お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2014年2月28日金曜日

北朝鮮ナンバー2 崔龍海を監禁か

http://www.fnkradio.com/board.php?board=newfnkb101&config=&command=body&no=10028

 

北朝鮮が離散家族対面を私たちの政府への‘肝っ玉が大きい恩返し’など云々しながらも,東海岸でミサイル発射を敢行する裏表の有る姿勢を見せている中で、北朝鮮第2人者に浮上した人民軍総政治局長‘崔龍海監禁説’に対する情報が28日入ってきて衝撃を与えている。


6ケ月もならない期間に北朝鮮の大物を2人や粛清する事例もめずらしくて極秘密に進行される事件であって消息筋は具体的な情報を入手するまで時間がかかることだと伝えた。


自由北朝鮮放送は北朝鮮の動きを鋭意注視しながら,関連情報をリアルタイム公開する予定だ。

昨年くれから、金正恩への動向が減っていた崔龍海が監禁されたという。本当なら、あの国はどうなっているんだろう。

2014年2月25日火曜日

遺言’と労働党第7次大会


<連載>チョン・チャンヒョンの‘金正恩時代北朝鮮読み取り’ (43)
チョン・チャンヒョン| tongil@tongilnews.com

北朝鮮を過大評価しているが、バランスのいい分析なので、翻訳してみた。

http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=106175

2015年は朝鮮労働党が創党されて70周年になる。
北朝鮮労働党と南朝鮮労働党が適当で,朝鮮労働党の名前で公式創党されたのは1949年6月だが,北朝鮮は1945年10月10日平壌で開かれた朝鮮共産党‘西北5道党責任者大会’(10~13日)を党創建日としている。

北朝鮮は党創建70周年をむかえて,来年10月35年ぶりに朝鮮労働党第7次大会を開くと予想される。


労働党規約によれば通常4年ごとに党の最高機関の党大会を開くように規定しているけれど北朝鮮は国内外情勢により党大会を不規則的に開催してきた。

しかし30年が過ぎるまで党大会を開かないのは非常に異例的で非正常的な状況だ。

2015年10月7次党大会開催予定

▲北朝鮮では金日成主席と金正日国防委員長の'遺言'が重要な政策基調に位置している。

北朝鮮は6次党大会以後党大会を開催したことがない。

金日成主席は1983年に“1985年まで社会主義経済建設の10代展望目標の中で重要な内容らを基本的に実現して、1986年に党第7次大会を開く”と言及した。

しかし北朝鮮は1980年代中盤第2次7ケ年計画目標を達成できず,2年間調整期(1985~1986)を経たし,第3次7ケ年計画(1987~1993)も目標値に達しなかった。

しかも金日成主席死亡以後には最悪の経済難を体験しながら‘苦難の行軍’,‘社会主義強行軍’道を歩かなければならなかった。
党大会を開く経済条件が作られなかった。

1999年北朝鮮は10余年ぶりに経済がプラス成長に戻って,新しい経済計画を提示する必要ができて国際環境が好転。2010年10月党創建55週年をむかえて,党大会開催を考慮した。

しかし南北首脳会談開催,北朝鮮,米対話急進展などで党大会開催はまた延ばされたし,2002年第2次北核危機が作られながら,より一層難しくなった。

党創建50周年の2005年と金正日国防委員長の党総秘書推戴10周年の2007年党大会に開催されるという予想もはずれた。

その後の北朝鮮が‘強い大国の門の開く年’と宣言した2012年に党大会が開かれるという展望が有力に提起されたが,2011年12月金正日国防委員長の死亡で失敗に終わった。

北朝鮮は後継者の公式登場と推戴行事も党大会でない臨時党大会に該当する党代表会に代った。

党代表自晦でも党規約改正と要人改編ができるが通常の党大会よりは規模が小さくて,比重が低いことに評価される。

1980年以後党大会が準備して失敗に終わる過程を見れば北朝鮮は経済問題と安保問題が解けてこそ党大会を開けると判断するようだ。

最近では統一問題まで新しい条件に追加されたと見られる。

今年新年辞で金正恩第1委員長は“偉大な首領様(金日成)が祖国統一と関連した歴史的文書に生涯の最後の親筆を残された20周年になる年”として“偉大な首領様と将軍様の遺言を敬って,今年の祖国統一運動で新しい前進を成し遂げなければならない”と言及した。

党大会開催のための国内外条件は皆金日成主席の遺訓と直接関連がある。

遺言は亡くなった人が生前に残した訓戒や教訓をいう。

北朝鮮は先代指導者が残した遺言を徹底して貫徹するのを後継者や継承者の最高徳性で宣伝(善戦)している。
北朝鮮で遺言の重要性は北朝鮮転任にたてた‘永生塔’を通じても難なく確認される。

平壌国際空港で市内中心部にくるならば100mに達する巨大な塔に会うようになる。

金日成主席逝去3周期をむかえて,建設した‘永生塔’だ。

この塔には“偉大な首領金日成同志は永遠に私たちと一緒におられる”という文が彫ってある。

北朝鮮は金日成主席逝去以後全国の主要工場.企業所.学校などに永生塔をたてた。
実際に平壌を訪問すれば“金日成主席は今日も私たちの人民と共におられる”という北朝鮮の宣伝を実感するようになる。
1998年憲法を改正しながら,国家主席職を廃止しながら,金日成主席を‘永遠の注釈’で推戴したほどだ。

それだけ北朝鮮で金日成主席の遺言は相変らずすべての政策の方向を定めて正当性を獲得する指標として作用する。

人民生活改善が最初の遺言

▲金日成主席の代表的遺言では人民生活向上が含まれている。

それなら北朝鮮が強調する金日成主席の代表的遺言にはどんな事があるか?
最初は富強祖国建設だ。

北朝鮮は金日成主席が逝去二日前に最後に指導した‘経済部門責任イルクン協議会’でも経済問題と人民生活問題に対し懇切な教示を与えたとし,経済建設を遺言で強調する。

金正日国防委員長も1994年10月20日労働党中央委員会責任一群らとある談話で“遺言を貫徹するための闘争で最も重要なのは人民生活を高めること”と明らかにした。

彼は“人民皆が白い米の飯に肉汁を飲みながら,絹の服を着て瓦の家で住むようにされようとするのが首領様の一生の願い”だったとし,人民生活分野で満足する成果を上げることも出来ない点を指摘した。

二番目は韓半島非核化と平和協定締結だ。

北朝鮮は国際社会が核廃棄を要求する時ごとに“韓半島の非核化は金日成主席の遺言”という返事を出している。
2010年1月北朝鮮は平和協定を提案しながらも“非核化に関する戦略的決断がなしで平和協定会談を提案しなかったこと”としながら“銃口を下ろして逆転しない非核化を実現するのは‘遺言’貫徹の脈絡で話していること”と明らかにした。

特に北朝鮮は最近“韓半島非核化は金日成主席と金正日国防委員長の遺言”としながら“条件ない早急な6者会談再開が重要だ”と強調している。
去る1月16日国防委員会名義で発表された‘重大提案’でも北朝鮮は“朝鮮半島非核化は民族共同の目標”として“朝鮮半島非核化を実現しようとするのはわが軍隊と人民の変わりない意志”と韓半島非核化に対する立場を再確認した。

三つ目は祖国統一3大憲章だ。

北朝鮮は金日成主席が逝去する一日前の1994年7月7日南北関係および統一と関連した文書に署名したと明らかにしている。
北朝鮮はこの文書に対して‘南北首脳会談と関連した中大門件’という程度だけ明らかにした。

南と北は1994年6月予備接触を持ってその年7月25日平壌で首脳会談を開催するように合意したが金日成主席の死亡で成し遂げることができなかった。

これと関連して金正日国防委員長は1997年<偉大な首領金日成同志の祖国統一遺言を徹底的に貫徹しよう>で金主席が統一方案で発表した‘祖国統一3大原則’(自主・平和統一.民族大団結)と‘祖国統一のための全民族大団結10代綱領’,‘高麗民主連邦共和国創立方案’を‘祖国統一3大憲章’と規定してこれを徹底的に貫徹していくことを促した。

ここで言及された‘祖国統一3大憲章’が金主席の遺言であるわけだ。

昨年の秋から北朝鮮の党と政府の幹部らの間では金正恩第1委員長が“金正日国防委員長の統一遺言を最短期間に貫徹する決心を下された”という話が出てき始めたという。

ここで金正日国防委員長の‘統一遺言’は6.15共同宣言と10.4宣言の全面的履行を意味する。

北朝鮮<朝鮮中央TV>ド初めての南北高位級接触合意を報道しながら“双方は南北関係を改善して,民族的団結と平和繁栄,自主統一の新しい時代を開く意志を確認”したとし,10.4宣言の合意文句を引用した。

