無慈悲な」は朝鮮語で「容赦ない」程度のニュアンスだが、今回は同国が「容赦ない天災」に見舞われた格好になった。

 旱魃被害が発生している地域を列記した上で、「特に穀倉地帯である黄海南・北道(ファンヘナムド、ファンヘプクト)の被害は深刻」と紹介した。

 旱魃対策に「引き続き努力」と論じた上で、「持続する旱魃と高温現象によって水を引いた田畑がすぐ乾く」などと、効果があまり出ていないことを認めた。

 

http://www.voakorea.com/content/article/2450834.html

FAO「北朝鮮から作況調査の要請はまだない。要請があれば検討」。FAOは2009年から北朝鮮のコメなどの作況調査を行っている。

2014年9月15日月曜日

風船作戦'中止要求..高位級接触合意暴露 統一ニュース

北朝鮮が韓国からの風船を使って飛ばしている批判ビラに敏感に反応している。それだけ効果が上がっているとみられており、内部に動揺が出ているとの観測もある。韓国側では風船によるビラまきを中止させることは難しい。

,'風船作戦'中止要求..高位級接触合意暴露
統一部,"北事実関係わい曲..対話提案に早期呼応して出るのを"
承認2014.09.13 20:32:26

北朝鮮が対北朝鮮ビラ散布を強力に問題視しながらも,対話の可能性を残した立場を明らかにして,統一部は遺憾を表わしながらも,対話の場に出ることを促して,帰趨が注目される。

南北高位級接触北側代表団スポークスマンは13日長文の談話を通して“今南朝鮮当局のビラ散布行為はその規模において早く前例を見つけるのが難しいほど”として“8月に入って,軍事境界線転任を包括する広い地域で数十次にかけて,大々的に散布され始めたビラと米国の金はその数を推し量れない”として具体的事例まで予告した。

北側スポークスマンは“私たちの最高尊厳と体制に対するとんでもない誹謗とあくらつな悪口で一環しているビラ散布は南北関係改善を遮る最も厳重な敵対行為”として“事態の深刻性は、ビラ散布をはじめとする反共和国心理謀略行為を南朝鮮当局が直接組織しているとことにある”と南側政府を狙った。

北側スポークスマンは“今は‘風船作戦’を破綻させるためのわが軍隊の報復打撃が任意の時に任意の対象に加えられてもしかたない”としながら“ひとまずビラ散布が開始されれば私たち,また心理謀略前の‘挑発基地とその支援および指揮勢力’を即時に焦土化してしまうことに決心した状態であることを隠さない”と明らかにして注目される。

北側スポークスマンは特に“さる2月14日南北高位級接触で私たちに相互誹謗しないと厳粛に,確約した以後果たして彼を守るためにどのように努力したのか”として当時南側代表団が“信頼造成で南北関係を改善しようとする大統領の意志を信じてくれ”,“誹謗が南北関係を悪化させることをよく知って私たちの当局が阻止させることであるから見守ってくれ”と‘約束’したと主張して,論議が予想される。

最後に“ビラ散布をはじめとする反共和国心理謀略行為のような同族対決策動を中止すれば南北対話の門は自然に開かれるようになること”としながら“南朝鮮当局の動きをずっと注視すること”と話して,南側の態度変化により南北対話が再開になることができるという余地を残した。

これに対して統一部スポークスマンはこの日論評を通して“わが政府は南北高位級接触での誹謗中断合意を遵守している”ながらも“私たちの体制の特性上明確な法的根拠なしで私たちの国民の表現および集会・結社の自由を制限できないということは去る2月の高位級接触でも十分に説明したことがある”と話して,北側が問題視している民間団体のビラ散布を禁止できないという立場を再確認した。

統一部スポークスマンは“北朝鮮が事実関係をわい曲して,主張して,さらに私たちの民間団体に報復措置などを威嚇したことは非常に遺憾なこと”としながら“わが政府は北朝鮮のどんな軍事的威嚇に対してもきっぱりと対処していくこと”と明らかにした。

それと共に“南北間のすべての懸案問題は対話を通して,解決していくべきで,話す言葉があるならば対話の場に出てきてすれば良いこと”としながら“北朝鮮もごり押し主張を度々繰り返さずに今私たちの対話提案に早く呼応して出ることを希望する”と2次南北高位級接触に応じて出ることを促した。

2014年9月12日金曜日

茂山で軍人暗殺事件 開かれた北朝鮮放送

これだけではよく分からないが、軍人に対する反感が強まっているのかもしれない。

http://www.nkradio.org/


北,軍党第2秘書死亡,暗殺の可能性大きい.

