お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください。コメントは実名以外受け付けません。

2015年8月31日月曜日

異例つくしの南北合意

http://www.rfa.org/korean/weekly_program/news_analysis/sisakorea-08282015100713.html

元外交官、高 英煥の分析。記録で残して起きます。

 

皆さんこんにちは。
‘時事診断韓半島’時間です。
私は進行を引き受けた朴成雨です。
南北高位級接触が劇的に妥結しました。
北朝鮮は地雷挑発などに対して‘謝罪’しました。
今日も国家安保戦略研究員の高英煥首席研究委員と共にします。
朴成雨:委員様,去る一週無事に過ごしましたか?
高英煥:よく送りました。
朴成雨:先に合意内容から要約して下さい。
どんな意味があるのかに対して総評もお願いします。

高英煥:北朝鮮が軍事境界線南側韓国側地域にこっそりと埋めておいた地雷が去る8月4日爆発して,韓国軍将兵2名が負傷されたし,この事件を調べた韓国国防部の調査結果が去る8月10日発表されながら,韓半島には緊張が作られ始めました。

去る8月20日には北朝鮮が軍事境界線南側地域に砲弾攻撃をしよう韓国軍砲兵がこれに直ちに反撃しましたし。

これに北朝鮮は準戦時体制を宣言しながら,拡声器放送を打ち切れとの最後通告を韓国に送りました。

しかし驚くべきことに北朝鮮は最後通告期間を一日控えて韓国に南北高位級会談を提起しました。
南北は北朝鮮の挑発で触発された軍事的緊張状況を解決するために去る22日午後6時30分から高位級接触を始めて,去る25日午前0時55分に最終合意を導き出しました。

今回の合意により北朝鮮は軍事境界線南側地域で起きた北朝鮮の地雷挑発に対して残念を表明して準戦時体制を解除する一方,韓国は対北朝鮮拡声器放送を中断するようにして,最高潮に達した軍事的緊張状態が解決局面に入りました。

南北は旧盆を契機に離散家族の対面推進,南北関係改善のための当局会談開催,民間交流活性化などにも合意しました。
今回の交渉には南側では金クァンヂン国家安保室長とホン・ヨンピョ統一部長官が,北側ではファン・ビョンソ人民軍総政治局長と金ヤンゴン労働党秘書が参加しました。

金クァンヂン国家安保室長は25日明け方大統領府春秋館でブリーフィングを持って"交渉過程で難航も多かったが,忍耐心を持って協議して,合意した"として'南北高位当局者接触共同声明文'を公式発表しました。

北朝鮮は今回の接触で南北関係史上初めて北朝鮮が挑発の主体というものを認めたし,‘再発防止’という単語の代わりに‘非正常的な事態が発生する場合’,すなわち北朝鮮がそのどんな挑発でも再開する場合拡声器放送を再開する権限が韓国側にあるということを南北合意文に明示することによって韓国側が会談で完勝をしたという評価を下せそうです。

朴成雨:明確な謝罪と再発防止約束が合意文に正しく表現されなかったという指摘があります。
これに対してはどう思いますか?

高英煥:共同発表文で“北側は最近軍事境界線非武装地帯南側地域で発生した地雷爆発で南側軍人らがケガにあったことに対し残念を表明した”と明らかにしました。

このために一部では北側が‘遺憾表明’という表現で逃げたのではないかとの批判を提起しています。
また共同発表文には北朝鮮の再発防止に対する明示上の文句がなくて,北朝鮮がいつまた再び地雷挑発や砲撃挑発のような挑発を敢行するのか分からないという指摘も提起されています。

しかし前で言及したように史上初めて北朝鮮が‘北側が地雷爆発に残念を表わした’として,地雷挑発が自分らの仕業であることを認めましたし。
共同発表文第3項には“南側は非正常的な事態が発生しない限り軍事境界線一帯ですべての拡声器放送を8月25日12時から打ち切ることにした”とされています。

