お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2014年12月27日土曜日

良いお年を

なんだか今年も、海外メディアの翻訳がメインになってしまいましたが、けっこう参考にされた方もいたのではと勝手に推察しています。

来年も頻繁に更新し、基礎データの提供に努めたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

2014年12月22日月曜日

北朝鮮巡り中国で論争

NYTimes: Chinese Annoyance With North Korea Bubbles to the Surface http://nyti.ms/1AHzY5w

 

ニューヨークタイムズ(NYT)は21日(現地時間) '北朝鮮に対する中国のかんしゃくが水の上に浮び上がる'という題名の記事で最近中国の環球時報で行われた北朝鮮関連'公開舌戦'と北朝鮮が金正日前国防委員長3周期追悼行事に中国指導者を招請できない点を上げて,中国と北朝鮮の関係が悪化していると伝えた。

'公開舌戦'は、中国の名門・浙江大学韓国研究所リ教授とワンフングァン人民解放軍予備役中将の間に行われた。
先月27日リ教授が'中国のパートナーの北朝鮮をあきらめてはいけない'という文を寄稿したのが発端だった。

リ教授は一部中国学者らが'北朝鮮放棄'を建議しているけれど,中国が北朝鮮をあきらめれば北朝鮮が外部圧迫によって,崩壊したり韓半島で戦争が発生して,米国が戦略的利益を得るために北朝鮮をあきらめてはいけないと主張した。

ワンフングァン予備役中将は4日後同じ新聞にリ教授の主張に一つ一つ反論する寄稿文を載せた。

北朝鮮の核保有で中国辺境地域の核汚染の危険が生まれた。金日成主体思想を唯一の指導思想として取り入れた北朝鮮を社会主義体制で見られないと主張した。

北朝鮮を"崩壊に向かっていく扱いにくい同盟"としながら"支援する価値がない"と話した。

ニューヨークタイムズは"政府所有の新聞で公開討論が行われたし,人民解放軍ウェブサイトにも掲載された。このことは北朝鮮と中国の関係がどれくらい悪くなったかを見せる"と意味付与をした。

ワン中将の観点が軍隊内にどれくらい広範囲かは確認しにくいが"過去いつの時よりも普遍化している"という公務員たちの話も付け加えた。

北朝鮮が金正日3周期追悼式に中国指導者を招請できないのも北・中関係悪化の例で取り上げ論じた。
中国は去る17日北京駐在北朝鮮大使館で開かれた追悼式に共産党序列5位のリュウィンサン政治局常務委員が参加して,平壌駐在大使館で北朝鮮労働党に追慕花束も送った。
だが,高位要人が平壌を訪問することはなかった。
ニューヨークタイムズは李源朝国家副主席兼共産党政治局員が昨年7月平壌を訪問したのが、最後の中国指導者の北朝鮮訪問だったとしながら、当時李副主席が、北朝鮮との関係改善と核兵器開発プログラムを遅らせてくれと要求したが失敗したと伝えた。

引き続き昨年12月中国が信頼した張成沢国防委員会副委員長が処刑された。今年7月には中国の習近平国家主席が平壌の代わりにソウルを訪問したのも北朝鮮-中国関係悪化の事例となると、同紙は伝えている。

original article

 

BEIJING — When a retired Chinese general with impeccable Communist Party credentials recently wrote a scathing account of North Korea as a recalcitrant ally headed for collapse and unworthy of support, he exposed a roiling debate in China about how to deal with the country’s young leader, Kim Jong-un.

For decades China has stood by North Korea, and though at times the relationship has soured, it has rarely reached such a low point, Chinese analysts say. The fact that the commentary by Lt. Gen. Wang Hongguang, a former deputy commander of an important military region, was published in a state-run newspaper this month and then posted on an official People’s Liberation Army website attested to how much the relationship had deteriorated, the analysts say.

Continue reading the main story
RELATED COVERAGE

Workers removing a banner for “The Interview” from a billboard in Hollywood after Sony canceled the movie’s release.U.S. Asks China to Help Rein In Korean HackersDEC. 20, 2014
A billboard showing Mao Zedong, right, and North Korea’s founding father, Kim Il-sung, near the China-North Korea border.Some Chinese Are Souring on Being North Korea’s Best FriendFEB. 16, 2013
In an image taken from North Korean television, Jang Song-thaek was taken from a meeting of the ruling party in Pyongyang by guards. Video of his arrest was shown to the public on Monday.Public Ouster in North Korea Unsettles ChinaDEC. 9, 2013
President Xi Jinping of China and President Obama took a walk Saturday on the grounds of the Sunnylands estate in California.U.S. and China Pledge New Model of CooperationJUNE 8, 2013
A delegation from China's Communist Party, led by Li Jianguo, a member of the Politburo, visited the Friendship Tower in the North Korean capital, Pyongyang, in November.Kim Jong-un Tests Relations With ChinaAPRIL 13, 2013
“China has cleaned up the D.P.R.K.'s mess too many times,” General Wang wrote in The Global Times, using the initials of North Korea’s formal name, the Democratic People’s Republic of Korea. “But it doesn’t have to do that in the future.”

