お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2017年2月28日火曜日

国家情報院が暗殺警告 東亜日報

 

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=025&aid=0002689714

国家情報院が去る13日マレーシアで殺害された金正男に昨年下半期‘暗殺に注意せよ’という警告を直接送ったと国会情報委関係者が27日明らかにした。
この関係者は“金正男暗殺に対する情報に接した国家情報院が昨年下半期第3のルートを通して‘暗殺に気を付けなさい’と金ジョンナムに警告を送ったという”として“ただし国家情報院は金正男がマレーシアに入国した事実を事前に把握できなかったとに分かる”と話した。

それと共に“これはその程度で私たちの情報力が不足することを見せること”と付け加えた。


イ・チョルウ(自由韓国党)国会情報委員長はこの日国会情報委会議後ブリーフィングで“この事件は初めには偵察総局が行ったと発表したのに実際にマレーシア警察が調べ、国家情報院が分析してみると国家保衛省が主導した”として“8人中4人が保衛省出身で2人は若い外務省出身者”と話した。

だが国家情報院はしばらくして“‘保衛省が金正男暗殺を主導したと国家情報院が報告した’ということは事実と違いながら‘金正男暗殺に保衛省要員が数多く加担した,どの機関が主導したのかどうかは追跡中にある’”と修正した。


金正男を殺害するのに使われた神経毒性物質のVXのマレーシア搬入有無と関連,情報委の民主党幹事の金ビョンギ議員は“(国家情報院が)北朝鮮で持ってきたといった”として“(搬入方法は)外交官が直接持ち込むしか方法はない”と話した。

殺害は公開処刑 韓国日報

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=268&oid=469&aid=0000190218

テ・ヨンホ前英国駐在北朝鮮公使は27日“金正男暗殺は北朝鮮内部の恐怖感を極大化するために徹底して計画された公開処刑”と明らかにした。


彼は北朝鮮暗殺犯らがCC TVで証拠が残る空港で大胆に犯行を行ったことについて“公開的な方法で異端者を処刑したこと”と述べた。


テ前公使はこの日韓国日報本社で進行されたインタビューで金 正恩の金正男暗殺を恐怖政治の延長線で説明した。


彼は“CCTVを見て多くの北脱出民も恐れた,まさに金正恩が狙ったこと”としながら“真昼に全世界が見守る空港で腹違い兄を殺せる人ということを見せて,内部の蜂起とクーデター,大量北脱出を止めようとした”と話した。


彼はまた金正恩労働党委員長に対して“きちがい(mad man)というイメージを拡散させて,個人でも国家でもひざまずかせようとする”と評価しながら“金正恩は側近エリート集団に対しては敵と見なされれば公開的に除去して粛清する方法を通して,権力を維持してきた”と話した。

2017年2月27日月曜日

81日間20回裁判で25人尋問…憲法裁判所逆史上2番目大統領事件 聯合ニュース

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=001&aid=0009066700

数字で見た憲裁弾劾審判…裁判官数 9人から8人に
代理人33人が最長10時間弁論…検捜査記録5万余ページ

(ソウル=聯合ニュース)バン・ヒョンドク記者= 81日間息ぜわしく駆け付けた朴槿恵大統領弾劾審判事件が27日'最後の裁判'を合う。
憲政史上類例を探すのが難しい現職大統領の罷免有無に対する審理はその重大さにふさわしく多くの記録を数字で残した。
憲法裁判所内外によれば27日午後2時開かれる弾劾審判最終弁論期日は昨年12月22日初めての準備手続き期日を開いた以後で20回目の裁判だ。

同じ月30日3次準備手続き期日を終えた憲法裁判所は今年1月3日初めての弁論期日を基点とし、本格裁判に突入した。
憲法裁判所は弁論期である間証人25人を法廷に呼んで,尋問した。
特に朴大統領側は期間中ずっと証人総90余人を申請したし,この中36人が採択された。