消息筋:“個人悪感情にともなう緻密な計画殺人と推定...”
今年豆満江近隣地域で事件事故が頻繁に発生しているなかでこの前茂山郡党第2秘書が遺体で発見され,捜査機関が総動員され,集中捜査していると分かった。

咸鏡北道消息筋は8日開かれた北朝鮮放送との通話で“2日,茂山郡党第2秘書が群党庁舎車庫で亡くなった姿で発見された。”として“第2秘書はヒーターがついたままの乗用車の後座席に運転手と一緒に死亡した。”と話した。

引き続き消息筋は“今回の事件は単純な事故でなく、誰かによって,わざと殺害されたと推定される。”としながらその証拠で“事件が発生した群党庁舎車庫の外側文が誰かによって,錠掛け鎖で閉じられていた”と伝えられた。

また消息筋は“茂山郡と同じように鉱山労働者密集地球は鉱山責任秘書が第1秘書と呼ばれて,君民の生活を責任を負う秘書が普通第2秘書と呼ばれる。”として“他の群党に比較すれば責任秘書のような高い職責”と付け加えて話した。

一方去る4月中旬,茂山郡交差点にたてた金日成,金正日父子の大型モザイク壁画が倒れて壊れ,中央の集中捜査が進行されたことがあって今回の事件も法機関が総動員されて,捜査を繰り広げていると分かった。

消息筋は“今まで明らかになったことはないが党幹部らに対する不満と個人的な怨恨が作用した可能性が大きい。”として“保衛,安全,検察機関の集中捜査で郡内住民たちが不安に思っている”として現地の雰囲気を伝えられた。

2014年9月8日月曜日

北姜錫柱訪問ヨーロッパ国らは?…‘批判的介入’で北変化要求

今回訪問する国は、人道援助をしているが批判的な国ばかり。

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2014090506470241045
byチュ・ソンハ記者2014-09-06 7:36 am

姜錫柱北朝鮮労働党ククチェ秘書の6日から異例でヨーロッパ4ケ国歴訪に出ながら,彼らと北朝鮮に行った関係が関心を引いている。

姜錫柱秘書が訪問する国家はドイツとベルギー,スイス,イタリアだ。
この国らは北朝鮮と修交しているけれど国連の対北朝鮮制裁に参加しながら,非常に制約的な関係を維持している。

カン秘書は4ケ国に北朝鮮の立場を説明して支持を訴える一方,批判的介入政策の緩和を促すことと観測される。


米国の海外向け放送(VOA)は4日(現地時間) 4ケ国は批判的介入政策を行っているだけに核兵器と弾道ミサイルに対して北朝鮮が根本的な態度変化を見せない限り北朝鮮と関係を強化する可能性は少ないと診断した。

◆大量殺傷武器拡散防止に主力を注ぐドイツ=ドイツは2001年北朝鮮と外交関係を結んだ.ドイツは修交以後長官級交流をしないだけに姜錫柱訪問は北朝鮮最高位級のドイツ訪問になるものと見られる。

ドイツは去る3月更新した対北朝鮮関係現況報告で対北朝鮮外交の目的は大量殺傷武器(WMD)拡散防止と南北対話進展,北朝鮮の人権状況改善と釘を刺した。

北朝鮮との関係は昨年2月北朝鮮の3次核実験とロケット試験発射,天安爆沈と延坪島砲撃などでずっと退色している。
ドイツは昨年3月北朝鮮当局が米国との核戦争を威嚇しながら,平壌駐在外国公館の安全を保障できないと威嚇した事例を指摘しながら,これは二国間信頼構築に役に立たなかったと明らかにした。

ドイツは北朝鮮の核開発に対する国連とヨーロッパ連合の多様な制裁決議がドイツと北朝鮮の両者関係にも影響を及ぼしたと明らかにして,北朝鮮の態度変化なしでは関係改善が大変なことと観測される。

北朝鮮に粉ミルクを支援しているスイス開発協力処(SDC)関係者らが北朝鮮現地で現場を点検している。

◆北朝鮮と修交40年合ったスイス=スイスメディア’は去る2日外務部管理を引用して,カン秘書が11日から13日までスイスを訪問して,外務部次官と会うことだと報道した。