Of the government in North Korea, he said: “If an administration isn’t supported by the people, ‘collapse’ is just a matter of time.” Moreover, North Korea had violated the spirit of the mutual defense treaty with China, he said, by failing to consult China on its nuclear weapons program, which has created instability in Northeast Asia.

The significance of General Wang’s article was given greater weight because he wrote it in reply to another Global Times article by a Chinese expert on North Korea, Prof. Li Dunqiu, who took a more traditional approach, arguing that North Korea was a strategic asset that China should not abandon. Mr. Li is a former director of the Office of Korean Affairs at China’s State Council.

In a debate that unfolded among other commentators in the pages of Global Times, a state-run newspaper, after the duel between General Wang and Mr. Li, the general’s point of view — that North Korea represented a strategic liability — got considerable support. General Wang is known as a princeling general: His father, Wang Jianqing, led Mao Zedong’s troops in the fight against the Japanese in Nanjing at the end of World War II.

Efforts to reach General Wang through an intermediary were unsuccessful. The general’s secretary told the intermediary that the views in his article were his own and did not reflect those of the military.

Continue reading the main story
RELATED IN OPINION

Op-Ed Contributor: Why Does China Coddle North Korea?JAN. 12, 2014
How widespread his views have become within the military establishment is difficult to gauge, but a Chinese official who is closely involved in China’s diplomacy with North Korea said that General Wang’s disparaging attitude was more prevalent in the Chinese military today than in any previous period.

“General Wang’s views really reflect the views of many Chinese — and within the military views are varied,” said the official, who declined to be named because of the sensitivity of the matter. Relations between the North Korean and Chinese militaries have never been close even though they fought together during the Korean War, the official said. The two militaries do not conduct joint exercises and remain wary of each other, experts say.

Continue reading the main story
China has said little about the Obama administration’s charge that North Korea was responsible for the hacking of a film produced by Sony Pictures, “The Interview.” Nevertheless, United States officials said they had reached out to China to help block North Korea’s ability to initiate cyberattacks. China has not yet responded to the request, the officials said.

Despite the disdain for North Korea in official Chinese circles there was probably some secret admiration for what the North Koreans appeared to have done, Zhang Baohui, director of the center for Asian Pacific studies at Lingnan University in Hong Kong, said.

Even in the current cold relationship between China and North Korea there were definite limits to how far China would side with the United States on North Korea, he said. The “mistrust and rivalry” between Washington and Beijing meant China, in the event of a collapse of North Korea, could not tolerate a unified Korean Peninsula allied with Washington.

An editorial Saturday in The Global Times criticized Hollywood for “cultural arrogance,” saying that despite what Americans thought of Kim Jong-un, he remained the country’s leader.

Still, the parlous state of the relationship between North Korea and China was on display again Wednesday when Pyongyang commemorated the third anniversary of the death of Kim Jong-il, the father of the current leader, Kim Jong-un, and failed to invite a senior Chinese official.

The last time a Chinese leader visited North Korea was in July 2013 when Vice President Li Yuanchao tried to patch up relations, and pressed North Korea, after its third nuclear test in February 2013, to slow down its nuclear weapons program.

Mr. Li failed in that quest. The North Korean nuclear program “is continuing full speed ahead,” said Siegfried S. Hecker, a professor at Stanford University and former head of Los Alamos National Laboratory. North Korea had produced enough highly enriched uranium for six nuclear devices, and it may have enough for an additional four devices a year from now, an assessment the Chinese concurred with, Dr. Hecker said.

After the vice president’s visit, relations plummeted further, entering the icebox last December when China’s main conduit within the North Korean government, Jang Song-thaek, a senior official and the uncle of Kim Jong-un, was executed in a purge. In July, President Xi Jinping snubbed North Korea, visiting South Korea instead. Mr. Xi has yet to visit North Korea, and is said to have been infuriated by a third nuclear test by North Korea in February 2013, soon after Kim Jong-un came to power.

Though they have not met as presidents, Mr. Xi was vice president of China and met Mr. Kim when he accompanied his father to China, several Chinese analysts said.

What happened in that exchange is not known, but Mr. Xi, an experienced and prominent member of the Chinese political hierarchy, was unlikely to have been impressed with the young Mr. Kim, who at that stage was not long out of a Swiss boarding school, the analysts said.

Continue reading the main storyContinue reading the main story
“It’s very obvious that there is a very significant change in attitudes,” said Deng Yuwen, a former deputy editor of Study Times, the Central Party School journal, who was dismissed in early 2013 for writing a negative piece about North Korea.

In a sign of more public questioning about North Korea, Mr. Deng, who went to Britain after losing his job, is back in China and said he had no problem in organizing a debate two months ago about the problems with North Korea on Phoenix television, a satellite station based in Hong Kong that is shown on the mainland.

“North Korea will ultimately fail no matter how much you throw money at it, and it is in the process of collapse,” Mr. Deng said.

The heightened debate in China is spurred in part by fears that North Korea could collapse even though economic conditions in the agriculture sector seemed ready to improve, several Chinese analysts said. Indeed, one of the tricky balancing acts for China is how much to curtail fuel supplies and other financial support without provoking a collapse that could send refugees into China’s northeastern provinces, and result in a unified Korean Peninsula loyal to the United States.