もちろん現実的に南北関係を改善するためには2007年‘10.4宣言’で合意した懸案らを変化した状況に合うように履行するのが必要だろう。

昨年私たちの政界で行われたNLL論争で‘10.4宣言’で合意した西海特区構想は短期的に難しくなったためだ。

このような3大遺言他にも金日成主席や金正日国防委員長が提起したが果たせなかった個別事業らも遺言で議論される。
北朝鮮は昨年6月金正恩第1委員長が現地指導した宝城きのこ工場に対して金正日国防委員長の発起で建設を始めた‘遺言事業’で金正恩第1委員長が軍部隊に建設任務を任せて,完工したと報道した。

過去には達成しなければならない目標で遺言を強調する場合が多かったが最近では具体的に成果を出した後これを遺言貫徹で宣伝する場合が増加している。

7次党大会は唯一指導体系確立を宣言する行事

日本のある教授は“最近金正恩第1委員長の歩みを見れば2015年まで人民生活改善,平和協定(安保問題),南北関係改善など金日成主席の主要遺言貫徹で最大限成果を出そうと動いている”として“このような構想に成果を出して来年10月党創建70周年に合わせて,第7次党大会を開こうとする動きと見られる”と評価した。

韓国と米国の対北朝鮮担当者や北朝鮮専門家たちは頻繁に北朝鮮の突発性,不確実性を取り上げ論じる。

昨年12月米国議会調査局(CRS)も<北朝鮮の対米関係,核外交,内部状況>という題名の報告書で“張成沢処刑は色々な次元で金正恩政権の不確実性を高めている”として“金正恩第1委員長がこれからより一層挑発的で予測不可能な行動を見せること”と分析した。
しかし大部分の場合このような評価は北朝鮮を外部の見解と基準で見るために現れる。

北朝鮮の論理や内部政治流れを歴史主義的視点で見れば北朝鮮の行動はむしろ予測しやすい側面がある。

去る1月29日(現地時間)米国国家情報を総括している国家情報局(DNI)が米上院情報委員会に提出した報告書でおりた最近北朝鮮情勢に対する評価が一つの事例であろう。

“北朝鮮金正恩は権力の座に上がって2年が過ぎながら,唯一の指導者と最終決定権力者(authority)として彼の地位をより一層強化した。
粛清を通して,彼の統制力と忠誠心をより一層強化した。

金正恩は労働党全員会の開催等を通して,労働党官僚らを主要席に配置するなど労働党の地位を高めた。

金正恩と彼の体制は計画経済基調を維持しながら,北朝鮮人民らの人生と難しくなった経済を改善すると公開的に強調した。
金正恩はこのような政策を核兵器開発と経済開発を成し遂げるデュアル トラック(dual-track,並進政策)政策で明文化した.…北朝鮮は在来式軍事力の劣勢によって北朝鮮指導者が抑制と防御に焦点を合わせた。

長期的な分析によれば北朝鮮立場ではこのような核能力が抑制と国際的な地位,そして高圧的な外交を意図するのだ。”

米国国家情報局のこのような評価は‘長期的分析’と‘北朝鮮の立場’を考慮した‘あるそのままの情報’に基づいたと見られる。
それだけ北朝鮮の認識と内部状況把握で‘信頼度’を担保したといえる。

他の側面で見れば‘北朝鮮の急変事態’を言及する米国の個別官吏や専門家らとは違い、米国の情報当局は概して北朝鮮の情勢を比較的客観的に見ていることだ。

6者会談再開のための事前整地作業の一環でもある。
北朝鮮が来年に労働党7次大会を開く場合北朝鮮政治の透明性,‘予測の可能性’はさらに高まるものと見られる。
北朝鮮は2009年から2010年にかけてなされた党,本当に,軍に対する組織改編以後金正日時代に入ってきて,跛行的に運営された党中央委員会全員会の,政治局会議,党中央軍事委員会が正常に稼動し始めた。

特に昨年2月政治局拡大会の→3月党中央委員会全員会の→4月最高人民会議→内閣拡大全員会の開催を通して‘経済建設と核武力建設並進路線’を採択して,法制化および予算編成,実務対策など後続措置を用意していく意志決定過程は金正日時代には見られなかった現象だ。

金正日時代に跛行的になされた党の運営が正常化して‘集団的協議構造’が復元されることによって北朝鮮の路線と政策をもう少し正確に予測できるようになったのだ。

そのような点で2015年労働党7次大会開催は北朝鮮が‘非常体勢’から‘正常な体制’に安定化されて,金正恩第1委員長中心の唯一指導体系が確立されたのを対内外的で宣言する席になると予想される。

北朝鮮は年初から‘重大提案’を通じて,南北関係改善に積極的にでて,中国を仲裁者で6者会談再開を模索している。

今年北朝鮮の自らの設定した食糧生産目標は650万トンだ。

平均的にすべての住民に規定量の食糧を分配および供給できる水準だ。
2015年10月までは1年8ケ月が残った。

北朝鮮がこの期間の間‘3大遺言’貫徹に目標にした成果を達成して,党大会を開催できるか注目される。
韓国と米国の呼応がなければ不可能なためだ。

2014年2月22日土曜日

馬息嶺スキー場イモジョモ(あれこれ)


某所にあったスキー場に関する情報です。


馬息嶺スキー場を中心に東海岸に大観光地区が形成される。
馬息嶺ホテルにある観光案内地図によれば馬息嶺スキー場とウルリム滝、今後国際観光都市に組みこまれることになる元山市を経て金剛山、麻田と咸興を連結する一大観光地区を形成している。

馬息嶺スキー場の関係者によればいま第2段階建設が準備されていてスキー場の規模はさらに拡張されることになるという。

今季の冬から学生たちのスキーキャンプも始まった。

金日成総合大学と平壌建築総合大学、平壌第4小学校の学生たちが率先してスキーキャンプの日々を過ごした。学生たちは馬息嶺ホテルに宿泊した。

現在のスキー場では大学生と青年が入ることになる300人余り規模の宿泊施設が建設されている。 これは現在取りそろったホテルの能力とほとんど同じ規模という。

昨年に元山市を観光都市に設ける建設指揮部が設けられたという。
元山市の関係者によれば建設対象には世界各国の観光客が訪れる美術博物館も含まれているという。

朝鮮初の大型レジャー施設、馬息嶺スキー場が朝鮮のスキー選手、国内の人民、海外同胞、外国人らでにぎわっている。

昨年12月31日、江原道元山市にオープンした同スキー場は、平壌から178キロ、元山から24キロの場所にある。

現在、同施設を利用する人たちは、スキー場に隣接する馬息嶺ホテルでスキー道具一式のレンタル代、リフト代などの利用料を支払い、高級走路、中級走路、初級走路など10のコースでスキーを楽しんでいる。スキー場頂点のテファボンをはじめ、至るところにある休憩所では温かい飲み物や軽食が販売されていて、各所にケガ人のための治療所もある。

リフトに乗るときには、管理員がサポートしてくれるため、利用者は安全にリフトに乗ることができ、スキーを基礎から習いたい場合には「スキー教員」と呼ばれる以前選手だった指導員らがスキー技術をひとつずつ親切に教えてくれる。スキー場ではスノーボード、ソリも楽しむことができ、スケート場(夏にはローラースケート場として利用)やヘリコプター着陸場(ケガ人のためのもの)などもある。

スキー場は夜間にはライトアップされ夜景を楽しむこともでき、雪が降らない季節には、グラススキー場として利用される予定だ。

スキー場に隣接する馬息嶺ホテルの従業員たちは、利用客の意見を収集しながらサービスの質を高めるため尽力している。従業員たちのサービス精神が利用客の好評を得ている。

同ホテルは地下2階から地上9階までの1号棟、5階建ての2号棟があり、部屋数は合計約100室。

1号棟地下2階と地下1階には、ラウンジ、バー、プール(シャワー室とサウナも併設)、ジム、理髪室、美容室、レクリエーションルーム(ビリヤード、トランプ、チェス、囲碁、朝鮮将棋など)、ダンスホール、地上1階には受付、レストラン、喫茶店、地上2階にはレストラン、カンファレンスルーム、ギフトショップ、フォトスタジオ、子ども用プレイルーム、国際通信室、ラウンジなどがある。3階から8階までが客室で、最上階の9階にも喫茶店があった。

2号棟は2階にスキーウェアやリフト券の売り場、スキー用具の賃貸ホール、本屋、救急室などがあり、客室は6人用と2人用がある。ホテル利用者は1号棟から2号棟へ行く場合、2階の連絡通路もしくは1階から一度外へ出ていく。
いる。

朝鮮のスキー場と言えばこれまで、三池淵のペゲボンスキー場のみだった。ここを利用するのは、国内のスキー選手がメイン。そのため、一般大衆はスキーをしたことがない。スキー初経験の人のために、馬息嶺スキー場には、元選手らが多く勤め、便宜を図ってくれる。事前に申請すれば初級者もスキーやスノーボードを基礎から習うことができる。

スキー場に出ると、利用者らが楽しそうにスキーやスノーボード、ソリを楽しんでいた。家族連れの姿もあり、その睦まじい姿は微笑ましい限りだ。

スキー場の頂点、テファボン(1363㍍)にリフトを利用し登った。リフトで40分の道のりだったが、雪用のオートバイ(乗車は1人まで)、バス(同10人まで)に乗れば15分で着くという。40分という時間を短縮したい人にはうってつけのサービスだ。