スイスと北朝鮮は今年修交40年をむかえた.1974年修交したし,2003年からは毎年北朝鮮と'政治対話'を繋いできた。

スイスやはり北朝鮮が昨年始め戦争威嚇を高めさせて,糾弾声明を発表して人権状況に対しても国連人権理事会発言を通して,改善を強く促してきた。

スイス議会は2008年北朝鮮の続いた核兵器開発を理由で北朝鮮を最優先支援国から除外して,開発協力は中止しながら,人道的支援だけするように決議したし,スイス外交部傘下開発協力処(SDC)は2011年末以後北朝鮮で開発協力を打ち切った。

◆関係微小なイタリアとベルギーだが=イタルリとベルギーは北朝鮮と修交して10年が越えた。
各々2000年と2001年に修交した。

スイスを除いた3ケ国が会員国であるヨーロッパ連合(EU)やはり北朝鮮と例年政治対話を持っているが‘批判的介入’政策を維持している。
EUは対北朝鮮関係現況で韓半島の平和と安保,核非拡散,人権改善に関係の焦点を合わせていると明らかにした。

これに伴い北朝鮮の核兵器と弾道ミサイル開発を強力に批判する一方国連の北朝鮮の人権決議を主導していると明らかにした。
このために姜錫柱はEU本部があるベルギー,ブリュッセルを訪問,EUと関係改善を試みると予想される.ある外交消息筋は4日ベルギー訪問目的が外交公館横行しろと伝えた.現在北朝鮮とEU間の外交窓口は英国駐在北朝鮮大使館が代行している.カン秘書はこのためにEU外交部役割をするヨーロッパ対外関係庁(EEAS)関係者と面談日程を定めていると伝えられた。

◆人道的支援4ケ国は対北朝鮮人道的支援は活発。
スイスは食糧と飲料水(植樹),汚物処理環境保護に人道的支援の焦点を合わせている.このためにSDCは今年対北朝鮮支援予算で800万ドルを組み合わせた。

昨年にも839万ドルを支援した。

今年予算中380万ドルは650tの粉ミルク購入に支出したし420万ドルは水質改善のための技術伝授と山林農法伝授に使われる予定だ。
650tの粉ミルクは先月北朝鮮に到着した.粉ミルクは北朝鮮で運営する英洋菓子工場2ケ所と‘スーパーシリアル’で呼ばれる‘混合加工食品’工場で栄養食品を作るのに使われている。

スイスはまた教育と芸術分野の人的交流も持続している.外国学生たちを対象に政府招請奨学生を募集しているスイスは北朝鮮大学生を対象に博士過程と博士後過程,研究員過程など3ケ分野でも奨学生を選んでいる。

ドイツは先月カトリック救護団体の‘カリタス ドイツ’を通じて,北朝鮮に45万ユーロ,美化60万ドルを提供するなど北朝鮮に対する人道主義支援は継続している。

ドイツ外務部はまた文化と学術分野でも一部人的交流を持続しているけれど北朝鮮の科学者と技術者らのドイツ研修は北朝鮮政権に対する国連の制裁を反映して,中断させた。

EUも北朝鮮に今まで3億6600万ユーロ,4億7000万ドルの人道的支援をしている.EUは去る5月今年対北朝鮮食糧安保事業に675万ユーロ,美化926万ドルを支援する計画だと明らかにした。
[アジア経済]

2014年9月3日水曜日

住民の創業と自立性を許容 朝鮮日報

北朝鮮が困っているという先入観は捨てるべきかもしれない。

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2014/09/02/2014090200375.html

最近北朝鮮当局が企業の経営独自性を許して個別住民の創業および営利活動を黙認しながら,北住民の所得・生活水準が一定部門向上していると分かった。
配給体制崩壊以後住民たちによる自然発生的市場化が急速に進行されるのにともなう現象と解説される。 2014090200364_1

◇一部北住民,数万ドル集めて創業
対北朝鮮消息筋は"最近咸鏡北道,清津で商った住民崔某氏が中国と北朝鮮内家族・友人らから資金3万ドルを集めて,織物工場を創業した"として"形式的には清津の政府傘下企業所名義を借りたが,社長の崔氏が直接職員採用をして原料・資材購入と生産・販売,収益分配まで直接する方式"と伝えた。

この工場は職員10人余りに毎月平均300中国元(約50ドル)を月給で与えて,企業所には月収益の30%を上納すると分かった。
朝総連機関紙朝鮮新報は最近"平壌326電線工場労働者らが今年3月以前より月給を数10~100倍受けた。
(北朝鮮お金で)最高34万ウォン(約40ドル)を受けた職員もいる"と伝えていた。


http://www.theguardian.com/world/gallery/2014/sep/02/daily-life-in-north-korea-in-pictures