しかしコ・ヨンテ氏など主要証人は終わらせて出なかったり採択されなくて実際出席証人はこれに大きく及ばなかった。
法廷に姿を表わした証人らは検察特別捜査本部が憲法裁判所に提供した3万2千余ページに達する捜査記録を土台に朴大統領の13種類弾劾理由に対して集中的に尋問を受けた。

大統領側は継続して,検察捜査記録を要求したしその結果裁判中盤を越えた後,全体記録は5万余ページまで増えた。
最も長時間行われた裁判は'崔スンシル氏とアン・ジョンボム前大統領府政策調整首席秘書官が証人に出てきた1月16日5次弁論だ。
午前10時に始めた崔氏証人尋問は午後5時30分頃まで続いた。

当初午後2時から証言台にソル・イェジョンだったアン前首席も午後11時20分まで深夜証言を継続した。
お昼と休廷時間を抜いた純粋審理時間だけ何と10時間5分に達した。

反面最もはやく終わった裁判は1月3日開かれた1次弁論期日で8分30秒ぶりに終了した。
これは初めての弁論期日は当事者の朴大統領の出席有無を確認した後,欠席した場合終了するほどにした憲裁法に従った結果であった。
もちろん朴大統領は出てこなかった。

審判を引っ張ってきた憲法裁判官は1月31日朴ハンチョル前憲法裁判所長の退任により8人に減った。

3月13日イ・ジョンミ所長権限代行が任期満了で退任した後には当分7人体制が避けられない。
国会側代理人はずらっと16人だったが,当初10人余だった朴大統領側代理人は17人まで増えた。

2017年2月26日日曜日

米海軍"第7艦隊朝鮮半島事態専念のために3艦隊も第7艦隊管轄海域に作戦配置" 連合ニュース

http://www.yonhapnews.co.kr/nk/2017/02/24/4807080000AKR20170224136800009.HTML

 



イージズ駆逐艦3隻配置…2015年太平洋艦隊司令官構想
(ソウル=聯合ニュース)=米国西部海岸を管轄する米海軍3艦隊が北朝鮮の核.ミサイル戦力増強とこれにともなう朝鮮半島紛争の可能性に対応,駆逐艦など最新鋭戦力を西太平洋地域で前進配置したことが確認された。

米海軍研究所(USNI)ニュースによればジョセフ第7艦隊司令官(中将)は最近サンディエゴで開催された'海軍フォーラム'(WEST 2017)演説を通して"アジア太平洋地域で米国と関係改善をしない唯一の国家が北朝鮮であり,今直ちに戦闘が行われたら発生地はまさに朝鮮半島である可能性が大きい"としてこういう事実を公開した。
戦闘機操縦士出身の司令官は第7艦隊が北朝鮮の奇襲侵略にともなう非常事態対応に集中することができるように3艦隊が日付変更線(IDL)を越え西太平洋海域で作戦することができるように能力を培養していると明らかにした。

2017年2月25日土曜日

毒物は結合型か? テレビ朝鮮

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=448&aid=0000201519

 