‘非正常的な事態が発生しない限り'と釘をさして,今後北朝鮮がまた挑発して,今年の場合韓国政府はいつでも対北朝鮮拡声器放送を再開できるところを確保したことと評価できます。

換言すれば非正常的な事態の解釈権を韓国政府が持ってきたということに意味があることだよ。
‘非定性的な事態’というのは北朝鮮の核実験もできて,韓国領海と領土に対する砲撃や韓国に対するサイバーテロもできながら,この場合より一層拡大した対北朝鮮拡声器放送を再開することができるという意味です。

北朝鮮問題専門家たちは今回の交渉過程で北朝鮮が最も恐れるのが対北朝鮮心理戦という事実をまた一度確認したと評価しています。
真に真実はその誰も勝つことができないという最も単純な真理が今回の南北会談でも証明されたものといいます。

朴成雨:ファン・ビョンソが“南朝鮮が緊急接触を通して,深刻な教訓を探すようになったこと”と25日に話しました。
これはどのように解釈しなければならないでしょうか?

高英煥:南北高位当局者接触に北側首席代表で参加したファン・ビョンソ北朝鮮軍総政治局長は去る25日朝鮮中央TVに直接登場して,今回の南北接触経緯と妥結内容を明らかにしました。

ファン・ビョンソ総政治局長は"今回の南北高位級緊急接触を通して,南朝鮮当局は根拠ない事件を作り出される一方的に行われる事態らを一方的に判断して一方的な行動で相手側を刺激する行動を繰り広げる場合情勢だけ緊張させていてはいけない軍事的衝突を呼び起こすほかはないという深刻な教訓を探すようになったこと"と話しました。

私はファン・ビョンソ総政治局長の発言を聞きながら,北朝鮮政権の2人者だと言える彼が戦争が起きそうに唸り散らして南北合意が出てきたのを見ていぶかしがる北朝鮮住民たちに韓国がマーチも謝ったようにだますために,そして事実を隠すためにこのように計算された行動をしたものと考えます。

朴成雨:今回の高位級接触で北朝鮮の変わった態度が注目されていましたが。
委員はどのように見ましたか?

高英煥:北朝鮮は今回の南北高位級接触合意過程で何の点で過去とは明らかに他の態度を見せました。
高位級接触を先に提案したのも北朝鮮でしょう。
また'南朝鮮'という通常的呼称の代わりに'大韓民国'という公式国号を使ったことは本当に異例的でした。
北朝鮮朝鮮中央通信は"ファン・ビョンソ同志と金ヤンゴン同志が現事態と関連して'大韓民国'大統領府国家安保室金クァンヂン室長,ホン・ヨンピョ統一部長官と板門店で緊急接触を持つようになる"と伝えました。
北朝鮮は普段韓国政府を'南朝鮮','傀儡当局'などで呼びました。

北朝鮮が金ヤンゴン労働党対南費での対話相手で分際が合わないと主張してきたホン・ヨンピョ統一部長官を高位級接触相手に先に指定したのも異彩を放ちます。

北朝鮮代表団が板門店南側地域にある'平和の家'に降りてきて対話をしたのも北朝鮮の低姿勢と解釈されます。
また北朝鮮は交渉途中自身が願う方向で会議が展開しなければ席をけって出て行く常だったが,今回は真剣で激しく交渉を進行しながら'時'自体を破らなかったです。

これらすべてのものは北朝鮮が今回の地雷および砲撃挑発でひとまず一歩退いて,尻尾をおろしたという観測を呼び起こします。
すなわち北朝鮮兵士らが思想的にいわゆる‘汚染’なるのを憂慮して,北朝鮮が対北朝鮮拡声器放送を打ち切るのに命をかけたという評価が可能だと思います。

朴成雨:これから注目することらはどんなことがあるんですか?