最近北住民たちの所得と生活水準が少しずつ高まりながら,玉流館で一日に売れる冷麺が最大1万人分に達すると分かったとAPは報道した。

流通と運送市場でも変化が現れている。
対北朝鮮消息筋は"咸興に住むA氏が最近人民委員会の許可を受けて,農水産物流通業社を整え,収益が相当な規模"といった。

その間北朝鮮では個別商人が小規模で流通業に務めてきたが,大規模流通センターを作って,運営することは初めてだと知らされた。
平安南道出身のある北脱出要人は"内陸の平声地域には中国で小型トラクターを購入して,個人菜園農作業を代行したり農業資材を運んであげて金を儲ける運送業者らが生じている"とした。

◇企業自律性許容
最近北朝鮮住民の所得,生活向上整理票

北当局は最近相次いで企業の経営自律性と農民の自立権を拡大して,住民の市場活動を許す措置をしていると分かった。
キム・ヨンヒ韓国政策金融工事博士は"北朝鮮の相当数企業が最近独自的自律経営体制に変わりながら,過去と確かに違う姿を見せている"として"農業部門でも過去集団的班単位生産活動を縮小して農民の農作物自律処分権を拡大しながら,生産性が大きく向上している"とした。

北朝鮮当局が石炭輸出で儲けた外貨で食糧輸入を増やして,食糧備蓄倉庫を開いて,米供給量を拡大するのにともない米など生活必需品価格が安定したという分析も出てくる。

チョ・ポンヒョンIBK企業銀行首席研究委員は"キム・ジョンウンが経済問題で自力更正政策では限界を感じたと見られる"として"最近北朝鮮は中国・ヨーロッパに諮問をしてシンガポールなどに官僚らを送って,資本主義経営を習っている"とした。

◇米価格も安定…住民所得・生活水準良くなって

これに伴い北住民の所得が増えて生活水準も上がる兆候が所々に現れている。


米価格は最近になって最低水準の1kg当り5000ウォン(1ドル内外)水準に落ちて維持されている。
対北朝鮮消息筋は"住民の50%以上が米の飯を食べていて,飢えて死ぬ人は殆どなかった"とした。
咸興市住民たちには世代別に毎月鴨1匹,子供たちにはヨーグルトと牛乳が供給されていると伝えられた。

このような現象に対して政府関係者は"最近北が農業・軽工業部門に力を注いでいるところに昨年食糧増産と対外貿易拡大で経済が好転したようだ"とした。

一部では"幹部らに対する監視・統制で中間着服現象が減ったのも影響を及ぼした"という話が出る。

 

文中で言及されている朝鮮新報の記事

「朝鮮式の経済管理方法」現場レポート(上)/平壌326電線工場

労働者の給料を大幅にアップ

実績を厳密にチェック

平壌326電線工場(平壌市平川区域)のキム・ソンナム支配人(51)は、「労働者を生産の直接的担当者として前面に立たせる」ことを経営戦略の中心に据えているという。

この工場では最近、労働者の給料を引き上げた。「朝鮮式の経済管理方法」を具現し、企業所の総収入から国家納付分を差し引いた分の収益の用途を企業所自らが決められるようになったことが背景にある。

ケーブル職場・通信作業班の労働者、リ・ヨンエさん(52)は、最近給料が大幅にアップした。

昨年、平壌をはじめ全国各地で大規模な建設事業が進められたが、多数の建設対象に電線とケーブルを供給するため、リさんら労働者たちは「延長労働」をしながら生産に力を注いだ。そのような労働に対する評価が給料に反映されたという。

リさんの職場には、電気炉の寿命を伸ばす技術革新を行って高額の奨励金を受け取った労働者もいる。新しい技術が工場にもたらした利益が換算され、それが開発当事者に還元された。

キム支配人によると、これまでも「働いた分だけ、儲けた分だけ分配する」という原則が適用されてきたが、新たな経済管理方法が導入されてからは実績の優劣をより厳密に問うようになったという。事業結果を総括する会議の雰囲気も変わったという。

朝鮮の企業所には本来、「独立採算制委員会」(略称「独採」)という機構がある。

平壌326電線工場でも、支配人、技師長、職盟(朝鮮職業総同盟)委員長、計画課長、会計課長などが月に一度「独採」会議を開き、工場内にある7つの職場の事業実績を評価している。