マレーシア警察は二人の女性容疑者が致命的化学武器のVXの構成成分を各自別々に金正男の顔に塗って,致命的毒性が発生するようにした可能性を調べています。

ばらばらにあれば毒性があまりないが混ぜれば猛毒になる結合型VXだった可能性もあるということです。

北朝鮮は実際に去る90年代にこの結合型VXを旧ソ連から持ってきたことが分かりました。

2017年2月13日月曜日

朝鮮文化史料館 私も役員です。



 茨城県龍ケ崎市に住む、朝鮮技術史研究家の安部桂司さん(77)は月に1度、自分で車を運転して、福島県会津美里町に行く。高速道路を乗り継いで四時間ほどの道のりだ。
 妻の実家にある古い書庫を改造して、「会津・朝鮮文化史料館」を開こうと計画しているためだ。
 安部さんは、旧通産省工業技術院、化学技術研究所主任研究官などを歴任した。在職中、朝鮮半島と日本の技術的つながりに関心を持ち、文献を集めてきた。その数は「二万冊になる」(安部さん)という。
 東北大震災の影響で、自宅の書庫が半壊してしまい、手が付けられなくなった。これをきっかけに、設備のしっかりした小さな図書館を建設し、蔵書を公開したいと考えるようになった。
 同じように大量の蔵書を抱える研究仲間からも本の提供を受け、三千冊を選んで来夏までに公開する。
 在日朝鮮人の自伝や、戦前、朝鮮半島に進出した企業の社史といった、他では読めないものが多い。
 建物と図書目録を整備する一方、図書館のNPO法人化の手続きも進めている。
 JR只見線会津本郷駅から2キロ離れている。決して便利な場所ではないが、焼き物や朝鮮人参の産地でもあり、朝鮮半島と結びつきが深い土地柄だ。
 「国内だけでなく、韓国から研究者が来てくれれば、地域の振興にもつながる」と安部さんは期待をかけている。

ブログはここです。http://ameblo.jp/abe-nangyu/

2017年2月11日土曜日

開城工団 閉鎖継続か再開か(韓国報道を総合)

▶閉鎖1年

韓国が北朝鮮と共同運営し、「南北関係最後の砦(とりで)」とされてきた開城工業団地の操業が停止されてから10日で丸1年がたった。

 韓国政府は、北朝鮮が昨年初めに4回目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行すると、2月10日に制裁措置として開城工業団地の操業全面中断を発表した。北朝鮮はその翌日に開城工業団地を閉鎖し、韓国側の人員追放で対抗した。

 北朝鮮は同3月、南北間の経済協力・交流関連の合意を全て無効とし、団地内にある韓国側の資産の完全清算を一方的に宣言したが、清算はいまだに実行されていない。

 韓国政府の当局者は「北が開城工業団地の操業再開や生産設備の搬出を行う動きはみられない」と話した。しかし一部では、工団に備えられていた電気釜が、中国側に密売されたという。

 開城工業団地の操業中断を機に南北交流は完全に中断した。この1年間、南北を行き来する人や物資は皆無だ。

 2004年4月から敷地造成工事が始まった開城工業団地は、北朝鮮の3回の核実験と国連安保理の制裁決議、「天安」撃沈事件や延坪島砲撃事件が起こった際にも操業を続けた。

 しかし韓国政府は昨年、開城工業団地の資金が北朝鮮の核・ミサイル開発資金に転用されていると発表したことで、開城工業団地と対北朝鮮制裁との関連を公に宣言した。1988年以来28年の歴史を持つ南北の経済協力は全てストップした状態」と述べた。

 現在も韓国政府は北朝鮮による挑発の脅威と国際社会の対北朝鮮制裁などを考慮し、開城工業団地の操業再開について議論するのは不適切とする立場だ。

 特に、北朝鮮の核問題に進展がないままで開城工業団地の操業を再開させるのは、北朝鮮に流れる外貨を規制する国連安保理決議の趣旨に反するというのが政府の判断だ。

 ただ開城工業団地の操業再開が国連安保理の北朝鮮制裁に違反しているかどうかは議論の余地がある。
 昨年2月に閉鎖された開城工業団地について、現在、韓国の次期大統領候補が積極的に発言している。

韓国政府は1年前断行した開城工業団地全面中断措置が北朝鮮の核とミサイル開発に打撃を与える効果があったと評価しました。
国際社会の強力な対北朝鮮制裁を引き出す役割もしたと強調しました。

韓国統一部は開城工業団地全面中断措置を下すことによって以後強力な国連安全保障理事会対北朝鮮制裁決議2270号と2321号が出てきたと評価しました。

▶国際社会の圧力引き出す

チョン・ジュンヌィ統一部スポークスマンは10日定例記者説明会で1年前開城工業団地稼動を全面中断した措置の効果を尋ねた質問にこのように答えて,米国と日本,ヨーロッパ連合(EU),オーストラリアなど主要国家らが独自の対北朝鮮制裁を強化するなど国際社会の強力な圧迫を引き出す決定的要因になったと評価しました。