山の形状が険しく馬が休んでいく嶺であるという由来から、その名を「馬息嶺」と言うだけに、リフトの道のりも厳しい傾斜だった。3つのリフトを乗り換え、山頂に着いた。

朝鮮の山脈、元山市、そして元山港に面した朝鮮東海を一望できる。

同休憩所では事前の予約を済ませておくと、食材を麓から持ってきてバイキングのサービスを利用することもできる。男性従業員は、「今後、総聯の同胞がテファボンに来るとなれば、いつになく歓迎したい。朝鮮の絶景を堪能してほしい」と語った。
テファボンからスキーで下山した。レンタルしたスキー用具一式を返すため室内に入っていくと、満面に笑みを浮かべたある人民の姿が目に飛び込んできた。

馬息嶺ホテルのサービス精神
   
馬息嶺スキー場と隣接する立派な建物が、馬息嶺ホテルだ。内装の多くに木が使われているため、ホテル内に入ると木の良い香りがする。
ホテルのロビーで蝶ネクタイを絞め黒いタキシードを着たホテルマンに案内されたのは、1号棟(2号棟もある)の3等室だった。部屋に入ると、想像を超えた豪華さに驚いた。

壁にかかった液晶テレビは、海外のものも含め21チャンネルを視聴することができ、有線によるインターネットも利用できる。立派なバスルームはアメニティーグッズが充実していて、分厚いバスタオルやタオル地のガウンが他のホテルとの違いを感じさせた。部屋では24時間、電気が通じ、熱い湯が出た。

ホテル全体の内装と同様、部屋の中の床や壁、天井などにも木がふんだんに使われていて、暖かい雰囲気が心地よい。1等室、2等室、4人用の家族部屋など(1、2、3等室は2人用)も見て回ったが、どの部屋もデザインに凝った豪華な作り。

唯一、24時間営業していたのが1号棟1階の喫茶店。ここの女性従業員は、昨年12月末に金正恩第1書記がスキー場とホテルなど一連の施設を訪れた際、第1書記に自身が入れたカプチーノを飲んでもらったと興奮気味に話した。当時、味の質をもっと高めるよう、第1書記から直接指摘を受けた。

同喫茶店でメニューを見ていると、その女性従業員がカプチーノを勧めてきたので、カプチーノを注文した。すると、「味はどうですか?」「今後どんなものを飲みたいですか?」と矢継ぎ早に質問された。海外から訪れた客の意見もどんどん取り入れ、サービスの質を上げたいのだという。

2014年2月21日金曜日

北南関係改善に向けた実践措置を/朝鮮国防委が「重大提案」

014.01.17 (17:43) │ 南北印刷 印刷

これも朝鮮新報の記事。記録として転載しておきます。

朝鮮国防委員会(以下、国防委)は16日、朝鮮の政府、政党、団体の委任によって、北南関係改善に向けた雰囲気をつくるための実践的な措置を取ることに関する南朝鮮当局への「重大提案」を発表した。

国防委は、「この重大提案が実現されれば離散家族・親戚の再会事業をはじめ、北南関係において提起されるすべての問題が解決されるであろう」と指摘し、南朝鮮当局が肯定的に呼応することへの期待を表明した。

今回、国防委が重大提案を発表した背景には、年始に北側が北南関係改善を呼びかけたことに対して、南当局がまたもや朝鮮半島の軍事的緊張状態をつくり出し、事実上和解を拒否している経緯がある。

金正恩第1書記は2014年を迎えて述べた新年の辞で、「北南関係改善の雰囲気をつくらなければならない」と呼びかけ、「百害あって一利なしの誹謗中傷をやめる時になった」と強調した。

これに対し、朴槿恵大統領は就任後初となる新年の記者会見(6日)で、離散家族再会事業を行うことを提案。北南関係に和解の兆しがもたらされることが期待された。

しかし南朝鮮当局はそのような態度とは裏腹に、年始から軍事境界線近くで戦争演習を繰り広げた。

さらに、大規模な北侵核戦争演習である「キー・リゾルブ」「フォールイーグル」米・南合同軍事演習を2月末から行うと公表した。

今回、国防委が発表した「重大提案」の内容は、誹謗、中傷行為と軍事的敵対行為を全面中止し、核の災難を防ぐための措置を相互で取るというもの。

誹謗、中傷の全面中止に関しては、1月30日から旧正月を契機に、互いに刺激するすべての行為を全面中止することを南朝鮮当局に正式に提議した。

軍事的敵対行為の全面中止に関しては、南朝鮮当局が「定例的」「防御的」との美名の下に2月末から強行しようとしている「キー・リゾルブ」「フォールイーグル」合同軍事演習を中止すべきであるとした。

また、外部勢力と結託して行う全ての軍事的な敵対行為を無条件、直ちに中止することを提議。とくに、朝鮮西海5島のホットスポットを含めて、地上、海上、空中で相手を刺激する全ての行為を中止することを強く求め、この提案の実現のために、朝鮮が実践的な行動を先に見せることになると表明した。

核の災難を防ぐための措置を相互で取っていくことに関しては、朝鮮半島の非核化は民族共同の目標であると言明、南当局がこれ以上、米国の核攻撃手段を南朝鮮とその周辺地域に引き入れる無謀な行為を続けるべきではないと指摘した。

そして同族に害を与える外部勢力の核は容認し、全同胞を守る同族の核は否認するといった背反的な行為、態度とはきっぱり決別しなければならないというのが朝鮮の主張であると強調した。

 