今までは、評価がなされても職種別の報酬に特に差は出なかった。ところが今は、結果が驚くほどはっきりと現れるようになったという。

「独採」会議を終えると、職場長たちは自分の部下である作業班長たちと知恵を寄せ集め、増産のための対策を講じている。作業班単位でも、労働者たちが毎日退勤前に「日生産及び財政総括」を行い、集団的に各自の仕事実績を評価し、記録する。この制度も以前からあったものだが、作業班長たちによると、「これまでは『やってもやらなくても良い』程度のものだったが、今はみなが総括を真剣に行っている」という。

新製品の開発も

経済管理が改善されたことで、企業所は国家が指定したもの以外にも、新たな製品や品種を自らの判断に基づいて開発、生産、取引きすることができるようになった。企業所自ら生産した製品、品種に関しては、需要と供給のバランスで価格を決めるようにしている。

電線、ケーブルの国産化比率をアップさせるための研究を一貫して進めてきたこの工場では最近、最先端型のケーブルを新たに開発した。それだけでなく、ケーブルをつなぐ接続部を独自に製品化し、該当機関にケーブル連結工事を行うサービスも工場の新たな業種として始めた。

労働者に対するインセンティブを増やすことで生産を拡大するとともに、新製品の開発などによって新たな収入源も確保した平壌326電線工場の昨年の事業実績は、一昨年比1.7倍に伸びたという。

キム支配人は、「工場の収入を増やし、生産拡大と労働者たちの給料アップに必要な資金を確保するためには、経営幹部がアイデアを出して必死に働かなければならない」と意気込んでいる。

(金志永)

関連記事

生産の当事者に相応の権限を付与/独自の社会主義的経済管理方法

「朝鮮式の経済管理方法」現場レポート(下)/三支江協同農場

農民の意識変革と増産実現

圃田担当制の成果

三支江協同農場(黄海南道載寧郡)では昨年、稲の収穫を10月内に終えた。例年ならば11月上旬までかかるというが、農場員たちが一丸となって取り組んだ結果、予定よりも早く終わったという。

同農場のリ・ヘスク管理委員長(36)は、「『圃田担当制』がもたらした成果」だと強調する。

朝鮮の農業部門では、昨年から分組管理制を新しい方法で運営している。 「分組」とは「作業班」の下部単位だが、この分組管理制の中で「圃田担当制」を実施している。

 

三支江協同農場には、作業班が9個、分組が36個ある。分組はほぼ22人で構成されるが、5人ほどが一組となって田畑を担当するようにした。

リ管理委員長は「圃田担当制」の効果に対して、当初「疑心暗鬼だった」というが、今では十分に実感しているという。「農場員の意識に変化がもたらされ、責任感が以前よりも増した」(リ管理委員長)。

国家指標は稲と小麦、麦、ジャガイモの2毛作だが、ここに豆と野菜を追加して3毛作、4毛作を始めるグループも出てきた。秋の刈り入れと脱穀のスピードも大幅にアップした。

その結果、協同農場全体の収穫高が引き上げられ、昨年の稲作農業はヘクタール当り800㎏増産という成果を収めた。

国内経済学者は分組管理制の中での「圃田担当制」について、「農民たちが田畑を自分の家の畑のように思い、主人らしく働くようにすること」であると解説する。

現物分配の効果

三支江協同農場では、収穫した農産物から国家納付分を差し引いた分を農場員らに現物分配している。

これまでは現金分配だった。脱穀した米は精米所に移され、国定価格で買い上げられたが、今は農民が自らの労働の結果を現物をもって確かめることができるようになった。現物分配を受けた農民は、余った農産物を市場で売るなどして自由に処分することができる。

しかし、三支江協同農場の農場員は「穀物販売所」を訪れるという。国家が一昨年に設けた「穀物販売所」は、農民たちの余分な穀物を市場とほぼ同じ値段で買付けている。ここを農民たちが広く利用することで、結果的に、穀物が国の倉庫に集中する。

リ管理委員長は、農場員が市場ではなく「穀物販売所」を訪れることについて、「本当に立派な行いだと思う。国の米蔵を責任もった農民の本分ではないか」と話す。農産物が分配され、販売、流通する過程に、集団の要求と個人のニーズが一致していくようすを見ながらリ管理委員長は、「圃田担当制」をより深化させていく必要があると感じているという。

昨年は三支江協同農場だけではなく、全国の農場で稲の収穫が10月中に完了した。リ管理委員長は、分組管理制の「圃田担当制」は「われわれのように規模が大きな農場よりも、山間の小さな農場でその効果がよりはっきりと現れるだろう」と話す。