チョン スポークスマンは韓国政府が開城工業団地全面中断を発表する当時北朝鮮の度重なる核果長距離ミサイル挑発があったしこのために国家安保が脅威を受けているという厳重な現実に基づいて,北朝鮮の核とミサイル挑発を防いで国民の安全と危機を守るために公団稼動中断を決めたものと説明しました。

特に開城工業団地に入る大規模現金を遮断することによって北朝鮮の核とミサイル開発に打撃を与えたと評価しました。

こうした中開城工業団地全面中断で去る1年間深刻な経営難を体験してきた公団入居企業らの中で相当数が公団が再開になれば再入居する意向があると調査されました。

▶再開求める声も

開城工業団地全面中断1年を控えて開城工業団地企業非常対策委員会が9日ソウル,汝矣島中小企業中央会観で記者会見を行って,入居企業らの被害現況,再入居意志に対するアンケート調査結果を発表した。

発表を終えた後,チョン・キソプ非常対策委院長など参席者らが"開城工業団地再開しなさい"と書いたピケを持ってスローガンを叫んでいる。

開城工業団地企業非常対策委員会は9日ソウル,汝矣島中小企業中央会観で持った記者懇談会で公団入居企業を対象に自らのアンケート調査をした結果を発表しました。

調査結果答えた82業者の中で67%が‘再入居する意向がある’と答えたと明らかにしました。

再入居理由では‘開城工業団地の人件費対応高い生産性と低い物流費,そして熟練労働者など競争力ある経営環境’を選んだ応答が81%で最も多かったです。

26%は‘状況を見て判断する’と答えたし‘再入居は大変で不可能’という応答は7%に過ぎなかった。

 団地進出企業などでつくる開城工業団地企業協会のユ・チャングン副会長は「国連安保理が開城工業団地の操業を中断するよう決議を下したものではない」とし、「むしろ(過去に)北が何度も核実験を行い、国連安保理の制裁が実行された際にも、韓国政府は開城工業団地を操業する名分を『開城工業団地は北の住民に雇用を提供する協力事業』だとして朝鮮半島の緊張緩和に寄与していると強調し、国連安保理から肯定的な評価を受けた」と述べた。

 またユ副会長は「国連安保理決議では『北の住民の生活(を左右する問題)』については対北制裁の例外としている」と説明した。

▶即時再開 野党の大統領候補

 一方韓国の次期大統領野党候補らを中心に“開城工業団地を再稼働しなければならない”という主張が提起されている。

 野党候補は、工団再開を主張しているが‘直ちに再開’と‘条件付き再開’等で立場が分かれている。

文在寅民主党前代表と李在明城南市長は“直ちに再開”を主張します。文在寅候補は“政権交替成し遂げれば開城工業団地2000万坪まで拡張””開城工業団地は北朝鮮の核問題解決に役立つだろう。そうした『てこ』を持っていてこそ助けになる”と朝鮮日報の取材に述べている。

ここに安熙正・忠南道知事も最近“開城工業団地再開”で立場を定めたと伝えられる。

反面安哲秀国民の党前代表とユ・スンミン正しい政党議員は‘条件付き再開’を主張している。
開城工業団地再開には同意するが北核とミサイル挑発などに対する北朝鮮の責任ある態度変化が先になければならないというものだ。

特に国際社会との意見調整も重要だということが安前代表とユ議員側の立場だ。

2017年2月9日木曜日

韓国に相次いで最新鋭兵器投入 米国


韓国紙が、在韓米軍の動きを盛んに伝えている。

http://www.hankookilbo.com/v/d607fed5ea6c42fd96346caae6ec6227

http://www.hankookilbo.com/v/24aea1835fa74d90aa42d943128b1d73

i

i

米国の最新ステルス戦闘機F-35が10月韓国に初めて顔見せする。
朝鮮半島周辺国らが戦略武器を増強しながら,角逐を繰り広げる状況でどんな変化の要素になるのか注目される。

