お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2014年6月30日月曜日

朝鮮中央通信“金正恩,新しく開発した超精密戦術誘導弾試験発射”

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=209225

おちょくったような記事ですが、本文がそうなっています。

今回開発されたミサイルは、かなりな脅威になりそうな感じ。

 

去る26日北朝鮮軍が東海上北東に発射した‘短距離発射体’は金正恩の新しいオモチャだと見られる。

北朝鮮官営媒体朝鮮中央通信は27日“金正恩が見守る中で新しく開発した超精密戦術誘導弾を試験発射した”と伝えた。

“金正恩同志が最先端水準で新しく開発した超精密化された戦術誘導弾試験発射を指導された。
瞬間天地を真鑑する暴飲音と一緒に戦術誘導弾らが火を吹きながら,大地を蹴飛ばして空にはいあがった。

試験発射を通して,戦術誘導武器の科学技術的性能が
ただ一寸の偏差もないということが実証された。”

金正恩はこの短距離誘導弾試験発射の時中央監視所(中央統制センター)で直接試験発射命令を下したと朝鮮中央通信は‘主張’した。

朝鮮中央通信報道を見れば,金正恩は26日発射した短距離誘導弾に対して非常に満足したと見られる。

“私たちの人民軍は自分の手に握り締めている短距離および中・長距離誘導武器らをはじめとするすべての打撃手段らを世界的水準で超精密化できる要のような鍵を持てるようになった。

打撃の命中性と威力を最大で高められる確固たる展望を開けておくようになった。”

朝鮮中央通信が“金正恩が試験発射結果に非常に満足した”と報道したことで先送りして26日試験発射を見た金正恩は新しくできたおもちゃに調子にのったと見られる。

“社会主義朝鮮の自主権と尊厳を毛終わりぐらいでも触る者らは彼が近くにあろうが地球上片方あげくあろうが,それが個別目標でも集団目標でも決心して選びながら打撃できる私たちの超精密化された色々な火力打撃手段の消滅権で絶対に抜け出すことができないだろう。”

金正恩がこの日‘新しいオモチャ’を発射したことは既存の東欧圏誘導武器らの命中率をより精密にさせられるという点を対外的に誇示することで潜在的な武器購買国を引き込もうとすることでも解釈することができる。

一方軍当局では金正恩が東海上北東に撃った3発の短距離発射体の交差点が190km内外と明らかにした。

中国製WS-1Bミサイル.金正恩の新しいオモチャは中国製WS-1Bを自体改良したと見られる。

▲中国製WS-1Bミサイル.
金正恩の新しいオモチャは中国製WS-1Bを自体改良したと見られる。
民間軍事研究者らはこれを根拠で
金正恩の‘新しいオモチャ’が中国で作った‘WS-1B’を自らの改良した300mm誘導ロケットだと見ている。

‘中国精密機械工業’で作るWS-1Bは長さ6.37m,弾頭重量は平均150kg,最大速度はマッハ5.2,射程距離は180kmだ。

目標に向かう時,最大飛行速度が60km程度で大気圏再進入が必要なく、目標まで到達する時間がスカッドなどの弾道ミサイルに比べて短い。

中国共産党の人民解放軍が現在使用中であるモデルはWS-2Bで射程距離が200km内外であり,中国の自主的な衛星航法システム‘北斗’を利用,精密打撃が可能だ。

今回金正恩が新しく作った‘おもちゃ’は新しく開発した固体燃料を活用したと推定される。

2014年6月23日月曜日

かつてない日照り被害 統一ニュース

金正恩氏は農業対策には力を入れているはずだが、効果は上がっていないようだ。

PYH2014062100270001300_P2

北,前例がない日照り...日照りとの闘争宣言

http://www.tongilnews.com/news/articleView.html?idxno=107801
イ・スンヒョン記者| shlee@tongilnews.com
06.20
北朝鮮で例年にめったに見ない日照り現象が続いて,被害が増加している。

<労働新聞>は20日社説で"今国の全般的地域で例年にめったに見ない日照りが続いている"とし,"降水量が平年より少なくて高温現象まで現れており貯水池と川・河川の物量(数量)が減って,田畑冠水に障害を作っている"と報道した。

新聞は続いて日照りとの闘争にすべての力量を総集中,総動員するべきで,"すべての働き手らと農業勤労者ら,支援者らは日照り被害を克服するための戦闘にすべての力を総集中して,今年穀類をどうしても維持しなければならないこと"と促した。