「新しい方法、方式を農民たちは大いに歓迎している。われわれが仕事を頑張れば国の経済が良くなり、人民生活も良くなる。われわれはそれを、生活を通じて実感している」(リ管理委員長)

(金志永)

関連記事

2014年9月2日火曜日

北の国家安全保衛部幹部と極秘協議 日本テレビ

http://www.news24.jp/articles/2014/09/01/04258254.html

< 2014年9月1日 19:07 >

     記録で残しておきます。

  
 来週以降にも行われる見通しの拉致問題などを巡る北朝鮮の特別調査委員会の報告を前に、外務省の伊原アジア大洋州局長と北朝鮮の国家安全保衛部の幹部がマレーシアで極秘に協議していたことが明らかになった。

 日朝の関係筋によると、外務省の伊原局長は先月21日から2日間にわたって、マレーシアのクアラルンプールで北朝鮮の国家安全保衛部の幹部と協議したという。今回は北朝鮮外務省ではなく、拉致の実態について情報を持つとされる国家安全保衛部の幹部と直接協議をしていることから、突っ込んだやりとりが行われたとみられている。

 やりとりの詳細は明らかになっていないが、日朝関係筋によると、協議の中で北朝鮮側が拉致被害者に関する具体的な情報を出さなかったため、日本側が詳細な情報を出すよう強く求めたという。来週以降にも行われる見通しの北朝鮮による1回目の調査報告に向けて、今後も水面下の駆け引きが続くものとみられる。

以下は共同通信の英文配信

ATIONAL / POLITICS

Senior member of N. Korea secret police met Japan diplomat over abduction issue

KYODO

  • SEP 2, 2014

A senior official of North Korea’s secret police organ directly linked to leader Kim Jong Un met Japan’s top diplomat for Asian affairs in a closed-door meeting last month to discuss the abduction issue, diplomatic sources close to Tokyo and Pyongyang said Tuesday.

The North Korean representative and Junichi Ihara, director general of the Foreign Ministry’s Asian and Oceanian Affairs Bureau, apparently held the secret contact around Aug. 21 in Kuala Lumpur, the sources said.

The official belongs to the Ministry of State Security, which is leading North Korea’s reinvestigation into the fates of Japanese nationals abducted by North Korean agents in the 1970s and 1980s following an accord between Tokyo and Pyongyang in May.

North Korea’s special committee on the Japanese abductees, launched on July 4, is expected to issue the first report of its probe into the whereabouts of the Japanese abductees including the 12 Japanese nationals on Tokyo’s official list of 17 abduction victims.

Japan believes it must get a grasp on the progress made so far by the committee but has found limitations to holding dialogue with the North through the Japanese Embassy in Beijing, the sources said.

For a better picture on the progress over the abduction issue, Ihara, who serves as its chief negotiator in direct talks with North Korea, was sent to represent Japan in the secret meeting late last month.

During their secret contact, the North Korean side did not provide any new information about abductees and called for Tokyo to take steps such as lifting the ban preventing the Mangyongbong-92 passenger-cargo ferry from entering Japanese ports in exchange for the report on the abductees, the sources said.

The two countries failed to fix the exact timing of the report’s release, which was initially seen to be in the second week of September, as Ihara could not work out differences with the North Korean representative over the progress made in the new abductee investigation, according to the sources.

Japan plans to urge North Korea to take more steps to shed light into the abduction issue and obtain the report at an early date, but there is a possibility the report may come in the third week of September or later.

Pyongyang’s probe into the abductions was launched following an agreement between Japan and North Korea on May 29 under which Japan pledged to partially lift its unilateral sanctions on the North after Pyongyang agreed to form a special committee on the Japanese abductees.

After the committee was set up, Japan lifted some of its sanctions against North Korea.

2014年8月30日土曜日

北朝鮮拉致調査報告ずれ込む公算 9月第3週以降か

  • 共同通信の配信です。
  •  拉致被害者の再調査などを行う北朝鮮の特別調査委員会による最初の結果報告が、9月第3週以降にずれ込む公算が出てきたことが分かった。日朝関係筋が28日、明らかにした。北朝鮮が水面下での折衝を通じ、結果提示の見返りに貨客船「万景峰92」の日本入港再開などを要求しているのに対し、日本が難色を示しているためとみられる。日本は、早ければ第2週の報告を見込んでいたが、現状では具体的な日程調整は困難と判断しているもようだ。