“The general state of relations between North Korea and China is hard,” said Zheng Jiyong, director of the Center for Korean Studies at Fudan University, who just returned to China after four months in Pyongyang.

“If China presses D.P.R.K. too hard it could collapse,” he said. “But if it doesn’t press hard enough it will become uncontrolled and do more things like nuclear tests.”

For his part, General Wang, who is now a member of the Chinese People’s Political Consultative Conference, seems unfazed by a possible collapse.

“China isn’t a savior, so it cannot save the D.P.R.K. if it is really going to collapse,” he wrote in the article. “All that China can do is to make precautions accordingly. Even if the D.P.R.K.'s collapse affects northeast China to some extent, that will in no way disrupt China’s journey of modernization.”

Correction: December 21, 2014
An earlier version of this article misstated the name of a North Korean senior official and uncle to Kim Jong-un who was executed by the state. He was Jang Song-thaek, not Jang Son Taek.

2014年12月21日日曜日

拷問なしで、証明できる。サイバー攻撃と無関係主張 北朝鮮

北朝鮮の外務省が、ソニーピクチャースへのサイバー攻撃で声明。なかなか余裕綽々の反論ぶりである。

北朝務省スポークスマン<犯罪疑惑かぶせようとするなら証拠から明確に出すべきだろう>

朝鮮中央通信は<朝鮮外務省スポークスマンソニー映画製作社に対するサイバー攻撃について共和国を仕かけてきた米国を断罪>を20日掲載した。
スポークスマンは<私たちと全く関係がない以前のサイバー攻撃を取り上げ論じながら,われわれと類似したとか,反復性をあると抽象的で推理的な主張だけならべて持っては誰も納得させられない>と伝えた。

引き続き<米国執権者らは今回のサイバー攻撃によって,反共和国映画のクリスマス日上映計画が取り消しになって,国内で物議が起きて非難の矢が行政府にまわるとあたふたと私たちに矛先を転じようと、飛びかかっている>と伝えた。

引続き<米国は私たちの共同調査提案まで拒否してやっと私たちを仕かけてきながら,その何の対応措置を云々する場合実に厳重な後日の禍がもたらされるだろうとのことを肝に銘じなければならない>と警告した。

全文は以下の通り。

朝鮮外務省スポークスマンはソニー映画製作社に対するサイバー攻撃に関し共和国に仕かけてきた米国を断罪
朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは米国がソニー映画製作、普及社に対するサイバー攻撃を関し私たちに仕かけてきたのと関連して,20日朝鮮中央通信社記者が提起した質問に次の通り答えた。

19日オバマとケリーなど米高位当局者らは米国の《ソニーピクチャーズ》映画製作、普及社に対するサイバー攻撃を調べた結果、私たちがそれを背後で操縦したとのことが証明されたといいながら,その何の対応措置を取ると喚き出した。

その一方で具体的な証拠は出すことができなくて《鋭敏な情報資料》であるから公開することができないと強弁している。

主権国家にあえて犯罪疑惑をかぶせようとするなら、証拠から明確に出さなければならない。

私たちと全く関係がない以前のサイバー攻撃らを取り上げ論じながら,彼らと《類似性》したとか,《反復性を帯びる。》とか抽象的で推理的な主張だけならべて持っては誰も納得させられない。

米国がこのように幼稚な水準の《調査結果》を持って、あえて私たちに犯罪疑惑をかぶせようとするのは私たちに対する敵対感が体質化された自らの内心をそのまま表わすとみられたことでなる。

今回サイバー攻撃を通して,暴露されたように米国務省《人権特使》という人間が、ソニー映画製作社などに北朝鮮政府を困らせなければならないといいながら,私たちの最高尊厳冒とく場面らをそのままみな生かせと喚いたのがそれを見せている。

米国執権者らは今回のサイバー攻撃によって,反共和国映画のクリスマスの日上映計画が取り消しになって,国内で物議が起きて非難の矢が行政府にまわすとあたふたと私たちに矛先を転じようと飛びかかってきた。

私たちは私たちの最高尊厳を冒とくしようとする不純分子らを絶対にそのまま置かないことだが,報復する場合にも映画館の罪のない見物者を目標にしたテロ攻撃でなく、反共和国敵対行為に責任がある者らとその本拠地に対する正正堂々である報復攻撃を加えるようになるだろう。

わが軍隊はそのような意志も能力もすべて持っている。
米国務長官が表現の自由に対してだけ叫びながら,ある主権国家の最高尊厳を冒とくした映画製作を正当化しようとしているのに国際法実践では名誉き損に対する処罰もあるということを分かるべきだ。

米国がとんでもない世論を言いふらしながら,私たちを誹謗しているので対処して,私たちは米国側と今回の事件に対する共同調査を進行することを主張する。

私たちは米中央情報局のように拷問方法を使わなくても、今回の事件が私たちと類似性がないということを立証する方法がある。

米国は私たちの共同調査提案まで拒否してやっと私たちを仕かけてきながら,その何らかの対応措置を云々する場合、実に厳重な後日の禍がもたらされるだろうということを肝に銘じなければならない。

(平壌(ピョンヤン)12月20日発朝鮮中央通信)

 

 

 


외무성대변인 <범죄혐의 씌우려면 증거부터 명백히 내놓아야>

조선중앙통신은 <조선외무성 대변인 자국영화제작보급사에 대한 사이버공격을 놓고 공화국을 걸고든 미국을 단죄>를 20일 게재했다.