新聞は土地の中で流れる地下水など水源泉を最大限捜し出す事業を先次的に繰り広げようとしながら,ここに内閣と該当性,中央機関はもちろん各級党および勤労団体組織らと働き手らが責任と役割を高めなければと要求した。

また農業部門働き手らと勤労者らは誰より先立って自分の役割をつくして,冠水方法を探さなければと促した。

新聞は"空だけを見つめながら雨が降ることを待った敗北主義者,ごろつき屋には中身のないものを,土地の中を見ながら,水源泉を全部探して,日照りを防いだ愛国者,シール農軍には豊作実を与えるのが穀物というもの"が過ぎ去った時期の教訓だと繰り返し強調した。

朝鮮中央通信は北朝鮮大部分地方で初春から始まった日照り現象が先月下旬頃に若干解消されて夏季に入ってきて,現在まで続いていると19日報道した。

通信によれば,去る7日から平壌市と南浦市,平安南北道,黄海北道の一部地域に10mm米だけの敵は雨が降っただけ平安南道,慈江道の一部地域では雨が全く降らなかったという。

通信は今回の日照りが雨が少なく降った状態で中部来歴と東海岸の一部地域を除いた大部分地方で昼間最高気温が平年より4度以上高まる異常高温現象がしばしば現れて,より一層激しくなったし,これからこの地域で一週間程度日照りを完全に解消する雨が降らないことと予想した。

通信は今回の日照りが2001年以後最も厳しいく,二毛作栽培中先に植えた小麦,麦が被害を受けたし真っ最中育つトウモロコシをはじめとする農作物の生育に大きい影響を及ぼしたと話した。

現在各地域では田畑別被害実態を把握して被害が激しい田畑に対する水供給に努力と手段を総集中していると通信は付け加えた。

参考

http://plaza.rakuten.co.jp/tsuruwonya/diary/201406210000/

雨量は例年の35%

http://119110.seesaa.net/article/398175230.html

2014年6月22日日曜日

北朝鮮からの密輸タバコの取り締まり強化 中国 RFA

http://www.rfa.org/korean/in_focus/food_international_org/tobaco-06202014100555.html

中当局,北朝鮮タバコ秘密取り引き強力取り締まり
中国-金ジュンノxallsl@rfa.org
2014-06-20
アンカー:北朝鮮と隣接した中国国境都市で観光客らに主に販売された北朝鮮産タバコらが最近になって突然痕跡をなくしたという便りです。
中国当局が密輸タバコに対して大々的な取り締まりを繰り広げているためと見られます。
中国で金ジュンノ特派員が報道します。
北朝鮮-中国国境近所中国変更都市でありふれているように見られた北朝鮮産タバコが何日か前から突然痕跡をなくしました。

接境都市で観光客を対象に販売される20余種の北朝鮮タバコは北朝鮮-中国境界地域観光商品中最も大きい比重を占める品目に選ばれています。

中国タバコとは味に差があって,中国の喫煙者などには格別人気がない北朝鮮産タバコだが,閉鎖された国のタバコという好奇心で記念品でたくさん購入すると分かりました。

原価に比べて,でたらめに高値を受ける商人らの商才を明らかに分かりながらも,記念みなして,1,2箱ずつ購入しているということです。

このように人気があった北朝鮮タバコが観光地商人らの販売台で突然姿を隠したことに対して中国,丹東のある住民消息筋は公安当局の強力な取り締まりのためだと自由アジア放送(RFA)に話しました。

 

日本製タバコも人気

http://www.jiji.com/jc/v4?id=nkt201311050001

タバコの写真 ミツバチという名前のタバコもあったはずだが。

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE+%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3&lr=lang_ja&safe=off&hl=ja&rlz=1I7MXGB_jaJP533&tbs=lr:lang_1ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=nGimU_fFAo7ikgXUy4CIDg&ved=0CAkQ_AUoAg&biw=1536&bih=764#facrc=_&imgdii=_&imgrc=V09Wcwj9gYuJSM%253A%3B5Q15qQbl4BN7UM%3Bhttp%253A%252F%252Flivedoor.blogimg.jp%252Fmainitiiyaringu-mainitikankokugo%252Fimgs%252Fc%252Ff%252Fcf9d0637.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fkorea.doorblog.jp%252Farchives%252F6120332.html%3B1280%3B956

中国国境都市に流れて入ってきた北朝鮮産タバコはほとんど全部が密輸を通して,国境を越えてきた不法商品であるためという説明です。

この消息筋はそれと共に“過去には北朝鮮タバコが観光客の足が頻繁な川辺を中心に販売されたが最近では北朝鮮産タバコが丹東駅とバスターミナル周辺まで堂々と販売されているほど広がっていた”としながら“公安当局でこれ以上放置してはいけないという判断の下取り締まりに出たことであることもある”と説明しました。