重大提案の原文

우리 민족끼리의 단합된 힘으로 북남관계개선의 활로를 열어나가자 남조선당국에 보내는 중대제안 조선민주주의인민공화국 국방위원회(2014/1/16)
2014年1月17日 9:23
우리 민족끼리의 단합된 힘으로 북남관계개선의 활로를 열어나가자
남조선당국에 보내는 중대제안
조선민주주의인민공화국 국방위원회(2014/1/16)
쓰라린 비극의 민족분렬사에 21세기 14번째의 년륜이 새겨지고있다.
해와 달이 바뀔수록 깊어만지는 겨레의 가장 큰 아픔은 외세에 의하여 강요된 국토량단과 민족분렬의 엄연한 현실이다.
여기에 끝장을 내려는 단호한 결심을 품으시고 올해의 첫 려명이 터오는 뜻깊은 시각 내외에 천명하신 절세의 애국자의 애족,애민의 뜨거운 호소와 조국통일과 평화번영을 앞당겨 안아오시려는 철의 의지는 삼천리강토와 온 민족은 물론 세계의 마음들을 뜨겁게 달구고있다.
그러나 유독 남조선의 현 집권자들만이 유전으로 체질화된 대결의 늪에서 헤여나지 못한채 새해벽두부터 상서롭지 못하게 놀아대고있다.
마치 엄중하게 번져지고있는 북남관계의 현 경색국면이 우리때문인것처럼 여론을 조작하고 잘 알지도 못하는 남의 집안일을 놓고 함부로 꺼들며 그 무슨 《급변사태》의 허황한 꿈을 꾸다못해 있지도 않는 《도발》과 《위협》에 대하여 꾸며대면서 정세를 고의적으로 긴장시키고있다.
지어 세기와 년대를 넘으며 신물이 나게 써온 상투적인 수법 그대로 《년례적》이며 《방어적》이라는 구실밑에 해마다 벌려온 침략적인 《키 리졸브,독수리》합동군사연습까지 기간을 앞당겨 2월말부터 강행하겠다고 떠들어대고있다.
이 전쟁연습체계안에서 계획되여있는 《쌍룡》상륙작전연습만 하여도 평양타격을 노리고 최대규모로 벌어지게 된다고 한다.
문제의 위험성은 이러한 군사적움직임이 미제침략군의 숱한 땅크,장갑차집단과 비행대편대를 비롯한 새로운 해, 공군력량이 남조선과 그 주변 현지에 은밀히 전개되고있는 상태에서 벌어지고있다는데 있다.
1.
조성된 사태의 엄중성에 대비하여 조선민주주의인민공화국 국방위원회는 공화국의 정부, 정당, 단체들의 위임에 따라 남조선당국에 다음과 같은 원칙적인 문제들을 제안한다.
북남관계개선의 분위기를 마련할데 대한 뜨거운 호소에 부응하여 실천적인 조치부터 취할것을 제안한다.
북남관계를 개선하고 민족적화해와 단합을 이룩하려는것은 우리 군대와 인민의 변함없는 립장이다.
이로부터 우리는 오는 1월 30일부터 음력설명절을 계기로 서로를 자극하고 비방중상하는 모든 행위부터 전면중지하는 실제적인 조치를 취하자는것을 남조선당국에 정식으로 제의한다.
올해는 력사적인 6.15공동선언과 10.4선언의 정신에 따라 북남사이에 호상 비방과 모든 형태의 심리전을 중지하기로 《6.4합의》를 이룩한 10돐이 되는 뜻깊은 해이다.
민족앞에 서약한 이 합의를 존중한다면 우리의 제의를 받아들이지 못할 아무런 리유도 없을것이다.
진정으로 북남관계가 개선되기를 바란다면 당국자들자신부터 입건사를 잘하고 언론매체들을 관계개선의 분위기조성에로 이끌어 조선반도전역에 화해와 단합의 열풍이 일게 하여야 한다.
이제는 백해무익한 비방증상과 반목질시의 악순환에 종지부를 찍고 우리 민족끼리 화목하게 지내야 한다는 겨레의 목소리에 더이상 귀를 막아서는 안될것이다.
2.
민족의 안전과 평화를 수호할데 대한 력사적인 호소에 화답하여 상대방에 대한 모든 군사적적대행위를 전면중지하는 실제적인 조치를 취할것을 제안한다.
사소한 우발적인 충돌도 그 즉시 전면전쟁에로 번져질수 있는것이 오늘의 조선반도현실이다.
이제 이 땅에서 터지는 전쟁은 대국들에게는 어부지리를 주게 되고 우리 겨레에게는 민족의 공멸을 가져다주는 상상밖의 재난으로 될것이다.
이로부터 우리는 외세와 야합하여 동족을 겨누고 벌리는 모든 군사적인 적대행위들을 무조건 즉시 중지할것을 다시금 제의한다.
당면하여 남조선당국은 《년례적》이며 《방어적》이라는 미명하에 2월말부터 강행하려는 《키 리졸브,독수리》합동군사연습부터 중단하는 정책적결단을 내려야 할것이다.
미국과의 《합동》과 《협동》이 그처럼 버릴수 없는 소중한것이라면 그것을 조선반도의 령토와 령해,령공을 멀리 벗어난 한적한 곳이나 미국에 건너가 벌려놓으라는것이 우리의 립장이다.
우리에 대하여 말한다면 지난날과 마찬가지로 지금은 물론 앞으로도 외세를 끌어들여 민족의 안전과 평화보장에 저애가 되는 군사적행동을 벌리는 일이 없을것이다.
우리는 특히 총부리를 맞대고있는 서해 5개섬 열점지역을 포함하여 지상,해상,공중에서 상대방을 자극하는 모든 행위를 전면중지할데 대하여 특별히 강조하여 제안한다.
이 제안의 실현을 위하여 우리는 실천적인 행동을 먼저 보여주게 될것이다.
3.
이 땅에 초래할 핵재난을 막기 위한 현실적인 조치도 호상 취해나갈것을 제안한다.
조선반도비핵화는 민족공동의 목표이다.
따라서 조선반도비핵화를 실현하려는것은 우리 군대와 인민의 변함없는 의지이다.
우리가 보유한 핵무력과 병진로선에 대하여 말한다면 그것은 우리 민족모두에 대한 미국의 핵위협과 공갈을 종식시키고 조선반도의 비핵화는 물론 세계의 비핵화까지 내다본 민족공동의 보검이며 가장 정당한 자위적인 선택이다.
우리 핵무력은 철두철미 미국의 핵위협을 억제하기 위한 수단이지 결코 동족을 공갈하고 해치기 위한 수단은 아니다.
우리는 이 기회에 남조선당국이 더이상 미국의 위험천만한 핵타격수단들을 남조선과 그 주변지역에 끌어들이는 무모한 행위에 매달리지 말데 대하여 정중히 제안한다.
동족을 해치는 외세의 핵은 용인하고 온 겨레를 지키는 동족의 핵은 부인하는 이중적행태와 단호히 결별하여야 한다는것이 우리의 주장이다.
이상과 같은 우리의 중대제안에는 외세를 배격하고 우리 민족끼리의 립장에서 나라의 자주통일과 평화번영을 앞당겨오려는 온 겨레의 지향과 요구가 그대로 담겨져있다.
이 중대제안이 실현되면 흩어진 가족,친척상봉을 비롯하여 북남관계에서 제기되는 크고작은 모든 문제들이 다 풀리게 될것이다.
우리 민족끼리의 단합된 힘으로 북남관계개선의 활로를 열어나가자는것이 우리 군대와 인민의 한결같은 요구이다.
우리는 남조선당국이 우리의 원칙적인 중대제안에 긍정적으로 호응해나오리라는 기대를 표명한다.
조선민주주의인민공화국 국방위원회 주체103(2014)년 1월 16일

全国農業部門分組長大会、平壌で初開催/第1書記の書簡伝達 「農村問題の最終的な解決を」

2月15日 

朝鮮新報より

 

昨年、朝鮮の農業部門はきびしい条件と自然気候の中でも生産において革新をもたらし人民生活向上に貢献したと高く評価された。農業部門ではまた、昨年から分組管理制の中で、農業従事者の役割を高めるための「圃田(田畑)担当制」を実施している。なかでも三支江協同農場(黄海南道載寧郡)は、「圃田担当制」の実施に加え、現物分配の実施など農業従事者の意欲をかき立て、収穫高のアップを実現した。

史上初めて開催された全国農業部門分組長大会(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

史上初めて開催された全国農業部門分組長大会(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

全国にこれらの経験が広く普及されているなか、史上初めてとなる全国農業部門分組長大会が6~7日、平壌体育館で行われた。金日成主席が「社会主義農村問題に関するテーゼ」を発表した50周年を迎えて行われた同大会では、農業生産において収められたこれまでの成果と経験について総括し、農業従事者たちが朝鮮労働党の提示した穀物生産目標を達成するための課題と方法について討議が行われた。

大会では、金正恩第1書記が参加者に送った書簡「社会主義農村テーゼの旗印を高く掲げて農業生産で革新を起こそう」が伝達された。

金正恩第1書記は書簡で、社会主義農村テーゼに示された課題を貫徹して、農村建設に新たな転換をもたらし、農村問題を最終的に解決するための問題について明らかにした。

第1書記は、朝鮮はすでに政治・思想強国、軍事強国の堂々たる地位を占めており、農業を立派に営んで食糧を自給自足しさえすれば、敵がいくら策動しても朝鮮式社会主義は微動だにしないと強調し、社会主義農村テーゼ発表50周年に当たる今年、農業を立派に営み、党と国家が提示した穀物生産の課題を必ず遂行し、朝鮮労働党創立70周年を迎える2015年からはより高い穀物生産目標を達成しなければならないと指摘した。

分組から新たな飛躍を

大会には、朴奉珠内閣総理、朝鮮人民軍の張正男人民武力部長、朝鮮労働党の金己男書

記をはじめ党、国家、軍隊の幹部と各道党の書記、党、武力・政権機関、勤労者団体、省・中央機関の幹部、全国の模範的な分組長と道・市・郡農業部門の幹部、関連単位の幹部が参加した。

報告を行った朴奉珠内閣総理は、分組を強化することを重要な問題とし、独創的な分組管理制を創出した金日成主席と、先軍時代の農業革命方針を打ち出し、その実現のための闘いを精力的に導いた金正日総書記の業績について述べた。とくに、総書記の指導の下、分組管理制は農業従事者の熱意を発揚させる朝鮮式の優れた管理・分配制度として発展したと指摘した。

そのうえで、分組長をはじめ農村の末端幹部と経済指導幹部が、社会主義農村建設と農業生産で新たな飛躍の熱風を強く巻き起こすことについて強調した。

大会では討論が行われ、各討論者たちが分組管理制の優位性を活かしていくなかで収めた成果と経験について語った。

(朝鮮新報)

2014年2月20日木曜日

第11次韓国、ドイツ国防政策会の開催…東西ドイツ軍事統合ノウハウ共有など


朴大統領が「統一」に前向きなことから、韓国政府でも公に研究を行っているようだ。根拠があってのことなのか注目している。

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=192634

 

国防部も統一準備? 西ドイツ軍統合’習う

南北離散家族対面行事と南北高位級接触などで
政府部署らが自分の各々[統一準備]をするのに余念がない姿だ。
国防部も同じことなのか。
国防部は18日午後2時ソウルで
<イジョンギ>国防部国際政策官と
<クィムノ(Thorsten Kahler)>ドイツ国防部安保政策局長が参加する,
第11次韓国、ドイツ国防政策会議を持つ。

国防部は[今回の会議で韓半島,アジア,太平洋地域安保情勢およびヨーロッパ情勢,
両国国防交流協力強化方案を議論する]と明らかにしたが
目を引く主題は他のものだ。

東ドイツ軍は西ドイツ軍に統合される時,1階級降格される侮辱を受けることもした。

国防部は東西ドイツ統一過程で
どのように東ドイツ軍を吸収統合したのかに対するノウハウを聞いて,
韓半島統一時に役に立つ軍事統合関連情報提供を受けるという。
韓国とドイツ国防部間の政策会議は2010年第10次会議以後3年ぶりという。
ドイツは1954年韓国戦争が終わった直後敗戦国にもかかわらず釜山に野戦病院を設立したし,
国連安保理緊急救護計画により経済支援もした。