高英煥:南北が今回の板門店高位級接触で今後関係改善のための当局会談の定例化および体系化に共感したと伝えられました。
韓国統一部当局者は去る25日記者会見で南北関係展望に対して"これから出発だと考える"として"南北当局間対話を定例化,体系化すると共同声明文の1度で話した"と話しました。

南北が会談体系化の復元に出るようになれば過去のように総理級会談の下部概念で長官級会談をおいたり,今回板門店(パンムンジョム)南北高位級接触合意を引き出した'2+2'(南側の国家安保室長・統一部長官-北側の軍総政治局長・党秘書)通路が相違(上位)にあって長官級あるいは分野別会談がその下で稼動する構造が作られる可能性があります。

それ以外に人道主義的分野でも成果が出られます。

南と北は今年旧盆を契機に離散家族対面を進行して,今後も継続することにしました。

今回の会談が南北衝突局面を解消するのに留まらないで多方面の交流と当局会談につながるという点で自然に南北最高位会談の首脳会談まで連結するのかが自然な関心事に浮上しています。

問題は北朝鮮がどれくらい南北関係改善に真正性を持っているかだろう。
今回の南北合意で南北関係が改善されて統一へ行く道がパッと開かれたら良いです。

今まで国家安保戦略研究員の高英煥首席研究委員と共にしました。
委員様,今日も感謝申し上げてよ。
来週にまたお目にかかります。
高英煥:ありがとうございます。

2015年8月28日金曜日

韓国がつかんだ金正恩氏の3つの弱点

https://socra.net/world/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E8%A3%BD%E3%81%AE%E5%9C%B0%E9%9B%B7%E7%88%86%E7%99%BA%E9%A8%92%E5%8B%95%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%80%85%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6/?r=1&members=1

リンクをご覧下さい。

2015年8月22日土曜日

対北朝鮮宣伝放送の中身 RFA

http://www.rfa.org/korean/weekly_program/radio-world/radioworld-08142015125924.html

RFAの番組の中で、対北朝鮮放送のことに少し触れている。ソウルの言葉で女性が語る内容で、音楽や北朝鮮の内部情報を伝えるようだ。

若い世代が特に影響を受け、北朝鮮はとても敏感に反応せざるを得ないようである。

北朝鮮にいらっしゃっる聴取者皆さんこんにちは。
北朝鮮を中心に米国と韓国など国際社会で起きた仕事を通して、北朝鮮の政治と経済、社会をのぞいて流れと意味を調べるノジョンミンの<ラジオ世の中>です。
ノジョンミンの<ラジオ世の中>、今日順序始めます。
-過去対北朝鮮拡声器放送を聞いた北住民“聞きやすかった”
-韓国女性の軟らかい声、放送内容に陥って
-放送で聞いた内容に順次信頼感できた
-除隊後口に外部に伝えられることが問題
-市場世代、新世代兵士により大きい影響力

去る4日、DMZ非武装地帯で北朝鮮が最近設置した地雷が爆発して、韓国軍下士官二人が負傷しました。
韓国国防部は調査結果“当時爆発した地雷は北朝鮮軍のことと一致しながら、北朝鮮が韓国軍を殺傷する目的で最近意図的に埋設した”と発表したんですけれど、韓国軍は北朝鮮の地雷挑発に対する報復で北朝鮮がいやがる対北朝鮮拡声器放送を転任に拡大しました。

2004年以後中断された対北朝鮮拡声器放送が11年ぶりに再開になったことですが、韓国軍当局は性能を強化した新型移動式拡声器まで投じて、対北朝鮮放送を強化することにしました。

特に移動式拡声器は既存のことより音響出力が優れて、20km以上まで放送を伝えられるところに車両に設置されていて北朝鮮が予想できない時間と場所に奇襲的に放送できるというんですが、このように韓国は北朝鮮に対する心理戦を強化しています。

それなら対北朝鮮拡声器放送が本当に北朝鮮に及ぶ影響をどれくらいなりましょうか?中国の金ジュンノ特派員を通して、北朝鮮住民の話を聞いてみます。

-金ジュンノ特派員が電話に連結しています。

金ジュンノ特派員、こんにちは。

[金ジュンノ特派員]はい、こんにちは。中国です。

‘ラジオ世の中’で久しぶりに金ジュンノ特派員を連結しました。

北朝鮮が最近地雷で挑発したことに対して韓国軍が対北朝鮮拡声器放送を報復対応に持ち出しました。
一部では‘対北朝鮮放送が対応として効果があるか?’という話もあるのに、実際北朝鮮で伝え聞く反応に照らしてみる時、本当に効果がないのかですか?