대변인은 <우리와 전혀 무관한 지난시기의 사이버공격들을 거론하며 그와 <유사>하다느니, <반복성을 띈다.>느니 하는 추상적이고 추리적인 주장만 늘어놓아 가지고서는 누구도 납득시킬 수 없다>고 전했다.

이어 <미국집권자들은 이번 사이버공격에 의해 반공화국영화의 크리스마스날 상영계획이 취소되어 국내에서 물의가 일어나고 비난의 화살이 행정부에 돌려지자 부랴부랴 우리에게 화살을 돌려놓으려고 덤벼치고있다>고 전했다.

계속해서 <미국은 우리의 공동조사제안마저 거부하고 끝끝내 우리를 걸고 들면서 그 무슨 대응조치를 운운하는 경우 실로 엄중한 후과가 초래되리라는 것을 명심하여야 한다>고 경고했다.

다음은 전문이다.

조선외무성 대변인 자국영화제작보급사에 대한 싸이버공격을 놓고 공화국을 걸고든 미국을 단죄

조선민주주의인민공화국 외무성 대변인은 미국이 자국영화제작보급사에 대한 싸이버공격을 놓고 우리를 걸고든것과 관련하여 20일 조선중앙통신사 기자가 제기한 질문에 다음과 같이 대답하였다. 

19일 오바마와 케리 등 미고위당국자들은 미국의 《쏘니 픽쳐스》영화제작보급사에 대한 싸이버공격을 조사한 결과 우리가 그것을 배후에서 조종하였다는것이 증명되였다고 하면서 그 무슨 대응조치를 취하겠다고 떠들어댔다. 

그러면서도 구체적인 증거는 내놓지 못하고 《예민한 정보자료》이니 공개할수 없다고 강변하고있다. 

누구든 한 주권국가에 감히 범죄혐의를 씌우려면 증거부터 명백히 내놓아야 한다. 

우리와 전혀 무관한 지난시기의 싸이버공격들을 거론하며 그와 《류사》하다느니, 《반복성을 띤다.》느니 하는 추상적이고 추리적인 주장만 늘어놓아 가지고서는 누구도 납득시킬수 없다. 

미국이 이렇듯 유치한 수준의 《조사결과》를 가지고 감히 우리에게 범죄혐의를 씌우려 드는것은 우리에 대한 적대감이 체질화된 자기의 속내를 그대로 드러내보인것으로 된다. 

이번에 싸이버공격을 통해 폭로된것처럼 미국무성 《인권특사》라는자가 영화제작자들에게 북조선정부를 괴롭혀야 한다고 하면서 우리의 최고존엄모독장면들을 그대로 다 살리라고 떠벌인것이 그것을 보여주고있다. 

미국집권자들은 이번 싸이버공격에 의해 반공화국영화의 크리스마스날상영계획이 취소되여 국내에서 물의가 일어나고 비난의 화살이 행정부에 돌려지자 부랴부랴 우리에게 화살을 돌려놓으려고 덤벼치고있다. 

우리는 우리의 최고존엄을 모독하려는 불순분자들을 절대로 그냥두지 않을것이지만 보복하는 경우에도 영화관의 무고한 구경군들을 목표로 한 테로공격이 아니라 반공화국적대행위에 책임이 있는자들과 그 본거지에 대한 정정당당한 보복공격을 가하게 될것이다. 

우리 군대는 그럴 의지도 능력도 다 가지고있다. 

미국무장관이 표현의 자유에 대해서만 부르짖으면서 한 주권국가의 최고존엄을 모독한 영화제작을 정당화하려하고 있는데 국제법실천에서는 명예훼손에 대한 처벌도 있다는것을 알아야 할것이다. 

미국이 터무니없는 여론을 내돌리며 우리를 비방하고있는데 대처하여 우리는 미국측과 이번 사건에 대한 공동조사를 진행할것을 주장한다. 

우리는 미중앙정보국처럼 고문방법을 쓰지 않고도 이번 사건이 우리와 련관이 없다는것을 립증할 방도가 있다. 

미국은 우리의 공동조사제안마저 거부하고 끝끝내 우리를 걸고들면서 그 무슨 대응조치를 운운하는 경우 실로 엄중한 후과가 초래되리라는것을 명심하여야 한다. 

(평양 12월 20일발 조선중앙통신)

2014年12月20日土曜日

ソニーピクチャーズへの攻撃は誰の仕業か 聯合ニュース

(ワシントン=聯合ニュース)金セジン記者
入力時間:2014/12/20 04:10:51数丁時間:2014.12.20 21:29:50

日本語になっていないので、簡単に機械翻訳してみた。完璧に北朝鮮の仕業とは言えないとの指摘もあるようだ。

http://daily.hankooki.com/lpage/world/201412/dh20141220041051138430.htm

 