政府消息筋は7日“10月開かれるソウル国際航空宇宙および防衛事業展示会(ADEX)でF-35Aが試験飛行を繰り広げる予定”としながら“F-35Aの韓国導入に先立ち性能を確認する席になること”と話した。

政府は7兆4,000億ウォンを投じて,次期戦闘機事業で導入するF-35Aを来年から入れて2019年まで40台を実践配置する予定だ。
米国が先月から日本,岩国基地に順次的に配置しているF-35Bは垂直離着陸が可能な海兵隊用で,F-35Aは空軍バージョンだ。
ステルス性能をそろえて,レーダーに捕えられないで敵陣深々と侵入できるのが最大強力な点だ。

チョン・ギョンド空軍参謀総長は昨年国政監査で“次期戦闘機F-35Aが北朝鮮が最も恐れる武器体系になること”と自慢した。
したがってF-35Aの試験飛行は単純に導入に先んじた性能テストだけでなく北朝鮮に向かった警告メッセージも含んでいるというのが軍内外の見解だ。

2015年ADEX当時最強の戦闘力で評価された駐日米軍基地のF-22戦闘機が韓国に初めて飛んできて,威容を誇りながら,韓米同盟の確固たる防衛力を強調した前例がある。

特に中国が昨年末ステルス戦闘機殲-31の試験飛行を意図的に言論に露出しながら,F-35との戦略武器競争が加熱している。
製作会社の米ロッキードマーティンによれば現在210台のF-35が飛行中でこの中で117台がF-35A機種だ。
海外配置が完了したF-35Aはイタリア3台,イスラエル2台程度だ。

[単独]米,最新ステルス駆逐艦‘ズームワールト’朝鮮半島配置電撃提案

ヘリス太平洋司令官,メティス訪韓直前“済州基地に配置”提案

レーダー捕えられないで,生存性卓越,艦砲ミサイルなど強大戦闘力

米国がジェームズ メティス国防長官訪韓直前,最新ステルス駆逐艦‘ズームワルト(Zumwalt)’を朝鮮半島に配置しようと私たちの側に提案したことが確認された。
‘夢の戦闘艦’でも呼ばれるズームワールドは北朝鮮の核・ミサイル威嚇はもちろんで中国の太平洋進出を遮断できる先端武器なので政府当局は米側の電撃的提案を囲んだ真意把握を急いでいる。

中国の強力な反発に朝鮮半島がまた再び米中の覇権競争を刺激する可能性も排除できない。

政府関係者は5日“ヘリス米太平洋司令官が先月末私たちの側関係者らに会った席で‘ズームワールドを済州海軍基地に配置すればどうか’と提案してきた”と明らかにした。

この関係者はそれと共に“全く言及されなかった最新戦略資産だと意外だったが常時配置でも,循環配置でも私たちとしては拒む理由がない”と付け加えた。

ズームワールドは海上戦闘のパラダイムを変える艦艇に選ばれる。
ステルス形状を適用して,レーダーに捕えられないで隠密に接近できるのが最大強力な点だ。
遠い距離でミサイルを撃つイージス艦とは次元が違う。

また艦砲の交差点を3倍に増やしたし,ミサイルと航空機を光の速度で迎撃するレイザー砲を装着している。
2020年以後には音速の7倍で200kmまで弾頭を飛ばすレール件も搭載する。
軍関係者は“ズームワールドは弾道ミサイル防御に主力を注ぐイージス艦と別に陸海空の標的を積極的に無力化する攻撃的武器”と評価した。

米戦略資産の朝鮮半島配置に心血を注いできた国防当局立場ではひとまず‘敢えて願わない願望’という反応だ。
戦略資産は敵指揮部をはじめとする戦争遂行能力を一気に無力化する武器で,昨年北朝鮮が二度核実験を敢行した時,出撃したB-52・B-1B戦略爆撃機をはじめとして,空母,核潜水艦などが選ばれる。