また1960年代我が国が海外から資金を引き込めずにいる時
ドイツ派遣勤労者らの賃金を担保で経済開発に必要な巨額を支援することもした。

ドイツは北朝鮮の天安艦爆沈,延坪島砲撃挑発の時も我が国の立場を支持した。

2014年2月18日火曜日

北朝鮮の対中国鉱物資源輸出 石炭が多い

북한 대중국 광물 수출 対中国鉱物資源輸出
품목명 2012년 2013년
数量(トン) 金額 単価 数量 金額 単価
(천달러) (달러/톤) (천달러) (달러/톤)
石炭 11,874,720 1,198,491 100.9 16,549,086 1,379,789       83.4
鉄鉱石 2,412,085 248,576 103.1 3,060,781 298,653 97.6
연광 76,774 34,560 450.2 117,549 59,387 505.2
マグネサイト 106,145 30,277 285.2 86,532 29,366 339.4
金銀 138,700 25,145 181.3 130,805 23,566 180.2
      26,326          17,351        659.1  24,704 10,064 407.4
亜鉛 17,058 6,816 399.6 15,391 5,486 356.4
チタニウム 35,665 7,559 211.9 25,931 3,783 145.9
その他 -  -  219,445 8,120 37
合計 14,687,473 1,568,775 20,188,902 1,808,945
(단가 : 금액/물량)
북한 대중국 광물 제품 수출(2013년)
품목명 수량(톤) 금액(천달러) 단가(달러/톤)
アルミ 20,087 37,658 1,874.70
亜鉛 27,387 51,450 1,878.60
선철 165,858 59,620 359.5
페로얼로이 22,445 16,129 718.6
잉곳 등 20,728 7,271 350.8
정제한 동과 동합금 3,127 24,566 7,856.10
철 및 비합금강의 반제품 22,882 9,416 411.5
합계 282,514 206,110

http://www.nokori.or.kr/bin/minihome/index.html?seq=3783

馬息嶺スキー場本格運用

http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=106075

野営というのは、キャンプの意味のようだ。

子供達も楽しんでいるようだが、外貨収入はあるのか心配になる。

北馬息嶺スキー場,青少年学生スキー野営など本格運営
イ・スンヒョン記者| shlee@tongilnews.com

▲金日成総合大学,平壌建築総合大学,平壌第4小学校学生たちが馬息嶺スキー場でスキー野営を始めるなど馬息嶺スキー場が本格運営に入った。
[写真-労働新聞キャプチャー]


北朝鮮で馬息嶺スキー場が青少年学生たちのスキー野営を始め本格的な運営に入った。
<朝鮮中央通信>は17日金日成総合大学と平壌建築総合大学,平壌第4小学校の学生たちが馬息嶺スキー場でスキー野営の毎日を送るようになったと報道した。


昨年12月31日馬息嶺スキー場の開場式を開いた後先月から北朝鮮駐在外交官・無関係家族らを招請したり一部外国人観光客らを制限的に受け入れた一種の試験運営をして1ヶ月余りたった。


通信は青少年学生たちが馬食領ホテルに宿泊した後、スキー教員らの助けを受けて,スキー訓練に入った。

2014年2月16日日曜日

北に有機質肥料供給してこそ"

http://www.pressian.com/news/article.html?no=27665

北朝鮮の農業問題は基本的には肥料問題でもある。

キューバは確かに学ぶべき点がある。


[平和センター政策フォーラム]キム・ソンフン前長官,“キューバ有機農法,北に必要”

北朝鮮は深刻な食糧難を打開する方案で,有機農業を通して,食糧自給率を95%まで押し上げた同じ社会主義国家キューバの事例を調べる必要があるという主張が提起された。

キューバも北朝鮮のように米国から経済制裁を受ける状況だが,むしろ不足した化学肥料を有機質肥料でいったい,環境と生産量,二匹ウサギを皆捉えた(一石二鳥)という指摘だ。

合わせてキューバ当局者らが北朝鮮に対する有機農法支援用意を明らかにしている時点で,韓国,北朝鮮は危機に直面した北朝鮮の食糧および農業問題を解決する方便で,‘北朝鮮に有機質肥料(堆肥)送り運動’を推進しなければならないという具体的な方案も提示された。

***キム・ソンフン前農林部長官,“キューバ,有機農業で食糧自給率大きく上がって" **

農林部長官を歴任して私たちの民族お互い支援運動共同代表を受け持っているキム・ソンフン中央大教授は19日“食糧危機を体験している北朝鮮は有機農業の世界的なメーカーと認められているキューバから教訓を得なければならない”と主張した。
キム・ソンフン教授はこの日私たちの民族お互い支援運動平和分け前センターが開催した第7回政策フォーラムで<キューバはどのように食糧危機を抜け出したか-キューバの有機農業成功が北朝鮮に与える教訓>という主題の基調発表を通して,このように主張した。
金教授によればキューバは有機農業以前の1990年には食糧自給率が43%に過ぎなかったが1991年有機農業を本格的に始めた以後2002年には自給率が95%に大きく上がった。

合わせて食生活パターンが有機農産物中心に変わることによってキューバ国民健康水準も大きく上昇して,病院患者数も30%激減したし,嬰児死亡率も世界第2位で大きく低くなった。

金教授は“総生産性も初期2年期間には若干落ちたが1994年を基点(起点)で上昇し始め,一般慣行農業生産実績と似てきて1997年以後からはむしろさらに増加する傾向を見せている”として“これは有機農業は生産性減少につながるという固定観念が違ったとのことを見せる”と強調した。

すなわち一時は70年代全地球的に農薬と化学肥料が後押しした種子革命による慣行農業を'緑色革命(Green Revolution)'と呼んだがキューバの事例を見ればこの慣行農業は人類の健康と環境生態系を破壊した'黒い革命(Black Revolution)'日だけであり,有機農業が真の'青い革命(Blue Revolution)'という説明だ。

***“キューバ,‘ち密で単純’する有機農業戦略で成功"**

金教授が説明するキューバの有機農業戦略は本当に‘ち密ながらも,単純’する。
1991年有機農業を宣言して民官合同で事業を推進したキューバがこの事業で成功した技術的要因は有機農法につりあった方辺土(ミミズが吐きだした肥沃な土壌)を探すための努力でその例を探せる。

キューバは最も理想的である方辺土を探すために世界各国のミミズをみな集めたし,どんなミミズが最も多い方辺土を生産するのか探して,これを全国に普及した。

今はこの段階を越えて,どの餌を与えればどんな成分の方辺土を与えるのかまで把握,必要により違った方辺土を生産やり遂げることさえする。

また有機農業を最大限はやく定着させるためにすべての土壌を方辺土で満たすのではなく植物が育つ土壌の部分にだけ方辺土を満たしてコ・ランや二おかげなど直接関連がない土地はそのまま置いて,有機農業定着時間を短縮させた。
合わせて親環境的の努力を傾けて,有機農地周辺にはハーブやとうもろこしを栽培,害虫を故風を防ぐ効果を捜し出した。
これに対して金教授は“素朴だが科学的な方法”と評価した。

***“指導者決断重要”-“北朝鮮状況,キューバの有機農開始背景と類似"**

キューバの有機農業が成功するようになったまた違う要因では制度と政策を上げられる。

金教授によればキューバは有機農業を女性中心に進行していて中学校以上学生たちは年間45日以上の実子恋敵営農体験活動をするようにした。

金教授はまた“キューバのカストロはすでに1967年から大学卒業生らにレイチェル カアスン女史の名著,<沈黙の春(The Silent Spring)>をプレゼントした”と強調した。

<沈黙の春>は慣行農業の弊害を指摘した先駆者的著書と認められている。
合わせて社会主義国家のキューバは果敢に土地所有は国家でするものの個別利用を許容,多様な形態の土地制度を設定,国民の意欲を増大させた。

だが金教授によればこのような土地制度は当時キューバとしては仕方ない選択でもあった。
米国の経済封鎖で農機械や石油などを自由に輸入できなくて,資材難を体験していたキューバは土地の規模化の代わりに土地の分散化を通して,農機械よりは人材に依存するようになった。

キューバはまた既に年間1百万トンの化学肥料,2万トンの化学農薬,そして石油を原料でする化学合成物質を輸入してきたが旧ソ連と同旧社会主義圏の没落でこれさえも絶対的に不足した。

このような点などがキューバが有機農業に集中するようになる背景を用意してやったわけだ。
キューバと同じように米国の経済封鎖と旧ソ連崩壊で援助および輸入が自由でない北朝鮮には示唆するところが大きいと金教授は力説した。
金教授はこれに対して“食糧および農業問題と環境生態系問題を同時に解決しようとする時代的課題をキューバは国家非常事態を契機にして,果敢に近代化学農法の鎖を脱いでしまい親環境有機農法で挑戦したしその試みが奇蹟のように成功したこと”と話した。

***“北,食糧難解消ためにキューバ有機農業を考えるべき”**

金教授は引き続き“キューバと事情が似た北朝鮮はこのようなキューバ式有機農業を推進して,見る必要がある”と主張した。
北朝鮮もキューバのように米経済封鎖と社会主義圏没落で主体農法などの大規模営農をするには農機械と石油などが非常に不足して慣行農法をするにも化学肥料などが充分でないという説明だ。