米国連邦捜査局(FBI)は19日(現地時間)ソニー映画社に対するハッキング攻撃が'北朝鮮の責任'と規定しながら、大きく2種類根拠を提示した。
ハッキングに使われた悪性コードの類似性、特に昨年3月韓国での'3・20電算大乱とは'時使われた悪性コードとの類似性が最初の根拠だ。
今回のソニー映画社ハッキングに使われた悪性プログラムと、北朝鮮連係インターネット住所の間に交信がなされたという点が二番目の根拠だ。
FBIは"今回のハッキングで資料削除に使われた悪性コードと以前に北朝鮮で開発した悪性コードの間に特定の命令語文章、暗号化技法、削除方法などで類似性があった"と19日(現地時間)発表した。
引き続き"ソニー映画社攻撃に使われたツールと昨年3月北朝鮮が韓国の都市銀行と報道機関を相手にしたサイバー攻撃の時使ったツールの間に類似性がある"と指摘した。

電算保安専門家たちによれば命令語文章や削除方法などの悪性コード作成方式が似ているという点はたとえ人の指紋ぐらいの証拠能力はなくても'強く推定できる'水準の根拠で充分だ。

一部専門家は個人や少数人員が作るプログラム、特にハッキング用悪性コードで同じ機能を遂行するためにどんな命令語を使うのか、どんな順序で命令語らを配列するかを土台に製作者または集団が分かるという主張も出している。

ソニー映画社ハッキングに使われた悪性コードに保存されたインターネットプロトコル(IP)住所と北朝鮮関連IP住所らの間に交信がなされた点やはり今回の事件に北朝鮮がかかわったことを見せる根拠らで提示されたこと中最も強い範疇に入る。

ハッキングに使われるプログラムらは被害コンピュータ・ネットワークで情報を送ったり攻撃者から指令を受けるために必ず攻撃者と通信をしなければならないためだ。

昨年韓国民官軍合同対応チームが'3・20大乱とは'調査結果を発表した時も"北朝鮮ハッカーだけ固有に使う感染信号ソースプログラム中過去と同一に使った悪性コードが18種だった"とか、"今まで把握された攻撃経由インターネット住所49ケ中22ケが2009年以後北朝鮮で使ったのと一致した"という点を北朝鮮の過去ハッキング手法と一致する証拠で提示した。

ソニー映画社ハッキング事件に対する責任が北朝鮮にあるというFBIのこの日発表にも、一部専門家たちは今回のことを北朝鮮あるいは北朝鮮の指図を受けた人々の仕業で決めつけるために解けなければならない疑問が相変らず存在するという意見を見せた。

彼らは代表的な疑問として、ハッキング事件初期に発送された脅迫Eメールに映画'インタビュー'と関連した内容がなかった代わりにソニー映画社内部経営に対する批判内容があったとし、ハッカーらが言論の注目をあびるために北朝鮮を引き込んだ可能性を相変らず排除しにくいという立場を見せている。

攻撃に使われたIP住所や通信経路を変造することが全く不可能でなくて、命令語文章や暗号化技法が製作者により違うならば特定の製作者に責任を転嫁しようとわざわざ特定の命令語文章を書く可能性があるという点も一部専門家たちが相変らず提起する疑問だ。

2014年12月12日金曜日

2015年の北朝鮮はどうなるか

お金 忠臣 友人いないキム・ジョンウン… 2015年大きい試練ぶつかる可能性
byチュ・ソンハ記者2014-12-12 3:00 am

大きな変化があるのか。

http://blog.donga.com/nambukstory/archives/94205

“キム・ジョンウン北朝鮮労働党第1秘書のリーダーシップは来年に大きい試練を体験する可能性が高い。”

北朝鮮の対内外状況を観察してきた政府当局者が11日このように展望した。

権力世襲3年目のキム・ジョンウンが処した対内外環境がそれだけ良くないという話だ。

他の当局者は“キム・ジョンウンが対外交易-内部権力問題-外交三分野で四面楚歌に直面すること”と分析した。

こういう観測は北朝鮮情勢が尋常でないという傍証だ。

お金もなくて友人もないばかりか信じるほどの内部組織まで乱れたら誤った選択をする可能性だけ高まるという憂慮からだ。

○ “統治資金不足直面の可能性”
キム・ジョンウンは2011年12月お父さん金正日国防委員長の死亡以後莫大なお金をばら撒いた。
お金は権力安定化のための一人立ちと体制取り締まりのため‘魔術のツエ’であった。
莫大なお金を注ぎ込む間収入はますます減ったことで政府は評価している。

キム・ジョンウンが3年間平壌の一部特権層や海外観光客を対象にした展示性建設事業および北朝鮮権力層を相手にした贈り物政治に使おうと輸入したぜいたく品規模は22億2000万ドル(約2兆4420億ウォン)を越えることと推定される。

早期完工を促す‘速度戦’を前面に出したアパート工事など大規模建設事業も続いた。
こういう‘贅沢’はキム・ジョンウン執権3年間北朝鮮経済を相対的に安定的に見られるようにさせた。

だが情報当局は“北朝鮮が地下資源など鉱物輸出に依存していて経済安定の持続の可能性が落ちる”と判断する。

国策研究所関係者は“最近国際原資材価格下落は鉱物輸出で暮らす北朝鮮に打撃になる。

2010年石炭1tの国際市場価格が120ドルだったが今は60ドル水準”と話した。

彼は“中国は下落した国際単価で輸入しようとして北朝鮮は過去の価格で輸出しようとすれば北朝鮮-中国に価格葛藤が起きる”と伝えた。

賃加工および労働力輸出,観光収入三分野で‘新しい外貨稼ぎ’の突破口を探そうと試みるが中国経済成長率鈍化という障害物が登場した。
情報当局消息筋は“北朝鮮の武器輸出と海外投資誘致,対北朝鮮支援も全般的に減った。