 9月下旬には、国連総会出席のため安倍晋三首相が訪米する見通し。日本は早期に報告を受けられるよう、北朝鮮との折衝を進める。

2014年8月25日月曜日

北,日本人拉致被害者調査どのように? rfa

http://www.rfa.org/korean/weekly_program/nk_now/nktoday-08112014101113.html

長い記事だが、ポイントは国家安全保衛部は調査にあまり関与していない。

日本人墓地の問題は、むしろ日朝関係を悪化させる危険がある。


ソウル-ムン・ソンフィxallsl@rfa.org

朴成雨:聴取者皆さんこんにちは。
自由アジア放送ムン・ソンフィ記者と共にする‘北朝鮮は今日’です。
北朝鮮の現実と生き生きした便り,ムン・ソンフィ記者を通して聞いてみます。
私は進行を引き受けた朴成雨です。
今日紹介して差し上げる内容です。

-北朝鮮に居住している総連系帰国者などは当局の日本人拉致被害者調査結果がむしろ北朝鮮・日本関係改善に障害にならないだろうか憂慮していると分かりました。

朴成雨:ムン・ソンフィ記者,こんにちは。
ムン・ソンフィ:はい,こんにちは。

朴成雨:北朝鮮が日本人拉致被害者調査を終わらせたようだ,8月8日ムン記者がこういう内容の報道をしましたが。
それと共にムン記者は該当機関の‘国家保衛部’が“今回の調査に一切干渉をしなかった”と伝えました。
これがちょっと疑問ですが。

日本人拉致被害者‘特別調査委員会’の核心機関が国家安全保衛部という事実は北朝鮮宣伝媒体と外部言論らがすでに報道をしませんか?ところで保衛部が調査に介入しないならばいったい何をするというのか説明をて下さい?

ムン・ソンフィ:はい,北朝鮮の日本人拉致被害者調査問題と関連して,すでに私たちが数件の記事らを出しませんでしたか?ところで各地方別であった日本人拉致被害者調査で司法機関の国家保衛部や人民保安部は特別な役割を出来ずにいると分かりました。
一言でこれが北朝鮮の日本人拉致被害者調査方法のためというんですが。

率直に日本人拉致被害者問題と関連しては国家保衛部をはじめとする司法機関らがそれほど調べることがないと現地消息筋らは主張をしています。

朴成雨:はい,帰国者や彼らに従ってきた日本人たちに対しては労働党組織指導部11課ですでに徹底した管理をしてきているためだ,これがムン記者がこの間した説明でしょうか?

ムン・ソンフィ:はい,そうです。

そのために当初人民班を通しても北朝鮮に居住している日本人たちの生活状態を簡単に調べているということですが。

さらに国家保衛部と違った司法機関らはあくまでも党組織指導部の指示だけでは動けないので、調査を始めないでいるということです。

こういう構造的問題は北朝鮮の一般住民たちはよく理解できないが、幹部らや知識人らは難しくなく理解をすると消息筋らは話しました。

一応労働党組織指導部が日本人拉致被害者問題を主導したということだが、それでも北朝鮮の司法機関らが全くすることがないのはまた違う意味がある。

直接的な権限を持って‘調査’はできないが、組織指導部の指示にともなう調査と捜査には動員されるといいます。

その間原因がよく明らかにならない死亡者や行方不明者に対する捜査は労働党組織指導部の限界を超えることなので、組織指導部が直接国家保衛部に指示をするというんです。

朴成雨:ですから組織指導部が必要な場合に限って,国家保衛部に捜査を指示する,このことですよね?

ムン・ソンフィ:はい,そうです。

彼と関連しては8月8日私が使った報道で詳しい説明があるんですが。

今回の日本人拉致被害者調査は純粋総連系帰国者などと、彼らに従ってきた日本人出身帰国者などを厳格に,区分して進行されたとのことです。

一般帰国者などは別に調査を進行しないでいるが“日本国籍の帰国者などは党幹部らがいちいち家庭を訪問している”こういう内容でしたが。
また7月21日,私たちが進行している‘北朝鮮はこの時間でも扱ったことがあります。

また簡単に説明を差し上げようとするなら各人民班らを通して,収集された在日本帰国者などの実態が上位機関の道,区域事務所らに通知されてこれがまた該当党組織指導部に報告される形式だ,こういう内容でしたが。