金教授はまた“とうもろこし,ジャガイモなどの畑作物中心の北朝鮮はキューバも畑作物中心の有機農業を実施しているという点で明らかに教訓を得られること”と説明した。

特に周辺状況も北朝鮮には有利な状況だ。
昨年に続き今年にもキューバ有機農業大会に参加するためにキューバを訪問した金教授はキューバ農林部次官と行政処長など有機農普及責任者に会って,北朝鮮食糧難解決のために支援意志を打診したのに彼らは皆支援用意を表明したのだ。
彼らはしかし“向こう側の意志如何にかかっている”という話(言葉)を付け加えた。
有機農をするためには初期には生産量が減る可能性もあるのに直ちに食糧難で餓死者ができている北朝鮮である官僚が責任を引き受けて猫首に鈴を付けられるかということだ。
これと関連して金教授は“この問題解決のためには指導者の決断が最も重要な問題”と指摘した。

***“韓国,北への有機質肥料供給運動,一石三鳥効果"**

その上土壌に有機質成分がすでに枯渇して,自然循環がなされていることも出来ない北朝鮮にあっては‘純循環’が進行されるためにはプスムムリナ堆肥などの有機質肥料が非常に足りない状況だ。

このような悩みの一応金教授がカナダUBC大学で留まった2002~3年の間会った北朝鮮農業科学院および平壌(ピョンヤン)農科大学代表一行の説明でものぞけたと金教授は説明した。

彼らは北朝鮮農業を親環境農業分野に転換することを内心悩んでいたがこれを後押しする有機農資材と技術確保に困難があることを表わしたのだ。

これに金教授は"北朝鮮に有機質肥料(堆肥)供給運動“を提案した。
”北朝鮮は現在相当水準の微生物製剤を開発しているので私たちが有機質肥料を提供すれば活路を見出せること“これという説明だ。

金教授はまた“この運動は畜産糞尿が過剰放出されることによって山川汚染などの環境汚染と家出病気が蔓延している私たちにも得して土質に有機成分が不足,生産力増大に限界を見せている北朝鮮にも得すること”と主張した。

合わせて“全国であふれ出る山林および農業副産物を混ぜて,発効させて,国際規格の有機質肥料を作ったら国内有機農業も支援するようになり1席3兆の効果があること”と強調した。

***“一部政治家,環境.農業不感症”“農業冷遇,大きい危機直面"**

金教授は“このような方案を政府に建議すること”としながら“国内農政予算の一部分だけ節約してもこれは十分にできる”と強調した。
だが金教授はゴルフ場建設を働き口創出などの経済活性化の一手段と考える政府内一部官僚らの形態に対しては“だいぶ憂慮の姿”としながら批判的な姿を見せた。

合わせて金教授は“一部政治家たちは環境と農業問題に対しては不感症にかかったような姿”と指摘しながら“農業を冷遇すればエネルギー波動を体験している状況で本当に大きい危機に直面することができる”として覚醒を促すこともした。

2014年2月15日土曜日

北朝鮮で芸能人の粛清あいつぐ

張成沢の粛清は継続中のようだ。芸能人まで捕まえて、効果があるのだろうか。むしろ無慈悲な指導者という悪い効果がある気がする。


ソウル-ムン・ソンフィxallsl@rfa.org
2014-02-12

http://www.rfa.org/korean/in_focus/purge-02122014092316.html


アンカー:張成沢の側近に分類された北朝鮮芸能人40人余りが清津市のスソン教導所’に収監されたと知らされました。
収監者ら中には‘牡丹峰楽団’手柄俳優リュ・ジンアと‘朝鮮芸術映画撮影所’人民俳優のリ・イクスンが含まれていると消息筋らは伝えました。
ムン・ソンフィ記者が報道します。


“張成沢の一党に指名された40人余りの芸術家らが咸鏡北道,清津市教化所’に収監された”と北朝鮮内部に精通した消息筋が10日,自由アジア放送に明らかにしました。


貿易事業のために旧暦正月前北朝鮮を行ってきたというこの消息筋は“咸鏡北道の外貨稼ぎ幹部から直接聞いた”と話して,自身の話に信憑性を加えました。


このような内容の確認を依頼された北朝鮮内部の一消息筋も11日,“清津市教化所’に多くの芸術家らが収監されたという便りはすでに咸鏡北道住民たちの中でよく知られている”と話しました。


収監された芸術家らは張成沢一党の女関係問題にかかわったと理解しているとし,収監者ら中には‘牡丹峰楽団’俳優リュ・ジンアと‘朝鮮芸術映画撮影所俳優がいると知っていると言及しました。
これと関連してまた他の咸鏡北道の消息筋も“朝鮮芸術映画撮影所と平壌曲芸団,万寿台芸術団俳優らが去る1月17日,二台の大型護送差にのせられて‘管理所’に収監されたという話を聞いた”と強調しました。


彼ら中‘牡丹峰楽団’歌手リュ・ジンアは張成沢と恋人関係と知らされたし‘朝鮮芸術映画撮影所’俳優リ・イクスンは張成沢一党に女優らを斡旋する役割をしたと知らされていると彼は説明しました。


金正恩労働党第1秘書の指示で組織された‘牡丹峰楽団’は2012年7月に初めての姿を表わしたし,昨年7月21日‘牡丹楽団’歌手ら中リュ・ジンアに初めての手柄俳優称号を授けると北朝鮮の‘朝鮮中央通信’が伝えたことがあります。


‘朝鮮芸術映画撮影所’人民俳優のリ・イクスンは2012年2月,北朝鮮当局が初めて制定した‘金正日賞’受賞者で北朝鮮と英国,ベルギーが共作した芸術映画‘金トンム空を飛ぶ’で炭鉱支配人で出演したりもしました。


彼ら芸術家らが収監された清津市教化所という‘1級政治犯’らを収監する監獄で今の人民軍総政治局長崔竜海がかかわった過去‘青年同盟事件’当時にも‘中央庁年芸術宣伝隊’女優らが収監された所と知らされました。

2014年2月12日水曜日

【2014年春のジャーナリスト講座】

手前ミソですが。


〇2月13日(木)18時半から21時 「東アジアと安倍政権」  五味洋治・東京新聞編集委員
案内文
  北朝鮮のナンバー2処刑のニュースは世界を驚かせました。一方で年末の安倍首相の靖国参拝。米国からも「失望」のメッセージが届きました。 東アジア情勢は今年、どう動くのか。安倍政権の行方は。北朝鮮問題の専門家、五味編集委員からじっくりと、お話をうかがいます。
参加希望の方は氏名、参加希望日、電話番号、メールアドレスを明記して日本ジャーナリスト会議(JCJ)事務局にメールでお申込みください。
メルアド jcj@tky.3web.ne.jp
参加費:1000円
定員:40人
問い合わせはJCJ事務局(03・3291・6475=月・水・金の午後)へ

2014年2月11日火曜日

張成沢連座、さらに拡大化? RFA

http://www.rfa.org/korean/in_focus/nk_nuclear_talks/recall-02072014092720.html

もともと中国国内の組織は張成沢との関連が指摘されていた。順番に調査を受けているのかも知れない。

 

北,中国内外貨稼ぎ責任者ら召還
中国-金ジュンノxallsl@rfa.org
2014-02-07
北朝鮮が中国に投資した二大外貨稼ぎ業者の北京ヘダンファ食堂と瀋陽の七宝山ホテル支配人が皆強制召還されたと知らされました。
中国で金ジュンノ特派員が報道します。

北朝鮮の中国内最も大きい外貨稼ぎ機関の責任者らが張成沢粛清を前後して,皆帰国措置されたと知らされました。
中国,丹東のある対北朝鮮貿易会社幹部消息筋は北京所在ヘダンファ食堂をはじめとする7ケ北韓国式食堂を総括している支配人が昨年10月中旬召還されて戻らないでいると7日自由アジア放送(RFA)に明らかにしました。

消息筋は“この支配人は平壌ヘダンファ館支配人の夫で平壌ヘダンファ館の副支配人職責も持っている人と知られている”としながら“彼が召還された時点が張成沢の粛清発表がある前の去る10月中旬だった”と話しました。

消息筋はまた“張成沢処刑と共に平壌ヘダンファ館支配人も共に粛清されたと伝えられている”としながら“平壌ヘダンファ館支配人が張成沢と深い関係といううわさもあった”と付け加えました。

したがって北京ヘダンファ館支配人も召還された後粛清された可能性が高いとこの消息筋は強調しました。

消息筋は続いて“平壌ヘダンファ館が丹東の新市街地にある丹東市政府庁舎近所に大型食堂を賭けにして北京ヘダンファ館支配人が建物まで物色する予定だったが支配人が本国で召還されたせいでその計画は不発に終わった”と話しました。
一方中国,瀋陽に位置した4星級ホテル七宝山ホテル支配人も召還されたと知らされました。
中国,瀋陽の対北朝鮮消息筋は“七宝山ホテル支配人は張成沢処刑以後中国貿易駐在員らがぞろぞろ召還された昨年11月に帰国した後まだ戻れずにいる”と話しました。

消息筋は続いて“召還された後彼の身辺に対して分からないが彼が誤ったということを他の貿易駐在員らから聞いた”と話しました。
‘誤った’という話(言葉)は彼が粛清されたとのことを迂回的に表現したという主張です。

瀋陽駐在北朝鮮総領事館付近に位置した七宝山ホテルは中国内北朝鮮所有の唯一の不動産で買入当時より不動産価格が大きく上がって,北朝鮮の成功的な投資事業体に選ばれています。

瀋陽,七宝山ホテルは北朝鮮の‘保険総会社’所属と知られていながら,投資成功に続く活発な経営実績で良い評価を受けたのに支配人が召還されたのに続き粛清説まで出回って,張成沢との関連説を後押ししています。

2014年2月9日日曜日

金正恩,軍幹部階級上げたり下げたり

2011-12-031  

東亜日報の記事

日本語版もあったが、韓国語版が詳しいので私が、すこし手を加えた図をまじえて残しておきます。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?bicode=050000&biid=2014020650628


張正男人民武力部長,大将→上将
‘階級章統治の術’で忠誠競争誘導
最近大将で上将(韓国軍中将)で降格されたことが確認された北朝鮮張正男人民武力部長(韓国の国防部長官).