国連など国際社会の対北朝鮮制裁を回避するための追加費用も発生している”と話した。
昨年12月張成沢処刑以後対外収益事業を労働党39号室で奪い取ってきたが資金不足は深刻化されている。

朴ヒョンジュン統一研究院選任研究委員は“キム・ジョンウンの統治資金がすっかりなくなれば制限された資源で‘問題をどうにか解決しなさい’と頑として押し通したキム・ジョンウン式リーダーシップも限界に至ること”と話した。

彼は“権力機関らが各自市場で金を儲けるほかはなくて市場活性化政策を使うこと”と展望した。
キム・ジョンウンの統治資金不足が北朝鮮内部の市場化を加速化する要因になり得るということだ。

○ “組織指導部,第2の張成沢なるか”

キム・ジョンウンがくるぶし手術で9,10月40日間潜伏した以後北朝鮮パワーエリートの権力構図にも亀裂ができた。

今年4月ファン・ビョンソが崔リョンヘを押し出して軍総政治局長席に昇る時だけでも組織指導部は絶対的な権力を振り回した。

だがキム・ジョンウンがまた登場して,キム・ジョンウンの妹の白頭血統 金与正と崔リョン海などパルチザン2世が全面に首を差し出している。

政府関係者は“今年中盤から張成沢の影を消す2次粛清が続いたのに唯一労働党組織指導部,地方党に集中した”と話した。

彼は引き続き“張成沢粛清を主導した組織指導部の力があまり大きくなるとキム・ジョンウンが権力に威嚇になると見たし,それで逆に牽制に出たこと”と話した。

○ “キム・ジョンウン,強硬か妥協か選択”

人権問題を輪にした国際社会の強力な対北朝鮮圧迫と北朝鮮-中国関係梗塞の兆しが見られる外交的孤立も深刻化された。

今月中国連総会で北朝鮮の人権決議案が通過されて北朝鮮人権問題が国連安全保障理事会で議論されれば北朝鮮体制にも威嚇になることができる。

対北朝鮮消息筋は“今年中盤のようにもう一度強硬に行くことか妥協に出てくることかを決めなければならない時点がキム・ジョンウンに近寄ってきた”と話した。

北朝鮮が外交的孤立を脱皮しようと精魂を込める北‐露経済協力も極東開発に死活をかけたロシアが韓国の参加を引き込むための誘引策にすぎないという見解が多い。

政府関係者は“行く所がないキム・ジョンウンが来年に南北対話で出てくる可能性がある”と展望した。

ユン・ワンジュン記者zeitung@donga.com

2014年12月1日月曜日

日韓関係の現状と今後 某所で話した内容です。

日韓関係の現在、過去、未来

(11月30日)五味洋治

clip_image002clip_image003clip_image004clip_image006■対韓感情の変遷

図1 親しみを感じない人の割合が一番高かったのは1996年60・0% 2011年以降に急速悪化

図2 韓国に対する印象を「良い」と回答する日本人は2割、日本に対する印象を「良い」とする韓国人は2割弱。韓国に対する印象を「良くない」と感じている日本人は約5.5割、日本に対する印象を「良くない」と感じている韓国人は7割超。一般国民より相手国への渡航経験や直接交流を持つ割合が大幅に高い人の場合、相手国に「良い」印象を持つ割合が日本は41.7%、韓国は51.7%と一般国民に比べ比較的良い傾向にある。

■日韓間の数多い懸案

竹島[1] 慰安婦問題 朝鮮半島出身の「旧民間人徴用工」をめぐる裁判[2] 日本海呼称問題

仏像盗難事件[3] 東北8県の水産物禁輸[4]

clip_image008

■嫌韓本の登場

「悪韓論」2103年 室谷克実 タイトルに感情的な漢字を使う。

呆韓論/室谷克実/27万部 悪韓論/室谷克実/11万部 嘘だらけの日韓近現代史/倉山満/7万4千部 嘘だらけの日中近現代史/倉山満/7万8千部 侮日論/呉善花/3万部 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか/竹田恒泰/46万部 日本人はいつ日本が好きになったのか/竹田恒泰/14万部[5]

■なぜ売れるのか

アマゾンの書評に現れる認識[6] 呆韓論の書評よりピックアップ

clip_image009

clip_image010

clip_image011

■ヘイトスピーチへの発展

背景になにがあるか 

現政権との関係[7] 日本人の特質論[8] 韓国が原因を作った[9] 高学歴者が多い[10]

ヘイトスピーチ規制に対する日本国民の意識[11]

表現の自由とヘイトスピーチは対立する概念か?

海外での取締の事例[12] 国連人権規約委員会の勧告の重み[13]

■日韓で関係改善が進まない理由 過去とどこが違うか

1.経済面で深まる中国重視 日本との結びつきが見えず[14]

2.日本人と歴史問題の見えない出口 謝罪疲れ

3.指導者の歴史重視

4.積極的に仲介する人がいない

■日韓関係にメディアはどう影響しているか?