国防部関係者は“米側が既に送らない他の資産を投じるのも朝鮮半島防御のために望ましいこと”と話した。
特にメティス長官の訪韓で最近成し遂げた韓米国防長官会談に先立ちハリス司令官がズームワールド配置を提案した事実が知らされながら,来月キーリゾルブ練習を起点として、米戦略資産が今後朝鮮半島に大挙投入されるという期待も大きくなっている。

昨年10月韓米安保協議会の(SCM)で‘戦略資産の常時循環配置’という文句が米側の終盤反対に共同声明から抜け出て3日開かれた韓米国防長官会談で両側はかろうじて米戦略資産の定例的展開または配置に合意した。

だがズームワールドを済州基地に配置しようという米側の提案は相当な論議もまた予告している。
中国の強力な反発が避けられない。
私たちの国民感情も民軍複合港に建設された済州基地が米軍の前哨基地で使われることに反感が大きくなれる。
国防当局は“戦略的に必要な場合済州基地に米国艦艇が入ってこれる”という立場だが,“ハリス司令官の発言は具体的なロードマップが決まらない即興的構想”としながらひとまず様子を見ている。

北,核弾頭60個作れる… HEUだけ758㎏ 中央日報

これまでの推定の4倍の能力があるとの指摘。数字だけではピンとこないが、この時期にリークされたところを見ると、米国はかなり厳しい北朝鮮政策を取るかもしれない。

http://news.joins.com/article/21231682?cloc=joongang|home|topnews1

 

http://news.joins.com/article/21231681?cloc=joongang|article|tagnews

北朝鮮が核弾頭を最大60個まで生産できると韓・米情報当局が判断している。
政府はその間北朝鮮が作れる核弾頭をプルトニウム保有量を中心に10~15個と話してきた。
だが8日,本紙が確認した軍と情報当局の北朝鮮核物質と関連した対外秘文書には、2016年現在基準で北朝鮮の高濃縮ウラニウム(HEU)保有量を758㎏,プルトニウム保有量を54㎏と指摘していた。

軍事専門家たちは核弾頭1個を作るのにプルトニウム4~6㎏,高濃縮ウラニウム16~20㎏が必要と見ている。

情報当局の推定値を考慮すれば北朝鮮が保有した核物質でプルトニウム弾9~13個,高濃縮ウラニウム弾37~47個を作れて最小46個から最大60個まで核弾頭を作れる。

北朝鮮の核物質,特に高濃縮ウラニウム保有量と関連して,情報当局が把握した具体的な数値があらわれたのは初めてだ。

文書に指摘された北朝鮮の核物質保有量はその間軍事専門家たちの推定値(高濃縮ウラニウム300~400㎏,プルトニウム40~50㎏)を大幅引き上げ調整したのだ。
韓・米は昨年情報共有を通して,北朝鮮の核物質保有量を算出した。
米情報当局が提供した‘第2のウラニウム濃縮施設’に関する情報と平安北道寧辺の既存ウラニウム濃縮施設増設と関連した情報に基づいたという。
情報当局関係者は“北朝鮮の核物質生産施設と同郷はその間韓・米両国が持続的に追跡してきた”と語り“専門家たちが予想してきた保有量を跳び越える核物質を北朝鮮が保有したことで結論を出した”と話した。

北朝鮮はその間平安北道寧辺にある5MWe黒鉛減速炉で使用後再処理したプルトニウムを,寧辺にあるウラニウム濃縮施設中に設置された別途の遠心分離機で高濃縮ウラニウムを生産してきた。

情報当局は大幅増えた北朝鮮の核物質保有量を考慮した時,北朝鮮が高濃縮ウラニウム生産のための別途の秘密工場を稼動することと推定している。
具体的に平安北道,亀城市パンヒョン飛行場近隣に‘第2のウラニウム濃縮施設’がありえるとみて注目している。

プルトニウムを作るためには大規模施設が必要だが高濃縮ウラニウムを作るための遠心分離機は180坪(約600㎡)程度の敷地にも設置が可能で,情報当局は隠蔽状態で北朝鮮が工場を稼動していると見ている。