北朝鮮張正男人民武力部長(韓国の国防部長官)が隊長で上将(韓国軍中将)に降格されたことが確認された。

朝鮮中央TVが4日放映した第111号白頭山選挙区投票者大会映像で彼が上将階級章を付けて演説する姿が捉えられた。

金正恩労働党第1秘書を第13期最高人民会議代議員(韓国の国会議員)候補者で推戴する席であった。

映像では、ヨム・チョルソン人民軍総政治局宣伝副局長も中将(韓国軍の少将に相当)から降格され、少将(准将)として行事の司会を務める姿が確認された。

張正男は先月1日金正恩と共に錦繻山太陽宮殿を参拝した時までも大将だった。

したがって彼の降格措置は最近電撃的になされたと見られる。

昨年8月金正恩が駐在した労働党中央軍事委員会拡大会議で大将で進級した張正男は6ヶ月ぶりに階級章の特別な一つが落ちたわけだ。

金正恩体制聞いて,軍首脳部に対する降格と昇格は頻繁になされてきた。

最高実力者の崔竜海総政治局長も2012年4月大将から副元帥で昇進して同じ年12月大将に降格された後,昨年2月また副元帥になった。

金英徹偵察総局長も2012年12月大将で中将から二階級や降格されて2ヶ月ぶりにまた大将になった。

情報当局は金正恩が軍核心要人の階級を揺さぶって,忠誠競争を極大化しながら,軍掌握と位置づけ強化を試みることで分析している。

実際に金正恩体制聞いて,北朝鮮党・軍・正義核心要職の中で最も大きい変化がなされたところが軍だった。

金正恩は忠誠心を前面に出して,降格はもちろん粛清という劇薬処方まで動員して,軍馴らしに主力を注いだ。

これは金正日霊柩車を護衛した'軍部4人衆'が没落と退陣過程でも如実にあらわれる。

金正日体制軍最高実力者に選ばれた李英鎬総参謀長は2012年7月粛清されたし,禹東則国家安全保衛部第1部部長も同じ年4月以後跡をくらました。

金英春人民武力部長も同じ時期金正覚に席を渡して,党部長に移して,2線退陣したし玄哲海民武力部第1部部長も2012年10月以後行跡が不明だ。

金正恩は2012年11月金日成軍事総合大演説で"党と主席に充実できない人はいくら作戦戦術にたけているといっても必要ない"と強調することもした。

軍関係者は"地位上下を問わず最高権力者に忠誠をつくせば階級を引き上げてやって,気に入らなければびしびし墜落させるという点を見せて,軍部が別の気持ちを持つことができないようにする効果を狙ったこと"と話した。

2014年2月7日金曜日

李雪主愛用名品バッグに隠されたミステリー

ブランド好きのイメージがあるが、そう値段の高いものではなく、いつも同じものを持っているらしい。


http://blog.donga.com/nambukstory/archives/76636
byチュ・ソンハ記者2014-02-06 8:35 am

李雪主が持っている名品(ブランド)バッグです。
ディオール コーチというカバンということです。
市価で韓国価格が180万ウォンぐらいなるといいますね。
リップスティック程度わずかなものをいくつかだけ入れるカバンです。
あの程度持っている韓国女性らはものすごく多い。
ところで李雪主は、同じこのカバンをずっと持っている写真は数えきれない程多いです。
なぜでしょう。

とてもしばしば変えれば非難されるからか,でなければ金正恩がプレゼントしたということだろうか,でなければひょっとしてこれしかなくて?それなら本当に哀れですが…韓国平凡な会社員男らもその気になればヨチン(女友達)にこの程度は贈り物に買えるでしょう…

ところで考え直してみれば,随行員が皆持ってくれるはずなのに,大きいバッグが必要でしょうか。

ア,ところで,カバンと共にカップル時計も捉えられましたね…
NOVADOというブランドでしたね。

ところでこれも100万ウォン線…50万ウオンでも買えるでしょう?

オ,あまりにも安いじゃないの。
贅沢ではない指導者夫婦であることを外国に見せようとする胸算用ではないの?
(後略)

2014年2月5日水曜日

中国報告書,"中国は場合によって北朝鮮を放棄する

http://newfocus.co.kr/client/news/viw.asp?cate=C01&mcate=M1001&nNewsNumb=20140212086

報告書の原文を見つけて、掲載したいと思っています。

“今後10年南北関係の核心は統一問題だ。
そして中国は北朝鮮をあきらめないことという(北朝鮮の)誤った判断をなくさなければならない。”
中国最大シンクタンクの社会科学院が最近公開した‘2014年アジア・太平洋地球発展報告書’で出した分析だ。

韓半島統一に対する公開討論を統制している中国で国家最高政策諮問研究機関がこの問題を公開的に取り上げ論じたことは異例なことだ。

今後南北統一に対して中国も肯定的で前向きの姿勢で臨むことができるという示唆と解説されるような項目だと中央日報が報道した。

先月公開されたこの報告からは習近平注釈時代1年をむかえて,今後5~10年中国のアジア太平洋地域戦略課題を集中分析した。

これによれば今後5~10年韓半島で起きられる3種類の可能性で▲南北統一▲現状維持▲(局地的)軍事衝突を選んだ。

この中統一問題が今後南北関係の核心になることだと展望した。

冷戦以後韓国が武力統一政策を捨てて韓国主導の平和統一政策を堅持しているというのがその主要理由だ。
朴槿恵政府が北朝鮮崩壊の可能性を論外にして対北朝鮮政策を行う場合北朝鮮の積極的な(統一と関連した)呼応を得ることができるという勧誘もした。

報告書は“(今後韓半島統一を含んだ)平和と安定過程で、中国がどんな状況でも北朝鮮をあきらめないという誤った判断を払拭させなければならない”と強調した。

領域内安定と韓半島統一が中国に役に立ったら、緩衝地帯としての北朝鮮の戦略的価値もあきらめることができるという話だ。

また今後韓半島問題は▲北朝鮮の政治的安定と経済発展状況▲韓国の対北朝鮮政策▲米国と中国の役割により決定されることだと前提にして,現在状況を考慮する時,近い期間内に統一される可能性は少なくても南北関係は大きく改善されると見通した。

韓半島問題は米国と中国が韓国,北朝鮮を各々満足させると同時に自国利益も考慮しなければならない複雑性が存在しているともした。

報告書はこれから南北全面戦争の可能性はほとんど一度もないことだと展望した。

北朝鮮は核兵器を論外で七場合軍事力で韓国と相手にならないという点を誰よりよく知っていてからだ。
韓国やはり核兵器を恐れるのではなくソウルが北朝鮮の長射程砲射程圏内にあって,戦争が勃発する場合(経済など)損失がとても大きいという点を知っているということだ。

韓・中関係は政熱経熱(政治と経済両面で活発な交流)’という言葉で圧縮した。

李永春・中国社会科学院研究員は“中・韓両国は北朝鮮,日本右傾化,経済,文化などすべての関連問題で相好依存性が大きくなって,ある政権が入ってきても現在の活発な交流構図を変えるのが難しいだろう。

ただし韓・米関係が中・韓関係深化を決める核心要素で席を占めていて韓国のバランスが取れている外交が必要な時点”と分析した。

 

朝鮮日報も取り上げていた。

【社説】統一戦略について米中両国と対話を始めよ

    
 韓半島(朝鮮半島)統一をめぐる中国の考え方については、すでに数年前から変化の兆しが感知されていた。ところが最近は過去には想像もできなかったような声が中国国内からごく普通に聞こえてくるようになった。