[金ジュンノ特派員]はい。

必ずそうではないようです。

むしろ北朝鮮が韓国軍下士官二人をケガするようにした代価にしては予想できない大きい報復を受けたという反応が多いです。

-なぜそのような反応が出てくるのか理由を説明してもらえませんか?

[金ジュンノ特派員]はい、まず今回再開になった対北朝鮮拡声器放送は過去北朝鮮当局が執拗に要求したあげく盧武鉉政府時期、南北軍将軍級会談で勝ち取った成果でした。

北朝鮮としては対北朝鮮拡声器放送が非常に頭が痛い問題だったためにこれを打ち切ろうと過去金正日政権が大いに精力を費やしたことです。

実際に私が会った北朝鮮住民も対北朝鮮放送が及ぼす影響が少なくないと伝えました。

金ジュンノ特派員が会った北朝鮮住民はどのような反応を出しましたか?

[金ジュンノ特派員]はい。
実際に過去に休戦ラインで軍生活をした北朝鮮住民ですが、当時南側の対北朝鮮拡声器放送を聞きながら、軍生活をしたといいます。
休戦ラインで勤める北朝鮮兵士たちが韓国の拡声器放送をとても楽しんで聞いたというんですが、ソウル言葉で放送する韓国女性の声がとても聞きやすかったんですよ。

北朝鮮兵士たちはその間北朝鮮の最高放送要員に選ばれる李チュンヒ放送員声だけ聞いたんですけれど、恐怖を感じるようにする声が鋭い声に扇動的な内容だけ聞いて対北朝鮮放送で韓国女性の軟らかい声で伝え聞く内容は、春風のような感じを受けるというものです。

また音楽放送が出てくる時、あるな兵士は音楽に合わせて、肩を揺らしたり片方足でこそこそと拍子を合わせながら、鼻唄で歌う兵士たちもいるというんですが、聞きやすいから自ずから放送に耳を傾けるほかはないという話ですね。

-ひとまずヒアリングは良いが、放送内容に関しては北朝鮮兵士がどれくらい信頼するのかも気になります。
北朝鮮住民は何といいましたか?

[金ジュンノ特派員]はい。
北朝鮮住民の話によれば放送を聞く北朝鮮兵士たちが知らない北朝鮮内部消息を聞いたりもするのに、初めにはこれをよく信じないながらも日程時間が過ぎた後、放送に出てきた内容が事実と明らかになりながら、順次信頼するようになるといいます。

そうするうちに北朝鮮でいくら教養時間に‘南朝鮮の拡声器放送内容が操作されたこと’としても兵士たちがむしろ‘その教養が偽り’と考えるようになるんです。

ところでより大きい問題は軍服務後除隊をした兵士たちが故郷に行って軍服務当時韓国の拡声器放送で聞いた外部世界の便りを周辺の人々に伝えるようになるというものです。

それでは休戦ライン近隣の兵士たちだけ聞いた内容が北朝鮮内部でうわさを通して、拡散するんですが、このように対北朝鮮放送が持った波及効果が大きいから北朝鮮当局がその間執拗に対北朝鮮拡声器放送を打ち切ることを要求してきたことです。

ところで最近地雷挑発で全てのものが振り出しに戻るようになりました。

-北朝鮮住民の話を聞いて見るので理解できるんですが、韓国の北脱出者中には休戦ラインで軍服務当時対北朝鮮拡声器放送を聞いて心境の変化を起こして、北脱出図る人はないですか?