このためにビクター・チャ米国戦略国際問題研究所韓国席左は2015年カーネギー国際平和研究所セミナーで“隠密に進行される北朝鮮の高濃縮ウラニウム活動は寧辺の核活動をささいな問題と見られるようにさせるほど深刻だ”とまで話した。

国防部は先月発刊した‘2016国防白書’でも北朝鮮のプルトニウム保有量は2014年に比べて,10㎏増えた50余㎏だと推定しながらも,高濃縮ウラニウムに対しては“相当な水準”とだけ評価した。

軍関係者は“昨年北朝鮮が二度核実験をしたことを考慮すれば韓・米は北朝鮮の核威嚇が予想よりはやく拡大しているという判断をしている”と明らかにした。

2017年2月5日日曜日

北朝鮮で国家安全保衛省と党組織指導部で抗争か

韓国紙、朝鮮日報などは3日、北朝鮮の金元弘国家保衛相が最近解任されたと、北朝鮮消息筋の話として伝えた。金正恩朝鮮労働党委員長が目をかけていた人物が1月、国家保衛省の拷問を受け死亡し、金正恩氏が激怒したためという。

 

これに関連して労働党組織指導部のキム・グンソプ副部長が2015年9月に公開銃殺形式で処刑された件で、組織指導部がこの処刑を行った国家安全保衛省に復讐したとの見方が出ている。

 

韓国の国策研究機関の国家安保戦略研究院が発表した資料で、指摘された。こんご内部の動揺が高まるとも見られている。

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/02/05/0200000000AKR20170205021400014.HTML

韓国最新 世論調査 文在寅独走

韓国のSBSが実施した大統領選挙民心世論調査結果,文在寅民主党前代表の独走が続き、安熙正・忠清南道知事支持率が上がったことが明らかになった。大きな情勢の変化がないかぎり、野党大統領が可視化してきた。

http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004024975&oaid=N1003967340&plink=TAGRECOMM&cooper=SBSNEWSEND


文前代表は他の走者らを圧倒した。

次期大統領適任者で誰が最もより良いと考えるのか尋ねました。

文在寅民主党前代表が29.8%で最も高かった。安熙正・忠清南道知事13.0,黄教安権限代行9.4,安チョルス国民の党前代表9.2,李在明城南市長8.9%でした。

ユ・スンミン正しい党議員2.7,孫鶴圭国民主権改革会の議長は1.5%でした。


SBS新年世論調査と比較すると,文前代表と2位圏との差が広がりました。
バン・キムン,チョン総長が消えた後,安知事が8.6%pでも上昇しながら,新しい対抗馬に浮び上がりました。

黄代行の場合,保守層の支持が目立ちました。

セヌリ党と正しい政党支持層を相手にした選好度調査で,42.4%が黄代行を選択したし,ユ議員は8.5%に終わりました。
黄代行を含んで,4人が正面対立する仮想対決をしてみました。

文在寅前代表が41%で最も先んじたし,黄教安13.2,安チョルス12.5ユ・スンミン6.4%でした。


ユ議員を抜いた三者対決では文在寅43.5,安チョルス15.4黄教安15%となり,黄代行の代わりにユ議員を入れたところ,文在寅42.6,安チョルス14.8,ユ・スンミン8.8%順でした。

三者構図では文前代表の代わりに安知事出しても民主党走者らが皆最も先んじました。


文在寅とユ・スンミン,進歩と保守両者構図では49.5対13.7%で差が大きかったです。

文在寅と安チョルスの仮想対決やはり46.6対19.7%で結果が大きく違わなかったです。


ただし,支持候補がなかったり知らないと答えた浮動層が多いということは変化の要素になることができます。

千代田区のチェッコリで話した内容です。ご関心のある方は下のリンクをクリックしてください。

 

https://drive.google.com/file/d/0B5UB8w5JvX-eem9aLTJHaFZtaEk/view?usp=sharing