北朝鮮当局はこのように調査された内容に基づいて,生活が難しい帰国者などに食糧を供給するなど関心を見せていると分かりました。

ただし国家保衛部でも他の司法機関,行政機関らは必要な場合組織指導部の指示により日本人調査を始めているというのが消息筋らが今まで伝えた話です。

朴成雨:分かりました。

必要な場合だというのが具体的に何を意味するのか、説明をもう少ししてくれませんか。

ムン・ソンフィ:はい,代表的な例を一つ入ろうとするなら解放前に死亡した日本人や日本軍兵士たちに対する調査があります。

2次世界大戦でドイツに勝利したソ連は1945年8月9日,日本の無条件降伏を受け取るための宣戦布告をしましたが。

この宣戦布告後1945年8月12日から日本が完全に降参を宣言した日の8月15日まで間に咸鏡北道,清津市ではソ連軍の‘ラナム上陸作戦’が進行されて,相当数の日本軍兵士たちが死亡したといいます。

こういう日本軍の死体らは主に清津,元山,南浦などの地に埋まっていたというんですが。

戦後、北朝鮮当局は、死亡した日本人兵士たちの死体一部を、日本に送ったということも出てきているのに正確な内容は確認されないでいます。

だが北朝鮮には、解放後本国で帰国できない日本人兵士たちと民間人らが少なくなく埋められているといいます。

しかしこのような死体らが埋められた墓はその間北朝鮮当局が放置してきたうえに、日本に対する敵対教育の被害でたくさん壊されたといいます。

この期に及んではこういう日本人たちの遺骨を探すといっても、死亡者が誰なのかを明らかにするのがとても難しいというんですが。

北朝鮮の国家保衛部や人民保安部が動員されて,こういう墓らを新しく探しているけれど死亡者身元確認には特別な進展がないといいます。

ところでこのような原因は日本人たちの独特の葬儀文化と関連があるというのが北朝鮮内部消息筋らの話です。

朴成雨:それはまた何の話ですか?

ムン・ソンフィ:北朝鮮内部消息筋らの話によれば日本人たちは葬儀を行う時,相手を確認するほどの痕跡を一切残さないといいます。

日本軍も北朝鮮で撤収する当時死亡した兵士たちの死体から軍識別番号を皆回収したといいます。

死亡者が誰なのか全く知らなくさせておいたということですが。

これは解放前北朝鮮で住んで死亡した一般人らの墓も同じことといいます。

日本人たちは死亡後廟議死体周辺に碑石他には本人を確認するほどの何の遺物を残さないというのが消息筋らの主張ですが。

それで北朝鮮でその間逆私有物らに対するき損が深刻だったが、日本人たちの墓に対する盗掘は相対的に少なかったという付随的な効果もあったといいます。

代わりに現在北朝鮮当局が国家保衛部と人民保安部を動員して,日本人たちの死体検索に乗り出したが、身元は確認できずにいると消息筋らは話しています。
その上身元がまったく変わった場合もあるといいます。

これが総連系帰国者などが北朝鮮に入ってくる時,北朝鮮に残っている家族らの墓に対して彼らにお願いした日本住民たちが多かったといいます。

それで北朝鮮にある帰国者などがその間、日本人たちの墓をこっそりと管理をしてきたケースが多いといいます。

ところで北朝鮮にある日本人たちの墓は北朝鮮住民たちと当局の顔色を見なければならないから北朝鮮現地住民たちのように墓碑を変えて,管理をしてきているということでしょう。

朴成雨:墓に日本の名前を使わないという意味ですね?

ムン・ソンフィ:はい,北朝鮮の人の名前で墓碑を偽装しているということでしょう。

こういう場合を意識して,労働党組織指導部や保衛部がそういう墓らがあれば相応の時に申告しろと帰国者などにたくさん通知をしているといいます。
だが後難を恐れる帰国者などがこれに応じないでいる、と消息筋らは話しました。

北朝鮮・日本関係の改善を期待する帰国者などは日本と北朝鮮の関係があまりにも将来を予測しにくいという点を指摘しながら,このように持ち主のない日本人たちの墓らが北朝鮮・日本関係に相当な障害物になりうるという憂慮を示しているといいます。

なぜならば北朝鮮当局が持ち主のない日本人たちの死体らを送りかえすという口実で日本政府に多くのお金を要求するとか、またいろいろ難しい条件らを作り出せばむしろ北朝鮮・日本関係は改善よりさらに悪くなれるというのが総連系帰国者などの心配事ということでしょう。

朴成雨:本当にそのようなこともあるでしょうね。

日本人拉致被害者調査が北朝鮮・日本関係を改善するのにちょっと役に立つことを多くの人々が希望をしています。

だが詳しくのぞいて見れば越えなければならない山がまだ本当に多いことを知ることが出来ます。
今までムン・ソンフィ記者と一緒にお話しました。

次の時間また期待します。
ムン・ソンフィ:はい,ありがとうございます。