[金ジュンノ特派員]そうです。
特にこの頃は11年前の状況と違うだろうという指摘もあるんですが、今日北朝鮮軍は市場世代です。

外部世界の情報を少しずつ接してみた経験があって、若干の情報だけ聞いてもその裏面の内容までいち早く感づく、換言すれば過去よりはるかに目覚めている新世代らですが、11年前に勤めた北朝鮮兵士たちがちょっと保守的といったら今日北朝鮮兵士は世の中を見るのにさらに目が付いた新世代らだと話します。

特に対北朝鮮拡声器放送が北朝鮮兵士らにあたえる影響が過去よりより大きいことがあるんですが、今になって北朝鮮当局が韓国政府を説得して、また対北朝鮮放送を打ち切ることも容易ではない、とても大きい悩みの種に会ったもようという指摘もあります。

-よく分かりました。

金ジュンノ特派員、他の主題で一つだけさらにお尋ねします。
中国が最近ずっと元貨に対する通貨切下げ措置を断行しながら、北朝鮮内部でも少なくない混乱ができたようです。
特に元貨を持っていた北朝鮮住民の損して大きいと知らされたんですけれど、元貨の通貨切下げと関連して、北?中国境地方の雰囲気はどうですか?

[金ジュンノ特派員]はい、北朝鮮内部の便りは私がまだ接してみなくて詳しい内容は分からないが、国境地域で北朝鮮と貿易をする人の中には座ったまま損害をこうむるようになる場合が生じています。
普通中国大方が北朝鮮大方に物を先に送って代金を後ほど受ける方式の貿易が絶対的に多くの比重を占めるのに、こういう場合相手大方と代金決済に関する是非ができています。

元貨の通貨切下げは、すなわち元貨価値が米国ドル貨幣より価値が下落したことですが、そうするうちにドル値段が過去よりのぼって、外形で物を送った中国大方は当時の物の値段をドルで換算した金額で決済してくれと言って、反面代金を決済しなければならない北朝鮮大方は元貨通貨切下げ以前、すなわち物を受けた当時の元貨で換算した金額をドルまたは元貨で決済しようとするから互いに是非が起きるものです。

そしてこういう是非がつく場合大慨は中国大方が負けるのが普通です。

そのために中国大方は外形で物を送ってくれたのもくやしいが為替レートの変動にともなう損害まで甘受しなければならない境遇に追い込まれるようになったということが聞こえています。

-よく分かりました。
金ジュンノ特派員、今日の便りはここまで聞きます。
今まで中国の金ジュンノ特派員でした。
どうもありがとうございます。

[金ジュンノ特派員]はい。
どうもありがとうございます。

韓国のインターネット対北朝鮮媒体の‘デイリーNK’によれば対北朝鮮専門家の間では北朝鮮が最も恐れる対北朝鮮電光掲示板放送とビラ散布など対北朝鮮心理戦を積極的に繰り広げなければならないという主張が相次いでいます。

北朝鮮軍人の認識を変えて、韓国に対する憧憬を持つようにする対北朝鮮心理戦を施行しなければならないというかけたところで、
一部専門家は電光掲示板を通して、韓国の女性歌手が出てくる歌放送や時事放送をするのが大変重要だと話します。

またラジオをはじめとする対北朝鮮放送で北朝鮮軍人の目と耳を開いてくれて、彼らが軍服務を終えた後にも韓国のラジオ放送を着実に聞くようにしなければならないという主張もあるんですが、それだけ対北朝鮮心理戦が北朝鮮軍に実質的な影響を与えるためと解説されます。

北朝鮮は地雷で韓国軍二人に痛みを与えました。

だが北朝鮮当局は韓国の対北朝鮮放送で数多くの北朝鮮軍人の考えと行動に影響をおよぼすようにして、進んで北朝鮮体制まで揺さぶれる取り返しがつかない代価を受けなければならない境遇に置かれました。

2015年8月5日水曜日

日朝外相会談、成果は?