日本人は91.2%、韓国人は94.0%、「自国のニュースメディア」で相手を知る。

「テレビ」を挙げたのが日本人で82.1%、韓国人で74.6%と圧倒的。ただ、韓国では「インターネット」を挙げる人は20.0%あり、特に30歳未満では40%程度に高まっている。[15]

■日韓メデイアの現状 

・反日報道だけでない韓国メディア(産経前支局長の起訴問題)

産経記事が事実確認もきちんとしなかった不十分なセンセーショナルな報道であったのは明らかだが(中略)、刑事処罰の対象になる根拠はない。それにも関わらず検察は大統領の冒とく云々の発言がなされるやすぐに捜査に着手し、起訴まで押し切った。

 今回のことが政治的起訴だという批判がされるのはこのような事情からだ。その結果が現在の国際的な恥辱である。名誉毀損は被害者が望まない限り処罰されない罪だ。朴大統領は国家の恥になるばかりの今回の件はそろそろ収拾すべきだろう。[16]

加藤氏の記事は明らかに独身である女性大統領を卑下した。度を越える嫌韓、反韓がトレードマークの産経の体質の延長線上にある記事だ。(中略)にもかかわらずなぜ起訴が敗着なのか。実益がない。大統領と外信の対立が捜査にまで広がることは、数十年に1度あるかどうかだ。今回のことは、起訴の事実だけが残り、教訓はないだろう。[17]

■歴史問題とメディア

・朝日新聞への執拗な批判 国賊や売国奴を使う。戦前との共通点[18]

・加害者としての視点 日本のメディアは社会的弱者を取り上げることで社会の矛盾を告発してきたが、その視点は、うさんくさいと受け止められるようになった。[19]

■ メディアの責任

・東京の韓国特派員と、日本のソウル特派員の特質についての研究[20]

1.過度なエリート・ジャーナリズムの志向。取材源として政府官僚、新聞報道の偏重

2.匿名取材源の乱発、国際会議などで国家主義に陥る危険

3.特派員には所属国のメディアが派遣地に対する誤ったニュースを訂正する努力

・3・11東北大震災での韓国での報道

交通渋滞であったにも関わらず、誰一人としてクラクションを鳴らしていなかったということ。日本は普段からあまりクラクションが鳴り響かないところではあるが、道が混雑した状態であるにも関わらず、クラクションが鳴らなかったことにカルチャーショックを受けた。まるで異世界にいるような感覚すら覚えた。途中で渋谷も通った。そこで列車は運休しており、数十万人の人が数時間かけて徒歩で帰宅していた。みんな、その状況を受け入れ、特に騒ぐ様子もなかった。[21]

・第4回日中韓報道陣セミナーでの論議(10月28日)[22]

メディアが関係を暖める役割はたすべき

文化、芸術の交流促進

ユネスコ世界無形文化遺産への共同登録

部数減で知恵を出し合う

・TeSOROの試み[23]

■政府間で何ができるか

・中国:課題を先送りし、いったん首脳が会う 長期的に改善[24]

・北朝鮮:長期の目標を立て、最も対立する問題で協議を重ねる 


[1] 2012年8月10日、李明博前大統領が竹島に上陸。日本政府は強い遺憾の意と厳重な抗議。李明博大統領の天皇や日本に対する発言。

[2]2011年8月末、韓国憲法裁判所は、元慰安婦や原爆被害者らの個人の請求権問題に関する違憲審査の申立てにつき、韓国政府が日本と外交交渉を行わないのは「被害者の基本的人権を侵害し、憲法違反にある」との決定。同年12月、「韓国挺身隊問題対策協議会」(韓国のNGO)が在韓国日本大使館前に「碑」を建設。2013年8月、韓国外交部は、日本政府に対して請求権協定に基づく協議を再度求める旨のスポークスマン声明を発出。

[3] 2012年に日本の長崎県対馬市の三つの神社・寺院から、韓国人窃盗団によって重要文化財の仏像などが連続盗難された事件

[4] 2013年9月より。対象は福島、宮城、岩手、青森、群馬、栃木、茨城、千葉

[5] http://kimuramasahiko.blog.fc2.com/blog-entry-1162.html

[6] http://www.amazon.co.jp/product-reviews/481911235X/ref=cm_cr_pr_hist_1?ie=UTF8&filterBy=addOneStar&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending

[7] 「現政権や保守派の改憲への動き、言動は排外主義グループに栄養を『供給』している」(安田浩一)「現政権のターゲットが、ヘイトスピーチのターゲットになっている」(辛淑玉)

[8]日本人が持つ差別意識、集団行動に流れされる国民性、民族としての優越性意識

[9]日本大使館前の慰安婦少女像、慰安婦の強制性をめぐる論議、朴大統領の日本への言及

[10]大卒の学歴(在学・中退者を含む)が、24人。京都大や東工大出身​​のエンジニアもいた。雇用形態面では正社員が30名(非正規職2名、その他2名)。ホワイトカラー(事務職)も22人で、ブルーカラー(6人)に比べて圧倒的に多かった。主に「高学歴の正規会社員」という、このような結果は、政治・社会的に主流ではなくて経済的な基盤が弱い人々が主に排外主義運動に参加するという従来の見解とは異なるものである。 (朝日新聞 13.10.5)