北朝鮮産タバコの中国流入経路に対し丹東のまた他の住民消息筋は“北朝鮮タバコは主に北朝鮮の国境警備対と中国の密売業者間にかなり以前から取り引きされた代表的な密輸品”と主張しました。

彼はまた“一箱に3~5中国元程度に持ってきた北朝鮮産タバコが現地観光客らに8中国元~30中国元まで売れていて原価の2倍以上の暴利を取っている”と話しました。

このように北朝鮮産タバコは中国国境都市で大きい利潤を得ることができる代表的商品だから国境地域の両国密輸業者らがタバコ秘密取り引きに積極的に出ているという説明です。

2014年6月17日火曜日

チョコパイ戦争始まる?

北朝鮮,開城工業団地人気おやつ'チョコパイ'支給中断要求

http://www.voakorea.com/content/article/1937926.html

2014.06.17 00:02
最近開城工業団地で北朝鮮側関係者らが南側企業らが北朝鮮勤労者らにおやつで支給してきた‘チョコパイ’を拒否していると分かりました。

ソウルで金ウンジ記者が報道します。

韓国統一部と開城工業団地入居企業らによれば開城工業団地で北側勤労者を管理,監督する北側職場長らが先月から勤労者らにおやつでチョコパイを支給するのを打ち切れと南側企業に要求する事例が増加しています。

開城工業団地入居企業のハン代表は相当数入居企業らがチョコパイ支給中断を要請受けて,現在打ち切った状態とし,チョコパイを代える他のおやつを苦悩中にあると話しました。

入居企業らの中ではチョコパイの代わりに肉やご飯,またはドル支給を要求受けた場合もあると分かりました。

韓国統一部当局者はまだ北朝鮮当局から公式的な拒否立場を通知受けることができなかったと話しました。

開城工業団地入居企業らはその間北朝鮮勤労者らにひとり党一日に多く10ケまでチョコパイを夜勤手当などの名目で支給してきました。

5万 2千余人に達する開城工業団地勤労者らが一日に受けるチョコパイ個数だけ40余万個で,チョコパイは北朝鮮市場で最高人気賞品の中の一つに位置したと知らされました。

昨年末北재脱出して,韓国に定着した金某氏は市場でチョコパイがなくて,人気があると話しました。

[録音:北脱出者金某氏] “北朝鮮の人らが食べたい菓子でしょう。
ところで市場でチョコパイが多くなくて,主に豊に住んでいる家の人々や生活が豊かな人々が買って食べます。”

北朝鮮は平壌の工場で自らの生産したチョコパイを売ったりもしたが,韓国産チョコパイの人気に非常に足りないと知らされました。

これに伴い北朝鮮の今回の措置が北朝鮮住民たちの間で旋風的な人気を呼んでいるチョコパイの流通を防ぐための意図ではないかとの観測が出てきています。

開城工業団地入居企業関係者はチョコパイの象徴性を考慮して,一次的にはこれを遮断するための措置と見られるとし,また北側がチョコパイを代える過程でドルを代わりに要求する可能性も排除できないと話しました。

一部では北朝鮮の突然のチョコパイ支給中断要求が最近不通になった南北関係と無関係ではないという観測も出てきました。

北朝鮮は南側民間団体の物資支援だけなく,南側要人らの北朝鮮訪問も許さなくなっていると分かりました。
ソウルでVOAニュース金ウンジです。

http://cyucyo.blogspot.jp/

2014年6月4日水曜日

配給不足が深刻化

http://newfocus.co.kr/client/news/viw.asp?cate=C01&mcate=M1001&nNewsNumb=20140613458


去る5月北朝鮮当局の食糧配給が前月より減って,最近4月中最も少ない水準だったと知らされた。

一方国連の北朝鮮に対する栄養支援規模も国際社会募金不振に4ケ月連続縮小された。

北朝鮮当局は去る5月に住民一人当り一日410gの食糧を分配したと国連傘下世界食糧計画(WFP)が明らかにしたと北朝鮮専門媒体の自由アジア放送が伝えた。
一月前の去る4月の420gより10g減少した。

 

北朝鮮当局の食糧配給が減少したことは一日平均420gを配分したさる2月以後4月ぶりだ。

世界食糧計画のティオク シュテゲン平壌事務所長は先月北朝鮮当局が公共配給体系を通して,配給した食糧が米ととうもろこしを混ぜた混合式であり米ととうもろこしを4対6の割合で混ぜて,配給したと該当媒体に伝えた。