岸田文雄外相は5、6両日の日程でマレーシアを訪れ、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議に出席する。
 この機会を利用して北朝鮮の李洙※(※=土ヘンに庸)外相と接触し、拉致被害者らの再調査の早期報告を促すという。
 李外相も応じる見通しだが、これが拉致問題の突破口になるかというと、大いに疑問だ。
 李外相は、活発な外交をしているが、北朝鮮ではもともと外相の地位は低く、あまり実権はないとされている。
 李外相は、かつて李哲という名前を使っていた。
 1988年、スイス大使に任命され、金正恩の世話をしたことが知られている。個人的にも近く、金庫番のような仕事をしていた。側近の1人とみることもできよう。
 しかし、特殊機関が絡んだ拉致問題で、どれだけの発言力があるかは不明。金正恩に日本側の要望を伝えるかも分からない。
 李は、長いスイス勤務を経て、リヒテンシュタイン大使、オランダ大使などを経て2010年に帰国。
 外資誘致機関の合弁投資委員会委員長を引き受けた。11年末から張成沢が実権を掌握した労働党行政府副部長で活動したとつたえられている。
 2013年末に国家転覆陰謀罪で、スピード処刑された張成沢国防副委員長の側近の1人であり、この時に「粛清されかかった」(韓国メディア)と伝えられている。
 経済通との見方もあるが、直接会った外交官によると「つかみ所のない印象だった」という。
 通常なら、伊原純一アジア大洋州局長、小野啓一北東アジア課長両氏を中心とした外務省の実務者チームが、北朝鮮側と正式協議を持ち、そこで調査の早期進展を求めるのが筋だと思う。
 それをわざわざ外相会談に格上げしたのは、日本政府側に焦りがあるとしか思えない

ピョンヤンの金主たち

http://www.rfa.org/korean/weekly_program/bd81d55c-c774ac8c-bb38c81cc9c0c694/nkproblem-06292015140423.html

北の金持ちの実態。

アンカー:北朝鮮が直面した総体的な問題点をアンドレイ、ランコプ国民大教授と一緒に調べる‘北朝鮮、これが問題ですね’時間です。
北朝鮮の新興富裕層といえるお金主に対して調べるかというんですが。

報道によれば北朝鮮お金主らが盛んに行われながら、私有財産を認めない北朝鮮で国家所有アパートが公然と取り引きされているとか彼らお金主らがアパート建設に支援金を当てるという話が定説と受け入れられているんですが。

実際に平壌ではお金主らがアパートを買って売りながら、アパート値段が沸き上がったという話があるんですが。
それが事実でしょうか?

ランコプ:はい、そうです。

このような事実をよく見せるのは平壌の不動産価格です。
もちろん私がすでに申し上げた通り北朝鮮ではすべてのことがみな不法だが、毎日不法をしない人を見ることは容易ではありません。
市場も同じことです。
お金主らがまだ多くなかった2000年代初めを見れば知ることが出来ます。
当時平壌の高級アパート価格は約5000~7000ドル程度でした。
現在のような級のアパートは10万ドル以上であることもあります。

15倍も増加しました。
10年の間にね。
このように不動産価格を持続的に上昇させる勢力はお金主らです。

記者:韓国で話せば投機屋でしょうか?

ランコプ:はい、彼らは今平壌で10万ドル相当のアパートに住むだけでなくより高い価格のアパートを買ったりもします。
この頃平壌では10万アパートがよく売れると知らされています。
例をあげれば平壌に今20万ドルアパートがあるという話を聞きました。

記者:私どもが分かることでは北朝鮮では国でアパートを作って、供給するというのにこのように資本主義市場のようにアパートを売り買いするのが法的に可能なのですか?