[11] clip_image013

[12]1968年、偏見に基づく犯罪を取り締まるために「連邦保護活動法(KKK法)」導入、1990年「ヘイトクライム統計法」、1994年「ヘイトクライム判決強化法」が成立(米国)。公共秩序法 (Public Order Act 1986) によって、人種的嫌悪を煽動したものは最高7年の懲役に処される(英国)肌の色や人種、宗教、民族的出自、性的嗜好によって区別される集団に対する嫌悪を煽動した者は最低でも2年、最高で14年の懲役刑(カナダ)

[13]日本政府に対し、ヘイトスピーチ(憎悪表現)など、人種や国籍差別を助長する街宣活動を禁じ、犯罪者を処罰するよう勧告した。また、旧日本軍の従軍慰安婦問題についても、「国家責任」を認めるよう明記した。規約委は勧告となる「最終見解」の中で、ヘイトスピーチや「Japanese only」の表示など、外国人への差別をあおる行為が広がっているとして問題視。差別される側が「刑法、民法で十分に保護されていない」と懸念を示した。

[14]2013年韓中貿易額は2221億ドル、03年に米国に代わる中国が最大輸出国に。07年には日本に代わって中国が最大の輸出相手国に。今年上半期の日韓貿易総額は、429億7300万ドルと、前年同期比で9.8%減少。リーマンショックの影響で世界的に貿易が停滞した2009年以来の低水準(韓国各紙)

[15](言論NPO 1回日韓共同世論調査 日韓世論比較分析結果13.05.6

[16] ハンギョレ(2014.10.12)

[17] 東亜日報(2014.10.15)

[18] http://urx.nu/e1z9 毎日新聞

[19]佐々木俊尚著「当事者の時代」

[20] http://pweb.cc.sophia.ac.jp/s-yuga/file/HongEunhee08.pdf

[21]http://urx.nu/e2ak 韓国ネットの反応

[22] 新聞協会報 2014年11月18日号

[23] テソロ(Tesoro)は、韓国の全国紙「ソウル新聞」が日本で発行する月刊タブロイド紙。 「韓国のニュースをより正確に、豊かに、深く伝達する」をモットーに、201311月に創刊。韓国に関する情報が氾濫する中、弊紙が本当の韓国の姿を日本に伝えることで、日本社会の韓国に対する理解を深める一助となることを願います。時事、社会現象から文化、芸術、トレンドまで、多岐に渡る韓国事情など、ソウル新聞の記者をはじめとする日韓の執筆陣が、深く、分かりやすく解説します。
105-0001 東京都港区虎ノ門1-15-7 TG115ビル8階 電話:03-5251-3120 FAX03-5251-3122

[24] 日中関係の改善に向けた話合い 外務省 平成26117

日中関係の改善に向け,これまで両国政府間で静かな話し合いを続けてきたが,今般,以下の諸点につき意見の一致をみた。

3 双方は,尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し,対話と協議を通じて,情勢の悪化を防ぐとともに,危機管理メカニズムを構築し,不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。4 双方は,様々な多国間・二国間のチャンネルを活用して,政治・外交・安保対話を徐々に再開し,政治的相互信頼関係の構築に努めることにつき意見の一致をみた。

 

http://urx2.nu/eIqA

シベリア産石炭,北朝鮮鉄道・船便経て,初めての搬入 kbs

http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2975551

同じような計画が日本にもある。

<アンカーコメント>
ロシア,シベリア産(山)石炭が初めて北朝鮮鉄道と船便を経て,国内に入ってきました。
石炭試験運送が順調に進行されながら,韓国,北朝鮮とロシアが推進中のいわゆる羅津(ナジン)-下山プロジェクトがはずみをつけるものと見られます。
初めてのお知らせ,イ・ソクチェ記者です。
<リポート>
シベリア産石炭4万余トンが浦項近海に到着しました。
既存のロシア,ウラジオストック港でない北朝鮮,羅津港から出発した物量です。
ロシア下山から羅津港まで54キロメートルは鉄道で,浦項までは海上に移されました。
一昨日夜羅津港を出発して,32時間半ぶり今日明け方浦項に到着しながら,既存航路に比べて,物流費用が最大15%程度節減されたと評価されます。
今回入ってきた石炭はあさってから荷役作業を経た後,浦項製鉄所のとけた鉄を溶かす原料で使われる予定です。
試験運送過程を見守った実態調査団帰国と共に経済性評価も始まりました。
<インタビュー>チ・ヨンテ('試験運送'北朝鮮訪問点検団長):"経済性は帰って調べるべきだが,羅津港設備とか,鉄道運営設備は思ったより良くてこのように見られます。"
'羅津-ハサンプロジェクト'は北朝鮮とロシアの合作会社に韓国企業三ケ所が参加しており,政府はこれを5.24対北朝鮮制裁の例外と認定して,支援しています。

今回の事業が席を占める場合羅津港を中心に中国とロシアが飛び込んだ東北アジア物流競争に我が国も主導的に参加できるのみならず政府のユーラシア イニシアチブ構想もはずみをつける展望です。