 中国社会科学院は昨年末『2014年アジア太平洋地区発展報告書』を発行し、その中で今後5年から10年の間に韓半島で起こり得る「南北統一」「現状維持」「(局地的)軍事衝突」という三つのシナリオに言及した。報告書は中でも「統一問題」について「今後の南北関係における核心になるだろう」と予測し、その上で「中国がいかなる状況でも北朝鮮を放棄しないという読み違いはすべきでない」と強調。中国がこのような考えを表明したことにわれわれは注目すべきだろう。中国で韓国の内閣に相当するのは国務院だが、中国社会科学院はこの国務院直属の組織であり、中国では最大のシンクタンクだ。報告書の全体的な流れは「北朝鮮の崩壊」よりもあくまで「南北の和解と協力」に重点が置かれているが、中国の国立シンクタンクの報告書に「北朝鮮を放棄することもあり得る」という内容が記載されること自体が、これまでなら考えもつかなかった驚くべき変化だ。

 中国共産党による北朝鮮についての考え方は、今なお「北朝鮮は戦略的資産」だが、政府や軍、学界、あるいは共産党の一部にも「北朝鮮は中国を常に困惑させる『重荷のような存在』」と考えるグループが形成されているようだ。中国政府の高官も最近は韓国政府関係者との非公式の対話の中で、「南北統一」に大きな関心を示すようになったという。

 米国のケリー国務長官は今月1日、ドイツで行われた国際安全保障会議で「(2月中に)中国を訪問し、南北統一をはじめとする北朝鮮問題について話し合いたい」「韓国や日本とは統一を含む北朝鮮問題についてすでに話し合いを行っている」と発言した。米国の外交政策の責任者の口からこのような発言が出ることも異例だ。米国はこれまでも中国などと水面下で「北朝鮮有事」について話し合ってきたが、そのことについては徹底して口を閉ざしてきた。

 もちろん現時点では北朝鮮の意図とその内部の実態については相変わらず不透明であり、今後の情勢もやはり予断を許さない。しかし分断から69年、統一をめぐる韓半島周辺情勢がここまで変わったのはおそらく初めてのことだろう。このチャンスを逃さないためには、韓国、米国、中国が韓半島統一を含むさまざまな問題で対話の枠組みをつくり上げておくことが重要だ。この戦略対話の枠組みには北朝鮮が参加することも念頭に置かねばならない。

 これまで米国と中国は韓半島問題について「韓国の頭越し」に話し合いを行ってきた。米国議会調査局は今年の初めに発行した報告書の中で「朝鮮労働党の金正日(キム・ジョンイル)総書記の健康が悪化した2009年、米中両国は北朝鮮有事の可能性について話し合いを行っていた」と明らかにしている。韓半島統一について公に議論する場で、韓国がその中心的な立場に立てるかどうかは、統一の方向性はもちろん統一の実現可能性をも決定付ける大きな鍵になるかもしれない。

 幸いにも今や韓国抜きで韓半島問題を議論する状況は考えにくくなっており、中国社会科学院の報告書はこのような現実を反映したものとも解釈することができる。われわれは、韓国がすでに統一の道に踏み込んでいるかもしれないことを念頭に置き、あらためて気を引き締めるべき時を迎えている。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

2014年2月3日月曜日

金正恩の南侵は'サイバー戦'(Cyberwarfare)で始まる

韓国の保守サイト チョガプチェ ドットコムより サイバーが北朝鮮の有力手段なんだろうやはり。個人的なことですが、この1週間インフルエンザでダウンしておりました。

またブログ更新を始めます。

 

最終編集2014.01.28 09:55:21金ピルジェの他の記事例
金正恩の南侵は'サイバー戦'(Cyberwarfare)で始まる
北朝鮮原典に現れた北朝鮮の韓米日核テロ戦略
金ピルジェ

金正日教示'韓米日'原子力発電所'無差別攻撃しなさい'
“米国には102基の原子力発電所がある。
日本には51基が 稼動していて,韓国には12基が ある。

原子力発電所1基が 攻撃を受けて,爆発すれば水素爆弾105~180ケ分の死の灰が発生する。

米国も日本も韓国も原子力発電所は無防備状態に置かれている。

朝鮮で起きる次に戦争では韓国と日本,米国が戦場になって,原子力発電所と周辺都市が無差別攻撃対象になるだろう”(金正日将軍の統一戦略,2000年)

■北朝鮮のサイバー戦略は中国のサイバー戦争術を模倣した‘チョミョルジョルリャク’(点穴戦略)だ。
人間とすれば人体の急所になる‘点’を攻略して,相手方を無力化させる戦略で情報システムの弱点を攻撃して,全体をマヒさせることによって最大の効果を追求する戦略だ。

中国は北朝鮮と同じように米国が遂行した湾岸戦争(1991年)とコソボ戦(1999年)を観戦しながら,米軍の最もぜい弱な部分をコンピュータ・ネットワークと判断した。

米国は有事の際軍事力を指揮統制自動化体制(C4I)と連動して,速かに集中することによって戦闘を効果的に遂行する軍事力を保有している。

したがって中国は有事の際米軍のコンピュータとネットワークをマヒさせるのが急務と看破したということだ。
一例で‘中国人民解放軍国防大学’は1997年サイバー戦と関連した点舌を戦略を“電子(サイバー)攻撃の重点は電子システムの弱点と急所部位に置いて,そのヒョルを押して,全体をマヒさせることによって最大の作戦効果を追求する”と整理した(引用:インターネット ジョインスドットコム,2009年7月10日付報道).

中国軍ときずな関係が深い北朝鮮軍も先端武器を持った先進軍事力に対応する方法でこのようなサイバー戦争を最高の性能に挑戦したとのことが私たち軍の分析だ。

すなわち,国軍も米軍と似ていると判断して中国式チョミョルジョルリャクを発展させたということだ。
チョミョルジョルリャクに基盤をおいた北朝鮮のサイバー戦術は大きく3種類で

▲最初に対南挑発前悪性コードを韓国のコンピュータに潜伏-隠蔽させる方法.

▲二番目,コンピュータ インターフェースを通して,悪性コード侵入後ボン システムで拡散させる方法.

▲三つ目,工場でコンピュータを生産する時,発生する磁気場を活用して,悪性コードを侵入させたりまたは間接磁場を作って,コンピュータに障害を起こす方法などだ。

北朝鮮は実際武力行事を行わなくても韓国社会をパニックに落とせる。

北朝鮮の対南挑発能力を過小評価してはいけない。

工業-宇宙-サイバー世界が皆戦場だ。
相手方はサイバー戦など最先端で挑発するのに,核武器もない韓国はのんきに銃刀持って原点打撃するという。

絶対警戒を緩めてはいけないだろう。

■国会教育科学技術委員会2010年度国政監査資料を見れば2009年一年の間‘韓国原子力研究員’等主要原子力研究機関らに対する無作為ハッキング試みがあったことになっている。

当時科学技術関連政府外郭研究員らに対する無作為ハッキング試みは総2412回にかけて,発生した。

この中40回以上ハッキング試みがあった機関の中で,‘韓国原子力研究員’,‘韓国原子力安全技術院’,‘韓国原子力医学院’等が含まれている。

彼ら研究員に対するハッキング類型を見ればワーム-ウイルス(worm virus)形態の攻撃が最も多かった。

ワーム-ウイルスはプログラム中で自ら自身を複製したりプログラムとプログラムの間またはコンピュータとコンピュータの間を移動-伝えるプログラムを意味する。

一般的に悪性プログラムの場合製作者が意図的に使用者に被害を与えようと作ったことで大きくコンピュータウイルス,トロイの木馬,ワームなどに分類される。

‘ワーム’と‘ウイルス’の差は症状の深刻性程度に区分されるのではなく感染対象(宿主)の有無により区分される。

二つとも複製されるがウイルスがファイルやブート(boot)領域などどんな対象に寄生したり重なる形態で存在するのに比べて,ワームは宿主なしで自分の自ら複製されるのが特徴だ。

■北朝鮮の仕業とあらわれた過去'3.20サイバーテロ'はAPT(Advanced Persistent Threat)攻撃という点で以前とは違った攻撃だった。

APTは知能的に発展させた悪性コード流布方法で先立って言及したワーム-ウイルスがその中の一つだ。

このワームは在来式ワームのように不特定多数を目標にするDDoS(分散サービス)攻撃でなく攻撃しようと思う‘目標’をあらかじめ決めた後に長期間にかけて,可能なすべての手段を動員して,攻撃する持続性威嚇だ。

時には(Zero-day Attack)のようなリアルタイム攻撃をしたりもするが主に長期間にかけた攻撃手団を使う(インターネット'保安ニュース' 2013年3月25日付報道引用).

APT攻撃は目標システムにこっそりと潜入させて,長時間隠れていて攻撃紙でおりる命令により目標システムを攻撃するようにする。
APTの代表的なワームは2010年イランの原子力システムを攻撃した‘(Stuxnet)だ。
目標システムの中に1年間潜伏したことが分かっている。

このように多様な形態のサイバーテロを完ぺきに封じ込める措置は存在しない。
原子力発電所および研究所の保安人材らが情報保護の重要性を認識して,これに能動的に対処することだけが日に知能化されて多様化されていくサイバーテロから自らを保護するところだ。