お知らせ

五味洋治のページです。主に韓国での北朝鮮関連報道を訳していますが、日本語で紹介されない記事を私の目でセレクトしています。私の執筆活動、経歴についても掲載しています。最近のお勧めは、北朝鮮の軍事関連報道です。日本のメディアが伝えていない細かなものまで拾っています。私がかつてここに書いた金正恩の性格分析は今も十分通用します。筆者へのご連絡はこちらをクリックしてください

2017年4月4日火曜日

米韓の作戦計画が流出か

世界日報の独自だね

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=100&sid2=268&oid=022&aid=0003161227

作戦計画はすでに5015に格上げされているが、27は全面戦争を想定したシナリオなので、まだ生きている部分もある。まさかこんなに簡単にハッキングされるとは、信じられない気もする。

昨年9月創軍以来初めて軍内部コンピュータ・ネットワークがハッキングされた事件と関連して,韓・米軍当局の戦争シナリオで2級機密の作戦計画5027が流出した疑惑が提起された。

軍の諜報と機密維持を担当する国軍機務司令部も捜査線上に上がったことが確認された。

軍消息筋は3日“ハッキングで流出した資料中に北朝鮮の挑発で韓半島で全面戦争が発生した場合を想定して作成された作戦計画5027が含まれたと理解する”と話した。


作戦計画5027が外部に流出して,北朝鮮軍に資料が流れたたとすれば韓・米連合軍の軍事作戦修正が避けられない。

国防部検察団は先月末ハン・ミンク国防部長官にこのような内容を入れた捜査結果を報告したと伝えられた。


昨年12月23日タスクフォース(TF)を構成して,捜査に着手した国防部検察団は国防部調査本部と機動部隊司令室を排除したまま捜査を進行中であり,現在機動部隊司令室も捜査線上に上げて,調査中だ。

また他の軍消息筋は“現在捜査船上に上がった機動部隊司令室関係者らは保安維持を怠慢に,したという疑惑を受けているが具体的な疑惑内容と連累者らがどの程度なのかは知らない”と話した。

0 件のコメント:

コメントを投稿