北朝鮮当局の先月公共食糧配給は世界食糧計画の1人当り一日最小推奨量600gの3分の2水準であり,北朝鮮当局が目標にする573gにも160g以上不足した量だ。

北朝鮮当局は国際社会の食糧支援を受けるために前月の食糧配給情報を国連に報告する。

北朝鮮当局は総人口の66%に達する1千600万人に食糧を配給すると報告したが公共配給体系を通して,食糧を配給受ける北朝鮮住民の正確な数は確認できないと世界食糧計画は説明する。
一方,世界食糧計画は先月84余万子供と妊産婦に栄養強化食品を支援した。

さる2月155万人に栄養支援をした後3月と4月各々100万人を支援するのに終わったし先月また84万人で支援対象が減った。

シュテゲン所長(訴状)は国際社会の募金が振るわなくて,北朝鮮に持っていく穀物を購入できない状態(都合)としながら支援規模縮小の背景を説明した。
ティオク シュテゲンWFP平壌(ピョンヤン)事務所長:国際社会募金なしでは北朝鮮住民を支援できない。

今年上半期募金で今月中旬約2千トンのとうもろこしと7千400トンの小麦を北朝鮮に持ってくる。
支援規模縮小は当分続く展望だ。
世界食糧計画は栄養支援が至急な北朝鮮の子供と女性ら支援しようとするなら来年6月末まで毎月約830万ドルずつ,総2億ドルが必要だが2日現在国際社会の募金は目標額の24%である約4千850万ドルだけ確保した状態だ。

2014年6月1日日曜日

総連生かせ 金正恩が指示

http://www.fnkradio.com/
キム・ジョンウン,“どんな代価を払っても朝総連を生かせ”と指示

日本と北朝鮮が北へ拉致日本人問題を再調査することに合意した中で‘今回の合意の背景が朝総連を生かせ’というキム・ジョンウンの指示に従ったという主張が提起されて,関心が集められている。

30日‘北朝鮮によって拉致された日本人たちを救出するための全国協議会’西岡力常任代表は自由北朝鮮放送との通貨(通話)で“今年張成沢処刑直後(1月中旬)キム・ジョンウンが‘日本との関係がうまく解決しないのも張成沢のせい’にしたことがあった。‘特に朝総連は首領様(金日成)が生涯を掛けた共和国(北朝鮮)の海外拠点なのにそのまま崩れるように出してしまっておけない。

どんな代価を払っても朝総連を生かすこと’を指示した”と伝えた。

西岡常任代表は“その間拉致問題などを主要案件で日本と北朝鮮が水底で着実に接触してきたことは事実だが,このように突然に‘合意’が成し遂げられるとは思わなかった”としながら“今回の合意の骨子が1945年解放前後死亡した日本人と北朝鮮に残留した日本人,日本人配偶者などに対する包括的な調査性格も帯びているけれど核心は北朝鮮に拉致された日本人たちに対する送還と拉致問題に対する北朝鮮の謝罪という点を強調したい”と話した

西岡常任代表の話のように今回の北日間合意が‘朝総連を生かせ’というキム・ジョンウンの指示によって成し遂げられたのならその過程が順調でないだろうという展望が出てくる。

日本政府は今回の会談でも朝総連(建物)問題はすでに決定された懸案であり,政治的に解決できない問題であることを明らかにしたと伝えられているためだ。

また北朝鮮が朝鮮中央通信を通して,日本との合意により‘特別調査委員会’を設置して△拉致被害者および行方不明者,△1945年解放前後死亡した日本人と北朝鮮に残留した日本人,△日本人配偶者などに対する包括的な調査を進行しながら,調査過程を日本側にいつも通知して失踪した日本人と死亡した日本人の遺骨が発見されれば直ちに送還することにしたとはいうが実地で日本に向かって,拉致問題に関する満足な答弁を出すかも疑問だ。

例えば北朝鮮は2004年,日本人拉致問題の核心懸案といえる横田めぐみが死亡したとしにせ物遺骨まで送ったことがある。

すでに日本の拉致問題関係者ら中では‘北朝鮮が生きている人(拉致者)を遺骨にして,日本に送りかえす可能性’に対して警戒しており‘日本の科学を無視して横田めぐみのように(北朝鮮が)にせ物遺骨を送ったり生きている人を犠牲にさせる場合その後日の禍は想像することさえ難しいこと’であることを主張している。