ランコプ:みな不法です。
原則的にお金主らはアパートを所有できないが事実上彼らの所有です。

記者:ところでお金主らはドルや人民元を買って売ったり高い利子を受けて金を借りる高利貸金業をしたりもして、アパート建設などに投資資金を当てたりもするのにです。
彼らはどこでこういう多くの金を儲けたでしょうか?

ランコプ:個人によりお金を得た方法は多様です。
しかし一番成功的に商売をするお金主らの背景を見れば圧倒的に国家と関係があります。
だけでなく貿易、外貨稼ぎと関係があります。
例えばあるお金を払う軍事基地で仕事をする時、食糧と燃料をこっそりと住民たちに売って金を儲け始めました。
他のお金を払う友人や親族幹部を通して、他の人らが想像することもできなかったことができるという許可を得ました。
もちろん海外で事業に必要な金を受け取った人々が少なくありません。

特に中国の親族らが重要な役割をしました。

お金主らの中で1990年代中国の親族や家族のおかげさまで商売を始めて、とても早く繁盛させた人々がいます。

記者:ひょっとしてこういうお金主らが北朝鮮権力層と近かったり権力層に属した人々ではないのですか?

ランコプ:お金主らと北朝鮮の権力階層は二重的であり、矛盾的な関係です。

第一にお金主らは圧倒的に国家および権力階層と持続的に結託しないならば成功できないということを知っています。
同時にお金主らは北朝鮮という国家に対して失望とかんしゃくが多いです。

北朝鮮当局は彼らの存在を黙認するだけでなく事実上促進させているけれどそれでも彼らのために時代錯誤的な規則と条件をなくすことができないためです。

お金主らは労働党の政策のために公開的に成長できないということに対して不満が多いです。

彼らの論理は労働党政策だけないならば公開的に商売できて工場を所有できるということです。

だが北朝鮮の体制が揺れ始めたらお金主大部分がどちらに傾くのは知らないです。

北朝鮮政権が一瞬に崩れたら南北統一がくることもできます。

統一韓国でお金主らが新しい生活に適応することは容易ではないでしょう。

彼らの経験と知識は市場経済を公式に認めた統一韓国で必要ないでしょう。

それだけでなく統一韓国でお金主らは韓国の資本家らすなわち大企業と競争しなければならないでしょう。
彼らはこのような競争に勝てないです。

記者:それが事実ならばお金主らは北朝鮮が韓国に吸収統一されたり北朝鮮体制がほろびるのを反対することもできますね?

ランコプ:そのとおりですよ。

お金主らは北朝鮮の改革を歓迎すると同時に革命に反対するほどの理由を持っています。
彼らは革命的な勢力ではありません。
逆説的に話すとこのようなお金主らぐらい南北分断の永久化を必要とする社会勢力は労働党幹部らだけだと考えます。
お金主らは成功するために分断と北朝鮮という国家の保護を必要とします。

もちろん彼らの中ではこのような事実を認めない人々もいます。

結論的にお金主らの態度は矛盾的といえます。
一つで国家と近い関係を結んでいる人々です。
彼らはこういう事実をよく知っています。
だが他の一方にはお金主らは国家の政策に対して多くの失望を持っています。
同時に政権が致命的な危機に陥る場合彼らは自分らの既得権が消えることを心配して、革命勢力を歓迎しない人々だと考えます。

記者:権力層の中でお金主が存在したら彼らはわいろを通して積んだお金でお金主となったでしょうか?

ランコプ:私が分かることでは北朝鮮で権力階層の中でお金が多い人々がいるが、お金主らはあまりありません。
幹部らは事実上直接的に商売をできないからそうです。
もちろん幹部らは家族や親族、友人、特に夫人を通して、このような規定を間接的に違反できます。

それでも幹部らの中で独立的に商売をする人は比較的めずらしいといえます。

北朝鮮の幹部は不正腐敗やわいろを通して、お金をたくさん得ることができるので直接的に商売をすることより恐らく自身の夫人を通して、商売をするでしょう。

記者:はい、お話、ありがとうございます。